R-Pad-P88の超速レビュー。『電源革命』、『先に導入すべき銘アイテム』、『魂が震えました』!

メルマガ先行予約中の新アクセサリーR-Pad-P88は、先週の100個に続き、追加の10個も約一時間で完売しました。ありがとうございます! 現在、第3ロット×50個の予約を受付中。約1ヶ月待ちとなっており、申し訳ございません。お早目のご予約をご検討ください。

p88_190729.jpg

早くもR-Pad-P88のレビューが届いております。『電源革命』、『先に導入すべき銘アイテム』、『魂が震えました』と、大いに驚いていただけたようで、私も嬉しいです。ありがとうございます!

≫ 電源ケーブル用制振スタビライザー R-Pad-P88のレビュー

──────────────

裕太郎 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/29

『電源革命!!』

ヘッドホン試聴環境なので、電源タップ、トランスポート、DACに導入しました。説明通り電源を入れて、少し置いてから試聴・・・ではなく本気聞きをいつの間にかしていました(笑)
このアクセサリの有無の比較なんて必要なく、ただただ素晴らしい!静寂と軽やかさ、演奏の熱さ、どれもが未体験のゾーンです!

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/28

『無闇なケーブル・アクセサリー選びより、先に導入すべき銘アイテム』

寸法は説明にある通りですが、思ったよりも小さい筐体です。こんなもので、本当に変わるのか?と思うほど。

それぞれ、代表的な場所で試してみました。

・アンプ

メルマガで紹介があった通り、試してみて一番効果がわかり易いです。駆動力が上がったかの様に感じられ、活き活きとしているのに、表現にしつこさがなく、むしろ細部は繊細です。

・プレーヤー

個人的に、変化の絶妙さが凄いと思ったのがこのカテゴリーです。TWIN-LBで、アナログライクな表現になったP-0でしたが、このアイテムの導入で、蕩けるような濃密な表現に。

・電源BOX

機器単体の時のような変化、というよりもシステム全体を満遍なくグレードアップするという印象がありました。多くのシステムを組んでいて、まずは1つ導入するならこのカテゴリーに思います。

・DAC

プレーヤーとはまた違った変化を楽しめるのが、このアイテムの面白いところに思います。USB-DACであれば、ハイレゾは勿論のこと、圧縮音源でも新しい発見があります。

数を増やせば、よりドラマティックです!今まで聴いたことの無いような表現を見出せる可能性を秘めています。
高級なケーブルやアクセサリーに無闇に手を出す前に、導入すべき数少ないアイテムです。
また、既に電線病になってしまった方でも、既存のケーブルのポテンシャルを十二分に引き出せます。

──────────────

こぶ安 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/27

『無意識に探していた本当の音楽の再現。』

最高のスピーカーケーブルZ-SPC01SSは、このR-Pad-P88による電源改革の下準備だったのかと思えてしまうほど、この新製品をアンプに一枚装着した音、音楽はもう言葉にならないほど魂が震えました。

装着して1時間いつもの音楽を聴いただけですが、オーディオを趣味として聴いてきた長い年月で一番感慨深い時間でした。

おかしな例えですが、会いたくて仕方がなかった長い間生き別れていた肉親と再開したくらいの感激と言ってももはや言い過ぎではないかと思います。
そう、正直高いお金を払ってきて長い間オーディオを趣味にしたのは、無意識にこの音で音楽を聴きたかったからじゃなかったのかと、本当に今日思いました。

大体、新スピーカーケーブルで本来オーディオの趣味は終わりといっても良いレベルだったのに、アンプにこんな薄っぺらいR-Pad-P88を挟むだけで、普通なら更に10年ほど掛けないと出ないような音があっという間に出てしまうなんて有り得ないですよ。

もう3枚絶対買いますけど、何でこんな音楽が聴けるようになってしまったのか、本当にわかりません。有り難いとしか言いようがありませんが。

──────────────

お客様よりファーストインプレッションのレビューをいただくまでは、「R-Pad-P88の奇跡の音が、本当に皆さんのシステムでも発動しているかどうか?」という不安はつきまとうものです。それは、いかに製品に自信があっても、毎度の緊張感といったら、もう!

どのレビューも、私の試聴結果と寸分の狂い無し。私の稚拙な解説よりも、よほど背中を押してくれる生の声ではないでしょうか。本当にありがとうございます。

インターネット時代になり、レビュアーの顔が見えなくなりました。ビギナーの方も、音楽を仕事にされているようなプロの方も、全て同じ土俵の横一線でのレビュー評価です。しかも、プロの評価といっても広告とガッチリ連動している昨今です。今回いただいたレビューのような、本物のご感想こそ、心に響くと信じております。

真の口コミからのヒット商品は、レゾナンス・チップが大ヒットした20年前よりは生まれにくい時代なのかもしれません。

しかし、このR-Pad-P88、全てを超越する製品としてのパワーを、私は感じています。その魅力をいち早くキャッチしていただいた先行ご予約購入の皆様には、大きな感謝しかありません。

R-Pad-P88は快調なスタートを切ることができました。本当にありがとうございます。とにかく今は、R-Pad-P88の潤沢な供給を目指し、生産に励みます。

新スピーカーケーブルレビュー『素晴らしい!の一言』

メルマガ先行販売中の新型スピーカーケーブルZ-SPC01SS、新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

zspc01ss_190628.jpg

≫ スピーカーケーブル Z-SPC01SS(切り売り)のレビュー

──────────────

TET 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/18

『スピーカーケーブル Z-SPC01SS』

素晴らしい!の一言です。

基本的にCDリッピング、データ保存、PCで再生、DAC、パワーアンプ直結、スピーカーでジャズを聴いてます。それぞれの機器ついて詳しくは書きませんが、長年こだわりを持って煮詰めてきました。その結果、音楽を聴く機器について価格が高ければ良いという世界ではないことを痛感し、現状の機材でかなり満足し、好きなジャズに浸っていました。

今回スピーカーケーブル Z-SPC01SSを購入し、それまで使用していたベルデンのケーブルと交換しました。

驚きのレベルアップでした。ジャズは低音に支えられているべきが好みですが、その基本の低音がさらに分厚く、弾力のある方向に変化、かつベースという楽器の生々しい躍動感も感じられます。中高音についてもより鮮明で生々しく(特にピアノが)、しかし耳に刺さるような鮮明さではなく、鮮明なのにぬくもりがある方向になっています。各楽器の本物感、というか目の前にいるという生演奏感が半端ないです。

そして、それ以上の一番の驚きは、バンドの調和度が格段に上がったことです。今までは、曲によってピアノが主役、ベースが主役、ドラムが主役など、それはそれで興味深く鑑賞していましたが、今回のケーブルでは主役感が薄くなり、アンサンブルとして調和が高まり、ジャズバンド音楽としてより一体感、グルーブ感が出て、どんどん引き込まれて感動的ですらあります。音楽としての芸術性も高まったように思います。

ここまでとは想像していませんでした。今までのままでも音楽好き、オーディオ好きの友人に極めて高評価でしたが、このコストパフォーマンス抜群のこのケーブルでの音楽を聴かせるのが楽しみです。

──────────────

例えば私の場合も、音楽制作のお仕事でレコーディングスタジオに行ったとき、スピーカーケーブルがベルデンか他社高級オーディオ製品かを選べるなら、迷わずベルデンを選びます。素直なサウンドに魅力があるスピーカーケーブルです。

そんなスタジオベーシックなスピーカーケーブルと比較して、これほど高評価を得られたということは、Z-SPC01SS開発の成功を実感でき、本当に嬉しいです!

Z-SPC01SSは、安価なベーシック仕様でも、最高のサウンドをお届けします。ぜひZ-SPC01SS切り売りからでも、スピーカーケーブルのアップグレードをご検討ください。

新アクセサリー“R-Pad-P88”、予約完売!

先週末にメルマガ先行予約を開始した新アクセサリー“R-Pad-P88”、あっという間に予約完売しました。初回ロット×50個は1時間半で完売、続く第2ロット×50個も日曜夜には完売。合計100個が予約完売しました。ありがとうございます。

ご予約いただいた皆様へのご連絡は、順番に行っております。ご予約数が多いため、予約完了メールの送付が遅くなってしまい、申し訳ございません。

p88_190722.jpg

第3ロットは、ただいま生産計画を調整中です。予約再開まで、もう少々お待ちください。

R-Pad-P88のキャンセル待ちを承ります。希望数をメールにてご連絡ください。先着順に予約キャンセルが出た場合にご連絡させていただきます。

R-Pad-P88をご予約いただいた皆様、夢の電源対策アイテムの完成まで、もう少々お待ちください。

新型アクセサリー“R-Pad-P88” 誕生!

本日発行のメルマガとの連動企画ブログです。新型アクセサリー“R-Pad-P88”のメルマガ先行予約を開始いたします!

以下、R-Pad-P88の写真解説です。詳しくは本日7/19発行のメルマガを合わせてご参照ください。

着目したのは、電源ケーブルの機器側インレットのこの隙間。“この隙間を逆に利用して、音質改善を行う制振プログラムを注入する”というアイデアからR-Pad-P88の開発がスタートしました。

p88_1_190719.jpg

電源ケーブルのインレットプラグにR-Pad-P88を装着します。

p88_4_190719.jpg

たとえ電源インレットプラグが機器とガッチリ接続できていなくとも、電源ケーブルの重みで斜めにプラグが刺さっていても、R-Pad-P88の制振効果により音質劣化に起因する不要振動を解消することが可能となりました。写真ではR-Pad-P88が上向きになっていますが、機器側の電源インレットによりR-Pad-P88が下向きになっても全く問題ありません。

p88_2_190719.jpg

電源タップにもR-Pad-P88は効果抜群! 電源タップに接続された機器を一気に音質向上できます。

p88_5_190719.jpg

今までも、R-Padの立てかけ技という電源インレット対策をご紹介してきました。新R-Pad-P88は、R-Pad立てかけ技とは異なる制振プログラムですので、ダブルで使えば相乗効果でより大きなグレードアップ効果が得られます。レクスト試聴ルームでは、写真のように使用中です。

p88_3_190719.jpg

テレビのようなACアダプター接続部でもR-Pad-P88が効きます! 電源ケーブル系でR-Pad-P88が通せるなら、音質向上が可能です。

p88_6_190719.jpg

R-Pad-P88の誕生で、電源インレットの数だけ音質向上のチャンスがあることに。夢野電源改革のスタートです。R-Pad-P88導入で、レクスト試聴ルーム史上の最高音質を更に更新することができました!

R-Pad-P88の価格は、R-Padと同じ9,000円+税。メルマガ先行予約の初回ロット×50個は、お届けは7月下旬から8月上旬ごろの予定です。完成までもう少々お待ちください。

新スピーカーケーブルレビュー『いきなり凄い!!ジャンパー線(80センチスピーカーケーブル)』

メルマガ先行販売中の新型スピーカーケーブルZ-SPC01SSに、新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

名スピーカー willson system 5.1のジャンパー線を、純正ケーブルから80cmのZ-SPC01SSに変更されたとのこと。このロングなジャンパーケーブルというべき80cmのZ-SPC01SS。実は、レクストの大型ウーファーRQ-P8用に、ユーザー様からのリクエストで製作しているもの。もちろん、他のスピーカーでも長いジャンパーケーブルとして活用可能です。果たして、その結果とは?!

≫ スピーカーケーブル Z-SPC01SS (特製Yラグのフル装備仕様)のレビュー

──────────────

chacha 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/18

『いきなり凄い!!ジャンパー線(80センチスピーカーケーブル)』

お世話になります。

スピーカーシステムの関係で、80センチのスピーカーケーブルをジャンパー線として接続しました。

zspc01ss_190718.jpg

まだエージングを開始したばかりなのにすでに凄いです。
以下、感じたことを箇条書きにしました。

・ボーカルの芯がより聴こえる。
・エイジング初めてばかりなのにどうしてこんなに凄いの〜〜
・この先どうなるのか〜〜メインスピーカーケーブルを変えた時も感 じていたのと同じ感覚再び〜〜
・1+1ではなく、数倍になる予感〜〜
・楽器の音の芯が感じられる〜〜打楽器は特に〜〜
・ピアノは凄いことになりそう〜〜
・演奏中の各楽器のリアリティが凄い〜〜ステージを動き廻っての演奏のリアリティを今まで以上に感じる〜〜
・ライブ会場の空気感がより伝わってくる。
・無音の空気感を感じる。

取り急ぎこんな感じです。

willson system 5.1のジャンパー線、初めて純正ケーブルを変更しました。大正解ですね。今後の変化が凄く楽しみです。
ありがと御座いました。

──────────────

あの名スピーカー willson system 5.1ですから、純正ケーブルでもしっかりと吟味して開発されています。ですが、レクストZ-SPC01SSは“スピーカーケーブルを超えるスピーカーケーブル”。どんなスピーカーケーブルからでも、どんなジャンパーケーブルからでも、Z-SPC01SSに交換すれば音質向上は間違いありません!

Z-SPC01SSを活用したジャンパーケーブルZ-JP-SSは、標準の長さが12cmですが、ご希望の長さをご指定いただければ特注仕様も製作可能です。ぜひお申し付けください。

新スピーカーケーブルレビュー『サナギから蝶へ』

メルマガ先行販売中の新型スピーカーケーブルZ-SPC01SS、新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

≫ スピーカーケーブル Z-SPC01SS (RY-318向けフル装備仕様)のレビュー

──────────────

こぶ安 様  ★★★★★ 投稿日:2019/07/12

『サナギから蝶へ』

サナギから蝶へと音楽が進化しました。

今までの音楽風速が2から3mだったとすると、現在10m以上を計測中です(もちろんボリューム位置は一緒で)。
今までスピーカーから放たれていた音が目の前で止まってたところを、ぶぁぁぁっと頭の後ろへ吹き抜けていきます。

しかも音場が広大になるのに音楽の芯が魂にぐーんと届きます。
信じられませんがオーディオルームから離れた部屋で漏れ聞こえる音にもじーんと来るくらいです。

レクストファンにおなじみマドンナの『Ray of Light』聴いてみてください。驚愕しますよ!

ちなみにこのレビュー、まだ慣らしが50時間くらいのレビューです。

100時間経過後は蝶から更に進化するのでしょうか。いや。もうこれで正直十分なのですが。

もう胸が熱くなりいてもたってもいられなくなったので早めにレビューしました。
スピーカーケーブルの最終形という言葉に偽りなしです。


──────────────

私も新スピーカーケーブルに交換してから、この風を感じます。音楽の濃さ、圧、生々しさ、実在感とも言いかえられるでしょうが、まさに風圧。そう考えると、今までのオーディオ再生は無風だったように思えてきます。

音楽好きの皆さん、まだ無風で聴いていて満足ですか? スピーカーケーブル交換で、ぜひ音楽の風圧を手に入れてください!

メルマガ『【復活】 幻のジャンパーケーブルZ-JPがSSバージョンで!』 発行!

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【復活】 幻のジャンパーケーブルZ-JPがSSバージョンで!』です。レクストダイレクト限定でジャンパーケーブルを新発売!

z_jp_ss_190712.jpg

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新スピーカーケーブルの先末端加工

メルマガ先行販売中の新型スピーカーケーブルZ-SPC01SS、オススメは専用Yラグ付きのATコアフル装備仕様です。スピーカーケーブルを超えるスピーカーケーブルが実現しています。

しかし、「導入コストを抑えたい」というご要望もあり。そこで、Z-SPC01SSの切り売り販売も開始しております。これならメートル単価が3,300円+税ですので、価格的に導入への射程距離に入ってくるのではないでしょうか?

切り売りZ-SPC01SSの最大のハードルが、先末端の剥き加工。有償での先末端剥き加工を行っておりますので、ぜひご利用ください。

手先の器用な人なら、頑張ればご自身でZ-SPC01SSの先末端剥き加工ができるかもしれません。加工の勘所をご紹介しておきましょう。

Z-SPC01SSの芯線と外皮は結合が強く、ニッパーやケーブルストリッパーを使った一般的な剥き加工手法では歯が立ちません。この剥きにくい芯線というところも、実は音質と直結しているところなので、加工性優先よりも音質のほうを取った設計をZ-SPC01SSでは重視しました。

では、どうやって芯線と外皮を分離するのか? 剥くというより、解体するといったほうが伝わると思います。写真をご覧ください。

zspc01ss_190710.jpg

黒線のほうが、先末端加工の途中経過です。カッターで外皮に切れ目を入れ、解体していくように外皮を取り除きます。

注意点は、カッターの刃を外皮に入れ込むときに、力を入れすぎると音質にとって大切な外皮にダメージを与えてしまわないようにすること。外皮を芯線ごとカットしないよう、最新の注意を払います。

最大のコツは、カッターの刃を常に最新にしておくこと。新品のカッターを使うか、刃を交換するか、刃を折るかです。つまり、ものすごく切れる状態のカッターを、優しく外皮に差して切っていくというイメージです。

この解説を読んで「難しそうだな」と感じたら、迷わず有償の先末端加工サービスをご利用ください。「楽勝じゃん」と感じたら、導入コスト抑制に最適ですので、ぜひご自身で加工に挑戦してみてください。

専用YラグやATコア無しでも、Z-SPC01SSはスピーカーケーブル最高峰のサウンドで鳴ってくれます。ワイドレンジなのはもちろん、感情表現が豊かでダイナミックなサウンドがZ-SPC01SSの魅力。今のシステムでどんな高額なスピーカーケーブルを使用していても、Z-SPC01SS導入でグレードアップ間違い無しです!

メルマガ『【レビュー】 スピーカーケーブルを超えるスピーカーケーブルを聴いた!』 発行!

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【レビュー】 スピーカーケーブルを超えるスピーカーケーブルを聴いた!』です。私がショックで立ち直れないほどの、新スピーカーケーブルZ-SPC01SSのサウンドとは、いったい?

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

zspc01ss_190705.jpg

今週の新スピーカーケーブルZ-SPC01SS完成!

メルマガ先行予約中の新型スピーカーケーブルZ-SPC01SS、今週のご予約分が完成しました!

zspc01ss_190704.jpg

フル装備のご注文ばかりですので、ATコアの取り付けに時間がかかり、お待たせしており申し訳ございません。本日発送しますので、そのサウンドに驚いてください。スピーカーケーブルを超えるスピーカーケーブル、実感していただけると思います。

来週の作業スケジュールを考えると、若干ですがまだ空きがあります。ご予約お待ちしております!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2087)

Link

Search