本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その7

レクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップ、今週の3台は順調にチューニングが進んでおり、予定通り週末にはご返送できます。完成までもう少々お待ちください。

NS2017バージョンアップのエントリーは、今週金曜日まで。レクストDACユーザーの皆様、お急ぎください。

さて、今日は初代DAC-NS1MのNS2017バージョンアップのご感想が届きました。ありがとうございます!

--------------

DAC-NS1MのNS2017バージョンアップの感想です。

DAC-NS1Sと二台持ちですので、比較試聴しました。

トランスポートとの接続はNS1SはBNC、NS1Mはオプティカルケーブルで接続しました。差し替え比較は時間の関係で実施していません。

基本的に両機器ともバージョンアップの恩恵を受け、以前に報告致しましたNS1Sと同じように凄さを感じました。ただし、当然違いはありますが バージョンアップによる恩恵は同じ様です。

このバージョンアップに感謝しています。

次はトランスポートのバージョンアップをご検討下さい。よろしくお願いいたします。

(埼玉県 I様) 


--------------

I様は初代DAC-NS1MとDAC-NS1Sの2台ともNS2017にバージョンアップされました。2台ともバージョンアップのお客様はお二人おられます。

ご感想の通り、まさにNS2017バージョンアップはチューニング技術ですから、見事に同じだけ音質向上します。もちろん、初代DAC-NS1MはオールドDAC-ICの良さがあり、DAC-NS1Sには強力なアナログ出力回路の良さがありますから、全く同じ音ではありません。ですが、バージョンアップの恩恵は全く同じなのです。なかなか上手く説明できませんが。

昔のように、NS1Mはパワフルで、NS1Sはダイナミック・・・というような差は、もはや存在しませんね〜。どちらもパワフルでダイナミックに昇華しました!

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その6

レクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップ、今週は予定より少なくなり3台のチューン作業です。エントリーは、今週金曜日まで。レクストDACユーザーの皆様、お急ぎください。

さて、今日もNS2017バージョンアップのご感想が届きました。ありがとうございます!

--------------

西野さん おはようございます。

DAC-NS1S NS2017 バージョンアップ、新しく買い換えたように別物になりました。

前回のファイナル・バージョンでも充分満足していたのですが、NS2017を聞いてしまうと、前のは「まだまだであったなぁ」と思ってしまいます。

NS2017になって、音に芯が出て厚みが増したとか、奥行感がでたとか、みなさんの感想とかぶってしまうものもありますので、別の角度から表現してみます。

そう云えば思い返してみると、前回のファイナル・バージョンでも、高音質盤や優秀録音盤などは、そこそこ鳴っていたと思ってましたが、ロックなどの一般録音盤については音が良くなったとはいえ、欲を言えば音がしっかりと抜けきらないところが唯一の不満でした。

例えばアルバムで言うと

『プライベート・ダンサー(初期盤)』by ティナ・ターナー
『ソウル・バラッズ(初期盤)』by オーティス・レディング
『アルティメット・ベスト(Blu-spec2 盤)』by ジャーニー  などなど・・

どれもこれもボーカルが声を張り上げるときや、楽器がMAXに盛り上がった最後の余韻のところで、なんとなく音が詰まっったような感じがありました。
 ( 不満とまではいかずとも、強いて挙げればこの部分の改良が出来ればと思ってました。)

NS2017では、その部分の改善がとても大きく、ロックなどの一般録音盤についても音が『すぅ〜〜〜』とスムーズに抜けていき、詰まった感じがありません。

まだ届いたばかりなので、これからもっともっと調整しながら聞き込んでいくと思いますが、音の評価については大きくは変わらないと思います。

R-PADは かなりの数を設置しており、余った多くのR-SQUAREも含めてかなりの試聴環境の改善も出来ております。

いつも感動をありがとうございます。

(静岡県 K様) 


--------------

私も、旧ファイナルバージョンに不満はありませんでした。でも、新しいNS2017バージョンを聴いてしまうとね〜。オーディオって残酷です。良くなった音を聴くと、以前の音に耐えられなくなってしまいますもの。

もともとレクスト製品は音楽ジャンルに関係なくご機嫌に鳴るように開発していますが、今回のNS2017バージョンは特に素晴らしいと私も感じています。優秀録音だけが聴きたいアルバムではないですものね!

学生時代に聴いていた懐かしい愛聴盤を引っ張り出して、今日は作業のBGMにしていました。ガツンとくるんですよ、これが!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その23

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページです。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

私のリスニングルームに1500×1200×300mmのレコード入れの本棚がありますが、その上にR-Padを置くと非常にいい結果が得られました。

ほかに、パソコンラックの上に載せても効きました。

いろいろ使い方があるようですね。これからも教えてください。

(長野県 T様)


−−−−−−−−−−−−−

先日のブログ『R-Padを部屋の出っ張りに?』を追試し、見事に成功されたようです。嬉しいですね〜。

R-Padの良いところは、置くだけというフットワークの良さ。インシュレーターやボードのように機器を持ち上げる必要はありませんし、ケーブルのように取り換える手間も不要。軽いR-Padをポンと置くだけで、絶大な音質向上が得られます。

そして、R-Padを増やしていっても、効きすぎや効果の干渉を気にしないでOKなのですから、こんな簡単なグレードアップは他にはありません。

ある意味、機器買い替えよりも音質向上するのでは? それはまぁ状況にもよるでしょうが、間違いなくR-Padはグレードアップの最短コースです。

またR-Pad未導入の皆様、ぜひ挑戦してみてください!

≫レクストダイレクトR-Pad販売ページへ(返品・返金保証キャンペーン中!)

↓ AmazonのR-Pad販売ページへ(Amaoznプライムで即納!)





本日、メルマガを発行しました!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”、Amazonの在庫補充が完了しました。Amazonプライム商品ですので、レクストダイレクトがお休みの週末でも即納です。ぜひご検討ください。



さて、本日はメルマガを発行しました。R-Pad装着USBケーブルを2本多めに作ったので、そのメルマガ限定販売です。即納できますよ〜。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

R-Padを部屋の出っ張りに?

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”、Amazonの在庫が少なくなりましたので、本日補充分を発送しました。明日の朝には反映されると思いますので、もう少々お待ちください。




さて、今日の作業はレクストDACのNS2017バージョンアップの完成試聴。いや〜素晴らしいです。ついつい音楽にトリップしてしまい、仕事を忘れ聞き惚れてしまいました。

合わせて、R-Padの実験も少々。特に劇的な新ポイントは見つかりませんでしたが、置くだけでここまで音質向上するのは、もはや異常とも言えるレベルです。

部屋の作りによって、気になる出っ張りなどありますよね。ここにR-Padを置いてみると、その物体が消えたように聴こえるんです。凄いんですけど、あまりに一般的ではないので、新ポイントとしては認定できずボツにしました。

でも気になる障害物があれば、R-Padを置いてみてください。劇的変化をもたらす可能性は大です。何せ床に置くだけで、あれだけの音質向上を聴かせてくれるR-Padですから。もうどんな音質向上が起きても、私は受け入れる覚悟はできています!

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その5

レクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップ、今週は5台のチューン作業が進んでおります。エントリー締め切りを3月末まで延長しましたので、レクストDACユーザーの皆様はぜひご検討ください。

さて、そのNS2017バージョンアップのご感想が届きました。ありがとうございます!

--------------

お世話になります。

今、NS1Sファイナルバージョンを購入できて、本当に良かったと実感している所です。

NS1Sか? スピーカー(RQ−F7)か? で悩んでいるうちに、両方とも生産終了で大ショック! ですからファイナルバージョンで再生産の時は、速攻で飛びつきました。

音質は当然ですが、その使い勝手も最高です。特に最近、近所に神経質な方が越していらしたので、以前の様な音量では聴けない為、ヘッドフォンを購入。NS1Sのヘッドフォン出力の音質が素晴らしく、結局ハマってしまいました。

現在、CDプレーヤー、マルチプレーヤーを繋ぎ、セレクターとしての使い勝手、そしてヘッドフォンアンプとして、正に万能神器です。

前置きが長くなりましたが、本題です。

小音量で聴きましたが、信じられない迫力、力強さです。小音量で十二分に堪能できます。改めて翌日にじっくり聴いてみると、凄いリアル、ボーカルも演奏も空間(雰囲気)も、手を伸ばすと触れそうですね。

更に鳴らし込んでいくと、空間の描写力が克明になってきました。特に高低差が凄くて、今までに味わった事が無いような感覚です。

もう聴かなくなってしまった古いCDも、とても感動的な音で蘇ってしまい、唖然。ああヘッドフォンの音も・・・高価なヘッドフォン、欲しくなってきたなぁと、新たな悩み事も出てきました。

本当に素晴らしいバージョンアップでした、ありがとうございました。

(兵庫県 F様)


--------------

F様は、前回2015年に行ったDAC-NS1S復刻再生産でファイナルバージョン機をご購入されたお客様。「一番の願いは、NS1Sの定期的な再生産」だそうです。なぜなら「簡単に買える価格ではないので、私のように何時か欲しいと予算を貯めている方、いっぱいいると思いますし、私自身、もし壊れたら、また購入したいです。」とのこと。なんと嬉しいお言葉!

DAC-NS1Sのヘッドホン出力は、おそらく世界最高の音質が得られます。えっ? もっと良いヘッドホン・アンプがある? いえいえ、このヘッドホン出力に流れてくる音質、つまりDAコンバーターとしてのアナログ変換が優秀すぎるので、直結されているヘッドホン出力がとんでもなく良い音なのです。ヘッドホンなのに、脳内定位ではなく、ちゃんと立体で聴こえる。一度聴いたら、もう他のヘッドホンアンプは聴けません。

DAC-NS1Sの復刻再生産計画、現在は設計者によるパーツのチェックが進んでいます。長く作り続けている機種だけに、電子パーツの生産完了があるのは当然。重要なDAC-ICなどは確保してあるので、なんとかなりそうだとの報告を受けました。

復刻再生産にご興味のある方は、仮の仮予約程度で結構ですので、ご連絡いただけると嬉しいです。それだけ再生産の可能性がアップしますし、復刻スタッフ一同の士気もアップします。ぜひご検討よろしくお願いいたします。

NS2017バージョンアップ、受付期間延長

レクストDACのNS2017バージョンアップ、昨日20日がエントリー締め切りだったのですが、滑り込みでたくさんのご依頼を頂戴しました。合計44台のバージョンアップお申込みです。

3月20日でバージョンアップのエントリーを締め切る予定でしたが、ユーザー様より受付期間の延長のご希望を頂戴しましたので、3月31日(金)まで受付を延長させていただきます。

すでに再来週までの作業スケジュールは満杯となり、これからのエントリーですと最短で4月10日以降のバージョンアップ作業となります。

レクストDACユーザーの皆様、今回の有償バージョンアップは音楽人生において必須とお考えください。既にバージョンアップされた方なら、大きく頷いていただけると思います。それほど、逃してはならぬサウンドが実現しています。あと10日間、締め切りまでじっくりご検討よろしくお願いいたします。

初代DAC-NS1MのNS2017バージョンアップ

今週のレクストDACのバージョンアップ作業も順調。4台をチューニングしています。

いよいよ、初代DAC-NS1MのNS2017バージョンアップが完成! 明日の完成試聴が楽しみですね〜。

dac_170315.jpg

NS2017バージョンアップは、現在23台のお申込みをいただきました。ありがとうございます。受付は今月20日までと、締め切りが迫ってきました。お支払いや実際の作業日程はご相談させていただきますので、エントリーだけでもお済ませください。ご検討よろしくお願いいたします。

オーディオの断捨離

先日のブログで書きました、オーディオの断捨離。なかなか深いテーマだと思い、再考してみます。

ついつい私たちはオーディオを足し算で考えがちです。でも春は解毒のシーズン。オーディオの厚化粧を考え直してみませんか?

レクスト製品に関しては、きちんと相性を検証し、相乗効果で音質改善効果を高く保つことができます。それがレクストの信用です。その判断能力がブレぬよう、常に音と真摯に向き合い、また自然に身を置くことで研ぎ澄ますよう心がけています。

ですので、レクスト製品同士は安心してお使いいただいて大丈夫。好き嫌いでもなく、音楽ジャンルによるのでもなく、様々なところをチェックして製品を送り出しています。

さすがに他メーカーのものまでは未検証。ですので、皆さん自身で、時には外から見たスタンスで、システムに積み重ねてきた対策の山をチェックしてみてください。

今は、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”だけで大丈夫と、私は感じています。決して大袈裟ではありません。積み重ねた対策を脱ぎ捨てるのは勇気が必要でしょう。でも、R-Padだけで本当に完璧なサウンドが飛び出します。

従来のように、激辛ソースのようなアイテムによる音の味付けは、もう不要。R-Padの、音楽の素材そのものの旨みを引き出す能力は圧倒的。オーディオの厚化粧を脱ぎ去り、音楽本来の美しさをR-Padで取り戻すことができます。

春を迎えるにあたって、もう一度オーディオに重ね着してきた重い重い対策を見直してみてはいかがでしょう? オーディオの大掃除! といっても端子クリーニングではなく、対策の大掃除です。

オーディオの断捨離。なかなか根深く手強い問題です。愛おしい対策の数々、それが駄目だと言っているのではありません。ステージが変わる瞬間、見直しも必要だということ。

私でよければお手伝いしますので、メールかお電話でお問合せください。「こんな対策をしていますが、R-Pad導入で何を減らせば良いでしょう?」とお尋ねいただければ、対策をした本人ではない外から見たスタンスで、ズバズバお答えします。あとは皆さんがその対策を手放せるかどうかの勇気次第???

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その4

大好評のレクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップ、先週お届けした皆様からもご感想が届きました。ありがとうございます!

----------------------------

今回も、とんでもないバージョンアップに驚きました!!

DACのNS2017バージョンアップありがとうございます。土日は、色んな音源を聴いて堪能しました!

ヘッドフォン試聴でも、今回の凄さにビビります(笑) ヘッドフォンを外して漏れてくる音からですら、ただ事ではないサウンドが聞こえきてきちゃってます!

雄大で熱い音楽。今まで聞こえなかった表現が、手にとるようにわかると言う感じでしょうか! 音楽の潮騒が、こんなにはっきり熱く伝わってくる感触は初めてです。聴いていて感無量の気持ちです。

聞き慣れたあれやこれの音源が、新鮮な気持ちで聞けるのが素晴らしいですね! ありがとうございます。

(東京都 N様) 


--------------

今回のバージョンアップは、デジタルからアナログへ変換するポイントに作用しているので、RCA出力だけでなく、DAC-NS1Sならばバランス出力やヘッドホン出力でも同様に音質向上しています。ヘッドホン/イヤホンでの立体的再現、そして熱いサウンドをお楽しみください。

さて、今週はいよいよ初代DAC-NS1MのNS2017バージョンアップがスケジュールに入っております。楽しみですね〜。初代DAC-NS1Mも、リレーなどに不調がなく正常動作しているならば、問題なくNS2017バージョンアップが可能です。

NS2017バージョンアップ、来週のスケジュールで作業可能です。レクストDACユーザーの皆様、ご検討よろしくお願いいたします。

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

R-PadのAmazonページに解説追記

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のAmazon販売ページに、“商品の説明”として『R-Padの音質変化が感じられないときの攻略チャート』を追加しました。

R-Padの効果が感じられないとき、きっとお客様は「商品が悪いに違いない」と思うはずです。一方、メーカー側は「リスニング能力の優劣」や「機器の性能差」で片づけようとしがち。しかし、原因はこの3つ以外にあったとしたら・・・。

実際に「R-Padの効果がブレーカーボックスの上ならわかるのに、CDプレーヤーに置くと変化が感じられない」というお客様がおられ、何度かのメールのやりとりで解決することができました。CDプレーヤーには過剰制振対策が施されており、それをお願いして撤去してもらいました。ご自身で施した自慢の対策です。よくぞチャレンジしていただけたと、感激しました。

撤去後にR-Padを試すと、「ヴァイオリンを聴と、高域はひたすら伸び、中低域はドーンと分厚い。大成功です。」とのご感想を頂戴しました。

Amazonに書いた今回の解説は、言わば“オーディオの断捨離”。山登りに例えると、高尾山とエベレストでは、履く靴が違うのと同じ。R-Padでより高みに上るなら、手放さなければいけない従来の対策があるのかもしれません。

クリニックでお宅にお伺いできるなら、「これを撤去してみましょう」とご提案するのは簡単です。目視で発見できるので、原因究明も素早いです。

ですがメールでのやりとりとなると、お客様の協力が絶対条件。意見を聞き合い尊重できないのなら、お互いに時間の無駄となりかねません。お客様のチャレンジ精神こそ、問題解説の全ての鍵を握っています。

R-Padは魔法ではありませんが、夢のサウンドが飛び出します。必ず成功するようお手伝いしますので、万が一R-Padの効果が分からない場合は、ぜひご連絡ください。一緒に原因を探してみましょう!

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その3

またまたレクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップのご感想が届きました。ありがとうございます!

--------------

お世話になります。仕事の忙しさもありすぐには、DACをセッティング出来なく、日曜日の夜にやっとラックに収まり、夜9:00すぎからの音楽鑑賞です。狭いながらも音質重視の専用ルームなので少々の音量は大丈夫です。もうすぐ2年になります、お世話になりました。

まずは、いつものMISIAのライブ盤から…。

決して今までの音は悪くはありません。と言うより、自分の中では、最高に良い音だと。

再生すると、今までも確かに目の前にはステージがありました。ですが! DAC-NS1SのNS2017バージョンアップ後は、小さなステージではなく、今までに無い音の響き、広がり、余韻があります。

約7畳ほどの部屋なのですが、ライブホールの広がりがあります。スピーカーの左右から、包み込まれるような、ボーカルも目の前まで迫ってきます。スピーカー後方への広がり! こんな音がCDに入っていたのか! と驚きました。もっと上手い表現の仕方があるとは思いますが…。

15年以上彼女のライブに行っているからこそ、分かる躍動感。バックバンドの演奏の中で、生演奏の音楽を楽しみ歌っている姿が、よりCDから伝わって来ますし、歌い方の細かな所まで、聴き取れ(見える?)ます。思わず、目頭があつくなります。

今までにない、バージョンアップだと思います。いつもながら、「さすが! レクスト‼︎」
そして、バージョンアップに感謝です。

(神奈川県 S様) 


--------------

S様宅は、新築時にオーディオルーム設計のお手伝いをしました。部屋の寸法比から材質の選定などなど、「レクスト試聴ルームを新築するならこんな夢を!」を実現した空間です。完成時のクリニックにお伺いした際、とっても羨ましかったのを覚えています。

今回のNS2017バージョンアップ、皆様の期待を大きく上回るサウンドをお届けできているようで嬉しです。もはやオーディオの音も、スタジオのマスター音源も超えていると思います。レコードか、CDか、ハイレゾか。そんな問答も気にしない、唯一無二のサウンドをNS2017バージョンアップ後は感じています。

今週の6台のNS2017バージョンアップも順調。明日には完成試聴の予定です!

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その2

今週も始まりました、レクストDACのバージョンアップ作業。週末までに仕上げるのはこの6台。こうして集まると、ブラックパネルにホワイトロゴ、ブラックパネルにゴールドロゴ、ブロンズパネルと、年代によって様々なパネルカラーがあって楽しいですね。流石、歴史あるDAコンバーターです。

dac_170307.jpg

さて、先週NS2017バージョンアップをお届けしたお客様よりご感想が届いておりますので、ご紹介しますね。ありがとうございます!

--------------

大変お世話になります。
ご返送頂いたDAC-NS1Sは3日に無事受領しております。
迅速にご対応頂きありがとうございました。

早速セッティングを行ないドキドキしながら聴きはじめました。

最初こそ霧がかかったような感じを受けましたが、霧が晴れるとバージョンアップ以前とは全く別の音が聴こえてきました。
「新製品です」と言われても信じてしまうくらい違いますね。

全ての面でバージョンアップ前を超えていると思います。
私が一番感じたのは低音域の改善でした。
ベースやドラムの音がよりリアルになりました。

低音域がしっかりしたので更に重心が下がり、同時に高音域も改善されていて一層ワイドレンジに感じます。

またバージョンアップ前よりも微細な音が明確に聴き取れます。
あまりに情報量が増えたので最初は違和感を感じたほどです。

これから更に音が変化して行くと思いますが最終的にどんな音が聴けるのかとても楽しみです。

取り急ぎ、御礼かたがたご連絡まで。

バージョンアップをお願いして本当に良かった!

(神奈川県 I様) 


--------------

「最初こそ霧がかかったような感じ」というのは、おそらくNS2017バージョンアップが放つ音楽エネルギーが濃厚すぎて、システム全体が戸惑ったのだと思います。いわゆる、システムの馴染みですぐに霧は晴れますので、これからバージョンアップを受ける皆様もご心配なく。

確かにこのNS2017バージョンアップ後のサウンド、新製品並みですよね! この音を引っ提げ、DAC-NS1Sの復刻再生産といきたいものです。あと2名様くらい手が挙がれば、私が工場へ直談判に行ってきますので、皆様ぜひご検討ください!

レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その1

早速、レクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップのご感想が届きました。ありがとうございます。

--------------

お世話になります。

DAC到着後ようやくセッティングが終了。
何はともあれ音を出そうと焦る。

PCを立ち上げfoober2000を起動。
杏里のThe Berch Huseの"千年の恋"を選択。
DACはまだ冷えているのに音が熱い。
音の厚みが増している、だが繊細さは残っている。

同じく1987MEDITATIONをplay 凄い凄いです。圧倒的な情報量で迫ってきます。
音像は3次元的で立定的にスピーカーの後ろに広がります。
バックコーラスが凄いことになっている。

まだ音を出してから30分も経っていないのに、やばい鳥肌が立ってきた。
すごくデットな部屋なのに大量のエコー成分の再生で、まるで後付けしているかのように聴こえるが、こなにエコー成分が録音されているのか。。。

"All OF YOU"いいな。。。
Timely!!の"Driving My Love"いいな。。。
バックバンドの陰影に余韻が付いてる?上手く表現できない。
山下達郎 JOY から"LET'S DANCE BABY "ライブ盤はより良い感じ。

通電24時間後の試聴
山下達郎オーパスNo.3"ずっと一緒さ"バックバンド重厚さに達郎さんのボーカルは負けないぐらいクリアキレのいい音、声のテクスチャが見えるよう、アルバム全体が同じように凄い。

もうなんと表現したらいいか言葉がありません。
バージョンアップ、ありがとうございました。

(埼玉県 I様) 


--------------

手に汗握る興奮。これこそがNS2017バージョンアップの魅力です。熱い試聴結果が、文面からも伝わってきますよね!

NS2017バージョンアップのお申込みは、現在17名様。まだまだ間に合います。レクストDACユーザーの皆様、ご検討よろしくお願いいたします。

本日、メルマガ発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

土日限定のスペシャルコンテンツを、メルマガ読者の皆様のみに公開しました。ぜひ!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

DACバージョンアップ6台完成!

先週末のメルマガで告知しましたレクストDAコンバーターの有償バージョンアップ、本日は今週分の6台が完成し、ご返送も完了しました。この週末、存分に全く新しいサウンドをお楽しみください。

現在バージョンアップをご依頼いただいているのは合計13名様。まだ来週のスケジュールでお受けできますので、ぜひご検討よろしくお願いいたします。

予定より早く発送作業まで完了できたので、明日のメルマガはちょっと凝ったことをやってみようかと。どうぞお楽しみに!

イベントのご感想

先日の神保さんイベントのアンケートでいただいたご感想です。

-----------------------

・R-Padの効果がよくわかりました。ダイナミックレンジが広がる印象でした。

・いい音で良かったです。

・オーディオ初心者ですが、大変興味が持てました。楽しかったです。

・大満足でした。「ゴムマリ」の感じ、いいですね! 魔法のカードもビックリしました。トークも盛りだくさんで充実していました。

・とても楽しかったです。レクストはすごい! CDも感動しました。

・比べずに聴いたら、どれも良いサウンドだと思います。解説付きだったので、初心者の私にもわかり易かったです。

・変化聴き比べはびっくりでした。残響音の空気感、すごいですね。

・オーディオを聴くというより、生の音の聴くという感じが、非常に楽しかったです。

・USBケーブル+パッドの生の試聴は初めてですが、すごいですね。音がクリア、音像が前に出て、かつ立体的になります。

・R-Pad、良いですね。自分の耳で確かめないとダメなもんで・・・買いますね。

・USBケーブルの追加でのサウンドが一変したのは想像以上だった。

・音のハリ、パンチ! いい感じでした。


-----------------------

いつもより高い評価のご感想ばかりで、関係者一同喜んでおります。ありがとうございます!

jinbo_170301.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1723)

Link

Search