ザ・ラスト・スピーカー “DW-S1 LTD” 完成!

本日、ザ・ラスト・スピーカー “DW-S1 LTD” が完成し、その1号機をお客様に発送しました。

DW-S1 LTDのフロント面は、ほとんどがウーファーユニット。18cmウーファー×2発搭載です!

dws1ltd_1_180427.jpg

いやはや、最高ですよ、最高! 完成試聴で私とお客様の共通試聴音源『Live In Paris』を聴いたのですが、数々のイベントでも鳴らしてきた曲なのに、本当に新鮮な気持ちで楽しめました。まさに人生最高のパフォーマンス!

「デヴィル・メイ・ケア」のドラム・ソロが歌っているではありませんか。打楽器の表情がここまで鮮明に見えた、そう、まさに見えたのは初体験。

このDW-S1 LTD、全ての面で従来のスピーカーの常識を超えているというか、私のリスニング能力の限界を軽く超えています。

聴く曲、聴く曲に、新しい発見があります。知らなかった音、いや、絶対に今まで聴こえてなかった音があるのです。高解像度と言ってしまうこともできますが、ギスギス感はゼロ。目の前の音にスピーカーの存在は見えてこず、まるで音楽という生き物が存在しているかのようです。

どの音楽を鳴らしても、余裕すぎるくらい余裕。レクスト試聴システムの中で、(私のリスニング能力を含めても、)最上位がDW-S1 LTDであるのは明らかです。

リアにスリットダクトがあります。超分厚い側面板が見えます。

dws1ltd_2_180427.jpg

ツイーターは2mm厚の真鍮リングで固定するという、凝りに凝った仕様。

dws1ltd_3_180427.jpg

本日はメルマガを発行しました。

スピーカーDW-S1 LTDの話題に加え、タイトルは『新製品 レゾナンス・チップ AT 先行予約受付中!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。


※ 明日28日よりGW休暇に入ります。ブログ再開は5月7日の予定です。

──────────────────────
R-PadシリーズをAmazonプライムで!


R-VM33 Zeroレビュー『柔軟に』

レクストダイレクトに、制振ノブ “R-VM33 Zero”の新しいレビューが届きました。ありがとうございます!
  
──────────────

ふゆ ID:265183 投稿日:2018/04/24

『柔軟に』

KORGのDAC用に購入しました。
ノーマルですと非常に無機質で無表情な音でしたが
まったく別物のように柔軟で表情豊かな音楽が再生されるようになりました。


──────────────

制振ノブ “R-VM33 Zero”、残り2個です(4/25 20時現在)。この2個が無くなると、次回は2か月以上待ちになりそうですの、お早目に!

≫ R-VM33 Zeroの販売ページへ

──────────────────────

ノブケインの予習ならコレ!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

“ザ・ラスト・スピーカー”の細部

今週は、いよいよ“ザ・ラスト・スピーカー”のアッセンブル作業。順調に進んでおります。

アッセンブル作業の途中経過はお見せできないのですが、エンクロージャーの細部を少しだけご紹介しましょう。

エンクロージャーのサイズを無視した超大型ウーファーを取り付けるため、ギリギリまで広げられた開口部。開口から底までは、もはや数ミリしかありません。底板の厚みが見えているのが分かりますでしょうか?

sp_1_180418.jpg

真四角に見えるレクスト製スピーカーですが、脱ぐと凄いんです。複雑な内部構造が見えます。ほとんど内容積が無いのがエンクロージャーの特徴と言えるでしょう。

sp_2_180418.jpg

明日には、産声を上げる予定。楽しみです!

──────────────────────

R-Pad、Amazonプライムで即納です!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

R-Padレビュー 『インシュレーターとして使うと抜群です』

レクストダイレクトに、R-Padの新しいレビューが届きました。ありがとうございます!
  
──────────────
 
たっくん ID:263707 投稿日:2018/04/14
 
『インシュレーターとして使うと抜群です』
 
只今10枚以上持っているユーザーです。

はじめは機器の上に載せて使っていました。その時の印象はデジタル臭さをいい意味で取ってくれるいいアイテムだと思って使ってました。CDがレコードプレイヤーや真空管アンプを使っている様な印象に変わります。

他にケーブルインシュレーターで使うとすごいというブログがあって電源ケーブルの下に敷いてみると、低音の出方が凄く変わります。量も質も向上します。なので立体感がアップします。

あとおまけですが、テレビの電源ケーブルの下に敷くと画質がぐっと上がります。表現でいうと3Kといえばいんでしょうか?ブロックノイズもほとんどなくなります。

なんせデジタル臭さを無くすにはいい逸品と思います。
 

──────────────────────

R-Pad、Amazonプライムで即納です!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『新ステレオディフューザーRSD-LK1 完売御礼 & 追加5セット!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

R-Pad、Amazonプライムで即納です!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

R-VM33 Zeroの音の実体化効果は、アニメに効く!

制振ノブ “R-VM33 Zero”の貸し出し試聴を申し込まれたお客様より、試聴後のご感想を頂戴しました。

私は、このご感想を読んで驚きました。R-VM33 Zeroは音楽専門に開発した製品でしたので、まさかアニメのセリフに大きな効果を発揮するとは!

考えてみると、R-VM33 Zero効果の特長は、音の実体化です。私が良く例えるのが、「ピノキオが人間になる感じ」です。R-VM33 Zeroで音の実在感が究極に増していくと、単なる音の再生であったオーディオが、まるで生き物のように歌声を奏で始める。R-VM33 Zeroの驚きは、ここにあります。

このR-VM33 Zeroの特長である音の実体化。ということは、アニメを楽しむにあたり、声優さんの声も実像化するわけです。「ピノキオが人間になる感じ」が、「アニメが人になる感じ」へ。これはアニメ好きの方には、最高のグレードアップ効果なのではないでしょうか!

ご感想で「感動して泣きっぱなしでした」とあります。もちろん作品の力が全てなのですが、小さなツマミであるR-VM33 Zeroがその手助けとなったとは・・・なんだか私も嬉しくなりました!

ご感想転載の快諾をいただきました。ご感想メールは3通あり、R-VM33 Zero試聴品到着直後、試聴品返却時、そして転載許可いただいた本日のメールです。ありがとうございます。

-------------------

 昨日届きました。
早速付け替えてみると、付け替えてすぐにもかかわらず、すぐわかるほどの効果があり、驚きました。本物と偽物ほどの違いとのことでしたが、まさにその通りですね。

配慮の行き届いたレクストさんの設備ではないので、そこまでの違いは感じ取れないのでは、と思っていたのですが。いい意味での予想外でした。


-------------------

本当に素晴らしい製品でした。

音楽ではなく、TV鑑賞しかもアニメのみで大変申し訳ないのですが、つけかえてから見る番組すべて感動して泣きっぱなしでした。ちょうど4月頭で、前回クール(1〜3月期)放送の最終回が目白押しでしたので、それらを見るタイミングにあたり、最高でした。

NHK放送の「3月のライオン」では、これまで以上にBGMがやさしく、そして大きくひろがり、登場人物たちの言葉が本当に語りかけてくるようでした。

京都アニメーションの「バイオレットエバーガーデン」でも、主人公が最愛の人に書いた手紙を読み語る場面で、その語りとBGMが一体となって、本当に素晴らしかったです。

参考にならないかもしれませんが、使用したのは下記の装置です。
プレーヤー:HDレコーダ DMR-UBZ1 (PANASONIC)
DAC:SV−192PRO(SUNVALLEY、真空管式)
プリアンプ:Love Five (サウンドパーツ、真空管式)
パワーアンプ:Love Three (サウンドパーツ、真空管式)
スピーカ:RK-AL12/Gen2 (カイザーサウンド)

元に戻しはしたのですが、怖くてまだ聞いていません。お金が準備できましたら、必ず連絡させていただきますので、その際はご対応よろしくお願いします。


-------------------

アニメに限らず、映画、ドラマでも、音がよくなると、BGMと実際の声が良い意味で分離され、セリフが大変聴こえやすく、また、BGMによる雰囲気の濃さと広さもさらにあがるイメージです。

もちろん今回もそのようなイメージでした。

今回の試聴中にはなかったのですが、雨の音や風の音など、自然の音がよくない状態では、それらしく聞こえません。よくなることで、身近の自然な音と同様に聴こえるようになるのですが、今回のボリュームを使えば、そんな場面も、もっとすごかったかもと想像してしまいます。

それにしても。それが、このボリューム部品一つでなされると思うと本当に驚きです。

(大阪府 Y様)


-------------------

R-VM33 Zeroは、貸し出し試聴品がございます。ただいま戻ってきておりますので、ぜひお問合せください。

現在のR-VM33 Zero残数は、2個です(4/12 16時現在)。アンプ A-0+REQST用に確保していたR-VM33 Zeroを全て投入しましたので、これで第2ロット全数が終わり。次回生産は、工場へ新型ステレオディフューザーの生産を依頼している都合から、R-VM33 Zeroは6月か7月くらいになってしまいそうです。お早目にご検討ください。

≫ 制振ノブ “R-VM33 Zero”販売ページへ

──────────────────────

R-Pad、Amazonでの販売を1か月ぶりに再会しました!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

R-Pad、入荷しました!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”が入荷しました。即納できます!

50枚入荷して、ご予約分の発送を終えております。レクストダイレクトのR-Pad残数は、9枚です(4/11 16時現在)。今回の入荷分が無くなると、次回入荷は、また1か月以上先になると思います。R-Padによる夢のグレードアップ、ぜひお早目にご検討ください!

AmazonにもR-Padを在庫補充しました。明日4/12の朝には購入可能になると思いますので、もう少々お待ちください。

R-Padの特価、本日まで!

品切れでご迷惑をおかけしておりますレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”ですが、明日4/11に入荷いたします! ご予約いただいている皆様、長くお待たせしまして、たいへん申し訳ありませんでした。明日より順番に出荷開始いたしますので、もう少々お待ちください。

rpad_180410.jpg

R-Padは、2016年12月の発売以来、トータルで1150枚を出荷しております。未だに生産が追いつかないため販売店卸を行っておりませんので、どのお店にも店頭在庫はありません。そのため、実質販売数で1150枚を超えているのです。これは間違いなく、レクスト最大のヒット作と言えるでしょう。

先日、R-Padでこんなエピソードがありました。ハイレゾ音源を急ぎ試聴する仕事があり、とりあえず適当なセッティングで聴き始めました。「あれ、なんだか音が小さくて、迫力のないハイレゾだな〜」と、ちょっぴり失望。念のためにと、置き忘れたR-Padを3枚ほど設置し聴き直してみると・・・ズドーン! いや、出ました、このサウンド。試聴したハイレゾ音源の責任ではなく、私のうっかりミスでした。

しかし、この事件でR-Padの凄さを再確認。R-Padが3枚無かっただけで、印象として2dBから4dBくらい小さく感じたのですから、これって凄いことです。

さて、そのR-Pad、本日まで予約特価の9,000円(税・送料込)で販売しております。レクストダイレクトの限定特価です。即納が始まるまでの特価ですので、ぜひこの機会にお求めください。厳密には明日11日の昼過ぎくらいまで、特価のまま販売しております。ぜひご検討よろしくお願いいたします。

≫ R-Pad販売ページへ

──────────────────────

久しぶりの女性ボーカルのお気に入り!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

超強力な新製品が二つ!

今月、超強力な新製品が二つ完成します。

ひとつはケーブル専用レゾナンス・チップです。レゾナンス・チップ生誕20周年にふさわしい、「20年後のレゾナンス・チップとはこれだ!」 と言える自信作が完成しました。

試作段階でのサウンドチェック中なのですが、スマホ付属のイヤホンが、まるで超高級イヤホン、いや、音楽的な再現という意味では、それ以上のサウンドで鳴り始めています。レクストの新型RCAケーブル Z-LNC01Sにも試してみたのですが、超がつくほどの骨太サウンドに私は失神しそうになりました。

う〜ん、小さなチップがたった1個で、こんなに良くなって良いもの・・・音質改善効果が強力すぎて困ってしまってしまうなんて、久しぶりの感覚です。

このケーブル専用レゾナンス・チップは、価格をどこまで下げるかにも挑戦中。極小の制振焼物が製作困難で難航中ですが、この見積が出ればご予約開始となりそうです。4月後半には最終試作が完成しますので、私も今から待ちきれません!


もうひとつの新製品は、第3世代のステレオディフューザーRSD-LK1。RSD-LK1は既にメルマガ先行予約がスタートしており、初回15ペアが早くも残数4ペアです(4/9 16時現在)。

こちらは常識をはるかに超えているというか、とても信じられない音質改善を起こす、言わば近未来のサウンドを手に入れるための“鍵”と申しましょうか。

旧ステレオディフューザーは、センター音像を濃くするような効果でした。新型RSD-LK1は、それら旧ステレオディフューザーと共存します。単にセンター音像の改善というよりは、もっと音楽空間の根本的改善というか、サウンドステージの広がりを掌握するというか・・・。

私もRSD-LK1の概念試作を聴いたときは、とても信じられず、その夜は眠れませんでした。その試作ですら、本物のRSD-LK1の数%の実力も発揮できていないというのですから、もう! 私が新ステレオディフューザーをレビューするのは、楽しみに製品版を待ってからにしたいと思います。


この春の新製品、どちらも魅力的です。身近にレクストの最新技術を楽しめ、アイデア次第で様々なケーブルを自分でチューニングできる新しいレゾナンス・チップ。未知のサウンドを手に入れ、誰も鳴らしたことのないオーディオの音が手に入る、夢ような新しいステレオディフューザー。どちらも自信作ですので、どうぞご期待ください!

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『第3世代 ステレオディフューザー 予約開始!』です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

ケーブルZ-LNC01S、真の実力!

速報でお伝えしました通り、ベーシスト櫻井哲夫さんからお声がかかり、ライブ本番前のリハーサルで、最新ケーブルのテストを行ってきました。

大成功だったのはご報告済み。今日は、オーディオ的観点から見て、昨夜のサウンドを振り返りたいと思います。

sakurai_1_180405.jpg

なんといっても驚いたのは、ケーブルZ-LNC01Sの凄さです。櫻井さんの放出する、無限とも感じられる音楽エネルギーを、楽々と伝送していきます。これだけ多量の音楽エネルギーを涼しい顔で伝達できるケーブルですから、オーディオ環境ではいかに余裕があるのかが実感できました。

sakurai_2_180405.jpg

耳からだけでなく、顔や座席、体全体で感じられる音楽パワーは、オーディオには無い快感です。このサウンドが出せるオーディオケーブルが実在することを伝えられたら、それこそZ-LNC01Sが飛ぶように売れるのでしょうが・・・笑。いや〜皆さんにも、あの大迫力をお伝えしたかった!

sakurai_3_180405.jpg

Z-LNC01S、レクスト史上最高傑作です。初代Z-LNC01が持っていた純粋さ、第2世代Z-LNC01Wの優雅な上品さ。それら先代ケーブルの良いとこどりをしつつ、更に音楽エネルギーを暴れ馬のようにそのまま伝えるレスポンスの良さが加わったZ-LNC01S。分厚いサウンドが加速しながら疾走するという、相反するはずの音色が高い次元で実現している、なんとも魅力的なケーブルが誕生しました。

オーディオのスピーカーから、昨日のライブのような怒涛のサウンドが聴ける日も近いのかもしれません。何せ、ケーブルは同じなのですから。

≫ 新RCAケーブル Z-LNC01S 1.0m/1ペア

──────────────────────

斉藤ノヴさん、すごかったなぁ!


櫻井さんも2曲収録!
hd_best.jpg

R-Padの新しいレビュー

レクストダイレクトに、R-Padの新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

≫ R-Padのレビュー
 
──────────────
 
やんちゃオヤジ2018/04/03 22:57:59
 
【RCAケーブルインシュレーター】
 
現在、我が家ではR-Padを2枚、R-Pad-ezを3枚使用しています。
 
R-Pad-ezをケーブルインシュレーターに使用したところ抜群の効果があったので、ブログを参考に試しに電源プラグに載せていたR-PadをRCAケーブルのインシュレーターに替えてみたところ、我が家の環境では素晴らしく効果があり、パワー感がアップし、定位が安定しました!!
 
これは色々なケーブルに試してみたくなります(笑)

新しい楽器ケーブルの発売です!

本日は、新しい楽器ケーブルの発売です!



明日は櫻井哲夫さんのライブリハに潜入しますので、レポートをお楽しみに。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1976)

Link

Search