2018年最終ブログ: ATコアの新発明バンザイ!

本日が2018年最終ブログです。なんとかご注文分の年内発送を済ませました。今夜は気持ちよく乾杯できそうです!

なんといっても、ATコアシリーズの発明が革新的だった1年。まさかこんな音が出るなんて、今年の前半までは想像すらしていませんでした。

来年はレクスト・リファレンスシステムのスピーカーがDW-S1 LTDに入れ替わります。アンプも早々にA-0+REQSTに変更したいところ。とはいえ、年初はイヤホンAT制振アダプターの一般発売に向け、生産に集中しないと!

年末年始休暇中、レクストダイレクトのAmazon店に頑張ってもらおうと思い、年末年始クーポンを設定しました。来年1月6日までの限定クーポンで、本日28日の22時くらいから反映される予定です。かなりのお買い得特価になりますので、このお正月に音質向上したくなったら、迷わずゲットしてみてください。Amazonプライムで即納されます。数に限りがございますので、ぜひ!



──────────────────────

本日はメルマガも発行しますので、ぜひご覧ください。お正月のお得な情報あります!

それでは皆様、本年も大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください。

Z-LNC01S / AT-Nakedと、100万円XLRケーブルとの比較レビュー!

限定生産 RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Nakedのレビューが届きました。なんと、100万円クラスのXLRケーブルとの比較試聴です! ありがとうございます。

≫ 限定生産 RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Nakedのレビュー

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/25

『究極のスタンダード』

naked_181226.jpg

既に、自分でセレクトしたXLRケーブルを愛用しているので、当初導入の予定はありませんでした。
が、ここ最近で購入した「ATA-EP」の衝撃といったらなかった。同じノウハウが使われたZ-LNC01S /AT-Nakedは一体どんな音を奏でてくれるのだろう?とても気になって仕方がありませんでした。

ケーブルは思った以上に細く、取り回しは良好。Nakedスタイルですが、説明の通り、通常の使用範囲内での強度は十分にあると感じました。

十分にブレークインをしてから、試聴を開始しました。

まず気がついたのは、全体的なバランスがフラットで、クセが殆ど感じられないこと。
そして、個人的に評価したいポイントは、ボーカル曲がとても気持ちよく聴けるというところ。派手さは無いですが、肩肘張らずに心ゆくまで楽しみたい...という気にさせてくれます。

同価格帯のケーブル...いや、数十万の低音がどう、高音がどう、高純度素材云々と謳っているケーブルは、足元にも及ばないでしょう。そして、価格は2万円台。脅威のC/Pと言わざるを得ません。


参考に、現在愛用のXLRケーブル「Stealth Indra」を用意して比較しました。

音楽を部屋いっぱいに満たし、音楽の中を遊泳するという表現は、Indraの独壇場でした。が、曲によっては遊泳しにくい??なソースがあるのも事実です。
対して、Z-LNC01S /AT-Nakedは、それよりは情報が縮小するものの、ソースを選ばず、安心して音楽をゆっくり、じっくり楽しめます。

纏めると

Indra:レファレンス(このケーブルの傾向が好きな人向け)
Z-LNC01S /AT-Naked:究極のスタンダード

といったところでしょうか。

射止めたケーブルが既にある、XLRに路線変更したという方でも、使ってみる価値のある銘ケーブルです。


──────────────

ATコア内蔵のZ-LNC01S / AT-Nakedでも圧勝できなかったとは、流石に100万円クラスのケーブルは強敵です(笑)。

Z-LNC01S / AT-Naked、残りあと1ペアのみ。即納できます!

≫ Z-LNC01S / AT-Nakedの販売ページへ
(閲覧にはレクストダイレクトの会員ログインが必要です)

クリスマス・クーポン!

先週末のメルマガでクリスマスクーポンを発行しましたところ、たくさんのご注文をいただき本当にありがとうございます。レクストスタッフ一同にとって、最高のクリスマスプレゼントとなりました!

いただいたご注文数の年内発送を実現するため、私のスケジュールを大幅に変更しました。当初はイヤホン用AT制振アダプターの一般発売を年内で予定していたのですが、これを来年1月中旬まで延期。クリスマスにいただいた ご注文分の製作と出荷に全力を注ぎます。

イヤホン用AT制振アダプターですが、3.5mm仕様なら年内のお届けが可能です。一般発売は来年ですので、レクストダイレクトでご注文ください。

メルマガでプレゼントした500円のクリスマス・クーポンを、このブログでもご紹介します。本日25日までのクーポンですので、お急ぎください。

ご購入金額にかかわらず、お一人様1回ずつご利用いただけます。レクストダイレクトのご購入カートにて、クーポンコードを入力してお使いください。自動でお値引きが反映されます。

≫ レクストダイレクトへ

────────────────

【500円クリスマスクーポン】
クーポンコード:SNT18
ご購入金額に関係なく500円引き

────────────────

ぜひこの機会に、AT制振プラグなど、必須アイテムを増やしていってください。いただいたご注文は、なんとか年内にお届けできるよう頑張ります!

メリークリスマス♪

12/13イベント、あの音はこうやって出す!

先日のイベントは、素晴らしいパフォーマンスをご披露でき、参加の皆様より高い評価を頂戴しました。本日のブログは、あのイベントでの音の出し方を解説したいと思います。

(製品を販売ページにリンクしておきますが、会員限定販売品はログインが必要です。会員登録無料ですので、この機会にぜひ!)


【事前プランニング】
今回の音の鍵を握るのは、目玉である新RCAケーブルZ-LNC01S / AT-Nakedです。そこでアンプ内蔵スピーカーはワイヤレス接続を使用せず、RCAケーブルで直結。とにかくプレーヤーから極上のサウンドを放り込めば、必ずや最高のサウンドで鳴ってくれるのではないか? そういったコンセプトでセッティングに望みました。

また、第2回以降のイベント開催を視野に入れ、いかに簡単な装備で合格点の音が出るかにも挑戦。レクストのリファレンス機などは持参せず、アクセサリーとケーブルだけで挑んでいます。


【セッティングの実際】
下の写真が実際の完成図。鳴らしたのは手前にある小型スピーカーです。

event181213_1.jpg

プレーヤーはパイオニア/N-70AE。レクストのチューニング機ではなく、市販機そのまま。電源ケーブルをZ-PRC01Sに交換。天板にレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”を、両側面にサイドインシュレーターレゾナンス・ピット・プレーヤーを使用。右端の空きヘッドホン端子には、フォン制振プラグ ATP-PHLを挿しました。

event181213_2.jpg

背面が今回の目玉。空き端子をAT制振プラグで埋めることで、プレーヤーの再生サウンドが極太に変貌しました。XLR制振プラグ ATP-XLR-F(メス)RCA制振プラグ ATP-RCAUSB制振プラグを使用。電源ケーブルのプラグには、R-Padを立て掛けて使用しています。

event181213_3.jpg

こちらも今回の目玉! USBメモリを、完成したばかりのUSB制振アダプターを挿入して接続。太鼓判ハイレゾ音源が、マスター音源のような輝きで、アナログマスターのような滑らかさで再現できたのは、このUSB制振アダプターの威力です。更にUSBメモリにはR-Pad-ezを輪ゴムでセットしています。

event181213_5.jpg

プレーヤーに給電していた壁コンセントには、制振プラグ ATP-PW3を使用。電源チューニングは何とこれだけ。特殊な電源装置はイベントに不要となりました。他には、R-Padを電源プラグに乗せています。唯一、生産完了しているアクセサリーを使用したのが、電源ケーブルに巻き付けたケーブル・ブレスレットです。

event181213_4.jpg

アンプ内蔵スピーカーの背面。USB制振プラグを2個使用。本当はRCA制振プラグをサブウーファー出力に挿したかったのですが、手持ちが足りずに断念。電源ケーブルは純正を使用。電源ケーブルのZ-PRC01Sへの交換は、今回のイベントでは余力として温存しました。次回があれば、アンプ内蔵スピーカーの電源ケーブルの交換にも、ぜひ挑戦してみたいです。

event181213_6.jpg

そして、こちらも目玉。左右スピーカースタンドの両側面にステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1”を設置。まるでセンタースピーカーがあるかのように、キックドラムやベースがズバーン! と鳴っていたのは、ステレオディフューザーの威力です。その他、R-Padをスタンド底板に、純正電源ケーブルの強化としてR-Pad-ezをケーブル下に敷きました。

event181213_7.jpg

event181213_8.jpg

これも効きました。左右スピーカーのバスレフダクトに、R-Pad-ezを設置。小型スピーカーから良質な低音が得られたのは、このR-Pad-ezの魔法です。

event181213_9.jpg

そしてレーザー墨出し器による精度の高いスピーカーセッティング。写真ではレーザー線が写っていなかったので、赤線を書き足しておきました。レーザー墨出し器は、安価な数千円クラスで十分使えます。

event181213_10.jpg

その他、写真を取り忘れましたが、ルームチューニングとして床と天井にR-Padをセットしました。R-Pad×2枚だけで、30名規模の会場の音響が調整できてしまう。すごい時代になったものです。


【今回のポイント】
今回のイベントセッティングでは、ターミナルやスピーカーユニットネジのトルク調整といった、私にしか出来ない技術、いわゆる特殊な技を使っていません。個人の能力差が出るとすればスピーカーのセッティング精度ですが、時間をかけて慎重に行えば可能な作業です。つまり、このノウハウを使えば、誰がやってもあの神がかったサウンドが出せるということ。これって凄いことです!

ぜひ真似て、あの音を再現してみてください。勘所は、余計なことはやらない。やりすぎると、音楽の神様は恥ずかしがり屋さんなのか、すぐに隠れてしまいます。慌てない、やりすぎない。この2つを抑えながら、セッティングに挑戦を! 私も応援しますので、わからないところは何なりとご相談ください。

USB用 AT制振アダプターのレビュー!

USB用 AT制振アダプターのレビューをたくさんいただきました。ありがとうございます。

≫ USB用 AT制振アダプターのレビュー

atausb_181203.jpg

──────────────


裕太郎 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/17

『大革新のサウンド』

この小さな躯体からとんでもないサウンドに!
USBプレーヤーには、この商品は必需品ですね。
もうこの音を知ってしまったら…
そのぐらい生々しく熱いサウンドが聴けます!!
軽く聴くつもりが本気モードで聴いてしまいました笑
まだまだ聴き始めてまもなくなので、しっかり年末に
むけていろいろな音源を楽しんでみたいです♪

──────────────

zoso 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/17

『素晴らしい!』

USB用 AT制振プラグと共に装着。
楽器毎の音が一層明瞭になり、音量もアップした感がある。

生々しさは20-30%もアップ。

寝る間も惜しく、いつまでも聴いていたい。

──────────────

chacha 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/17

『声の表情が見えるようです』

USB版制振ATの感想

ピアノのタッチ等が以前よりリアルに感じられるようになりました。
Macの接続状態です。
out:Mac -> USBケーブル -> ifi-Audio iGalvanic3.0 -> USB用制振ATアダプター ->USBケーブル -> DAC
in:Mac <- ifi-Audio iSilencer3.0 <- USB用制振ATアダプター <- USBケーブル <- SSD

こんな接続でUSB用制振ATアダプターを接続しました。
接続してすぐに音出し〜〜すぐに変化を感じました〜〜いいですね〜〜確実に好きな方向へ変化しています。
背景の深い静寂感の中から現れるボーカル、それを力強く感じます。少し痩せているように感じていたボーカルの声の質感が見えるようです。

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/14

冴え渡る音楽表現!!
本アダプター以外に、R-Pad装着USBケーブル+ATを所持しており、さすがに再々延長は...と思っていたのですが、音が変わるとアドバイスをいただき、導入を決めました。

ケーブルの形状は、ATA-EPのUSB版といった感じ。USB-DACで音の違いを試してみました。メインのケーブルは、SAECのSUS-380です。

・SUS-380+ATA-USB

ボーカルものがとにかく楽しい!!ATA-EPで感じた、音楽を楽しく聴かせる出方は共通で感じるポイントです。圧縮音源でさえも、CDで再生するより良いと感じたくらいです。

・SUS-380+ATA-USB+R-Pad装着USBケーブル+AT

明らかに音が悪そうに見えますが、ATA-USB単独よりもより表現が広がり繊細な表現になりました。両者のいいとこ取りです。R-Pad装着USBケーブル+ATを所持しているユーザーの特権ですね。メインのプレーヤーがPCになってしまいそうな勢いです。

小さく、扱い易いので、様々なUSB機器で使用出来る銘アダプターです。

あえて難を挙げるとすれば、ケーブル部分があまり曲がらないので、スペースファクターの面で多少工夫が必要なこと。また、メインケーブルに重量があると、接続した時にコネクタに少々負荷がかかることくらいでしょうか。

しかし、それ以上に魅力的な製品であることに間違い有りません。
 

──────────────

全て五つ星と、高くご評価いただけて嬉しいです! 先日のイベントでも、USB用 AT制振アダプターは大活躍でした。

USB用 AT制振アダプター、あと数個なら年内間に合わせます。お早めにご予約ください!

新RCAケーブルのレビュー 『床置きR-Padとの合わせ技で我が家史上最高の「Aja」が鳴りました』

限定生産 RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Naked (1.0m / 1ペア)のレビューをいただきました。ありがとうございます。

≫ Z-LNC01S / AT-Nakedのレビュー

zlnc01s_atn_181018.jpg

──────────────


るうのパパ 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/14

『床置きR-Padとの合わせ技で我が家史上最高の『Aja』が鳴りました』

イヤホン/ヘッドホン用AT制振プラグの効果があまりにも大きかったので、「だったら、同じ構造のNakedケーブルだって効くのでは」と考え、導入を決めました。

我が家では安普請の部屋の影響で特定の周波数の共振や落ち込みがあり、グラフィックイコライザーで補正していました。XLR端子専用なので、XLRケーブルにATチップを取り付けています。

イコライザーをパスしてNakedケーブルでCDプレーヤーとアンプを直結。結果は「もうグライコなしでいいや」。音にパワーがあるのは当然ですが、音場感や音の質感の向上、ベースの弾力的な音など、ご機嫌です。制振アダプターと同じ方向の変化となりました。

ここでさらに一手間。2018/12/13の有楽町KEFギャラリーでのハイレゾ試聴会で、R-Padの床置きの有無で音が大きく変わるのにびっくりしたので、置いてみました(なぜこれまでしなかったかというと、R-Padをおもちゃにして、しまいには家具の下の隙間に叩き込むに違いない凶悪なケモノがいるからです)。

結果は大成功。スティーリー・ダンの『彩』が、我が家史上最高の音で鳴っています。バーナード・パーディーのドラムスとチャック・レイニーのベースがこんなにパワフルかつセクシーに聴こえるなんて! 試聴会でもかかっていた宮良牧子の『少女』も、これまでなかったエモーションの強さ・深さを感じます。クラシックのオーケストラも、フォルティッシモで音が団子にならず、気持ちよくほぐれます。全体として、音がスピーカーにまとわりつかず前へ前へと押し寄せるようになりました。

Nakedケーブルだけだと期待どおりだったのが、R-Pad床置きとの合わせ技で期待のはるか上空、成層圏に到達した感があります。

まだ床置きを試されたことのない方はぜひ! ネコのいるお宅は気を配りながらお楽しみください。

──────────────

ゆきりん 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/10

『良い音が出てます』

今までサエクのケーブルを使ってましたが、このケーブルは物が違います、まだまだエイジング途中なのですが本当に良い音がします、コスパ最高でナチュラルで綺麗な音です、透明感もありバランスも非常に良いです、さらに音が良くなるのが楽しみです、レクストさんの製品は素晴らしいです。
今度は電源ケーブルが欲しくなりました、また宜しくお願いします。
 

──────────────

先日のイベントでも絶賛だった、RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Naked。イベント内で同価格帯ケーブルとのカチンコ対決試聴したのですが、皆さん大いに驚かれたようです。実は、もっと高額ケーブルが対抗馬として無いものか、探してもらっていたくらい。

Z-LNC01S / AT-NakedはATコア内蔵ですから、ある意味で電源不要のエンジンが搭載されているようなもの。従来のオーディオケーブルとの比較ですと、例えるなら人と車で長距離を競争しているくらいの音質差が出ます。イベントで、もっといろいろなケーブルと比較試聴したら楽しそうです。

Z-LNC01S / AT-Nakedは、ただいまラスト2ペアが即納可能です。年末年始、この未来の音でぜひ楽しんでください!

明日12/13(木)は東京イベントです!

明日13日(木)は、今年最後のイベントとなる、連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』 のリアル試聴会です。予約不要のフリーイベントですので、ぜひご参加ください!

鳴らすスピーカーは、KEFさんのアンプ内蔵ワイヤレス・スピーカーLS50 Wireless。といっても、メインで鳴らす音源はワイヤレスではなく、プレーヤーN-70AE(ノーマル)を使い、RCAケーブルZ-LNC01S / AT-Nakedで接続します。

LS50 Wirelessはアンプ内蔵のスピーカーなので、電源ケーブルはZ-LNC01S/AT に交換し、空き端子にはRCA制振プラグやUSB制振プラグを投入予定です。

もちろん、レーザー墨出し器による精度の高いスピーカーセッティングも披露しますし、驚異のサウンドのステレオディフューザー3rdも持参します。

木曜の夜ですが、お会いできるのを楽しみにしております!

◆日時
2018年12月13日(木)
18:00開場/18:30開演
20:00終演予定
≫ イベント詳細

──────────────

お待たせしております、USB制振アダプターの初回ロット×20本が先ほど完成しました! 明日のイベント出発前に発送作業を行う予定です。もう少々お待ちください。

atausb_181212.jpg

ステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1第5ロットの予約開始!

レクストダイレクトの会員様限定のみで合計 66セットが予約完売しております、ステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1”。 その後もRSD-LK1のリクエストを多く頂戴しておりますので、再生産することにしました!

本日、工場と打ち合わせたとこと、既に年内のスケジュールは満杯で、来年1月も正月明けということで混雑しており、RSD-LK1の納期は来年2月初旬となってしまいました。長くお待たせしてしまい申し訳ございません。

下記にて、本日よりステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1”第5ロット × 15セットのご予約をスタートいたします。ぜひご検討ください!

≫ ステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1”の予約ページへ (閲覧には会員ログインが必要です)

RSD-LK1の効果は、驚きのレビューをたくさんいただいておりますので、そちらをご参照ください。

≫ ステレオディフューザー the 3rd “RSD-LK1”のレビュー

rsdlk1_1_180514.jpg

USB用 AT制振プラグ/アダプター、初回ロット予約完売!

先週末のメルマガで、ダイレクト会員様先行予約を開始したUSB用 AT制振プラグ/アダプターですが、初回ロットはあっという間に完売。現在第2ロットのご予約を承っている状況ですが、こちらも数が少なくなってきております。本当にありがとうございます。

atausb_181203.jpg

atpusb_181203.jpg

年内の作業可能日程を考えると、早くも90%くらいスケジュールが埋まってしまいました。年内にご提供できるバージョンアップや機器チューニング、制振プラグ、制振アダプターは、残りわずかという感じです。お早めにご検討いただけると嬉しいです。できるだけ年内にお届けできるよう、全力で挑みます!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2065)

Link

Search