HDMI用 AT制振プラグの詳細レビュー 『独自規格の代償と可能性』

レクストダイレクト会員様限定で販売しております、HDMI用 AT制振プラグの詳細レビューが届きました。ありがとうございます!

≫ HDMI用 AT制振プラグのレビュー

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2019/02/23

『独自規格の代償と可能性』

atp_hdmi_190228.jpg

USB制振プラグがリリースされたあたりから、これはHDMIも来るのでは?と期待していました。

が、期待したはいいものの、実際に導入して使用するところがあるのかを考えてみたら、思いのほか無い。テレビ・BDプレーヤー(レコーダー)等、どれも最低限の端子数で、全て使用された状態。仮に空き端子を作っても、機器のグレードを鑑みて、あまり意味が無い、と軽く考えていました。

が、意外なところに使用する箇所を見つけてしまいました!!
(限定生産というワードが、発想力を後押ししたのかも...)

それが、USB-DACでした。

愛用のUSB-DACはEsoteric社製で、他の機器と接続出来る端子の他に、メーカー独自規格の「ES-LINK4」端子があります。この端子が、HDMIの形状と全く一緒で、映像や音声を扱うHDMIとは互換性がありませんが、同社の対応トランスポートと接続することで、スペック数値上最高の伝送を実現するというもの。

しかし、それは逆に対応機種が無い場合は、当然空き端子となり、REQST製品であれほど制振プラグの効果を実感しているものとしては、音のエネルギーが漏れている穴にしか見えません。しかも2つ(^^

当初、その穴を埋めるために2つ購入したのですが、PCにHDMI端子があったので、試しに差してぶったまげたわけです。

追加注文分が届き、早速試聴を開始。

先のPCに差した時の様な、あからさまな変化というよりも、よりセンシティブなところで効果を発揮しているように思いました。(変化の度合いは、規格に依るものと勝手に推測。)

特に奥行きの表現が顕著で、今まで導入してきた制振動プラグと相まって、防塵プラグを使用していたDAC導入当時とはまるで別物です。新品のDACを奮発して購入したのに、全然良い音がしない...そんな思いから、「塩(対応)DAC」と呼んでいた頃が嘘のように音楽性豊かになりました。

特に大きく進化したのが、HDMI制振プラグ導入済のPCを介した音楽再生。これまで、インターネットラジオの配信や、BGMとしての流し聴き等がメインのPCオーディオが、築き上げたメインシステムEsoteric P-0sの表現を超えた!?と言ってもよいほど、「また聴きたくなる」表現になりました。

R-PAD付USBケーブルのバージョンアップ、新製品のLBシリーズリリースなど、より充実したオーディオライフが待っていることを思うと、ワクワクが止まりません!!

──────────────

そんな独自規格の端子があったとは、知りませんでした。ES-LINK4規格機ユーザーの皆さん、ぜひHDMI用 AT制振プラグでグレードアップしてください。

HDMI用 AT制振プラグとLAN用 AT制振プラグは、これがラスト生産の予定です。ぜひ!

≫ HDMI用 AT制振プラグの販売ページへ
 (閲覧には会員ログインが必要です)

≫ LAN用 AT制振プラグの販売ページへ
 (閲覧には会員ログインが必要です)

LBシリーズ、在庫僅少!

メルマガで先行予約を開始しました新製品のAT制振アダプターLBシリーズですが、たくさんのご予約をいただきました。ありがとうございます。

ata_lb_rca_1_190222.jpg


すでにLBシリーズXLRタイプは予約完売。LBシリーズRCAタイプが残り5ペア、LBシリーズ同軸デジタルタイプが残り3本と、かなり少なくなっております(2/25 16時現在)。お早めのご検討をよろしくお願いいたします。

このLBシリーズも、私が一人で製作する製品です。ご予約分を順番にお作りしますので、完成までもう少々お待ちください。頑張ります!

レクスト試聴ルームの最高音質を更新。LBシリーズ誕生!

本日、レクスト試聴ルームの最高音質を更新しました。新製品、AT制振アダプターLBシリーズの誕生です!

ata_lb_rca_1_190222.jpg

LBシリーズRCAは、こんな感じでRCAケーブルに挿入して使用します。

ata_lb_r_190222.jpg

LBシリーズ同軸デジタルは、こんな感じ。

ata_lb_d_190222.jpg

本日発行のメルマガに、LBシリーズの詳しいレビューを書きました。また、LBシリーズの先行限定予約を開始します。初回モニター超特価もあります!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

R-Pad付レクストUSBケーブル バージョンアップのレビュー

レクストダイレクト会員様限定で受付を開始しましたR-Pad付レクストUSBケーブルのバージョンアップですが、早くもレビューが届きました。ありがとうございます!


≫ R-Pad付レクストUSBケーブル バージョンアップのレビュー

rpadusb_190220.jpg

──────────────

chacha 様  ★★★★★ 投稿日:2019/02/20

『USBケーブルバージョンアップ』

お世話になります。

バージョンアップ作業の速さと配送到着が早く、すでに試聴しています。

その音は衝撃的でした。
ハイレゾYMOを再生したのですが、ドラムの存在感と締まった音で圧倒させられました。

Macからの再生とN-70AEからの再生を楽しんでいるのですが、今後はMac外付けSSDにも試してみます。凄いです。

ありがとうございました。

──────────────

R-Pad付レクストUSBケーブルのバージョンアップは、初回10本の予約がいっぱいになりましたので、第2回の10本分を本日より受付させていただきます。作業日程は来週以降です。

比較的安価な投資で効果抜群。更にUSB制振アダプターをお持ちなら、USB上流側の3段ロケット作戦に挑戦できます。ぜひこの機会にバージョンアップをご検討ください。

≫ R-Pad付レクストUSBケーブル バージョンアップの受付ページへ
 (閲覧には会員ログインが必要です)

新しく導入したレクスト・アイテムのご感想

以前のブログでR-Padの新公式ポイントのご感想をいただいた岐阜県のW様より、今回新しく導入したレクスト・アイテムのレビューが届きました。新公式ポイント用のR-Pad×2に加え、電源3P制振プラグ“ATP-PW3”、制振ノブ “R-VM33 Zero”、バナナ制振プラグ“ATP-BNN”の新規3アイテムが加わり、どのようなサウンドが飛び出したのでしょうか!

──────────────

試聴した順序(私は、1つずつ試していくので)とは逆ですが、今回届けていただいたすべてを取り付けての感想は「ん、テンポが変わって聴こえる!」というものです。

そんなはずはありませんよね。レクストのアイテムを入れて、音の質や聴こえ方が変わっていくのは当然ですが、テンポやスピードが変わることは、CDの回転スピードが変わらない限り、変わるはずがありません。それでも変わって聴こえる、というのは、音楽の流れ全体のスピードが変わった、ということではないのです。たとえば、テンポの変わり目の、次のフレーズの出てくるタイミングが、今までとは違って聴こえるのです。タイミングが違って聴こえるということは、時間が延びた、または縮んだと感じるということで、つまりテンポが変わった、と感じるのです。

試聴した順にしましょう。まず、ATP−PW3をタップの空きに差し込みます。電源に関するものは、これまでの経験では「チリやホコリがとれて、すっきりする」というたとえでしょうか、今回もこのとおりに、よい感触になりました。

次にR−VM33zeroです。これはびっくりしました。いままでも前作R−VM33を使っていて、かなりのものでしたが、zeroに換えたら、響きの豊かさ、余韻の美しさが際立ちました。

さいごにATP−BNN、これは今回スピーカー側のみ4本としましたが、びっくりを通り越して「とんでもないものに出会った」という感じです。とくに、各楽器の音色、鳴り方、立ち上がりがくっきり明瞭になったようです。

これらの変化の結果「テンポが変わって聴こえる」ことになったのですが、これは、音の立ち上がりと余韻の聴こえ方が変わったことで、いままで耳に感じていなかった音が感じられるようになったため、とくにテンポの変わり目の前後や、長い音が響いた後の次の音の出だしが、いままでと違うタイミングに聴こえる、ということになったのだと思います。

レクストのアイテムを入れた直後は、いつも「もうこれ以上にはならないな〜」と思うのですが、毎回それを裏切られてきました。今回も大変ひどく裏切られました(笑)

またよろしくお願いします。

(岐阜県 W様)


──────────────

私もテンポが変わって聞こえる経験は多々あります。これはグルーヴが再現できている証拠です。実際、レコーディング時に生楽器の演奏をモニターしているスピーカーからは、このグルーヴが再現できているのですから、最高に上手くCD盤からの音楽情報を引き出せれば、録音物からでもグルーヴが鳴り出すのが正解です。

でも、どのテンポのグルーヴが正解なのか? これが難しいのがオーディオです。ですが、レクストでは幸運にも、レコーディングに立ち会った音源たちや、自身が作曲やプロデュースした音源がありますので、どのリズムが正解かハッキリと分かります。

リズムが遅くなっても早くなってもNGで、時計の時刻を合わせのようにグルーヴ合わせというものがオーディオには存在します。レクストのアイテム達は、そのグルーヴの時計合わせを行っています。グルーヴの答えを知っている強みがあるというわけです。

ぜひ、グルーヴが再現できたシステムで、音楽を存分にお楽しみください!

本日はメルマガを発行します!

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【独自技術】 CD盤から100%の音楽を引き出す!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

写真は、メルマガでご紹介しております、ATコアの3段ロケットです!

rpadusb_190215.jpg

R-Padの新公式ポイントのご感想

先週のメルマガで発表しましたR-Padの新しい公式ポイント『スピーカー背面壁の立て掛け技』はいかがでしたでしょうか?

試したお客様から「wowwowの映画を見ました。映画館ですね。」、「とても良い音」と高い評価をいただいております。

メールで、写真付きのご感想も頂戴しました。ありがとうございます!

──────────────
 
先日のメルマガとブログで、壁コーナーにR-Padを立て掛ける、という技が紹介されており、手持ちの枚数でやりくりして、紹介のとおり試してみましたところ・・・!

メルマガに記述されていたとおり、定位の安定と奥行き感、とくに前方向への立体感が出てきました。ピアノやヴァイオリンの音色も、さらに彫りが深くなったように感じます。演奏者の息遣いや衣擦れの音が、気味悪いくらいです。写真は、向かって右うしろのコーナーに置いたところです。

こうなると、追加のR-Padを購入せざるを得ません。

rpad_190213.jpg

(岐阜県 W様)


──────────────

この技、一見ルームチューニングのようで、もしかすると地味な新ポイントに思えるかもしれません。

さにあらず!

部屋のコーナーを積極的に活用し、部屋全体を大きな外部エンクロージャーと化すのが、新ポイントの真実。伊達にR-Padの公式ポイント入りしたのではありません。

部屋のコーナーという、オーディオでは大きなマイナスポイント。このマイナスを解消するのが、従来のルームチューニングの考え方でした。今回のR-Padによる部屋のコーナー立て掛け技は、もはや対策というよりもチューニングという領域。マイナス解消を超え、部屋のコーナーを大きなプラス要因とまで昇華させます。

試した方のみが、オーディオのその先に到達する、自信を持って発表したR-Padの新ポイントです。ぜひ挑戦してみてください。

発表! R-Padの新ポイント !!

本日2/7発行のメルマガと連動企画です。レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の新しい公式ポイントを発表します。詳細はメルマガに書きますので、どうぞお楽しみに!

レクスト試聴ルームのリファレンススピーカーが、新型のDW-S1 LTDに入れ替わりました。このDW-S1 LTDの音楽再現能力が圧倒的で、今回のR-Pad新ポイントも、音質向上具合が目に見えるように認識できたのです。いや〜凄い。DW-S1 LTDは1ペア限定で、お作りすることができます。お問い合わせください。

dws1ltd_190207.jpg

さて、R-Pad新ポイントは、左右で2枚使います。置き方にポイントがありますので、メルマガをよく読んで挑戦してみてください。

rpad_1_190207.jpg

rpad_3_190207.jpg

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────

Amazon店のR-Padは残数僅少。R-Pad次回入荷は3月下旬ころですので、お急ぎください。


レクストダイレクトのR-Padは、残り18枚(2/7 16時現在)。レクストダイレクト分のR-Padも、3月の入荷までは、この在庫限りです。

R-Padの新ポイント発見!

R-Padの新ポイントを発見しました! 歴代激変ポイントの中でも、かなり上位のグレードアップ効果が得られますので、どうぞご期待ください。

今週は金曜日が東京出張です。バイオリニストの金子飛鳥さんのレコーディングへ行ってきます。

ですので明後日2/7(木)のメルマガとブログで、このR-Pad新ポイントを発表予定です。お楽しみに!

スピーカーDW-S1 LTD 完成!

今週はブログをお休みし、DW-S1 LTDのアッセンブルに集中。
そして無事に完成し、音楽の神様の声を聴くことができました!

dws1ltd_190201.jpg

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【最高音質更新】 これがレクストの2019年システムだ!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────

Amazonで、R-Padの週末限定1,000円オフクーポンを発行中!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2058)

Link

Search