本日はメルマガを発行します!

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【考察】ハイレゾ&配信時代の理想のプレーヤーとは?』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

USB用 AT制振アダプターのレビュー 『ATコア vs. CD再生原器』

USB用 AT制振アダプターのレビューが届きました。ありがとうございます。

なんと、超ド級CDトランスポートEsoteric P-0sとUSB用 AT制振アダプターの比較試聴! オーディオ誌にこんな企画があったら楽しそうな、読み応えのある力作レビューです。

≫ USB用 AT制振アダプターのレビュー

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2019/01/16

『ATコア vs. CD再生原器』

atausb_190117.jpg

次世代のオーディオスタイルになりつつある、PCオーディオ。それに加え、画期的アイテムのATコア搭載アダプター。一方で、かつてCDの読取りを極めた、CD再生原器と呼ばれたEsoteric P-0s。

我が家で、時代を超越した対決試聴が実現しました。

ただの試聴では面白くないので、各々に工夫・特色を生かせるよう配慮しました。

・PCオーディオ+ATコア

PCはデスクトップ型、セッティングは机にベタ置き。特別な工夫はありません。本製品「ATA-USB」及び、「R-Pad装着USBケーブル + AT」のREQST製品を使用し、PC⇒USB-DACへと接続します。メインの
USBケーブルは、SAECのSUS-380(3m)です。
再生には、音楽プレーヤー転送用のソフト(ハイレゾ対応)を使い、圧縮音源とハイレゾ音源を用意。出力は、192KHz/24bitに設定。PCの電源ケーブルと電源タップは安価なものを使います。

・Esoteric P-0s

こちらでは逆に、REQST製品を一切使いません。接続するデジタルケーブル、電源ケーブル、専用電源ボックス、P-0sオプションDCケーブ等々、電線病御用達の布陣とし、セッティングはオーディオボードを使うなど、細心の注意を払います。
P-0sはアップコンバート機能が無いので、出力は44.1kHz/16bitとなります。また、参考までにルビジウムクロック(G-0Rb)を用意しました。

両者を同じUSB-DACに接続します。USB-DACにはアップコンバート機能が付いていますが、今回は使いません。
なお、USB-DACとアンプには、REQST製品の制振プラグが装着してあります。従って、DAC入力以降は両者共通条件となります。

果たして、結果は...試聴スタート!!

■ PCオーディオ+ATコア(+R-Pad装着USBケーブル + AT)

導入直後よりもブレークインが進んでいるのか、R-Pad装着USBケー
ブル + ATの相乗効果もあって、音楽の存在感が並大抵では有りません。中途半端なプレーヤーでは、恐らくこの表現は出ないでしょう。
圧縮音源(256kbs)を再生しても、圧縮感よりも先に音楽性を感じるので、全く不満は有りません。ハイレゾ音源では、ディティールがより際立ち、特に奥行きが凄いことになっています。
この組み合わせでは、まさにライブ演奏のプレイバックを愉しんでいるかのような快感が得られました。

■ Esoteric P-0s(+ルビジウムクロック)

やはり原器の風格ここに有り。少し輪郭が強めの、質実剛健な印象で情報を掻き出している感が有ります。情報量が多く、破綻のない安定した表現。これを聴くと配信ではなく、ちゃんとCDを買って楽しみたいという気にさせてくれます。
更に進んで、ルビジウムクロックをP-0sとUSB-DACの両方に使用した場合を検証。輪郭は少しナチュラルな方向になり、表現はさらに緻密でデリケートな方向にシフトしました。CDでこれだけの表現が出来るのか?と思う程の発見が有りました。

■■総評■■

初期モデル発売から間もなく20年となる、P-0sの凄みもさることながら、今回の試聴で一番印象に残ったのが、ATコアアダプターの「音楽を上手に聴かせる表現力」でした。
確かにP-0sは並外れた情報量があり、安定した再現力ですが、それだけの技術や物量があってのこと。むしろ、このような大規模な機器で固めずとも、少ない予算でこれだけの表現を可能とする、ATコアアダプターの存在は、オーディオの未来を見ているかのようです。
聴かせ上手...とても曖昧ですが、例えばそれは、音楽のグルーヴ感であったり、アーティストの表情がより豊かに感じることだったり、あるいは聴き手の経験によっては、よくわからないということもあるでしょう。言葉では言い表しがたい表現と言えるかもしれません。

しかしながら、確かにそこには生き生きとした音楽があった。それをようやく見つけたと、聴き手が体で感じた瞬間があったことは、紛れもない事実です。そして今回の様な比較も出来る。こんな幸せなことは有りません。

更に望むなら、今回施行しなかった、P-0sへのREQST製品の導入です。そこにはどんな世界が待っているのか!?とても楽しみでなりません。

今後の製品に益々期待しております。

──────────────

「聴かせ上手」って素敵な言葉ですよね! レクスト製品では決して音への色付けなどは行わないよう、そういった要素を徹底排除しているのですが、気持ちよく音楽を聴きたい、感動したい、心と音楽の距離を少しでも縮めたいという心意気で、製品を開発しています。その結果が、ユーザー様のところで「聴かせ上手」と評価いただけたなら、開発側としてこんなに嬉しいことはありません!

≫ USB用 AT制振アダプターの販売ページへ
(閲覧にはレクストダイレクトの会員ログインが必要です)

LAN制振プラグの試聴レポート

本日のメルマガで先行予約を開始する、限定品のLAN制振プラグとHDMI制振プラグ。そのLAN制振プラグの試聴レポートです。試聴メモの走り書きをテキスト化したものですので、雑な文章で申し訳ございません。その分、私の驚きが伝わるのではないでしょうか!

lanatp_190111.jpg

空き端子がゼロとなる、完全体プレーヤーのサウンドとは?

確かに、音声出力 × 1のみのアナログプレーヤーは音が良い。そういえば超初期のCDプレーヤーもデジタル出力などなく、音声出力のみで音が良かった記憶があります。

では、外部出力てんこ盛りの現代プレーヤーを完全体にするには?

空き端子による音質劣化は、制振プラグで埋めることができます。仮想とはいえ、空き端子ゼロが制振プラグで実現可能とは、素晴らしい発明!

レクスト試聴ルームのリファレンスプレーヤーはN-70AE+NS441D。ほとんどの空き端子は制振プラグを装着済み。残す空き端子はLAN端子のみ。

とはいえ、そんなに期待せずに試聴。USB端子への制振プラグが画期的な音質改善だったため、実は「LAN端子を埋めたところでどうなの?」と感じていました。

しかし、なんということだ、この完全体プレーヤーは!

──────────────

・針を刺すように、シャープに尖ったトライアングルの立ち上がり
・柔らかいエレピの音色
・太く立体的なボーカル
・別物のように前へ前へと迫ってくる音像
・音の感触がザラザラしなくなった
・フォーカスが合い、音が見えるよう
・キックドラムの迫力倍増
・音楽エネルギーの全てが前方へ流れる→音の洪水!
・温度感が高く、温かい音
・ギターカッティングで初めて本物の金属弦の音が聴こえた! (チャッツ・チャッではなく、ギャッ・ガッ!)
・フロントスピーカーのみなのに、サラウンドのように部屋全体へ広がる
・キラキラしているのに朗々と鳴るという、相反する魅力の両立
・初めて生楽器が再現できたと胸を張って言える

──────────────

このLANとHDMI制振プラグは、一度に他接点をATコアで制振できたので、その効果は別格です。ご自身のシステムにLANとHDMIの空き端子があれば、なんと幸なことでしょう。LANとHDMI制振プラグで、大幅なグレードアップをお約束します!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!

USB制振プラグのレビュー 『まるで4Kを見ているよう』

USB制振プラグのレビューをメールにていただきました。ありがとうございます。

──────────────
私のブルーレイはDMR-UBZ1ですが、前面にUSBの空き端子がありそこにさしました。さっそくwowwowの映画を見ました。

画像は素晴らしく音も数段よくなりました。4000円の投資でこれほどよくなるのは驚きです。まるで4Kを見ているようですね。

今後もいい製品を期待します。今年もよろしくお願いします。

(長野県/T様)

──────────────

私は音の専門家ですので映像は評価しないように心がけているのですが、流石にUSB制振プラグの映像へのグレードアップ効果は素人目にもハッキリと実感できます。T様のレビューにあるように、私も「まるで4K?」と喜び、お正月はテレビ三昧でした!

4K化とは映像向上のベクトルが本質的に違うとは思いますが、少なくとも機器がツーランクくらい上級機になったような感動が得られること請け合い。USB制振プラグをお持ちの方は、オーディオシステムから一旦撤去し、映像システムの空きUSB端子にお試しください。自由に移動できるのも、制振プラグの魅力ですから。

USB制振プラグはレクストダイレクト会員様限定で販売中で、すでに60個が完売。現在、第4ロット × 20個が完成しましたので、即納できます!

atpusb_181203.jpg

≫ USB制振プラグの販売ページへ(閲覧には会員ログインが必要です)

USB制振プラグの試聴をノートパソコンで!

レクスト試聴ルームは、ただいまメインスピーカーを入れ替え中で、アッセンブル作業待ちのスピーカーDW-S1 LTDが完成するまで、音が聴けない状態です。音の無い作業は、なんとも寂しい限り。そこでノートパソコンでBGMを流しながら、年末年始ご注文分の発送作業を行っています。

ふと気づくと、今日はBGMがなんだかご機嫌。昨日と違うところは何か? そう、ノートパソコンにUSB制振プラグを2個、装着したのでした!

usbat_190108_1.jpg

usbat_190108_2.jpg

ノートパソコン内蔵のスピーカーですから、基本的にはシャカシャカした薄っぺらいサウンド。こんなものでUSB制振プラグの有無が果たして分かるのでしょうか? 気休めに装着したつもりが、BGMレベルでもUSB制振プラグの効果を実感できたので、少々本気モードで比較試聴してみました。

実はノートパソコン内蔵のスピーカーは薄味サウンドながら、非常に高く評価できる面もあります。それは、スピーカーユニットが上向きで、非常に精度の高いセッティングで固定されているところ。ちなみに、ノートパソコンに向かって左右に首を動かしてみてください。センター音像が逃げていかないのが認識できると思います。実はコレ、精度の高いスピーカーセッティングが成功しているときの特長なのです!

さて、USB制振プラグの試聴をノートパソコンで真剣に行ってみると、これは面白い。USB制振プラグ無しでは狭かった音像が、装着するとパッと広がる。そして、高域の圧倒的な伸び。残念ながら、ノートパソコン内蔵スピーカーの性能では、低域までは認識できませんでした。何より、歌が艶っぽい。モノクロ写真がカラーになったような鮮やかさを感じます。

この音質向上は、マニアやプロでないと認識できない微妙な差ではなく、誰が聴いても笑ってしまうほどの音質向上。今日は、USB制振プラグの実力に、改めて驚課されました。いや〜楽しい!

≫ USB制振プラグの販売ページへ(閲覧には会員ログインが必要です)

新しいスピーカー

本日より仕事始めです。

年末年始休暇中にたくさんのご注文を頂戴し、本当にありがとうございます。本日より発送を開始しております。大変お待たせしました!

レクスト試聴ルームの新しいリファレンススピーカーDW-S1 LTDのアッセンブル準備に入っております。スピーカーユニットやコンデンサーの発注をしているだけでワクワク。早く産声を聴きたい!

最高の天然木ウォールナット無垢エンクロージャーを見ているだけで、うっとりしてしまいます。また写真でお見せしますね。

Amazon店、在庫補充しました!

Amazon店の在庫が無くなり、新年早々に品切れしてしまい申し訳ございません。年末年始クーポンが好評で、予想以上の売れ行きでした。ありがとうございます。

本日、R-Pad-ezとレゾナンス・チップATの在庫補充を行いました。明日1/5(土)には在庫反映される予定です。年始クーポンは1/6(日)までですので、この特価のチャンスにぜひご検討よろしくお願いいたします。

R-Padはメーカー在庫完売です。次回入荷までもう少々お待ちください。



──────────────

レクストダイレクトのお年玉1000円クーポンも、あと数本あるようですので、ぜひ!

────────────────
【19名様限定! お年玉クーポン1000円】
クーポンコード:レクストお年玉No2
ご購入金額に関係なく1,000円引き
お一人様1回限り

────────────────
【お年玉クーポン500円】
クーポンコード:レクストお年玉No3
ご購入金額に関係なく500円引き
お一人様1回限り

────────────────

お年玉クーポン!

あけましておめでとうございます。

2019年、レクストは21年目に突入しました。20年で、なんとか目標とする音が自在に出せるようになったという手応えがあります。特に昨年後半からの快進撃は、この20年で最高でした。ATコアを利用したケーブル、制振プラグ、制振アダプターは、オーディオの、いや、演奏を含む音楽再現の未来だと感じています。

20年で達成した夢の音。本来ならば、これにて引退してみたいところですが、「まだまだ進みなさい」という天からの声が聞こえてくるようです。そこで21年目は、一年生に戻った覚悟で真摯に音と向き合っていきます。皆様、応援よろしくお願いいたします。

さて、お正月ということで、レクストダイレクトで使えるお年玉クーポン企画を考えてみました。ぜひご利用いただき、お得に最新レクストアイテムをゲットしてみてください。受注のお返事など、1月7日以降の対応となりますので、どうぞお許しください。

お年玉クーポンのご利用期間は、1月6日までです。ご購入カートにて、クーポンコードを入力してお使いください。自動でお値引きが反映されます。

≫ レクストダイレクトへ

────────────────

【1名様限定! お年玉クーポン2019円】
クーポンコード:レクストお年玉No1
5,000円以上お買い上げで2,019円引き

────────────────
【19名様限定! お年玉クーポン1000円】
クーポンコード:レクストお年玉No2
ご購入金額に関係なく1,000円引き
お一人様1回限り

────────────────
【お年玉クーポン500円】
クーポンコード:レクストお年玉No3
ご購入金額に関係なく500円引き
お一人様1回限り

────────────────

レクストダイレクトのAmazon店でも、引き続き年始クーポンを発行しております。こちらも1月6日までの限定クーポンです。かなりのお買い得特価ですので、お正月に音質向上したくなったら迷わずゲットしてみてください。Amazonプライムで即納されます。数が少なくなってきておりますので、お早めにぜひ!



本年もよろしくお願いいたします。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2011)

Link

Search