R-Padの新活用法、比較試聴動画その2 公開!

本日のブログは、10/28発行のメルマガと連動しております。先週に引き続き、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の新活用法“ルーフ&フロア・チューニング”の解説です。

天井と床をチューンする場合、R-Padは赤丸の場所に置くだけ。

rpad_161021_1.jpg

先週のブログでご紹介したホッチキスの芯で天井固定する方法は難しいとの指摘がありましたので、押しピンで固定するアイデアをご紹介します。

写真のように、押しピンの台座でR-Padを受けます。決してR-Padを突き刺してはいけません。押しピンは、できるだけ小型のものが良いと思います。

rpad_161028.jpg

では今週も、R-Padの新活用法の比較試聴動画をお楽しみください!

先週は著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』の添付CD楽曲でしたが、本日は『リスニングオーディオ攻略本』添付CDの『Flow』で比較試聴を撮影しました。ピアノ、チェロ、バイオリンのトリオ演奏です。この添付CDだけでも価値がありますので、お持ちでない方はBlu-spec CD仕様の初版が残っているうちに、ぜひ!
 
 ≫『リスニングオーディオ攻略本』 初版 残りわずか!


↓ビフォー動画です。従来のR-Padフル装備のパフォーマンスです。R-Padは全部で5枚(トランスポート天板、DAコンバーター天板、アンプ天板、電源ブレーカーボックスの上、壁コンセント電源プラグ)を使用しています。



↓アフター動画です。R-Pad×2枚を天井と床に追加!


なぜ、わずか9グラム程度のR-Padを置いただけで、ここまで音質向上するのか? 私も、もう驚きでしかありません。9グラムといったら、せいぜいクレジットカード2枚分くらいですよ。カードが床にころがっていても、音なんて変わりません。それがR-Padなら、まるで床が無くなったように、音が広がり始めるんです!

比較試聴動画の聴きどころは、音像の広がりかた。ビフォーでは上下に狭い音像、アフターでは無限に広がる音像が確認できます。ビフォーといっても、つい先日まではリファレンスだったのですから、オーディオってなんなんでしょうね〜ホントにもう。

R-Padは第10ロットが緊急入荷しましたので、本日よりメルマガ限定の先行販売を開始します。ぜひ!

R-Pad、第8・第9ロット出荷開始!

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の第8・第9ロットですが、当初の予定よりも早く完成しました。本日出荷を開始しましたので、この週末はR-Padを使ってのグレードアップを存分にお楽しみください!

特に、先週のメルマガでご紹介したR-Padのルーフ&フロアチューニング。もうビックリすること間違いなしなので、ぜひ!

明日28日に発行するメルマガで、R-Pad第10ロット×50枚のメルマガ限定の先行予約を開始します。メルマガ登録をお忘れなく! メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。明日発行号より発行させていただきます!

「あれ?最近メルマガ見てないぞ」というお客様。申し訳ございません。何かのメールトラブルのようです。

先週(10/21号)、先々週(10/14号)と連続してメルマガを発行しておりますが、もしお届けできていないようでしたらご一報ください。メルマガ発行ソフトの仕様で、一度メールトラブルがあると、次号がお届けできません。ご連絡いただければ私がマニュアルで元に戻し、発行できるように再変更します。

R-Pad、緊急入荷決定!

本日、革職人さんから連絡が入り、なんとR-Pad用革パッドの納期が大幅に早まるとのことです!

さらに嬉しいニュースが。ご予約で完売している第8ロット+第9ロットの合計100枚に加え、なんとプラス50枚が今週中に届きます。やったー!

第8ロット+第9ロットをご予約の皆様へは、今週中に発送作業を完了できそうです。この週末、存分にR-Padのグレードアップをお楽しみください。

プラスアルファで完成するR-Pad×50枚に関しましては、来週よりの出荷開始予定で、メルマガ先行予約を行います。R-Pad予約再開まで、もう少々お待ちください。

R-Pad第9ロット、完売御礼!

先週のメルマガで先行予約を開始しましたレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”第9ロット×50枚は、この週末のうちに予約完売しました。ありがとうございます。

R-Padの生産供給が追いつかず、お迷惑をおかけし申し訳ございません。急ぎ、革職人さんに第10ロットをオファーしました。納期回答があり次第ご報告します。

昨日のメルマガ“R-Padのルーフ&フロア・チューニング”は反響も大きく、皆さんに驚いていただけたようです。ブログでも解説していきますので、どうぞお楽しみに!



R-Padの新活用法、比較試聴動画公開!

本日のブログは、10/21発行のメルマガと連動しております。R-Padの新活用法の解説は、メルマガをご参照ください。

赤丸がレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の位置です。

rpad_161021_1.jpg

ホッチキスの芯を使って、R-Padの角を固定してみました。

rpad_161021_2.jpg


それではR-Padの新活用法の比較試聴動画をお楽しみください!

↓ビフォー動画です。従来のR-Padフル装備のパフォーマンスです。R-Padは全部で5枚(トランスポート天板、DAコンバーター天板、アンプ天板、電源ブレーカーボックスの上、壁コンセント電源プラグ)を使用しています。



↓アフター動画です。R-Pad×2枚を新活用法で追加!


今までの比較試聴動画で、ビフォー/アフターの違いが一番分かりやすいかもしれません。着目点は、音像の形。

ビフォーでは、アフター動画と比較すると、上下がつぶれたような横長楕円形に音が広がっています。アフターでは上下はもちろん、前後左右へと音楽がストレスなく広がっていくのが確認できますでしょうか?

ビフォーアフター動画は、アンプのボリューム位置など全て同じ条件で撮影しました。違いはR-Pad新活用法の有無のみですから、驚かされるばかりです。

R-Padをお持ちの皆様、この週末は新活用法でお楽しみください。

これからR-Padをご購入される皆様、1ヵ月待ちとなりますが、本日よりR-Pad第9ロット×50枚のメルマガ限定先行予約を開始します!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます! ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しておりますので、お気軽にお申込みください。

またまたR-Padの新活用方法を発見!

先週末のメルマガで先行販売しましたレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”第8ロット×50枚が、予約完売しました。ありがとうございます! 11月上旬の完成まで、もう少々お待ちください。

嬉しいお知らせです!

本日、またまたR-Padの新活用方法を発見しました。R-Padの応用編という感じですが、もう衝撃的すぎて・・・。

いつもは1曲につき数秒か数分ずつ試聴するという感じで、超スピード聴きジャッジメントを得意としている私ですが、今日はもう、プレーヤーのストップボタンを押すことができません。大好きなアルバムの半分くらいを、ノリノリの大興奮で30分くらい聴き続けてしまいました。分析モードでは聴けないんですよ、これがもう。

このR-Pad新活用法、明日のメルマガで発表します! 例えるなら、工事レベル。大変貌サウンドをお約束します。

合わせて、明日のメルマガではR-Pad第9ロット×50枚で最後の先行限定予約を再開する予定です。R-Pad第9ロットは、また1か月待ちとなりますが、このサウンドをお届けしますので、どうぞお許しくださいね。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その9

お客様より、“電力量計の上に置く”という、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の興味深いご感想が届きました! ありがとうございます。

【ご注意】 R-Padは革製品のため屋外で使用できません。マンションなどで電力量計が屋内設置されている場合のみ、電力量計にR-Padをお試しください。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

R-Padを2枚購入し、1枚はユニバーサルプレイヤーの天板に設置。

もう1枚をどこに設置するか色々試しました結果、「我が家の環境では」分電盤より上流の、積算電力計がベストになりました。 マンションなので玄関横にメーターボックスがあり、その中に電気/ガス/水道のメーターがそれぞれ設置してあります。メーターボックスのガラスカバー天面に乗せるのが、最も効果ありです。

rpad_meter.jpg   
 ・画像の明るさ、色の濃さがより鮮明になりました
 ・2ch再生ではSNが良くより静かに、また高域の伸び(情報量アップ)がすごいですね

(大阪府 K様)


−−−−−−−−−−−−−

電力量計は、電源ブレーカーよりも更に上流ですから、R-Padの“上流から攻める”という基本的置き方から考えて、とても良い活用法だと思います。

しかし大きな問題点があり、一般的に電力量計は屋外に設置されているため、R-Padが使えません。R-Padは本革製なので、水分に弱いので屋外NGです。雨で濡れたり風で飛んだりする屋外でのR-Pad使用は想定していません。

レビューのように、屋内に電力量計があるならばラッキーです! 屋内に電力量計がある場合は、ぜひ一度、R-Padを置いてみてはいかがでしょうか? 電力量計の上に加え、電源ブレーカーボックスの上にもR-Padを置けば、掛け算で相乗効果が得られる可能性もあります。

レクストの場合、軽井沢も葉山も電力量計は屋外でした。残念! その場合は、電源ブレーカーが電源系の最上流ですので、ブレーカーボックスの上に置けばOKです。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その8

お客様より、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

仕事を早く切り上げて、先ほどR-Padを受領しました。

ブレーカー、アンプ、ソケット部にそれぞれ設置し、約10分温存し、火入れしました。

聴きますと、アンプがすべてのパフォーマンスを出し切っていると言っていいくらい、良い音が響いています。

今までも良い音でしたが、いつも聴いている音楽がよりクリアーかつ、生音に聞こえます。特にボーカルの声がはっきりと聞こえます。例えるなら、霞んでいた霧がすーっと消えた感じでしょうか。

現在は、慣らし運転のようにどんどんと馴染ませていきたいと思っています。小さな音量でも大きなパフォーマンスを得られることにも新たに驚きを感じています。聴くごとに深みが増す感じです。

ブレーカの上は本当に効いている感じがします。ブレーカの上に置くことを思いついたことは奇跡すら思います。西野さまのアイデアは素晴らしいですね。

人気商品のため、手に入りにくいとのことでご苦労があるかと思います。早々に手配していただきまして感謝しています。

スピーカーもR-Padも大切にしていきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

(長野県 S様)


−−−−−−−−−−−−−

S様はスピーカーREQST/SH-EP7Wをお使いで、更なるグレードアップとしてR-Pad×3枚をご提案したところ、すぐに導入を決意されました。R-Padのネット比較試聴動画もチェックされ、「音の違いは私の耳でもはっきりとわかりました。」とご安心の上でのご予約です。ご予約時は半月待ちくらいでしたので、お届けまでお待たせすることになってしまいましたが、喜んでいただけて何よりです。

S様のオーディオ機器は、アンプ一体型のハイレゾプレーヤーですので、機器用のR-Padは1枚でOK。電源ブレーカーの上と、壁コンセントの電源プラグとを合わせ、一気にグレードアップを実現されました!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その7

お客様より、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”を映像系に使用した際のご感想が届きました!

−−−−−−−−−−−−−

先日、知人宅に訪問する機会があり、映像系でR-padがどのくらい効果があるか試してみました。

R-padを置いたらまあびっくり(笑)
素人目でもはっきりと画質が良くなっています。
特に光と影の表現が素晴らしくなりますね!

知人もただ置くだけで,ここまで変化することに、しきりに不思議がっていました。
という事で,ぜひ欲しいという事で次回ロット分、ひとつ予約でお願いします!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−

困ったことに(笑)、R-Padは映像系にも効果があるんです。レクストは音専門なので、基本的にはR-Padを音質向上用で評価していただきたいところなんですが・・・。

という私も、実はプライベートでR-Padをテレビやブルーレイに置いて楽しんでいます。

ご感想にあるように、陰影の再現が向上していると私も思います。海外ドラマを見るときに、何とも映像に深みが出て引き込まれるんですよね〜。アニメ系でも色鮮やかで、同じ作品を見ていても、音楽でいうところのリマスター盤のように新たな感激があります。

R-Padをお持ちの方は、ぜひテレビにも置いてみてください。薄型テレビの上に、R-Padを乗っけるような感じでOKです。R-Pad自体が軽いので、万が一落っこちてもテレビを傷つけたりすることは無いでしょう。ブルーレイやDVDなどの映像を見るときは、R-Padは最上流に試すのが基本ですから、プレーヤー/レコーダーの天板に置いてお試しください。

R-Padは置くだけでフットワークの良いアクセサリーですから、音を聴くときはオーディオ系に、映像を見るときはテレビにと移動させても、何にも苦にならないのが特徴なんです。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その6

お客様より、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました!

−−−−−−−−−−−−−

前略。R-Padの感想です。

R-Padを3枚購入しました。1枚はSACDプレーヤーの上、1枚は分電盤の上です。

もう1枚はというと、拙宅では分電盤の200V(エアコン用)が1系統余っていたので、ここからFケーブルを引き、200V用の壁コンセントを設け、そこからの電気をダウントランスで100Vに落としたものをオーディオ専用の電源として使用しているのですが、このダウントランスの上に置いてみました。

結果から言うと、このダウントランスの上がもっとも効果がありました。

村上春樹が小澤征爾にインタビューした『小澤征爾さんと、音楽について話をする』の中に、ジュリアード弦楽四重 奏団のヴァイオリニストだったロバート・マンが、セミナーで若い音楽家に語った言葉があります。

「ピアノという指示は弱く弾けということじゃない。ピアノとはフォルテの半分という意味なんだ、だから小さく強く弾きなさい」


まさにこれが、R-Padを置いた効果でした。ピアニッシモであっても、弱々しく曖昧にならないで、音にしっかりとした芯があります。だから、演奏者がそこに込めている情感とか、リズムとかがはっきりと主張されるのです。

もちろん、大きい音はさらに立体的に、ずん、と前に出てきます。でも、それ以上に、小さい音が、より明確で腰の据わった音として出てくることに感動しました。

ふだんは自分の寝室で小型スピーカーで音楽を聴いている家内が、「ちょっと、これ聴かせて」と、愛聴盤のワルター/コロンビア響のモーツァルト『リンツ』を持ってきて、聴き惚れていましたので、たぶんいつもの音と違うのがわかったのでしょう。

(東京都 M様)


−−−−−−−−−−−−−

私もR-Pad最大の魅力は、力強い弱音だと感じております。弱音なのに力強い? オーディオ的に考えると奇妙な表現ですが、私たちは実際に体験したことがあります。例えば、生演奏バイオリンの消えゆく音。名演であればあるほど、あれって力強いですよね! これがオーディオで再現できるようになったのですから、R-Padはもはや必須アイテムといえるでしょう。

奥様とのエピソードも、目に浮かぶような素敵さ。いつも思うのですが、女性は横移動の音質変化に反応してくれないものです。低音が引っ込んだから高音が出るようになるとか、音に元気が無くなったから静寂度が増したとか。投資した、作業を頑張ったなど、男性はそこに価値を見出し、なんとか納得しようとするもの。でも女性はバッサリ切り捨て、結果を評価しますよね。

今回、奥様は確実に高みへ昇ったサウンドを感じておられたのだと思います。いや〜素晴らしい!

ぜひ皆さんもR-Padでのグレードアップに挑戦してみてください!ただいまメルマガ読者限定で、11月上旬入荷分の先行予約を承っております。

R-Pad立てかけ技!

「電源ブレーカーボックスの奥行きが小さいので、R-Padが置けません。」

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”で、多くいただくご質問です。

R-Padの必須ポイントといえる“電源ブレーカーボックスの上”ですから、何としてでも試しておきたいところです。(比較試聴動画もあります。≫こちら

ご安心ください。解決策があります!

電源ブレーカーボックスが厚さ3センチ程度あれば、十分にR-Padが置けます。電源ブレーカーが板に固定されているような場合でもOK。どうすればよいかというと、電源ブレーカー上の厚み3センチのところに、R-Padを斜めに立てかけるように置くだけです。

果たしてそんな置き方で効果があるのでしょうか? これはR-Pad自体で制振性能が完結しているという特徴を活かして考えました。難しいことはお任せいただき、とにかくR-Padを立てかけて、その音質変化を聴いてみてはいかがでしょう?

既に、この立てかけアイデアをお試しいただき、大成功したR-Padユーザー様が多数おられます。ぜひ!

メルマガ先行予約中の11月入荷分R-Padですが、残数18枚です(10/11 16時現在)。1か月待ちとなりますが、ご検討よろしくお願いいたします。

本日、メルマガ発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

メルマガ先行予約のみで完売が続いている、新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の、11月入荷分での予約再開のお知らせです。

今月入荷分のR-Pad×100枚は全数が予約完売で、すでに発送を完了し手元には残っていません。まだ正式発表前なのに、メルマガのみで売れ続けているという嬉しい状況です。生産が追いつき次第、R-Padの一般販売を開始する予定です。それまではメルマガのみの先行予約で対応させてください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

R-Pad予約分全数が完成!

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の第6ロット、第7ロットをご予約の皆様、たいへんお待たせしており申し訳ございません。本日、ご予約分の革パッドが全数入荷しました。今日と明日で、出荷しますので、到着までもう少々お待ちください。

rpad_161006.jpg

今回のロットで、やっとレクスト試聴ルーム分のR-Padが確保できました。出荷作業でじっくりとは試聴できていませんが、BGMを鳴らしているデスクトップパソコン本体の天板にR-Padを置いてみました。

「あれ、なんだかいつもよりイイ感じ〜」

試しに、R-Padをパソコンから撤去してみると、さっきまでの厚みある生々しさが一発で消えてなくなりました。これって、BGMの音量ですよ! アンプのツマミは3クリック程度。こんな小さな音量でも、音質向上が確認できるグッズは、従来のレクスト製品にも無いタイプです。

さて、R-Pad第8ロットは、明日のメルマガより先行予約を再開します。完成は1か月先となりますが、ぜひご検討いただけると嬉しいです。

R-Pad、電源ブレーカーに効きます!

「ブレーカーの上が一番効きましたね〜」

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”をご購入いただいたお客様から、さきほど喜びのお電話を頂戴しました。

まずは試しにR-Pad×1枚を導入されたので、いろいろ順番に置いて楽しまれているようです。おススメのCDプレーヤー、電源ブレーカー、壁コンセントはもちろん、テレビを見るときはブルーレイやテレビの上にもR-Pad。なかでも、電源ブレーカーは驚かれたようです。

R-Padの攻略方法はかなり解明できてきて、音源の最上流、電源の最上流から導入するのがセオリーです。ですので、2枚目のR-Padを導入するのは音源系が良さそう。

「2枚目のR-Padは、足し算ではなく掛け算で効きますよ〜」と、お電話で誘惑しておいたのはもちろんです!

rpad_1601005.jpg

R-Pad第6ロットの一部を出荷

本日、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”第6ロットの一部を発送しました。革パッドの製作が遅れており、第6ロット全数をお約束の日に発送できず、申し訳ございません。

第6ロットの残数と第7ロットは、10月7日(金)の発送予定です。今週末の三連休にはお届けできるよう準備しておりますので、もう少々お待ちください。

rpad_1601004.jpg

R-Padが届いたら、まず試していただきたいのはオーディオの最上流。CDプレーヤーやトランスポートです。もちろん、アナログレコードプレーヤーでもOK。オーディオは伝言ゲームのようなものですから、まず最上流を音質向上させるのがセオリーです。R-Padで、びっくりするくらい良くなりますので、どうぞお楽しみに!

R-Padの生産状況につきまして

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の生産が遅れており、本当に申し訳ございません。

既にメルマガ先行予約で完売しております、第6ロットと第7ロットの合計100枚につきましては、なんとか今週金曜日までに発送を完了できる予定です。もう少々お待ちください。

問題は、次の第8ロット。これが今月中には無理っぽい感じです。制振焼物は完成したのですが、革パッドがなかなか間に合いません。う〜ん、10月には一般発売を開始しようと思っていたのですが・・・。

今週末のメルマガで、R-Pad第8ロットの先行予約を開始します。1か月待ちとなりますが、どうぞお許しください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1782)

Link

Search