ツインLB化レビュー 「非日常の果て、白昼夢のような音楽世界」

AT制振アダプター(LBシリーズ XLR)のレビューの新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

100万円クラスの超高額XLRケーブルは、ツインLB化でどこまでグレードアップできるのか! 私もワクワクしながら、レビューを拝見しました。

≫ AT制振アダプター(LBシリーズ XLR)のレビューのレビュー

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2019/06/19


『TWINレビューその3 Blossom into the Music』

LBシリーズ導入の中で、最大のイベント且つ、一つの集大成とも言えるのが、Stealth IndraのTWIN-LB化です。

デジタルケーブルのTWIN-LB化よりも先に実現は出来たのですが、SINGLE-LBでも大きな効果があったこともあって、全てのTWIN-LB化エージングの後の、最終段階で実施したいという想いが有りました。

一旦ケーブルを取り外して、アダプターを取り付ける。SINGLE-LBだとかなり不格好でしたが、TWIN-LBにすると異様な見た目なのにも関わらず、何処か良い音がしそうな期待感がありました。

lb_xlr_190619.jpg

デジタル系統は全てTWIN-LBにし、十分なエージングを行い、事前にIndraのSINGLE-LBをじっくり試聴するなど、入念な準備をしてから本試聴へ臨みました。

それでは、いよいよ本番です。

「非日常の果て、白昼夢のような音楽世界」

現段階で実現可能な、音楽だけが存在する空間。SINGLE接続の時よりも、Indra特有の空間の広さ、響きがより深くなりました。エージングが進むにつれ、それは味わい深いものに。例えば女性ボーカルものでは、SINGLE-LBの時のような妖艶さに加え、幽玄さまでも感じられるようになりました。これはなかなか得がたい表現に思います。これを聴いてしまうと、アダプター無しの状態では、音楽以外にしがらみのようなものがあったように感じます。

特筆すべきは、あれだけREQSTのアダプターを接続しているのに、Indraの特色が失われるどころか、むしろ十二分に生かされているということ。あくまでも、元のケーブルの特色を生かすところが凄いです。

一つの到達点...今まで様々なケーブルを試聴、愛用してきました。コンポーネントをはじめ、ケーブル、ルームチューニングなど様々な要因はありますが、一つの極点とも言えるでしょう。

今回のTWIN-LB化で、ようやく開花のときを迎えた。そんな想いです。このような体験は、このケーブルを所持し、REQST製品に出会えたという、類稀なる幸運があってのこと。

いつも期待以上の製品を提供して下さり、有難う御座います。
今後も、驚きの製品を期待しております。


──────────────

このLBシリーズの制振アダプターが優れているところは、レビューにあるように、そのケーブルのサウンドがそのままグレードアップするところにあります。よくある、固有の響きを音に加え、音質変化を楽しむアクセサリーとは、根本的に違うのです。

LBシリーズの制振アダプターが行っているのは、あくまで音楽エネルギーを流れやすくする作用のみ。いや、単なる流れやすくするというイメージは超えており、例えるならノロノロ走っているオーディオ信号を、後ろからロケットをつけて飛び出させるような感じでしょうか。

結果、100万円を超えるような超高額ケーブルでさえ、音質向上してしまうのです。なぜなら、LBシリーズの制振アダプターは今までに無い技術ですから、どのような超高額ケーブルでさえ、そのポイントの性能は持ち合わせていないためです。

現在、新型スピーカーケーブルの製作加工でてんてこ舞いですが、LBシリーズもご予約いただければ製作スケジュールを組みます。1週間から2週間ほどお待ちいただければ、お届けできる予定です。ご検討よろしくお願いいたします。

メルマガ『【先行販売開始】 新スピーカーケーブルZ-SPC01SS フル装備バージョン!』発行

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【先行販売開始】 新スピーカーケーブルZ-SPC01SS フル装備バージョン!』です。いよいよ新スピーカーケーブル Z-SPC01SSのメルマガ先行発売がスタートしました!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

zspc01ss_190614.jpg

新スピーカーケーブル Z-SPC01SSのATコア装着方法決定!

新型スピーカーケーブル Z-SPC01SS は、最初からATコアをフル装備したパッケージをご用意します。

さて、どうやってZ-SPC01SSにATコアを装着するのか? 本日、最終的に決定したのがこの写真。

zspc01ss_190610.jpg

Z-SPC01SSの平行線構造を活かし、写真右側のようにATコアが芯線に直接触れるよう切り欠きを行います。この芯線むき出しの切り欠きにより、プラス線とマイナス線の両方に1個のATコアで対応できるという好アイデア。写真左側が、熱収縮チューブでATコアを固定した完成状態です。

スピーカーケーブルの長さに対し、最高音質となるATコアの総数が本日決定しました。早ければ明日からATコアをフル装備したZ-SPC01SSの最終試聴が始まります。現状のベーシック状態でも、レクスト史上最高音質であるZ-SPC01SS。スピーカーケーブルの究極進化とは? Z-SPC01SS完全体のサウンド、もうワクワクが止まりません!

メルマガ、『【レビュー】 新スピーカーケーブルの未来サウンドに驚いた!』 発行

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【レビュー】 新スピーカーケーブルの未来サウンドに驚いた!』です。来週のメルマガで先行発売を開始する、新スピーカーケーブル Z-SPC01SS の情報満載!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

zspc01ss_190607.jpg

新スピーカーケーブルの咆哮!

凄いスピーカーケーブルが完成しました!

zspc01ss_190606.jpg

明日のメルマガでレビューします。発売まで、もう一週間くらいお待ちください。この音に、更に強化アイテムを装着しますので!

ベースモデルでこの音だから、いったいどうなるのか・・・ワクワク!

イヤホン制振アダプターのレビュー 『さらなる衝撃!!』、『ヘッドホンでここまで聴けるとは』

イヤホン/ヘッドホン用 AT制振アダプターの新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

≫ イヤホン/ヘッドホン用 AT制振アダプターのレビュー

──────────────

裕太郎 様  ★★★★★ 投稿日:2019/05/28

『ヘッドフォン端子ツイン化!!〜さらなる衝撃!!』

デジタル端子のツイン化の次にヘッドフォン端子をTWIN化にしました!
デジタル端子のTWINもすごかったのに、ヘッドフォン端子でさらに凄みが出てきました!!TWINLBにするとピントがさらにビシッとあって、音の幹が太くクリアになりました!!
もうヘッドフォンから出ている音ではありません。
音楽が素晴らしく生命感に溢れています!
もう本当にすごいですね!!
TWINーLB化最高です!!!

──────────────

J 様  ★★★★★ 投稿日:2019/05/25

『ヘッドホンでここまで聴けるとは』

ソニーのヘッドホン900STとレクストのリケーブルの組み合わせに、制振アダプターを加えました。ハウジングよりもずっと広い空間で演奏が聴こえ、ヘッドホンをしていない感覚になりました。あまりにも気持ちよく、そのまま眠りに落ちてしまいました。

──────────────

私も、寝る前に聴いているイヤホン・システムで、イヤホン制振アダプター×2本を直列に繋ぎツイン化しています。もう凄いのなんのって!

今まで聴いてきた音楽とは別物。これはもはや「オーディオと呼んでいいのか?」と戸惑うくらい。音の鮮度、エネルギー、生々しさが確実に何倍も良くなっている。。大好きなミュージシャンが、自分のためだけに眼の前で演奏しているのをイヤホンでモニターしているような・・・そんな快感があります。

あまりに毎晩のリスニングが楽しいので、昨日の軽井沢出張では学生時代に聴いていた懐かしいCD盤×20枚くらいを持ってきました。音楽配信されていないマイナー盤は、まだまだたくさんありますからね〜。こんなにワクワクして音楽を楽しんでるのって、いつ以来だろう?

レビューにあるように、「音楽が素晴らしく生命感に溢れている」、「ヘッドホンをしていない感覚になる」というのは真実です! 音楽好きなら、イヤホン制振アダプター×2本を迷わずゲットしてください。

イヤホン制振アダプターは、レクストダイレクト会員様限定で先行販売中。早く一般発売を開始したいのですが、なかなか生産が追いつかなくて、ご迷惑をおかけしております。

≫ イヤホン/ヘッドホン用 AT制振アダプターの予約ページへ(閲覧には会員ログインが必要です)

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2057)

Link

Search