レコーディングエンジニアさんによるR-VM33 Zeroのレビュー

レコーディングエンジニアの太陽倶楽部レコーディングス 加藤 明さんから、新型制振ノブ “R-VM33 Zero”のご感想が届きました。加藤さんは、私の信頼するエンジニアさんのおひとりで、日本でも数少ないグラミー賞受賞のエンジニアさんです。動画の試聴音源でお馴染みの、著書添付CD『低音』のレコーディング&ミックスは加藤さんの作品。さて、プロの耳でチェックする、R-VM33 Zeroの実力とは!

-------------------

先日、REQST西野さんから、試聴用のR-VM33 Zeroをお借りしました。

旧型R-VM33を、自宅スタジオのマッキーのBIG KNOBに装着していて随分経ちます。分解能、音質も大きく向上して、大きな不満も無かったのですが、最近ちょっと音が甘いな・・・AMPかな?。と思っていたところでしたので、R-VM33 Zeroでさらにどれだけ変るのか?本当か?と興味もありました。

交換に際して、旧型と比較しましたが、チップのサイズや色などは変っていますが、全体のサイズに変化は無さそうです。

作業はいたって簡単、数分で終了。ここで気付いたのは、ボリュームシャフトが入る穴の奥行きが増している事。とても有難い配慮ですね。パネル面ギリの位置で固定できました。

rvm33zero_180329.jpg

早速いつも作業で聞きなれているDAW(PC)からの音源で試聴。

音楽がみるみる生き生きとして、まるでSPの間で音楽が踊っている感じです。これは嘘の無いバランスで、私の作ったそのままに躍動感が出てきた感じです。なるほど、これはよいかも。さらに音楽的な方向性がしっかり見えてくる。

ちなみに、交換の際に、ボリュームに何も取り付けない状態でも試聴しましたが、音楽が全く感じられない、ただの音で正直がっかりでした。こんなに違うんですね。

私は迷わず買います。このデモ機で結構です。このまま使わせて下さい。とお願いですが、西野さんどうでしょう?

最後に旧型の使い道も見つけました。BIG KNOBの補助入力を増やす為のアナログセレクターの、プラ製ツマミを交換。結果は大満足。なにも無駄にならない充実の試聴でした。西野さん、有難うございました。


-------------------

というわけで、加藤さんはR-VM33 Zeroの貸出試聴品を、そのままお買い上げ〜。ありがとうございます! その後も、エージング効果で、どんどん音が柔らかくなり音質向上しているそうです。加藤さんよりレビューの続報がとどきましたら、またご紹介させていただきます。

さて、R-VM33 Zeroの在庫が少なくなってきました。制振ノブの製作をお願いしている工場には、4月は別の新製品の生産をお願いしています。ですので、R-VM33 Zeroの手持ち在庫が無くなると、次は3か月待ちくらいになってしまいます。お早目にご検討いただければ嬉しいです。


本日の動画は、『アンプSOULNOTE:A 0の魅力を徹底解説』です。なぜ私が「世界最高のアンプはA-0だ」と断言しているのか。ネットやオーディオ誌との評価のギャップを含め、おしゃべりしてみました。ぜひご覧ください。



アンプA-0+REQSTは、4月上旬の完成で1台のみご用意できます。A-0+REQSTも、R-VM33 Zeroが無くなるとしばらくご提供ができません。こちらもお早目にお問合せください。

──────────────────────

R-Pad-ez、Amazonプライム在庫僅少です。



低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『位相って何だろう? その2』

昨日の動画 『位相って何だろう?』の続編をアップしました。



この位相問題って、なかなか強敵なんです。でも、この位相リスニングができるようになると、かなりの戦力になると思います。パーツで音楽を聴くのに加え、音楽の立体情報をキャッチするというイメージでしょうか。

オーディオで位相的に聴こうと頑張ってみて、そのあとに外へ出て鳥の声を探してみてください。「自然って、なんて位相がいいんだ〜」と感動しますよ。逆に言うと、なんてオーディオって不自然な位相なんでしょう・・・って感じ。

少し難解ですが、位相のセミナーでした。またいつか、位相の解説も再挑戦してみたいです。今度はもっと分かり易く頑張ります!

──────────────────────

R-Pad-ez、Amazonプライム在庫僅少!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

ザ・ラスト・スピーカー、最新情報!

“ザ・ラスト・スピーカー”と名付けた新製品プロジェクト。人生最後のスピーカーに選んだとしても、それに相応しいだけの価値がある。レクスト最後のスピーカーとなっても悔いのない。そんな想いから名付けたプロジェクトです。レクストが20年にわたり研究してきた、スピーカーと音楽と振動の関わり。その技術の全てを投入して開発しています。

木工職人さんから写真が届きました。組み上がった直後、塗装前の写真です。

sp_1_180327.jpg

この段階でも、超大型ウーファーを取り付けるための穴が、箱に対してアンバランスなほど巨大なのが分かります。複雑な内部構造もチラリと見えます。このサイズで、18cmウーファー×2発の搭載は、おそらく他に例が無いと思います。

sp_2_180327.jpg

着目してほしいのは、背面から見たときの側板の圧倒的な分厚さ。天然木ブラックウォールナットを、コスト度外視で投入して設計しました。

sp_3_180327.jpg

最高のブラックウォールナット材に大満足。今回製作する3ペアのうち、すでに1ペアは予約済み。レクスト試聴ルームに1ペアを導入しますので、あと1ペアのみ予約を承っております。気になる方は、ぜひご連絡ください。

さて、本日は動画もあります。位相リスニングについて解説してみましたので、ぜひ!



──────────────────────

R-Pad-ez、Amazonプライム即納です!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

内蔵クロックを使用したグルーヴの時間合わせ

先週から動画がアップできていなくて、申し訳ございません。決算祭りの出荷でバタバタしておりまして。明日また頑張ります!

さて、お客様から「N-70AE+NS441Dの不満点は、外部クロックを入れることができないこと」というお問合せがあり、回答しました。しっかり書けたので、ブログにも転載しておきます。

n70ns_180326.jpg

-------------------------

N-70AE+NS441Dは、内部でクロックのチューニングを済ませています。クロックの精度を高めるのではなく、搭載されている内蔵クロックを用いて、音楽のグルーヴとの時計合わせをしてあげる作業です。

NS441Dチューニング機に限定して言うと、超高精度なクロックは必要ありません。もちろん高精度クロックは音質向上の可能性があるのですが、レクストでは標準搭載のクロック精度のまま、グルーヴの時間合わせができる独自技術の開発に成功しました。N-70AE+NS441Dには、そのチューニングが施してあります。

ですので、もしベースモデルN-70AEに外部クロック入力端子があったとしても、高精度クロックを入れると逆にN-70AE+NS441Dに限っては音質劣化することになります。

N-70AE+NS441Dに高精度クロックは不要ですので、外部クロック入力端子の有無を気にされる必要はありません。どうぞご安心ください。

-------------------------

最新NS441Dチューニングでは、この内蔵クロックを使用したグルーヴの時間合わせを行っています。例えるなら、一糸乱れぬ兵隊さんの行進ではなく、押し寄せる海の波のようなグルーヴ感。N-70AE+NS441Dでは、酔うくらいリズムがウネります! その快感は、他のデジタル機器には無い、レクストNS441Dチューニング独自の特長と言えるでしょう。

──────────────────────

このグルーヴ、NS441Dチューニング機で聴いてほしい!


ハイレゾのグルーヴなら、こちら!
hd_best.jpg

『究極の壁コンセント対策』のご感想

本日はプレーヤーN-70AE+NS441Dの完成試聴でした。

n70ns_180323.jpg

N-70AE+NS441Dは、CD盤が動くメカニズムを持ちません。ですので、一般のCDプレーヤーよりも長寿命と考えられます。10年、またはそれ以上ご愛用いただける音楽人生の相棒機。お客様にとっては、音楽人生の最後となるかもしれないプレーヤーです。試聴にも自然と力が入ります。もちろん、完璧のサウンドを確認し、お客様の元へと旅立ちました!


動画『究極の壁コンセント対策』に挑戦されたお客様からご感想が届きました。ありがとうございます!

------------------

到着したR-Pad-ezを、さっそく、コンセントのカバーをはずし、右隙間に入れようとしたところ、家のねじ止めされているコンセント・ユニット? が右寄りに取り付けされているためか?、右の隙間が幅、厚さがなく、やむなく、左の隙間に挟み聞いてみました。

で、、、、、選んだCDは、

(たぶん)10年以上前に購入し一度聞いて、「(ライブ演奏の収録)のせいか音がよくない」と感じ、そのまま、今日までほとんど聞かずにきた、(ホロヴィッツとオーマンディ指揮NYPのラフマニノフ P協奏曲三番)のCDを、試しにかけてみました。

すると、まったく、生き返ったような響き、演奏となって再現され、完全に引き込まれ、堪能しました。(ホロヴィッツファンではありませんが、これは、まさしく、ホロヴィッツのための曲ではないかと思った次第です。)

それは、稀代のヴィルテュオーゾの、両手が鍵盤上をところ狭しとはげしく駆け巡る、その何かが乗り移ったような全霊の表現、すごい集中度、振幅の大きさ、完全に鳴りきった響きの豊かさ、、、に引きずられてしまいました。

これまで(といっても過去一回だけですが)、味わえなかった印象で、一気に演奏の真相に肉薄した、という思いです。(いってみれば、演奏の享受における、「隔靴掻痒」の反対の体験です)

何が違うのかと言うと、演奏の「リアルな肉感性」が再現される、という印象です。間違いなくR-PAD等、貴社製品の複合的?効果によるものです。もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない、と思います。

以上、ひとまず、私の「一聴の感想」をご報告します。

(神奈川県 K様)


------------------

「もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない」とは、まさに私が無い知恵を絞り、“爆発的〜” や “究極の〜” と表現していたそのものです。ぜひ未体験の皆様に、チャレンジしていただければ嬉しいです!

≫ R-Pad-ez販売ページへ


本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『新しい概念による、二つの新製品を予告!』です!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

この週末、急ぎR-Pad-ezを入手したい方はAmazonプライムで!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

鼓動!

今週は動画をアップできておらず、申し訳ございません。いろいろと秘密の開発を行っていましたので・・・笑。

明日のメルマガで、少しだけ発表しようかと考えております。ぜひメルマガのご登録を!

オーディオには限界がない。ここ数日で再確認しました。どうぞお楽しみに!

──────────────────────

太陽発電によるレコーディング。音質が根本的に違うと感じるのは私だけ?


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

ザ・ラスト・スピーカー、製作快調!

先ほど、日帰りの軽井沢出張から葉山へ戻りました。軽井沢では、木工職人さんに現物合わせのパーツ類を渡したり、スピーカー関連のパーツや工具をピックアップしたり。いよいよ、ザ・ラスト・スピーカーの誕生が近づいています!

完成を待つ、天然木ブラックウォールナットの無垢材エンクロージャー。スピーカー箱というよりは、ユニット装着スペースのある切り株のようなイメージです。箱の内部空間は非常に少ないのが特長で、このあたりはエンクロージャーが完成したら、動画でご紹介すると面白いかな〜と思っております。

フロントバッフルは、ほとんど18cmウーファー×2発で埋まっているような印象。せっかくのブラックウォールナットの木目がバッフル面で見れないのは残念。ほとんど大型開口でくりぬいてしまうのは、なんとももったいない話です。でもデザインより音質最重視の設計ですから、ここは我慢。

ツイーターは、レーザー加工機で切り出した、極厚の真鍮材リングで固定します。このリング、写真を撮り忘れて木工職人さんに渡してしまいました。製品版のリングがと届きましたら、またご紹介します。いかにも音の良さそうな、ずっしりくる真鍮リングです。

ザ・ラスト・スピーカーは、3ペアを製作依頼中で、既に初号機は予約済み。No.3はレクスト試聴機。唯一嫁ぎ先の決まってなかったNo.2も、商談中となりました。

ブラックウォールナット材はギリギリではないでしょうから、状況によれば追加生産が可能かもしれません。興味のある方は、ご連絡ください。

ザ・ラスト・スピーカー、完成が待ちきれません!

──────────────────────

R-Pad-ez、お急ぎの方はAmazonプライムで!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『RCAケーブル Z-LNC01S の魅力』

本日の動画は、暴れ馬サウンドの、進化した新型RCAケーブルZ-LNC01Sの徹底解説。レクストvs ベルデンのガチンコ比較試聴もあります。



本日はメルマガを発行しました。

タイトルは、『今週も動画満載 & 最大3,000円の大決算祭クーポンをプレゼント中!』

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

R-Pad-ez、少なくなってきました!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『極上スピーカーセッティング 実践編』

本日の動画は、レーザー墨出し器を使ったスピーカーセッティングの徹底解説です。著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』よりも、簡単、短時間、成功率100%、そして猛烈な音質向上を目指した2018バージョンのテクニックをご紹介。ぜひ!



自信作なんですけど、いかがでしょうか? 内振りも、スピーカー間隔も、壁からの距離も、ぜ〜んぶそのままで、片側スピーカーをちょいちょいと動かすだけ。びっくりするくらい音が良くなりますので、挑戦よろしくお願いいたします。

──────────────────────

レーザー墨出し器は安価なこれでOKです!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『究極の壁コンセント対策』 と、R-Padのご感想

本日の動画は、『究極の壁コンセント対策』。R-Pad-ez×1枚なら、どこが一番グレードアップできるかを考え、壁コンセントを攻略しました。

1,000円決算クーポンや、会員登録の1000ポイント、レビュー投稿の500ポイントを使えば、R-Pad-ezがかなりお安くご購入いただけます。その投資レベルでは考えられない音質向上です。ネット動画でも、その驚きの片鱗は感じていただけるのでは?

≫ R-Pad-ezの販売ページへ

≫ R-Pad-ezのAmazonプライムへ





さて本日は、お客様よりR-Padのご感想が届きましたので、ご紹介します。その驚きが文章からビシビシ伝わってくる、熱いレビューです。ありがとうございます!

---------------------

あまりに凄くなっていますので、感想を書かせていただきます。

レゾナンス・チップ・ゴールドやレゾナンス・チップ・コネクトを色々な所に貼りました。確かによくなっています。でも何せパソコンオーディオだから・・・という言葉が出ます。

その後R-Padもどんどん買い足して行き、今や11枚となりました。

● 驚きその1
パソコンの前面の2個あるUSB端子。一方は、DACに繋がるコード。一方は、ステレオ誌に付属していた20?程の何も繋がないUSBコード。その2本に跨らせてR-Padをパソコンに立てかけました。

グルミオーのバイオリンの音がバックのオーケストラの音が、みるみる透明になって行きます。外すとジリジリとした如何にもパソコンからの音。こんな事が起こるのは、R-Pad以外考えられませんよね。


● 驚きその2
トールボーイ型のスピーカーとボードの間にR-Padを置きました。

ここでも改善はあったのですが。更にトゥイーターの上に(眉間?)にレゾナンス・チップ・ゴールドを貼りました。スピーカーの存在が消えました。前方にオーケストラの楽器がびっしりと並んでいます。オーケストラの夫々の楽器の音が美しくなりました。ティンパニがドロンからダダンに変わって、オペラを盛り上げます。


● 驚きその3
1.
DACからプリメインアンプへ向かうRCAコード一本と、ダウントランスからDACとパソコン電源を繋ぐタップへ向かう電源コード2本目と、電源タップからDACを繋ぐ電源コードの3本を、パソコンのモニターの電源コード、プリンターの電源コードを繋いでいる100ボルト電源タップの間にR-Padを挟みました。

オペラのバックのオーケストラが伸び伸びと鳴り出して来ました。バイオリンの音もキューンですね。

2.
200Vコンセントからダウントランスへの電源コードと床の間に、R-Padを挟みました。ここは、パソコンとDACと、プリメインアンプが繋がっています。これが一番凄かったです。

小音量の時も大音量になっても、シンフォニーもオペラも更に音が美しくなりました。ダイナミックレンジも広がっています。音像も原寸大を感じさせるところまできています。

マーラーのシンフォニー2番、6番、素晴らしい。リヒアルト・シュトラウスの薔薇の騎士、美しい、盛り上がっていく所も素晴らしい迫力です。音楽に完全に引き込まれてしまいます。幸せです。

今、プッチーニの「蝶々婦人」を聞いています。この様に鳴って欲しいと思う音を超えています。あまりに情報量が多いので、大音量にすると8畳の部屋に音が飽和してしまいます。音量の調整が微妙ですが、音楽の波の中に浸っています。

どんなにお金を掛けても、こんな音は出ないのでは無いかとさえ思えてきます。
感謝です。ありがとうございます。

(埼玉県 E様)

---------------------

「この様に鳴って欲しいと思う音を超える。」これこそが、R-Pad最大の魅力です。私も開発時には、ここまでのアイテムだとは想像していませんでした。大傑作とは、こんな風に生まれるのかもしれません。素敵なご感想、こちらこそ感謝いたします!

──────────────────────

女性ボーカルの決定版!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『パイオニアN-70AEの魅力を徹底解説』

「さっそくCDを聞きました。すばらしい出来ですね。レコードを超えました。」

DCD-SA1をNS441Dチューニングされたお客様より、嬉しいご感想が届きました。お客様からのご要望は「アナログレコードを超えるCD再生」でしたので、目標を達成できて良かったです。

さて、本日の動画は『パイオニアN-70AEの魅力を徹底解説』です。ちょうど本日、N-70AE+NS441Dのご注文を頂戴しましたので、ベースモデルのN-70の魅力を動画で解説でしようと思った次第。デジタルフィルターやロックレンジアジャストの設定や、音楽配信Spotify再生のデジタル出力、操作性の実際など、細かく解説しています。



N-70AE+NS441Dは、お一人で2台ご購入されたお客様もおられる大傑作です。その方は100万円超えのSACDプレーヤーを撤去し、N-70AE+NS441Dを導入されました。あまりにN-70AE+NS441Dを気に入ったので、更に別システム用に2台目をご購入されたほどです。

普段は値引きの無いNS441Dチューニングメニューですが、3月は3,000円決算クーポンが使えますので、ぜひご検討ください。

≫ N-70AE+NS441Dの販売ページへ(会員登録が必要です)

≫ NS441Dチューニングのお申込ページへ(会員登録が必要です)

──────────────────────

春の朝に最適!



低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『いい音セミナー第6回』はスピーカーセッティングの試聴編

本日は、実験的な動画を作ってみました。果たして、スピーカーのフォーカス合わせが、ネット動画で伝わるかどうか? です。



結論から言うと、「伝わるかも?」と感じました。フォーカスが合っている状態から1mmだけ片側スピーカーを動かすと、音楽が逃げていくあの感じ。ぜひ挑戦してみてください。

次回以降で、実際のレーザー墨出し器を使ってのテクニック解説編に進みます。どうぞお楽しみに!

──────────────────────

レーザー墨出し器の準備はOK?


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『奇跡の音を出す方法』 

本日はメルマガを発行しました。

メルマガのタイトルは、『奇跡の音を出す方法 & 大決算祭の最大3,000円クーポンをプレゼント中!』です。

大決算祭の最大3,000円クーポンをメルマガ読者の皆様にプレゼント中。 ご購入金額に関係なく1,000円引きのクーポンもあります。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

---------------

本日の動画は、『奇跡の音を出す方法』です。私とて、そう簡単に奇跡なんてワードは使いません。奇跡の音の定義を含め、できるだけ分かりやすく解説しました。比較試聴音源もあります。

10分と、少し長めの動画ですので、週末のお時間のあるときにでも、ぜひご覧ください。



──────────────────────

奇跡の音を出すには必須のR-Pad-ezは、Amazonプライムで即納!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

オススメのレクスト製品を決算祭りで!

本日は、e-onkyoさんで連載中の厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の執筆作業。明日くらいにアップされると思いますので、ぜひ!

「早速ボリューム側を新型に変えてみました。エネルギー感がすごいですね。」と、旧R-VM33からR-VM33 Zeroに換装されたお客様から、追加注文を頂戴しました。これでセレクター側もR-VM33 Zero化でフル装備!

制振ノブ “R-VM33 Zero”は、超オススメです。確率100%で音質向上します。なぜなら、アンプに標準で取り付けてあるのは、普通のツマミだから。音質向上プログラムを練りに練って開発したR-VM33 Zeroとは、クオリティーが違いすぎるので、間違いなくグレードアップするのです。アンプを買い替えたくらい、驚きますよ〜。R-VM33 Zero、即納できます!

≫ 制振ノブ “R-VM33 Zero”の販売ページへ

rvm_180308.jpg


もうひとつのオススメは、R-Pad-ez。話題沸騰の新活用法、ケーブルインシュレーターとしてR-Pad-ezを使うと、本当に爆発的に音質向上します。

本日もお電話いただいたお客様と、このR-Pad-ezのケーブルインシュレーター活用の話題でひと盛り上がり。ビックリしたそうです。

このR-Pad-ez新活用法、オーディオの常識ではとても考えられないくらい、真の音楽を隠していたベールが消えてなくなります。こんなマスター音源のような活力が、家庭で聴ける日が来るなんて・・・奇跡を目撃してください!

≫ R-Pad-ezの販売ページへ

ez_180308.jpg


3月は決算月でお祭りです! 発行しております決算クーポンは、以下の3種類。

1. ご購入金額に関係なく1,000円引き
2. 20,000円以上お買い上げで2,000円引き
3. 30,000円以上お買い上げで3,000円引き

赤字覚悟の大盤振る舞いクーポンですので、ぜひこの祭りにご参加ください。お待ちしております!

また、レクストダイレクト会員登録後に初めてお買い物していただいたお客様に、次回お買い物から使える新装開店記念 1000ポイントをプレゼント中です。加えて、レビュー投稿で新装開店記念 500ポイントをプレゼント中です。こちらも積極的にご活用いただき、R-VM33 ZeroやR-Pad-ezをゲットしてください!

──────────────────────

R-Pad-ezはAmazonプライムでも即納販売中!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『新型電源ケーブルZ-PRC01Sの魅力』

お客様からお電話があり、R-Pad-ezの新活用法“スピーカーケーブルのインシュレーター”を試したところ大成功だったとのことです。追加でR-Pad-ez×2のご注文をいただきました。

このR-Pad-ez新活用法、放ってはおけぬ音質改善効果ですので、R-Pad-ezをお持ちなら、まずは移動させてケーブルインシュレーターとして使ってみてください。まだR-Pad-ezをお持ちでないなら、レクストダイレクトには30日間返品・返金保証キャンペーンがありますので、私を信じて挑戦してみてください。絶対に後悔させませんよ!

≫ R-Pad-ezの販売ページへ

さて、本日の動画は、新型電源ケーブルZ-PRC01Sの魅力に迫ってみました。少し収録時間は長めですが、30秒の試聴動画が4本含まれていますので、軽く見れると思います。純正ケーブル、他社のオーディオ用4万円クラス電源ケーブル×2種類とのガチンコ比較です。

比較試聴は、アンプの電源ケーブルを交換して撮影。スピーカーで鳴らした音をマイクでハイレゾ収録しています。音量やセッティング、アクセサリーなど、全て共通ですので、電源ケーブルの違いだけをネット動画でもチェックできると思います。ぜひ!



──────────────────────

R-Pad-ez、Amazonプライムで即納!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『いい音セミナー第5回』は、スピーカーセッティング!

いよいよ『いい音セミナー』は、最難関のテーマである“スピーカーセッティング編”に突入しました。

前回のハイレゾイベントでアンケートを取ると、ほとんどの方が精度の高いスピーカーセッティングは未体験。「まさか、そんな数ミリの話で、スピーカーの音が大きく変化するとは思っていなかった・・・」というのが、現状なのだと思います。知っているけど、実践したことはない。この重い腰を上げるのは、皆さんのチャレンジ精神しかありません。

そう、何が最難関かというと、意識の改革です。精度の高いスピーカーセッティングは、慣れてくると数分で完成できることも。最初は1時間以上、スピーカーと格闘することになるかもしれません。そして、本当に音が良くなるかどうか、初挑戦のときは結果すらわからないのです。

というわけで、スピーカーセッティング編の動画は、3つに分けようと考えています。概念編、試聴編、テクニック編の三部作。まずは、本日の概念編をご覧ください。できるだけ、「やってみようかな?」という気持ちになるよう、簡単に解説したつもりです。ぜひ!



──────────────────────

レーザー墨出し器はコレで十分。動画では別機を使ってますが、私もコレ持ってます!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

制振ノブ “R-VM33 Zero”のご感想 その2

本日はプリンターの不調で時間が取られてしまい、動画撮影ができませんでした。ネタは準備してあったのに、残念! 明日、また頑張ります。


お客様から、制振ノブ “R-VM33 Zero”のご感想が届きました。T様は、まずR-VM33 Zero×1個をご購入され、ぞの絶大な効果を体感。続いて、セレクターツマミもR-VM33 Zeroに交換。その後、「シアター三昧」とのことで、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございます!

------------

R-VM33 Zeroを、AVアンプのボリュームに続き、セレクターにも追加しました。

また2ランクアップで、画像、音ともに素晴らしくなりました。DVDで映画も見ましたが、素晴らしくいいです。画像が良くなったのは意外でした。もともとヤマハの最新アンプCX-A5100、MX-A5000なので、設置した時からよかったのですが、R-VM33 Zeroを付けたらさらに良くなりました。

シアターを見るのが楽しいです。ありがとうございました。

(長野県 T様)


------------

T様にご感想の転載許可をお願いしたところ、「R-VM33 Zeroのすごさを、皆さんにおすすめしてください。」と快諾いただきました。お客様の生の声が、R-VM33 Zeroの感動を一番お伝えでできますので、嬉しいです!


さて、先週末から開催しております決算セールが好評です。メルマガでお配りしました1,000円/2,000円/3,000円の決算クーポン、ぜひご活用ください。クーポンコードご希望のお客様は、メルマガをお申込みいただければ発行させていただきますので、お気軽にエントリーください。

また、リクエスト値引きについても、いろいろとメールをいただき、わたしも楽しんで対応しております。一番多いのは、やはり動画『#17 最もオススメな2つの音質向上技はこれだ!』を試してみたいというお客様からのリクエスト。もちろん、R-Pad-ezのセット割でお応えしておりますので、ぜひご検討ください。



──────────────────────

20年聴き続けている名盤。いまだにドライブの必需品です!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『いい音セミナー』の第4回

昨日のメルマガでは、レクスト初となる決算クーポンを発行しました。以下の3種類のクーポンがあります。

1. ご購入金額に関係なく1,000円引き
2. 20,000円以上お買い上げで2,000円引き
3. 30,000円以上お買い上げで3,000円引き

赤字覚悟の大盤振る舞いクーポンですので、ぜひこの祭りにご参加ください。お待ちしております!

メルマガお申込みいただければクーポンコードを発行いたしますので、お気軽にお問合せください。

また、リクエスト値引きを行っております。昨日、実際にいただいたのは、制振ノブ “R-VM33 Zero”へのリクエスト。ボリュームをR-VM33 Zeroに交換したら効果絶大だったとのことで、「どうしても、セレクタノブもR-VM33 Zeroに付替えしたいと思っています。(猛烈に!!)」とリクエストをいただきました。

こういう熱い要望に私は弱く、決算特価として特別ポイントを発行し、めでたくご注文をいただいております。こういうコミュニケーションも楽しいですから、ぜひリクエストください。

品切れだったR-Pad-ezが緊急入荷しましたので、即納できます。Amazonにも在庫補充しましたので、明日3/3には販売が再開される予定です。もう少々お待ちください。

↓AmazonプライムのR-Pad-ez販売ページ



さて、本日の動画は『いい音セミナー』の第4回。上級編ですから、かな〜り難しいです。ぜひチャレンジしてみてください。

今まで、スピーカーターミナルの締め付けトルクはペットボトルを使い説明してきましたが、そうすると皆さんどうしても緩めになってしまっています。

目視で確認できないかと、新しいアイデアで動画を撮ってみました。いかがでしょうか?

大決算祭の最大3,000円クーポンを発行!

話題沸騰の爆発的音質向上テクニックで、あっという間にR-Pad-ezが完売し、R-Padも残り1枚(3/1 19時現在)という状況です。

革職人さんが頑張ってくれて、R-Pad-ez × 50 が本日緊急入荷しました。
R-Pad-ez、即納できます!

そこで、週末にR-Pad-ezを入手したい方も多いと思い、金曜日に発行しているメルマガを一日早くお届けします。

今回のメルマガはお祭りです。大決算祭の最大3,000円クーポンをメルマガ読者の皆様にプレゼント! また、緊急入荷のR-Pad-ezをセット割特価で!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

------------

本日の動画は、比較試聴に改良を加えてみました。

スピーカーで鳴らした音をマイクで96kHz/24bit録音して音源を作成。試聴時間を30秒ほどに設定していますので、動画として見やすくなったのではないでしょうか。

実際に動画を比較試聴してみても、R-Pad-ezを設置すると力強いサウンドになるのが確認できます。ぜひチェックしてみてください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1990)

Link

Search