メルマガ『【新製品続報】ピチップ & TR-Pad-EX情報と、お薦めの低価格イヤホン!』 発行

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【新製品続報】ピチップ & TR-Pad-EX情報と、お薦めの低価格イヤホン!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

メーカー在庫品切れのお詫び

レクスト製品のメーカー在庫切れのお詫びです。いろいろ品切れしており、申し訳ございません。国内に加え、海外からの注文が殺到し、一時的に在庫が無くなってしまいました。順次生産しておりますので、どうぞお許しください。

レゾナンス・チップ・ゴールドの生産が一番追いついておらず、現在の注文残が650セットくらいあります...。3月上旬に供給再開予定ですので、もう少々お待ちください。

R-Padも手持ち在庫が無くなりました。Amazon店には若干ですが在庫があります。次回生産は1ヶ月後くらいを予定しております。



レゾナンス・チップATも、ほぼ完売状態。あと数セットは手持ちがありますので、お急ぎの過多はぜひ! 次回は2ヶ月先くらいの入荷です。

新製品の生産は順調で、オーディオアクセサリー誌で発表になったティグロン社とのコラボ製品 “TR-Pad-EX”は、3月中旬ごろの発売予定です。

話題のレゾナンス・チップ・ピエール(ピチップ)は、告知通り4月中旬発売予定です! どうぞお楽しみに♪

ティグロンとレクストのコラボ新製品、TR-Pad-EX 発表!

ピチップが話題沸騰中ですが、本日もうひとつの新製品が発表になりました。

ティグロンとレクストが初コラボしたスピーカースタンドRKSTシリーズから15周年を記念した新製品、TR-Pad-EX です!

trpadex_200221.jpg

本日発売のオーディオアクセサリー誌にレビューが掲載されております。オーディオ評論家の先生方ですら驚き戸惑うほどのその効果、3月の発売をどうぞご期待ください。

ピチップ大反響!

ピチップの問い合わせが国内、海外を含めてたくさん来ましたので、その対応で嬉しい悲鳴♪

pchip_200220.jpg

更に嬉しいことに、レゾナンス・チップ・ゴールドとレゾナンス・チップATのAmazon在庫も完売状態です。慌てて補充しましたので、明日には在庫復活すると思います。もう少々お待ちください。



レゾナンス・チップ・ピエール発表!

本日発表です!

外見はレゾナンス・チップ・ゴールドに似ていますが、ピチップの制振プログラムは全くの別物。その音質向上効果たるや、なんとイヤホンが消えるんです!

耳の中で鳴っていた音楽が、まるでスピーカーを聴いているかのような音像に。もう楽しくって、このところピチップ付のイヤホンでばかり聴いています。

初回ロットは争奪戦? 来月中旬よりレクストダイレクトで予約開始しますので、それまでもう少々お待ちください。受注管理が複雑になってしまいますので、メールやお電話でのピチップご予約はお受けできません。どうぞご了承ください。

rcpn_5.jpg

メルマガ『【予告】いよいよ超目玉の新製品を近日発表!』 発行

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【予告】いよいよ超目玉の新製品を近日発表!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

クリニックのレポート 岡山県 I様

先日お伺いした、クリニックのレポートです。数年前から何度かクリニックのオファーをいただいていたのですが、岡山という遠方なのでなかなかスケジュールが合わず、この度やっと実現することとなりました。お待たせしてしまい、申し訳ございません。


場所:岡山県 I様宅 和室 天井高2.4mくらい

お悩み:フルREQSTのシステムが活きているかどうか。
    最近、聴いていてワクワク感が少なくなったような気がする。
    低音不足ではないか?

clinic_1_200205.jpg

カウンセリング中の部屋の印象:
和室とのことで吸音過多を心配していたのですが、会話の声を聴く限り全く問題なし。レゾナンス・チップRTのルームチューニングが非常に上手く効いている印象。

ビフォー試聴:
今までクリニックにお伺いした中でも、トップクラスの鳴りっぷり。センター音像は綺麗に出現しているし、音像も広い。クリニックのビフォー状態では30点や40点がザラですが、この音なら70点という高得点。ですが、満点との差である残り30点が、ワクワクしない原因であることは明白でした。

作業内容:
1. レーザー墨出し器による精度の高いスピーカーセッティング・・・若干の補正アリ。
2. スピーカースタンド底板のREQSTロゴ保護シールを撤去・・・+2点向上
3. アンプとスピーカーのターミナルのトルク調整・・・大幅に音質向上
4. ラックのネジのトルク調整・・・強く締めすぎていたのを補正
5. 床のR-Pad置き忘れを指摘・・・下方に音像が広がる
6. 側面壁の掛け軸を撤去・・・音像拡大
7. 両サイド天井にあったR-Padを、両コーナー床へ移動・・・音像の拡充
8. 照明のチェック・・・LED照明は若干の影響あり。白熱球ルームランプを提案
9. 壁コンセントのネジトルク調整・・・電源システムを取り替えたと思えるほどの改善

clinic_2_200205.jpg

クリニック後のサウンドは、こんな小型スピーカーから鳴っている音楽とは思えぬほど、広大なステージ、濃いセンター音像。リクエストのあった低音も大きく改善して充実しています。

非常に細かい作業の積み重ねで、文章にすると「何だこれだけ?」と感じられるのかもしれません。ですが、これら一連の作業の効果は絶大で、ご自身では超えられなかった壁を楽々と突破したサウンドが実現しました。これこそが100点満点の音。70点からの残り30点は超難関ですが、達成してみるとやはり別物です。

clinic_3_200205.jpg

その後、次のグレードアップを想定した、お楽しみ別途有償メニューの試聴です。新RCAケーブルを導入したらどうなるか? R-Pad-P88を増やしたら? 制振電源プラグは? 近々に実現できる夢の音の先取り体験ですので、大いに喜んでいただけました。

特にRCAケーブルは10年前くらいにREQST製ケーブルでしたので、新RCAケーブルへの交換は絶大です。もちろん即決されました!

クリニックの成果は、やはり経験値の向上にあります。自分のシステムが、実はここまでの潜在能力を秘めている。その音を一度でも経験できれば、ご自身での維持も可能となりますし、今後のオーディオ人生に迷いはなくなります。そのお手伝いこそが、私がお伺いする意味だと考えます。

岡山は遠かったですが、お伺いして良かった! 帰りの新幹線で食べた岡山の駅弁が、とっても美味しかったです。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2158)

Link

Search