500円の暑中見舞いクーポン、本日7/31まで!

メルマガ限定で配布しました500円の暑中見舞いクーポン、本日7/31までです。お買い逃しはありませんでしょうか? 話題のレゾナンス・チップ ATにもご利用いただけますので、激安で購入できるチャンスです!

REQSTインスタグラムのスタート記念に、クーポンコードを投稿しておきました(笑)。ぜひご利用ください。

▶ REQST インスタグラム

▶ クーポンコードはレクストダイレクトで

eイヤホン秋葉原店さんイベント、大盛況でした!

昨日7/29は、eイヤホン秋葉原店さんでレゾナンス・チップ AT のイベントでした。たくさんのお客様にご参加いただき、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

FBの速報でお伝えしました通り、試聴されたお客様は33名様で、レゾナンス・チップ AT の販売数は40個と、前回(試聴 × 32名様・販売数 × 31)を少しだけ上回る好成績でした。

電源ケーブルへのレゾナンス・チップ AT 加工依頼が多いのと、ブログでご紹介しているCD盤リッピング革命といえるUSBケーブルへのレゾナンス・チップ AT 加工依頼が多かったのが印象的でした。

もちろんイヤホンへのレゾナンス・チップ AT 取り付けが最も多く、いつも聴いているイヤホンが猛烈に音質向上するのですから、お客様の驚く顔といったら!

モア・アンコール試聴会が開催される可能性も出てきました。またご報告します。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

本日はメルマガを発行しました!

明後日7/29(日)は秋葉原イベントです! 大好評につき、レゾナンス・チップ AT 試聴会を再び開催いたします。新たな音質向上アイテムの効果を是非お試しください!

akb_reqst_0729.jpg

本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『7/29は秋葉原イベント & 好評500円クーポンは7月末まで!』です。メルマガ限定の500円クーポンは今月末までですので、ぜひゲットしてください!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

続々・レゾナンス・チップ AT でCD盤のリッピング革命が!

次の日曜日は秋葉原イベントです! 大好評につき、e☆イヤホン 秋葉原店さんにてレゾナンス・チップ AT 試聴会を再び開催いたします。新たな音質向上アイテムの効果を是非お試しください!

akb_reqst_0729.jpg

さて、CD盤リッピングのレゾナンス・チップ AT、もうお試しいただけましたでしょうか?

「デジタル音源がそこまで音質向上するはずがない」、「ビットパーフェクトで欠落なくDACに伝わっているならば、音質は変わらない」というご意見も、もちろん頂戴します。確かに私もそうであってほしいと願うひとりです。しかし、残念なことに音質は劣化・・・というより変質しています。

実際の音楽制作現場では、音楽はもっと活き活きと鳴っているのです。ですが、私達が聴くCD盤や、ハイレゾ音源、その他の個人で入手できるデジタル音源を聴くと、音楽制作現場で聴くことのできるエネルギーは、全くといえるほど失われています。

ですので、レクストがやろうとしているデジタル音源の改革は、音質を良くするというより、どうやったらあの活き活きした音楽を取り戻せるかという挑戦です。

一縷の望みは、アナログ音源のようにコピーすれば確実に劣化していく規格と異なり、デジタル音源は0と1のデータであるということ。私達が入手できる音源と、音楽制作マスターの音源は、それこそピットパーフェクトで同じものという可能性が高いのです。とすると、音楽が変質している何らかの原因を手元のデジタル音源から取り除くことができたら、元のあの音に戻るかもしれない! デジタル音源は、レコードの溝より夢がある音楽の記憶だと思いませんか?

何度となく挑戦してきた、デジタル音源を元の活き活きとした音楽へ戻すという困難な道程。私の経験からすると、レゾナンス・チップ AT をリッピングUSBケーブルに取り付けるというテクニックは、かなり大きな一歩ではないかと感じています。

信じられない人がほとんどとは思います。ですが、それでもレクストの音楽への真摯な態度を信頼していただいている方もおられるかもしれません。ぜひ挑戦して、ご感想などお聞かせください。楽しみにしております!

逆に「ビットパーフェクトで欠落なくDACに伝わっているならば、音質は変わらない」派の方にも、レゾナンス・チップ ATに挑戦していただけると面白いかもしれません。実験していただけるなら、レゾナンス・チップ ATのサンプルご提供を検討しますので、ぜひお問い合わせください。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

続・レゾナンス・チップ AT でCD盤のリッピング革命が!

次の日曜日は秋葉原イベントです! 大好評につき、レゾナンス・チップ AT 試聴会を再び開催いたします。新たな音質向上アイテムの効果を是非お試しください!

akb_reqst_0729.jpg

さて、昨日の続き。レゾナンス・チップ AT でCD盤リッピングの音質は向上するのか? 結果を先にご報告しますと、明らかに音質向上しています。それも無視できぬ・・・というより、夢のように!

rcat_180725.jpg

USBケーブルに取り付けた、こんな小さな物体で果たして何が起こっているのか。デジタル上の移動では、音質は変わらないはず。そんな理論は私も知っています。ですが、結果は誰が聴いても判別できるくらいの音質向上。比較に凄いオーディオシステムが必要なのかというと、ノートパソコンのイヤホン出力から1,000円イヤホン(レゾナンス・チップ AT付)で試聴しても、簡単に認識できるレベルでした。

考察するに、これは音質向上というより、デジタル音源再生の部分で、もの凄く音質が劣化していたのでは? USBケーブルには、信号線の他に電源線やアース線も通っています。どの部分にレゾナンス・チップ AT が効果を発揮したのかは定かでありませんが、ここでもの凄く音質劣化していたのを、取り払ったのではないか? そんな印象です。

昨日、戸惑ったご報告をしていた原因は判明しました。レゾナンス・チップ ATの粘着部が安定するまで24時間必要だったのです。今日リッピングした音源は素晴らしい! 誰が聴いても、レゾナンス・チップ AT付リッピングに軍配を上げるでしょう。

不思議なのは、再生システムにレゾナンス・チップ ATをフル装備していたところで、このリッピングでの音質変化は起こるということ。ですので、リッピングした音源を聴いている人は、真っ先にUSBケーブルにレゾナンス・チップ ATを装着すべきです。

レゾナンス・チップ AT無しのリッピングでは、音楽がスピーカー付近に定位します。一般的に考えられるオーディオ再生です。いつもの音場ですから、何の不思議もありません。

レゾナンス・チップ AT有りのリッピングでは、音楽が部屋いっぱいに充満したように定位します。膝の上に手のひらを広げれば、音がすくえそうな雰囲気。音像が広がっているのに音の芯は痩せていないのは、確実であると何度も確認しました。

この音像感は未知かというと、私達は誰もが知っています。それは生演奏。生演奏が楽器の付近にだけ定位することはありませんよね? 音が楽器から放射され、自然減衰するまで広がっていきます。これが、我が家のオーディオでも再現されるようになるのですから、これが革命をいわず何なのでしょうか!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レゾナンス・チップ AT でCD盤のリッピング革命が!

前々から気になっていた、CD盤のリッピングにレゾナンス・チップ AT が影響するのかという問題。本日は時間をかけてテストできました、

結果をご報告しようと思ったのですが、私自身が戸惑っていて、ちょっと驚きを隠せません。デジタル上で、ここまで音質改善できた例というのが、なかなか今までに無かったためです。レゾナンス・チップ AT は、確実にCD盤のリッピングに影響を及ぼし、その変化が音の違いとして記録されるのです。

試したのは、リッピング用のドライブとパソコンを繋ぐUSBケーブル。ここにレゾナンス・チップ AT を装着しました。

rcat_180724.jpg

今までも、このCDドライブからのUSBケーブルには対策を試みてきて、それなりの好結果を得てきました。しかし、今回のレゾナンス・チップ AT は別格なのです!

従来の変化は、音の専門家がAB比較してなんとか結果の違いが判別できるレベル。レゾナンス・チップ AT での変化は、もう誰が聴いても違う音です。

ここまで違うと、果たして確実に音質向上しているのか不安になります。まさか何らかの異変がケーブルに起きて、音声エラーが発生しているのではとドキドキしてしまうほど。

真剣に比較試聴してみました。なにせ、レゾナンス・チップ AT 無しのビフォー音源が、今まで慣れ親しんだサウンドです。ビフォー音源を聴いていると、何の違和感もありません。しかし、レゾナンス・チップ AT 有りのアフター音源を聴くと、新鮮というか、違う音というか・・・。

入念にチェックしてみると、音楽の枠が更に無くなっていることに気付きました。例えるなら、旧発売のCD盤と、良くできたリマスターCD盤の違い。または、普通のCDプレーヤーと、NS441Dチューンのプレーヤーの違い。もっと例えるなら、プールで泳いでいるのと、海で泳いでいるのとの違い。圧倒的に、レゾナンス・チップ AT 有りでリッピングした音源のほうが、自由で、奔放で、伸び伸びとしていて、宇宙的な空間にトリップしたようなサウンドに感じます。

そう、これはコンサート会場で聴く音楽だ!

USBケーブルにレゾナンス・チップ AT を取り付けたのが本日ですので、もしかするとまだフルの性能を発揮できていないかもしれません。明日、もう一度リッピングし直してご報告します。

とにかく、CD盤をリッピングして聴いている人には朗報! もうレゾナンス・チップ AT 無しのリッピングは考えられません。さて、問題はどの程度のCD盤をリッピングし直すか・・・。悩むくらい、良くなっちゃいました! どうしましょう、皆さん。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

Net Audio誌にレゾナンス・チップ AT のレビュー掲載!

7/19発売のNet Audio(ネットオーディオ) Vol.31に新製品レゾナンス・チップ AT のレビューが掲載されました。レビュー担当は、私の最も信頼するオーディオ評論家のおひとり、鈴木裕さんです。

rcat_180723.jpg

レビュータイトルの『ケーブル音質を著しく向上させる』の、“著しく”というのがポイントですよね!

イヤホンと電源ケーブルでの詳細な試聴レビューは、さすが鈴木裕さん。きちんとレゾナンス・チップ AT の音質向上っぷりを、凝縮して正確に記録してくださいました。ぜひご一読を!



──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

本日はメルマガを発行しました!

本日は、ベーシスト櫻井哲夫さんのサウンドチェックに呼ばれてライブ会場へ行っています。レゾナンス・チップ AT を楽器ケーブルに装着し、プロの現場、ライブ会場の大音量でその効果をチェック! 結果速報はFacebookページにて。

rcat_180719.jpg
本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『500円クーポン発行 & レゾナンス・チップ AT はココから試す!』です。メルマガ限定の500円クーポンですので、ぜひゲットしてください!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レゾナンス・チップ AT のご感想

お客様よりレゾナンス・チップ AT のご感想が届きました。ありがとうございます!

──────────────

AT2個受領しました。

フォノイコのレクスト製旧電源ケーブルと、スマートフォンのイヤホン。私のイヤホンはエレコム製の1200円の安物です。

まずレコードから。石川優子とエルビスのライブ盤を聞いてみました。スクラッチノイズから違いますね。3000円でこの違いとは驚きです。当然再生音も比べ物になりません。

スマートフォンは、音がマスターを聞いているような感じになりました。

私はATはもう15個使っていてシステムが生まれ変わったような感じです。これからの新製品にも期待します。

-----------------

ATをプロジェクターのHDMIケーブルにつけてみました。

はじめは はっきりわかりませんでしたが、私は放送局のマスターモニターを作る会社にいたことがあり、そこで一つの基準が人の肌の色です。

付けてしばらくすると、肌の色がより自然に見えてきました。これはいいんじゃないかと直感しました。明るさは変わりませんが画質がよりよくなったと思います。

(長野県 T様)


──────────────

レゾナンス・チップ AT は、挑戦するかしないか。安価なイヤホンから超高額ケーブルまで、なんでもグレードアップ可能です。そう言い切れるのは、レゾナンス・チップ AT がケーブルで滞っていた音楽を、ダムを放流するかのごとく流してくれる新しい技術だからです。

果たして映像はどうなのか? 私は音の専門家ですので、映像は未評価としています。ですが、こうして映像にもレゾナンス・チップ AT が効くとお客様から好評価していただけるのは、もちろん嬉しいですし、大歓迎です!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

1,000円イヤホンにレゾナンス・チップ AT!

e☆イヤホン秋葉原店さんのレゾナンス・チップ AT第2回イベントが近づいてきました。楽しみです!

『レゾナンス・チップ AT アンコール試聴会』
日時:7/29(日)12:00〜19:00  

イベントで比較試聴用に用意しているイヤホンの中に、約1,000円イヤホンのHSE-A1000があります。約1,000円なのに、こんな立派なパッケージに入っているんです。

rcat_180718_1.jpg

レゾナンス・チップ ATの有無で2本同じHSE-A1000を用意しても、約2,000円で済みます。レゾナンス・チップ ATの販促物としては激安で大助かりです。今までHSE-A1000のブラックとガンメタの計4本を購入し、フル稼働中。次回イベントのため、ホワイトとゴールドの計4本を追加購入しました。

カラーによる音の違いはゼロでは無いのですが、まぁ無視して良いレベルだと思います。前回のブラックとガンメタは単純に目視で見分けにくかったので、今回は派手なカラーにしてみました。

ノーマルのHSE-A1000を聴くと、約1,000円とは思えぬご機嫌なサウンド。とはいえ、上位価格帯のイヤホンと比較すると、レンジは狭めで音像も小さめ。このあたりが、気になるか気にならないか。どうしても1,000円イヤホンの限界があると思います。

そこでレゾナンス・チップ ATをHSE-A1000に装着。イベントで「ホントに同じイヤホンですか?」と皆さんが驚いたほど大変身を遂げるのです。

rcat_180718_2.jpg

低音がガツン!とくるようになり、音像も大きく広がります。なんといっても、立体的に音楽が再現されるようになるのは感動的。HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATで、約4,000円イヤホンに変貌したのですが、5,000円クラスなら圧勝しています。

1万円クラスのイヤホンと勝負するとなると、ドライバーの弱さが気になり始めるので、HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATが勝てるかどうか微妙なところになってくるでしょう。

少なくとも、初めてカナル型を体験してみたいという方なら、HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATで大満足していただけること間違い無しです。 7/29(日)のイベントに持参しますので、ぜひ聴いてみてください!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レゾナンス・チップ AT 加工サービス

本日は、お客様からお預かりしたケーブルにレゾナンス・チップ AT を取り付ける作業。

rcat_180717.jpg

レクストケーブルはレゾナンス・チップ AT 加工費は無料。レゾナンス・チップ AT 同時購入なら返送費用も不要です。更に、レクストケーブルなら、端子クリーニングをサービスで行っております。ピカピカになった接点で、レゾナンス・チップ AT の効果を体感してください。

他社ケーブルやイヤホンの場合は、加工料500円 / 1〜2本で対応いたします。

レゾナンス・チップ AT で、ぜひ10年後の未来オーディオの音を聴いてみてください。もしかすると、10年経ってもケーブルがレゾナンス・チップ AT 装着レベルまで進化するのは難しいかもしれません。この効果を考えると、レゾナンス・チップ AT の約3,000円というのは、やっぱり安すぎたと反省・・・。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

本日はメルマガを発行しました。

本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『攻略! モデムケーブルにレゾナンス・チップ AT !!』です。

rcat_180713.JPG

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

ザ・ラスト・スピーカーDW-S1 LTD、2ペア完成!

ここ最近は、ザ・ラスト・スピーカーDW-S1 LTD×2ペアの製作にかかりっきりでした。いよいよ今週末にお客様の元へ旅立ちます。感無量!

dws1ltd_180712.JPG

レクスト試聴ルーム用に予定していた3号機もお客様に販売してしまいましたので、手元に残るDW-S1 LTDがありません。あとお二人、ご購入の手を挙げていただければ、DW-S1 LTDの再生産を検討したいと思っています。

とはいえ、疲労困憊ですので、しばらくスピーカー製作はお休みしたいかも(笑)。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レクスト製品、まとめて導入レビュー!

レクスト製品をまとめてお買い上げいただきましたお客様より、ご感想が届きました。ありがとうございます!

──────────────

レクスト 西野様 スタッフの皆様

いつもお世話になります。今回は、新電源ケーブル、新デジタルケーブル、R-PadとR-Pad-ezを何枚か用意してもらいました。

まずは、新デジタルケーブル、これにはレゾナンスチップATをオプションで付けてもらいました。取説には「エージング100時間」と記してありますが、旧ケーブルから取り替えて100秒もたたないうちに「これはただごとではない!」と感じました。

壁からタップまでの電源ケーブルには、従来からR-Padを敷いてあり、これをやってみたときの改善効果もたいへんなものでしたが、今回、壁コンセントのなかにR-Pad-ezを挟み込む、という技にも挑戦してみました。ふつうの家庭用コンセントではない(写真:某F社のコンセントキット)ので、挟み込むすき間ほとんどな無く、かなり苦しかったのですが、なんとかできました。

新デジタルケーブル+ATは、音楽の音そのものの改善、音色や響きがより明確に、リアルになる、という印象。壁コンセント+R-Pad-ezは、演奏される空間、たとえばホールやスタジオなどの、空気感というか、左右奥行の定位が明確に、また雑味が減り、静けさがより際立つ、という感じがしました。

それから、新電源ケーブル、これにもATをつけてもらいました。さらにレゾナンスチップコネクト、ケーブルブレスレットも付けて、R-Pad-ezを敷きます。

rcat_180711.jpg

これ以上はうまく表現できないのですが、今まで、何十回、何百回と聴いてきた、いわゆる「愛聴盤」なのに、今までとは、違うCD、違う演奏、違う音楽に聴こえてくるのです。ボリューム位置は同じ、機器もセッティングも不変、ケーブルを変えたりR-Padを敷いただけなのに、ダイナミックレンジが大小両方向へ広がり、静けさはより静かに、迫力はより大迫力に・・・

まだまだ先がありそうですが、今のところはこれ以上お金が続きません(泣)いずれまたよろしくお願いします。

(岐阜県 W様)


──────────────

今回は、かなり大掛かりなレクスト製品導入でしたので、そりゃもう大幅な音質向上が実現したようです。レゾナンス・チップ AT は比較的安価ですので、次にグレードアップ欲が出てきたときに、少しずつ検討されてはいかがでしょうか?

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

私のメイン・イヤホン

ツイッターで「レゾナンス・チップ AT を装着してから、高級イヤホンを使わなくなりました」と発言したところ、「ちょっと盛りすぎ」とのご意見を頂戴しました。

いえいえ、私は本気ですし、実際に現在のメイン・イヤホンは、レゾナンス・チップ AT を装着したiPhone純正イヤホンです。とはいえ、なかなか信じがたいと思いますので、少しご説明しましょう。

比較した高級イヤホンは、そんな高額ではないですが、SHURE SE215(1万円クラス)と、JVC HA-FX850(2万円クラス)です。

まず音質とは関係ないポイントで、iPhone純正イヤホンの個人的メリットがあります。軽い、ハンズフリー通話ができる、リモコン捜査ができる、耳に装着しやすいなど。

しかし、それだけの特徴では、私はスマホで音楽を聴く気にはなれませんでした。音を仕事にしているので、良くない音質で聴き続けると耳の披露につながるので、長くリスニングしたくないためです。

具体的には、普通のイヤホンでのリスニングで何が問題と感じているか。それは位相表現の甘さです。例えば、自分が音楽制作に関わった作品を聴くと、プロデューサーとして意図した音の配置位置にズレを感じます。これがストレスなのです。

もちろん、心の補正回路を使えば、強引に位相位置をコントロールすることは可能なのですが、それをやると補正し続けてリスニングするのですから、音楽で癒やされるよりも、疲労するデメリットのほうが大きくなります。

驚くことに、レゾナンス・チップ ATをイヤホンケーブルに装着すると、音の立体情報が見事に改善し、再現されるではないですか! さっきまでと同じiPhone純正イヤホンなのに。

音楽をスピーカーと同じ気持ちで楽しめるというのは、快感でしかありません。それから出張中の電車内はもちろん、寝る前と起きた直後もスマホとイヤホンで音楽を楽しむようになりました。こんなにリスニング時間が増えたのは、学生時代以来かも。

rcat_180710.jpg

レゾナンス・チップ AT を装着すると、手持ちの高額イヤホンなら更に良い音が楽しめるのはもちろんです。しかし、iPhone純正イヤホンとレゾナンス・チップ AT で全く不満の無いサウンドが鳴っているので、特に交換する気にならないのです。

スマホのイヤホン出力がLightning端子であることや、私がインナーイヤー型が好きというのも理由ではあるのですが、何より満足するサウンドが鳴っているというのが重要。パスッという低音が、ズバンッとくるようになったのです。なんの不満もありません。

大袈裟や宣伝でなく、本当に私のメイン・イヤホンは、レゾナンス・チップ AT を装着したiPhone純正イヤホンなんです。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レゾナンス・チップ AT の販売好調!

e☆イヤホンさんでレゾナンス・チップ AT の販売が好調なようで、在庫完売のお知らせが。本日発送しますので、明日には在庫補充される予定です。もう少々お待ちください。

≫ e☆イヤホンさんレゾナンス・チップ AT 販売ページ

レゾナンス・チップ AT は商品を切らさぬよう次々と生産しており、早くも約600個を販売しました。ご購入いただいた皆様、ありがとうございます。

今日も比較サンプルのイヤホンを試聴する機会がありましたが、もはや真剣に聴く必要はありませんね。もう別物のイヤホンです。

音像が描かれる位置が全く異なっており、レゾナンス・チップ AT は頭の中心より、やや前方。強引に例えるなら、眼球あたりに音楽が定位します。レゾナンス・チップ AT 無しは、後頭部くらい。これは、音楽を聴く上での、快感、不快感につながるポイントで、細かな音質違いよりも遥かに重要です。

レゾナンス・チップ AT 付きイヤホンをお待ちの方は、他のイヤホンを比較して、ぜひ聴いてみてください。音像の位置は、どんな高級なイヤホンでも、レゾナンス・チップ AT 付きイヤホンのように定位するのは難しいでしょう。

明後日には、また制振焼物×200個が到着します。商品を切らさぬよう、がんばります!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レゾナンス・チップ AT のご感想

先日のe☆イヤホン秋葉原店さんのイベントで、電源ケーブルにレゾナンス・チップ AT を取り付けさせていただいた(もちろん熱収縮チューブはXLに交換)お客様より、レビューが届きました。ありがとうございます!

------------------
 
評価:★5つ

『3,000円の魔法』

去る7月1日のイベントで、持参したケーブル2種を西野様に取り付けをお願いしました。一つは普段使い用のデジタルケーブル、もう一つは思い入れのある自作の電源ケーブル。

プラグ径の大きく、装着出来るか不安でしたが、このXLサイズが入りましたd(^^ 取り付けた後も殆ど目立たず、むしろREQSTのロゴが付いて、グレードアップ感があって満足しています。

電源ケーブルは、音楽再生の際に必ず経由するDAC用として試聴。まず感じたのは、低域が力強く感じたこと。そして音楽に生命が宿ったかの様に生き生きと鳴り出したこと。しかし、ただ低域が強く感じただけだと、曲によってはクドいと感じたり、システムとのバランスが崩れたりするケースがありますが、それが不思議と有りません。

商品紹介ページにあるような、取り付けたことによる副作用も無く、愛用中のステレオディフューザーとの併用でも相性もバッチリです。しかもケーブルそのものの持ち味も生かせる。もう、メリットしか有りません。

取り付け作業があるにせよ、この効果を3,000円で他に出来る製品は見当たりません。


rcat_180706.jpg

------------------

e☆イヤホン秋葉原店さんで販売中のレゾナンス・チップ AT は標準セットですが、イベントでは太いケーブルにも対応できるようLサイズやXLサイズの熱収縮チューブを持参しておりますので、臨機応変に作業させていただきます。ぜひ次回イベントでも、皆さんのいろいろなケーブルにレゾナンス・チップ AT を取り付けさせてください!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

e☆イヤホン秋葉原店さんでの第2回イベントが決定!

レゾナンス・チップ AT のドライヤー作戦、なかなか好評なようです。

rcat_kako_new_2.jpg

ヒートガンを使わず、いかにドライヤーだけで熱収縮チューブを縮ませるか。問題の熱量不足をどのように補うか考えてみて、身近な金属である空き缶を使うアイデアを思いつきました。ドライヤーで上から熱し、その熱を空き缶に蓄えてアイロンのように熱収縮チューブを縮める作戦。なかなか上手くいきました。

唯一の問題は、熱収縮チューブとケーブルをセロハンテープで固定するところ。私は狙い所が分かっているので、動画のように簡単に一発で位置決めできますが、ここがおそらく最難関の作業になると思います。

ポイントは、チューブのロゴ位置と、制振焼物の位置を合わせ、動かぬようセロハンテープでケーブルにチューブを固定する点です。固定さえキチンとできていれば、あとは収縮の途中経過を観察しながら慌てず熱すれば上手くいくと思います。

もちろん、専用工具のヒートガンを使えば、レゾナンス・チップ AT の加工も楽々。私は最近、指で制振焼物の位置決めをした熱収縮チューブの端をつまみ、そのまま反対側の端をヒートガンで加熱し、あっという間にレゾナンス・チップ AT の加工を済ませています。熱くならないよう、ちょっとテクニックが必要ですが、一番ズレが少なく素早い加工方法だと思います。

前回のイベントが好評でしたので、早くもe☆イヤホン秋葉原店さんでの第2回イベントが決定しました。

『レゾナンス・チップ AT アンコール試聴会』
日時:7/29(日)12:00〜19:00  


楽しいイベントとなるよう、前回以上に頑張ります!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

朗報! 家庭用ドライヤーでレゾナンス・チップ AT 加工OK!

e☆イヤホン秋葉原店さんのイベント、大盛況でした。試聴されたお客様は32名で、レゾナンス・チップ AT販売数は31個。一番多かったご感想は、「これ、ホントに同じイヤホンですか?!」でした。

好評だったので、第2回イベントを開催できるようお店にお願いしておきました。私も超楽しかったです。お越しいただいた皆様、ありがとうござます!‬

rcat_180702.jpg

イベントで感じたのは、レゾナンス・チップ AT の音質向上能力は極めて高く、多くの方に喜んでいただける性能を有しているということ。大ヒットの兆しがあります。

一方、致命的な弱点として、取り付けが困難なことが挙げられます。特に、特殊工具のヒートガンが必要というのは、これからのレゾナンス・チップ AT 普及への大きな足かせとなるでしょう。なんとか、家庭用ドライヤーで収縮させる手段はないものか・・・

朗報です! なんと、その作戦を思いつきました。試してみると、見事に家庭用ドライヤーでもレゾナンス・チップ AT が取り付けられるではないですか!

もちろんヒートガンのほうが作業は早い。しかし、位置決めの新しい方法を含め、劇的に難易度が下がったと思います。

ホームページのレゾナンス・チップ AT 加工方法は、今日の新技に差し替え完了。そして、加工の解説動画も撮影してあります。



たった約3,000円で使える魔法は、それはもう劇的に楽しい音楽生活をお約束します。ドライヤーで、ぜひ挑戦してみてください!

──────────────────────

Amazonプライムでレゾナンス・チップ AT 即納です

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1990)

Link

Search