2016年最終ブログ: R-Pad、最初の3枚で試すならココだ!

早いもので、本日が2016年最終ブログとなりました。レクストダイレクトからのレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”年内発送作業も完了し、あとは雑務を少々残すのみで仕事納めです。

さて、R-Padはもちろん1枚でも効果絶大ですが、枚数を増やしていくのも魅力のひとつ。何せ、R-Padは足し算ではなく、掛け算で音質向上していきますので!

そこで、お正月に試してみる、R-Pad最初の3枚のポイントを考えてみました。


【R-Pad×1枚目】

まずは迷うことなく、機材の上にR-Padを1枚。アンプにも置きたいところですが、ここは最上流のプレーヤーが良いでしょう。ちなみに写真はDAコンバーターにR-Padを置いていますが、CDプレーヤーやレコードプレーヤーが、やっぱりオススメかな?

rpad_161228_1.jpg

データで音楽を鳴らしているなら、パソコンが最上流プレーヤーと考えられるかもしれません。デスクトップPCなら本体の天板にR-Padを、ノートPCなら写真のようにR-Padを置いてみてください。パソコンからはデジタルデータだけ出力して音質など変わらないはずなのに、分厚いサウンドにグレードアップしますので、ぜひお試しいただければと思います。

パソコンであまり音質変化が感じられないようなら、ネットワークプレーヤーやUSB-DACの天板にR-Padを移動すると良いでしょう。

rpad_161228_3.jpg


【R-Pad×2枚目】

電源ブレーカーボックスの上は、絶対に外せないR-Pad激変ポイントです。ポータブルオーディオで100V供給していないなら必要ありませんが、一般的なオーディオシステムならば必須。こんなエネルギッシュなオーディオ再生は、他では聴けない音質向上ですよ!

電源ブレーカーは、オーディオよりあまりに離れているので信じられないかもしれません。でもR-Padは置くだけですから、気軽に試せますよね。試したが最後、そのパワフルな魅力にノックアウトされること請け合いです。

エネルギッシュ、パワフルといっても、クラシック系に合わないとか、そういった心配は無用。例えば、バイオリンの消えゆくロングトーン。その消え様の演奏者の感情が、より伝わってくると表現すれば、エネルギーの強さをお伝えできるのではないでしょうか。

rpad_161228_2.jpg


【R-Pad×3枚目】

3枚目は悩みます。電源立てかけ技も捨てがたいし、床にR-Padを置くのも激変です。壁コンセントの電源プラグも最高だしな〜。

しかし、最新ポイントの電源タップをオススメしておきましょう。電源タップに接続している機器を一気にグレードアップ可能ですから、お得なR-Padポイントです。

rpad_161222_1.jpg

R-Pad×3枚くらいから、2016年の最高サウンドが飛び出してくると思います。オーディオ再生であって、そうでない音楽再現。もう薄くてペラペラの音には戻れません。え、我が家は現状でも分厚い音で鳴っている? 大丈夫、その3倍は分厚くなりますから。R-Padを撤去すれば、その比較として今の音は薄味に感じてしまうのです。

R-PadのAmazon販売が好調で、すでに60枚以上が売れています。レクストダイレクトを合わせると、累計で750枚の出荷数。ありがとうございます。

レクストダイレクトの販売は年末年始休暇に入りますが、Amazonプライムでお正月でもR-Padは購入可能です。ぜひお正月休みにR-Padでの音質向上に挑戦してください!



それでは皆様、本年は大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その21

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

ポータブルオーディオのレビューがないので、そちらの方で感想を書かせて頂きます。

当方の視聴環境は、全てCDです、ハイレゾは聴きません、CDをONKYOのノートPCを経由して、アップルロスレスでiPodtouch6 128GBに取り込み、プレイヤーアプリ iAudioGateで、DSD2.8Mhzにアップサンプリングして、ifi-audioのmicro iDSDに送り出し、Z-LNC01W-PにリケーブルしたSONY MDR-1Aで聴いています。

ノートPCには、SSDに1枚、ボディに1枚、光ドライブに1枚、レゾナンス・チップ・ゴールドが貼り付けてあります。

そしてACアダプターの本体と末端のプラグにもレゾナンス・チップ・ゴールド、末端にはコネクトチップが貼ってあり、電源ケーブルはZ-PRC01 PLAYERですが、ケーブルブレスレット2015とコネクトチップを装着してあります。

これ以上は書くことが多くなりすぎるので省略しますが、おおざっぱに言うと、全ての工程、良い効果がある箇所全てにレゾナンス・チップ・ゴールド、コネクト、ブレーカーにパワー、その他さまざまなメーカーの、癖のない方向に音質が向上するオーディオ機器、アクセサリーで強化して、PCへのCDリッピングから、iPod tocuh 6へのコピーを行っています。

iPod touch 6→ライトニングUSBケーブル→micro iDSD→Z-LNC01W-PリケーブルSONY MDR-1A、これらも良い効果がある箇所全てにゴールドチップ、コネクトチップ等を貼り付け、micro iDSDにはR-VM18を装着してあった状態でのレビューになります。

R-Padは、初めての購入で、今回2枚購入したので、まず、専用のポーチに仕切られて入っている、iPod touch 6とmicro iDSDに1枚づつ使用、取り付け直後は音の滑らかさが増したな程度、でも曲の終わりあたりは全体的な音の厚みが増してる感じ。最後まで聴き、もう一度同じ曲をかけてみると思ったとおり、一回目より音楽のエネルギーが強くなっている。最後まで聴き、今度は別の曲、(このあたりで取り付け後15分経過)2曲目に再生したのは、なんの曲だったか覚えていませんが、音楽が濃厚だこと、高音は美しくキラキラして、低音はズドンと深く沈み量感たっぷりで、切れも抜群、そのあとは、40分ほどお気に入りの曲を聴き続けていました。

後日、そのR-Pad2枚を使って、PCからiPod touch 6へのコピーを全曲やり直してみました。

ライトニングUSBケーブル(10cm)には、ゴールドチップと、コネクトチップが両端に貼ってあるので、ケーブル部にR-Pad1枚目を立て掛けて、iPod touchの上に2枚目を載せてコピーし直しました。

再度、iPod touch 6と、micro iDSDに、R-Padをセッティングして、いつも聴く曲を再生してみると、やはり同様の変化がありました、・・・凄いですねこれ、凄く濃厚で、でも自然な音です。

今回は、iPod touch 6へのコピーのみでしたが、リッピングの段階で、ブレーカーとか、PCとか、電源ケーブルに、R-Padを使ったらと思うと、顔がニヤケテ来ます、Astell&Kern AK380とか、そこいらのハイエンドポータブルプレイヤーに、iPodtouch6で、勝ってしまうかもしれないですね。

(神奈川県 N様)


−−−−−−−−−−−−−

ポータブルのご感想はまだ少ないので嬉しいです! リッピングの段階で効果ありとのこと、
私も是非追試してみます。でも、もし凄く良くなったとしたら、嬉しいようなそうでないような・・・。リッピングをやり直すのは面倒ですからね〜。それでも、音が良くなるなら、やっぱり嬉しいし、リッピングもやり直すかな。音楽好きの性ですね。

Amazonへの在庫補充が完了し、R-Padの販売が再開されました。Amazonプライム対応ですので、最短で届くと思います。ぜひ!

R-Pad、Amazon在庫を補充しました。

新発売のレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”、Amazonで売り切れてしまい申し訳ございません。明日12/27には販売が再開される予定ですので、もう少々お待ちください。



【年末年始休暇のお知らせ】
誠に勝手ながら、2016年12月29日(木)〜2017年1月9日(月)まで、お問い合わせ、メール対応、発送業務はお休みさせていただきます。年末年始休暇中にいただきましたご注文・お問い合わせは、2017年1月10日(火)より順次対応させていただきますので、どうぞご了承ください。

R-Pad、本日発売開始!

本日のブログは、12/22発行のメルマガと連動しております。

R-Padの新ポイント、ココです!
rpad_161222_1.jpg

横から見ると、こんな感じ〜。
rpad_161222_2.jpg

さて、いよいよ本日より、新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の発売を開始します!

今回は初の試みとして、AmazonでのR-Pad直販をスタートさせました。Amazonプライム対応ですので、最短でお届けできると思います。



そしてレクストダイレクトでは、R-Pad新発売記念としまして30日間返品・返金保証キャンペーンを行います。R-Padって、あまりに信じられないでしょ? レクストダイレクトでご購入いただければ、じっくりとご自宅のシステムで30日間ご試聴していただき、万が一、効果が感じられなかった、音質向上にご満足いただけなかった場合は、代金を全額ご返金いたします。

≫レクストダイレクトR-Pad販売ページへ


R-Padの専用ページもできました。ぜひ!

≫R-Pad詳細ページへ

R-Pad、新ポイント電源タップ、比較試聴動画を先行公開!

今週末のメルマガで発表予定の、電源タップのR-Pad新ポイント。比較試聴動画を先行して公開します。

まずは、久しぶりのR-Pad無しのパフォーマンス。


次に、R-Padを従来のフル装備で。なんと、R-Pad×10枚です。機器天板×3枚(トランスポート、DAC、アンプ)、電源ブレーカーボックスの上、壁コンセントの電源プラグの上、天井、床、機器電源コネクタに立てかけ×3枚(トランスポート、DAC、アンプ)。


そしていよいよ新ポイント。上記の従来フル装備に、あと1枚だけR-Padを追加しました。


これが2016年のレクスト最高パフォーマンスと自信を持っていえるサウンドです。従来フル装備に、あと1枚のR-Padを追加することで、オーディオではない何かに出会うことができました。

このビフォーアフター動画、R-Padの有無だけの違いで、音量やセッティング、機器など、もちろん全て共通で収録してあります。

普通のオーディオアクセサリーなら、11枚も使えば効果過多になってしまいます。そうならないのが、R-Pad最大の魅力といえるでしょう。掛け算で音質向上するのですから。R-Padの新ポイント発表にご期待ください!

R-Pad、新ポイント電源タップ、予告!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の新ポイントを探してみました。狙うは電源タップです!

電源タップに、いろいろとR-Padを乗せてみると、もちろん音は変わるんです。ですが、探しているのは激変の神ポイント。ちょっとくらい音が良くなるくらいでは面白くありません。

電源タップと床との一石二鳥を狙ってみましたが・・・う〜ん、もう一歩かな。
rpad_161220_1.jpg

メーカーだからできる、怒涛の波状攻撃。R-Pad大量投入も、なんだかイマイチ。
rpad_161220_2.jpg

電源タップの横っ腹は、左右で音質が異なるのに驚くも、残念ながらボツ。
rpad_161220_3.jpg

定番の電源ケーブルコネクター部への立てかけ技は、機器の立てかけ技ほどの神がかりな音質向上が得られませんでした。
rpad_161220_4.jpg

では、R-Padと電源タップの神ポイントはどこか? 今週末のメルマガで発表予定ですのでもう少々お待ちください。比較試聴動画も撮影してありますよ!

R-Pad第14ロット、完売御礼!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”第14ロット×50枚が完売しました。ありがとうございます。

これでメルマガ先行予約販売のみで、合計670枚を出荷したことになります。本当にうれしいです!

年内は、次回第15ロットが最終入荷となります。もう少々お待ちください。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その20

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

R-Padの設置場所を考えていると、昔リスニングルームエアコンのルーバーとその周辺で動作時に振動しそうな箇所にレゾナンスチップスノウ(?)を設置し高い効果が得られた事を思い出し、R-Padをエアコンの上部に置いてみました。

リスニングルーム内のエアコン設置位置にもよるのでしょうが、我が家の場合は大きい効果が得られました。

キレは損なわれずにエコー成分がより聴こえるようになり、背景ノイズ(?)成分が減った。。。透明度が増加した。。。上手く表現出来ませんが、とにかく良いのです。

しかし、もう何枚のR-Padを設置したのか分かりませんが、多くは電源系で効果を発揮しています。まさかエアコンの上に置いただけでこんなにすごい効果を発揮するとは、今までどこに隠れて居たのだろうか、圧倒的な情報量です。この先は一体どこにあるのか、まだまだ改善できる余地が続くのか、怖いくらいです。   

pad+ac.jpg

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

エアコンとR-Padとは、非常に興味深いポイントです。激変するかどうか、効果的かどうかは、エアコンの設置位置とも関連するとは思います。

写真を拝見すると、センター音像に対して、なんとも気になる位置にエアコンがありますよね。エアコンが窓際にあり、その面を背負ってスピーカーを配置するパターンは、比較的多いケースではないでしょうか? R-Padは簡単置くだけですので、一度エアコンの上に置いて効果をチェックするのは、全く面倒ではありませんし、挑戦してみる価値はありそうです!

レクストの場合、軽井沢試聴ルームは避暑地なのでエアコン無し。葉山の部屋も、エアコンは別室と、なんとも追試ができない環境なので残念。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その19

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

R-Pad第1報です。
軽井沢宅にて使用しました。配電盤の上、 SACDプレーヤーの上、立てかけ技です。

びっくりです。はじめは声も出ませんでした。

それぞれの楽器の存在感、リアルさ、定位が驚くほど向上し、音場の広がり、奥行きが拡大し、前方だけでなく、聴いている自分の後方にまで音場が広がり、音楽に包まれているようになりました。

低域のエネルギー感、分厚さ、躍動感も向上、中〜広域の耳障りな部分も一切なくなり、自然に体が動き、笑いが止まらなくなりました。

複数の楽器の音が濁らなくなり、シンガーの歌詞も明瞭さを増し、低域ベースラインのメロディーもはっきり聞き取れ、音楽を強烈な臨場感を持って楽しんで聴けるようになりました。

すごいですねえ。
皆さんも書いてますが、こんなに薄っぺらな軽いもので、どれほどの効果があるのか、と正直思いましたが、現実は大幅な全域向上でした。

3枚でこの効果、ン十万円、それ以上のオーディオ機器導入より明確に効果大だと思います。 他の場所も試してみたいと思います。

(東京都 K様)


−−−−−−−−−−−−−

「はじめは声も出ませんでした」というのは、R-Padの効果を聴いたことのない人からすると、大袈裟に感じるかもしれません。とんでもない! 音楽好きがそのサウンドを聴いたが最後、本当に驚いて愕然とするでしょう。私はそうでした。

強烈な臨場感、まさにその通り。イイんですよ、これがまた。21世紀になって、オーディオが忘れてしまったものが、R-Padで戻ってくる感じ。未体験の方は、ぜひR-Padに挑戦してみてください!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その18

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

今まで使っていた機材(スピーカーと200v、100vダウントランスはそのまま使っています)が寿命となり、定年退職してからの買い替えで、パソコンオーディオとなり、更に廉価品で揃えることとなりました。

音質の低下は目を覆うばかりで、かなり落胆しておりました。
何とかならないものかと思っておりましたところ、貴社のレゾナンスチップゴールドの大変に興味の湧く書き込みが目に留まり、ささやかな臨時収入で買えることもあって、少しずつ買い足していきました。

確かに良くなって行くのは分かりましたが、音がきついことと、オーケストラの弦楽器の音の濁りが気になっておりました。

貼ったところは、デスクトップパソコンの天板、内部のハードディスク、コルグのDAC、外付けボリューム(NANO PATCH)、アンプなどです。

そしてR-PADの購入となりました。最初は1枚だけでした。

この時点で効果的だったのは、デスクトップパソコンの天板でした。が、まだ不満は残りました。

今現在R-PADは5枚となりました。
載せているところは、パソコンの天板、コルグのDAC、それの外付けのアナログトランスの電源コンセントの上に立てかけ(確かにエネルギー感と立体感が増しました)、外付けボリューム(激変2位。エネルギー感と透明感が増しました)、最後あと一枚しかありません。

アンプの上にするか、ダウントランスの上にするか迷いました。
結果はダウントランスの上でした。

R-PAD置き場所が4枚確定するまではここはそれほどの効果ではなかったのですが、5枚目となったとき初めて劇的に変化しました。オーケストラやオペラが厚くしなやかに情熱的に鳴りだしました。

更にレゾナンスピットが一組だけありました。
これもどこへ置くか迷っていましたが、デノンの2万3千円で購入したプリメインアンプのサイドに置きましたら、見事に低音から高音まで制動の効いた音になり、躍動感や情感がしっかりアップしてくれました。

レゾナンスピットの場所ですが、結局コルグのDACに変えました。エネルギー感は若干落ちますが、音の透明度で勝っているからです。置き場所でかなり変化するのが、楽しくもあり、レクスト製品のすごいところだと思います。

だいぶ後になると思いますが、レゾナンスピットをあと2組買い足して、パソコンのサイドとアンプのサイドには、ぜひ置きたいところです。

そして、R-PADもあと3枚は買い足したいところです。そうなったときの音を想像するとワクワクします。有難うございます。

音質的には、昔のほうが良かった部分もありますが、実在感や音楽的な情報量では、今が一番充実していると思います。この廉価版の装置でここまで素晴らしく鳴ってくれるとは思ってもいませんでした。

本当に感謝いたします。良い製品を提供してくださり、本当にありがとうございました。

(埼玉県 E様)


−−−−−−−−−−−−−

R-Padの魅力は、簡単に移動できること。そしてR-Padを増やしていけば、掛け算で音質向上できること。ご感想のように、高額な機器である必要はありません。安価な機器でも、その潜在能力を引き上げることで、想像以上のサウンドが楽しめます。

ある意味、R-Pad無しのハイエンド機よりも、R-Pad効果を得た廉価機のほうが高音質かも? そりゃ、R-Pad+ハイエンド機が凄いのは当然でしょうけどね〜。

「実在感や音楽的な情報量では、今が一番充実している」というのは、なんとも素敵ですね!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その17

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

ご説明の通りに、音の厚みや立体感が向上しました。
CDプレーヤーの上と電源ブレーカーの上は明確に変化を感じました。

特に電源ブレーカーの上がすごいと感じました。
家中の電気が向上したせいか、オーディオに関係ないパソコンの音まで変化して驚いております。
あともう一枚はこれからいろいろ試してみたいと思います。

いい商品をありがとうございました。

(新潟県 M様)


−−−−−−−−−−−−−

電源ブレーカーボックスの上と、最上流のプレーヤーの天板は、R-Padの鉄板ポイントですよね! まだ聴いたことのない人が、もったいないような、これから驚けるのでうらやましいような。

その他では、機器電源プラグへの立てかけ技が超オススメ。皆さん、ぜひ挑戦してみてください!

携帯プレーヤー/スマホ用のR-Pad新技!

本日のブログは、12/9発行のメルマガと連動しております。

ヘッドホン/イヤホンと携帯プレーヤー/スマホでのリスニングの場合の、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”新技です。一石二鳥超えの一石三鳥を狙いました。

こんな感じで、制振焼物で膨らんだR-Pad中央部分を、イヤホンジャックと携帯プレーヤー/スマホの90度コーナーに当てます。

rpad_1_161209.jpg

iphoneだとこんな感じ。

rpad_2_161209.jpg

レクストケーブルの極太プラグだけでなく、付属の細いイヤホンでも、R-Padの膨らみがあるので、しっかり制振可能です。

rpad_3_161209.jpg

移動中には使えない技ですが、家でのリスニングや、新幹線の車内では活用できそう。R-Padを撤去したら、もうペラッペラで聴いてられなくなりますよ!

R-Padの開発ポイント

メルマガの先行販売が640枚を突破した、新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”。本当にありがとうございます!

R-Padの音質向上が、私もまさかここまでとは想像していませんでした。こんな生々しく、分厚く、エネルギッシュで、立体的、そして弱音での踏ん張り。全てが、演奏者の感情を大河のように心へ届けてくれるサウンドなんですよ、これって!

ホント、R-Pad開発スタートは意外に軽い気持ちから。レクストで徹底してチューニングした機器でも、更にグレードアップできるアクセサリーはできないかな・・・と、そんな感じ。

実はこれがポイントでした。チューニング機でも音質向上できるということは、すごく当たり判定が広いというか、ストライクゾーンが大きいというか。他社アクセサリーを装着していても、その機器の潜在能力がどんな感じでも、グイグイと高音質化してくれる。そんな夢のような、オーディオ・アクセサリーが誕生したのです。

その証拠が、短期間でのメルマガ先行販売だけで、この出荷数。革職人さんのR-Pad色本革の在庫が無くなってしまったくらいです。

R-Pad、広く知ってもらいたいですねー。ヒットしてほしいという気持ちというより、このサウンドを音楽好きの人が知らないというのが、なんとも歯がゆい。せっかく音楽があるこの星に生まれたのですから、その隅々まで味わいつくさなくっちゃ!

最高の音で、大好きな音楽を聴く。こんな幸せはありません。簡単に、そして相乗以上の高みに実現してくれるのが、この小さな革片、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”です。

rpad_161208.jpg

メルマガ読者の皆様、今週完成したR-Pad第14ロット×50枚が即納できます。残り22枚です(12/8 18時現在)。まだこの週末のお届けに間に合いますよ!

そして、今年中にはメルマガ読者でない皆様への販売も開始できる予定です。準備しておりますので、もう少々お待ちください。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その16

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

最近(昨日ですが)、試してみた個所をお知らせします。

壁コンの上側のプラグの上に置いていたR-Padを、同じ壁コンに挿している上下2個のプラグの間に、R-Padの革の部分を差し込むと、ちょうどぴったりはまりました。

今まで、下側のプラグの方には、隙間が足りず、R-Padを置けなかったのですが、間にはさむと上下両方のプラグにR-Padを接触させることができ、R-Padの効果の範囲が広がりました。

西野さん推奨の置き方では無いとは思いますが、効果がはっきりあったので、お知らせします。

(愛知県/I様)


−−−−−−−−−−−−−

これは良いアイデアですね! レクスト試聴ルームでは壁コンセントに1本しかケーブルを接続していなかったので、気づきませんでした。

R-Padは激変ポイントを発見するのも楽しみのひとつ。私の推奨は参考程度に、どんどん挑戦してみてくださいね。

R-Padの挟み技、一石二鳥で魅力的です。他にも無いですかね?

R-Padの第14ロットが入荷しました。メルマガ先行販売中で、即納できます!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その15

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

お世話になっております。1か月ほど経ったので、報告です。
 
2枚目を手に入れる前に、R-Padが最大限の力を発揮させることを検討。
まず、長期間置いていたR-Padを外すと最大15分は持つような気がします。
しかし、他の場所において効果が出るまで15分、2枚目なくして相乗効果は期待できませんでした。

試したあげくやはり場所は、前と同じブレーカーの上。
何度と色々試してみましたが、やはり1番効果あり。
最初は、MP3音源の方がWAVより効果があるなーと感じていました。

いやいや、そんなことだけでは無いはず。
またまた、禁を破ってミリ単位のR-Padの調整。完全に裏側の焼き物で膨らんでいる部分だけを乗せ、その他には、どこにも触れず設置。
そしてそのまま1週間聴き込み。

昨日、R-Pad効果で音場が変わってるかもと思い、スピーカーのミリ単位でのセッティングを最初からやり直し。
本日やっと音量を大きくして聴ける状態で、気温も湿度も最高。さて聞いてみると、

来ました!まさに魂がこもったCDの再生が!
どんなジャンルでも、魂こもるんですね。

これ以上の音は想像つかないです。生演奏の名演をを最高の席で一人貸し切り状態、これはたまりませんね。

そんなに高くもないこんなシステム構築で。脱帽です。

(大阪府 T様)


−−−−−−−−−−−−−

きちゃいますよね、R-Padだと魂の音楽が! この貸し切り状態こそ、本来のオーディオの醍醐味なんです。

R-Padの第14ロットが入荷しました。メルマガ先行販売中で、即納できます!

櫻井哲夫さんライブにR-Pad登場!

本日のブログは、12/2発行のメルマガと連動しております。

ベーシスト櫻井哲夫さんのライブで、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”が初投入されました! 櫻井さん曰く、R-Padは「魔法のカード」とのことです。

私が学生のときからの憧れのベーシスト、いつもカッコいい櫻井哲夫さん。
ts_1_161202.jpg

櫻井さんの愛用ケーブルは、レクストの新型Z-LNC01W J3です。
ts_2_161202.jpg

R-Padは、最上流のコンプへ。
ts_3_161202.jpg

さらにR-PadをDIとアンプの上にも。
ts_4_161202.jpg

3本のベース、どれもご機嫌で鳴ってくれました!
ts_5_161202.jpg

生産が追いつかずご迷惑をおかけしておりますR-Padですが、次回ロットが来週入荷ですので、比較的短納期でお届けできます。R-Padは最初の1枚からでもビックリするほど音質向上できますので、まずは1枚から挑戦してみてください。本日よりR-Pad第14ロット×50枚のメルマガ限定先行予約を開始します!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます! ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しておりますので、お気軽にお申込みください。

CDトランスポートTL5+NS441Dのご感想

お客様よりCDトランスポートTL5+NS441Dのご感想が届きました! ありがとうございます。

≫CDトランスポートTL5+NS441Dの販売ページへ

−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。
CEC/TL5のインプレッションを報告します。

CDプレイヤーDENON/DCD S-1の音飛びが酷くなったので、トランスポートの導入を検討し、REQSTさんの、CEC/TL5にNS441Dの制振技術を施したトランスポートを選択しました。

REQSTさんの制振技術は、すでに導入した制振ツールの実力はよく理解していましたので、何の迷いもありませんでした。嘘です。。。筐体のカラーでは迷いましたが、ブラックを選択しました。。。

特に電源関係へのR-Padの増殖が効果を発揮しているので、TL-5単体の評価を行うのはなかなか難しく、当然TL-5、DAC-NS1Sのコンセント側とインレット側にはR-Pad、TL-5とラック床(ガラス製)の間にはR-Padが鎮座して居ます。結果的にごちゃ混ぜの評価になりました。

DCD S-1のDAC部分はそのまま利用する事し、TL5には、RCAデジタル出力は一つしかないのでTL5とDAC-NS1SはRCAで接続、DCD S-1とはAESEBUで接続しました。

R-Padの恩恵をたくさん受けている環境ですので、TL5の効果を実感するまでには少し時間がかかりました。すでに低い重心はより低くなり、音離れはより一層よく、キレのいい音が飛び出してきます。久しぶりに聴くCDでは、今まで聴こえていなかった音が聴こえてきます。

今まで中心で聴いていた環境は、Win10 Pro foobar2000 ASIOで USB出力をDAC-NS1Sに接続して聴いていました。この環境でも十分満足して聴いていましたが、これからはハイレゾ専用の環境として運用するつもりです。

これからのCEC/TL5+DAC-NS1Sとの音楽人生が楽しくてなりません。ありがとうございました。

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

ベルトドライブの音は、オーディオ誌やショップなどで“ゆるい”と評価されることが多いように思います。果たして、それはベルトドライブだからなのか? ベルトドライブにNS441Dチューンを施すと、I様のご感想のように「キレのいい音」を再現してくれるのですから面白いですよね!

DCD-S1は、私も名機だと思います。タイムマシンで買い物できるなら、DCD-S1とGT-CD1をゲットしたいものです。現代だと、魅力的なCDプレーヤーは減ってきていますから、TL5+NS441Dは貴重な存在。人生最後のCD機としてふさわしいモデルだと、自信を持っておススメできます!ルックスは価格相応ですが、そのサウンドは全てのCD機の頂点レベルなんです。

tl5+ns441d_161117.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1705)

Link

Search