レクスト史上最高音質を更新か?

本日、久しぶりに試聴をゆっくり行いました。音楽を聴くって、大切ですよね!ストレスが吹っ飛びますし、自分自身が取り戻せる感覚が素敵でした。この感じ、ちょっぴり忘れていたかもしれません。

今日は普通の試聴だけでなく、温めてきたアイデアを実践。これがもうガッツリとハマって、手に汗握るサウンドが飛び出しました。

このところ自分たちの限界をなかなか超えることができず、音質向上が停滞気味でしたが、これなら大きくジャンプアップできそうです。

レクスト史上最高音質を更新か?

いやいや慌てない、慌てない。このサウンドがもしかしたら夢かもしれませんので、明日もう一度、スタッフと一緒に再検証してみます。うまくいけば、従来に無いタイプの新製品につながるアイデアなんですよね〜。

ケーブルブレスレット、再入荷しました!

品切れ中でしたケーブルブレスレットが再入荷しました。レクスト・ケーブルの後付けアップグレードアイテムです。そりゃもう、びっくりするくらい音質向上しますよ!レクスト・ケーブルをお使いで、ケーブルブレスレット未導入のお客様は、迷わずゲットしてみてください。

 ≫ケーブル・ブレスレット2015 販売ページへ

メルマガ限定ケーブル1万円下取りキャンペーンで新RCAケーブルご購入のお客様より、「Z-LNC01Wの説明書に、ケーブルブレスレット不要って書いてあるけど?」とご指摘がありました。確認してみると、確かにその表記が!これは旧ケーブルブレスレットのことで、現在販売中の新型ケーブルブレスレットは、Z-LNC01Wにもちろん有効です。本日発送分より訂正しましたので、どうぞお許しくださいね。
cb_160628.jpg

本日、メルマガ発行しました!

本日のブログは、メルマガと連動しております。新旧RCAケーブルの比較です。

まずはPCOCC版Z-LNC01Wのパフォーマンス。


次に、新線材に変更してからの最新版Z-LNC01Wのパフォーマンス。


なかなか悩ましい結果です。比較試聴動画を参考に、ぜひご検討ください。

3.5ミリプラグの工夫

まずは写真をご覧ください。上が試作ケーブルで、下が製品版Z-LNC01W-Pに採用している3.5mmステレオミニプラグです。

lnc01wp_160623.jpg

ポイントは赤矢印のところ。これがないとだめと、e☆イヤホンさんからアドバイスをいただきました。最初は「なんで?」と思いましたが、スマホのカバーに干渉しないための工夫なんです。そう思って他社リケーブルをチェックしますと、ほとんどがこの段差プラグを採用していました。なるほど、勉強になります。

音質的な開発には自信がありますが、こういった細かい気配りはアドバイスいただけて良かったです。おかげ様で、良い3.5mmステレオミニプラグが完成しました!

MMCXヘッドホンに極太リケーブル

MMCX端子ってイヤホンだけかと思いきや、意外とヘッドホンでも採用機種があるみたいです。

先日の秋葉原イベントで試聴ヘッドホンとして用意してもらったのが、パイオニア/SE-MASTER1でした。なんと27万円くらいする高額機です。実はこのSE-MASTER1はMMCX端子なんですよね〜。事前実験でレクスト極太リケーブルに交換できるのは確認済みでしたので、イベントに持ってきてもらえるよう、e-onkyoさんにリクエストしておいたのでした。

27万円クラスのヘッドホンとはいえ、純正で完璧なケーブルが付属しているわけではありません。レクストのリケーブルで大幅グレードアップできる潜在能力を、SE-MASTER1はまだまだ秘めていたのでした。そのサウンドに、秋葉原イベントでは驚きの声が上がっていましたよ!もう純正ケーブルには戻れないほど、全ての面で音質向上しました。

お客様から「調べてきてほしい」とリクエストがあったのが、SHURE/SRH1540。SRH1540は、少し奥まったところにMMCX端子があるので、入らないリケーブルが多いとのこと。レクストのリケーブルは幹となる本体ケーブルの外径は太っといですが、MMCX端子あたりはなかなか細見なんです。カチッとイイ感じでSRH1540と接続できました。

SRH1540とレクストZ-LNC01W-Pのコンビネーション、私も試聴してみたのですが、ちょっと欲しくなるくらい極上サウンドで鳴っていました。比較試聴したわけではないですが、SE-MASTER1より印象が良かったかも?SRH1540をお使いの方なら、迷わずレクスト極太リケーブルに交換してください。忘れられないサウンドですよ!

写真を撮り忘れ、大いに反省しております。デザイン的にも良かったのに〜残念!

極太リケーブルでの電車移動

先週末のe☆イヤホン秋葉原店さんのイベントで極太リケーブルについて一番多かった質問は、「本当にポータブルで使えるんですか?」でした。

私は実際に使っています。SHURE/SE215Z-LNC01W-P1.6MSのコンビネーションは最強ですよ!ちょうど葉山から秋葉原への移動だったのですが、電車が動くリスニングルームとなりました。レクスト試聴室で聴いているのと、何の違和感もない移動空間は快感です!

なぜあんな太いリケーブルが電車で使用できるかというと、MMCX端子部分は結構普通の細さなんです。胸元あたりから極太になります。特に電車でも注目されることはありませんよ。

lnc01wp_160621.jpg

あとはシーンによってリケーブルを使い分けています。葉山〜秋葉原間や、軽井沢からの新幹線は、乗り換えがなく1時間くらい座っての移動です。これなら何の違和感もなく極太リケーブルでご機嫌なサウンドを楽しんだほうが、人生の無駄遣いになりません。流石に頻繁に移動を繰り返すときなどは、軽いリケーブルを使います。普通のリケーブルが羽根のように軽く感じるのには、自分でもウケましたが。

自分のイヤホンから忘れられない音が出てしまったら、もう戻れません。Z-LNC01W-Pシリーズ、ぜひ!

秋葉原イベント、ご来場ありがとうございます。

先週末のe☆イヤホン秋葉原店さんのイベント、たくさんご来場いただき、本当にありがとうございます。私も楽しかったです!

極太リケーブル、皆さんに聴いていただきました。「太っ!」というのが、全員の第一印象。そして一番驚いてもらえたのが、ご自分のイヤホンにレクスト・リケーブルを接続したときでした。聴いている皆さんの目が、だんだんとキラキラしてくるのが見ていて分かるほどです。

衝動買いでご購入いただいた方もあり、太さと重さと扱いづらさという欠点をはるかに超える、音質向上の魅力を感じていただけたのではないでしょうか。何より、自分の持つイヤホンのリファレンスとして、レクストの極太リケーブルはやっぱり必須ですよ!

来月のポタフェス2016東京への出店が決定しました!7月16日・17日の秋葉原です。ぜひ遊びに来てくださいね。

明日18日(土)はe☆イヤホン秋葉原店さんイベント!

いよいよ明日18日(土)は、e☆イヤホン秋葉原店さんのイベントです。店頭試聴イベントですので、気軽な感じで試聴できます。ハイレゾクーポンを大盤振る舞いしますから、試聴してSNS投稿して、2曲分ダウンロード券をゲットしてみてください。

私は、レクストのイヤホン/ヘッドホン用ケーブル“Z-LNC01W-P”を皆さんに試聴してもらえるのも楽しみ〜。

明日、お会いできるのを楽しみにしております!

lnc01wp_160617.jpg

本日はメルマガも発行しました。

メルマガ限定のケーブル1万円下取り激安セール、ただいま継続中です!さまざまなワガママをOKしておりますので、その例をいくつかメルマガで挙げてみました。「なんだ、これがOKなのかよ!」と、ぜひお祭りにご参加くださいね。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

イヤホン/ヘッドホン用リケーブルのご感想 その3

お客様より、Z-LNC01W-Pシリーズのご感想を写真入りで頂戴しました。ER-4Sとレクスト・リケーブルを、特殊なMMCX変換プラグで接続しているという、私もたいへん興味深く拝見したレビューです。

−−−−−−−−−−−−−

たぶん、こういう組み合わせで聴いているのは今のところ日本中に私くらいではないかと思い、報告いたします。

イヤフォンにくわしい方ならまず知らない人はいないだろうというのが、ETYMOTIC RESEARCHのER-4Sです。もともと補聴器メーカーということもあり、色づけのないフラットで素直な音質と、圧倒的な解像度が特徴です。何年も前に手に入れて以来、Ultimate EarsのTRIPLE.FI 10とかいくつか他の製品も購入したのですが、高域の解像度の素晴らしさに、やはりER-4Sに戻ってきてしまいます。

lnc01wp_160616_2.jpg

ただ、ER-4S の弱点が、低域の量感の乏しさ。低音が出ていないわけではないのですが、他のイヤフォンと比べると、量感がさびしい。コンプライのチップに代えて耳との密着度を高めると少しは改善できますが、それでもさびしい。

そこで、Z-LNC01W-P1.6MSを導入することにしました。このケーブルなら低域の量感や全体の力感が向上するのではないかと期待したのです。もちろんそのままでは接続できません。そこで用意したのが、香港で作られている、ER-4SをMMCX端子で使用するためのアダプターです。

lnc01wp_160616_1.jpg

さっそく接続して交響曲を聴いてみたところ、思わず「おおおおお」と喜びと驚きの声が出てしまいました。

ER-4Sの伸びやかな高域はそのままに、コントラバスやティンパニなど低音が力強く出ます。といっても、ブーミーではなく、輪郭のはっきりした、しまりのある低音です。さらには全体に音に力強さとより高い分解能が加わりました。音場も、脳の中に押し込められるのではなく耳の外まで広がって聞こえるようです。とても、このちっぽけな(Z-LNC01W-P1.6MSを取り付けた写真をご覧ください)カナル型イヤフォンの音とは思えません。耳にささっていなければ質の高いヘッドフォンと間違えてしまいそうです。リケーブルはこれまで何回か経験したので、音が変わるということはわかっていたのですが、ここまでの変化というのははじめてでした。

lnc01wp_160616_3.jpg

もともとER-4Sは遮音性が高く、とくにコンプライのチップだとそのまま耳栓に使えてしまうくらいなので、外歩きには危険です(外歩き用には他のイヤフォンを使っています)。ですから、机の上に置いてじっくり聴いたり新幹線の中で聴いたりするので、ケーブルの重さはあまり気になりません。ただし、ケーブルの太い部分を何かの上に乗せて、細い、左右に分かれた部分が空中にある、というようにするとよいでしょう。

ちなみに試聴は、iPod Classic 160GBにアップル・ロスレスで保存した音源をFOSTEXのHP-P1に送り、そこにケーブルを接続しています。

(東京都 M様)


−−−−−−−−−−−−−

イヤホン/ヘッドホン側のプラグは、リケーブルを開発するにあたって悩みどころでした。ケーブルが太いので、ハンダ部分だけでホールドするタイプのプラグは、やはり使うのは難しいんです。こういったMMCX変換プラグがあると、本当に便利ですよね!貴重なレポート、ありがとうございます。私も勉強になりました。

いよいよe☆イヤホン秋葉原店さんイベントが、明後日18日(土)と迫ってきました。楽しくハイレゾが試聴できるよう、メニュー表を仕込み中です。皆さん、ぜひ遊びにきてくださいね!

イヤホン/ヘッドホン用リケーブルのご感想 その2

お客様より、Z-LNC01W-Pシリーズのご感想を頂戴しました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

大変お世話になります。
迅速にご発送頂きありがとうございました。
無事、受領しました。

早速試聴しましたが今回も驚きました!

改造MDR-CD900STとZ-LNC01W-Pの組み合わせは、DW-S1 signature と同じ傾向の音質でした。

MDR-CD900STとDW-S1 signature の音量を揃えてから、MDR-CD900STを付けたり外したりしてチェックしましたが、全く違和感を感じないんです。

ヘッドホンなのに立体感が凄いです。
Z-LNC01W-Pから付属ケーブルに戻すと平面的な音になるので、Z-LNC01W-Pによる改善効果は素晴らしいものです。

ほぼ同じ音がヘッドホンからもスピーカーからも聴こえてくる、不思議な体験をすることが出来ました。

勿論、細かい部分は異なりますがヘッドホンとスピーカーの構造的な違いや、特性の違いを考慮するとほぼ同一と言えるレベルだと思います。

ヘッドホンをAKG/K240 Studioに変更すると音がはっきりと変わりました。MDR-CD900STと比べるとフォーカスが甘くなり、音が少しぼやけた感じに聴こえます。 また聴きとれる音も減ってしまいましたが長時間リラックスして音楽を楽しむなら、AKG/K240 Studioもアリだと思います。

100時間後、更に表現力の増した音を聴くのが楽しみです。


(神奈川県/I様)


−−−−−−−−−−−−−

ご感想の転載をお願いしたところ、快諾とともに追加レビューがとどきました。嬉しいですね〜。

−−−−−−−−−−−−−

感想の一番大事なことを記載し忘れましたのでここで記載させて頂きます。

改造MDR-CD900STとZ-LNC01W-Pの組み合わせはハイレゾ音源を聴くのに最適だと感じました。

DW-S1 signature からでは減衰してしまい聴き取りづらい音が明瞭に聴こえます。

ハイレゾ音源のもつ空気感(雰囲気)をきちんと再現していると思います。

この点は是非お伝えしたいです。


−−−−−−−−−−−−−

スピーカーと同じ気持ちで音楽を楽しめることを目標に開発したリケーブルですので、そのポイントを感じていただけて感激しました。

また、ハイレゾとのマッチングに高い評価をいただいたのも、今週末6/18イベントへの大きな流れを感じます!

イヤホン/ヘッドホン用リケーブルZ-LNC01W-Pシリーズですが、全在庫の全数をイベント用にe☆イヤホンさん店舗へ発送しました。レクストダイレクトでは品切れ中となりましたので、e☆イヤホンさんでお買い求めいただけると嬉しいです。ご検討よろしくお願いいたします。

イヤホン/ヘッドホン用リケーブルのご感想 その1

先週末にお送りした、イヤホン/ヘッドホン用リケーブル“Z-LNC01W-P”のミニXLR/6.3ミリプラグ(3.0m)のご感想が、早速お客様より届きました!ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

待っていたヘッドフォン用リケーブル。
無事、土曜に受け取りました。
今ちょうどエージング25時間ぐらいです。
早速感想を送ります。

 使用ヘッドフォン: AKG K240
 使用機材: DN-F650R+NS441D、DAC-NS1S

先にAKG K240を手に入れていたので純正ケーブルで聞いていたのですが、やっぱり値段相応の感じで。。。いくら再生側が良くてもこれで本当に大丈夫なのかと少し不安でしたが、Z-LNC01W-Pに換えてそれが杞憂だったのが一瞬でわかりました!!

ヘッドフォンだと、どうしても音が耳に張り付いたままで、今まで嫌で仕方なかったのです。ケーブルを換えた事で、見事にそれが解消しました!

音像が大きく目の前に広がっていくのを感じますね!特にクラシックの大編成ものは、今まで個人的にスピーカーできかないと思ってました。今日でその認識を改めます(笑)

ヘッドフォンでまさかこんなにノリノリに聞けちゃうの(笑)って感じです!エージングの途中なので、表現力にさらに磨きがかかってくると思うので楽しみです。

まさかヘッドフォンでこんなサウンドが聞けるなんて!素晴らしいケーブルの完成に感激です。ありがとうございます!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

AKG K 240 Studioって、実売1万円を切っているヘッドホンですから、そりゃ純正ケーブルで聴いていると不安になったかもしれません。

AKG K 240 Studio 並行輸入品
AKG K 240 Studio 並行輸入品

でも大丈夫!全ての問題を、Z-LNC01W-Pにリケーブルすれば解決しますよ。私の印象では、今までイヤホン/ヘッドホンの音楽再現に不安があったのは、ケーブルに原因がです。その問題点を解決するリケーブルが完成したのですから、もうスピーカーと同じ気持ちでヘッドホンでも音楽が楽しめますよ!

lnc01wp_160613.jpg

Z-LNC01W-PのミニXLR/6.3ミリプラグ(3.0m)ですが、在庫がありますので即納できます。今週末6/18イベントでは、ミニXLR改造MDR-CD900STで試聴可能です。ぜひ!

 ≫Z-LNC01W-P3.0CL ミニXLR/6.3ミリプラグ(3.0m) 販売ページへ

来週6/18(土)は秋葉原イベント!

来週6/18(土)は、e☆イヤホン秋葉原店さんでイベントです!詳細が発表になりました。

≫【イベント】6/18開催 『太鼓判ハイレゾ音源を、イヤホン/ヘッドホンで聴く!』

イヤホン/ヘッドホンの凄いところは、騒がしい店頭で試聴イベントが行えること。しかも、ルームチューニングやスピーカーセッティングを気にすることなく、また良質な電源の確保に左右されることなく、ベストパフォーマンスを聴いていただけます。

私も気軽に、そして少ない手荷物でイベントに臨むことができるので、こうして短いインターバルでイベントが企画できました。

なんといっても、直接皆さんと音楽談義できるのは嬉しいですね!ハイレゾのこと、イヤホン/ヘッドホンのこと、リケーブルのこと、いろいろ意見交換しましょう。私も勉強になることばかりで、本当に楽しみなんです。

そして、レクスト製イヤホン/ヘッドホン専用ケーブル、大いに驚いてください。26万円クラスのヘッドホンが登場しますので、私の改造900STと勝負させてみたいですね〜。そうそう、その高額ヘッドホンもMMCX端子でケーブル交換できますし・・・さて、どんなサウンドが飛び出すでしょうか!

Z-LNC01W-Pの詳細ページ

イヤホン/ヘッドホン用リケーブル“Z-LNC01W-P”の詳細ページが完成しました。ぜひ!

 ≫イヤホン/ヘッドホン用リケーブル“Z-LNC01W-P”

lnc01wp_160609.jpg

MDR-CD900STをミニXLR化

6.3ミリステレオフォンプラグ仕様のイヤホン/ヘッドホン用リケーブル“Z-LNC01W-P”が、いよいよ今週末にも完成します。そこで、合わせてご注文いただいているミニXLR仕様に改造したMDR-CD900STの、最終チェック&梱包を行いました。

今回は全部で10台のMDR-CD900STをミニXLR化。すでに3台は出荷を終えておりますので、残りの7台を記念撮影。純正では直出しのケーブルが撤去され、ミニXLR化されているのが写真でも確認できると思います。

900st_160608_1.jpg

「自分で改造してみようかな〜」と思われている方がおられましたら、絶対にオススメしません。かなり無理矢理な加工を行わないと、MDR-900STの薄いハウジングにはミニXLR端子は収まりませんよ!ハウジングだけでなく、ミニXLR端子自体も金属加工して、なんとか改造しています。写真のように、ハウジング外装にはドリル傷がどうしても入ってしまいます。どうぞお許しください。これで精いっぱいなんです。

900st_160608_2.jpg

それでもMDR-CD900STをミニXLR化するメリットは絶大!Z-LNC01W-Pの極太カバー付ミニXLRをガチンと装着すれば、そこは音楽の別世界です。おもちゃのピアノが、グランドピアノに変貌するくらいグレードアップしますよ!果たして、文章だけで信じてもらえますかね〜。音楽制作はもちろんのこと、あの無機質なサウンドのMDR-900STが、日々の音楽リスニングが楽しくなる極上ヘッドホンへと進化するんです。

900st_160608_3.jpg

6.3ミリステレオフォンプラグ+ミニXLR仕様のZ-LNC01W-P、完成が楽しみですね!

6.3ミリステレオフォンプラグ

お待たせしております6.3ミリステレオフォンプラグ仕様のリケーブルですが、6.3ミリプラグが完成したとの連絡が工場より入りました。これからアッセンブル加工に入りますので、早ければ今週末にお届けできると思います。もう少々お待ちください。

ミニXLR/6.3ミリステレオフォンプラグ(3m)のZ-PRC01W-Pを多めに発注しておきました。多少、即納分の在庫ができる予定です。ぜひご検討ください。

6月18日(土)に秋葉原でイベントを行います。かなり面白くなりそうですし、大盤振る舞いなプレゼントもご用意できそうです。18日のスケジュール、ぜひ空けておいてくださいね!

本日、メルマガ発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

シークレットキャンペーンで開始直後に完売してしまった電源ケーブルですが、同条件で30本ご用意しました。他のケーブルも合わせて、ぜひこの機会に!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

レクスト製リケーブル、シュア掛けのコツ

レクスト製イヤホン/ヘッドホン用リケーブルのZ-LNC01W-Pシリーズ、そろそろ皆さんのレビューが出始めました。私のところにも「驚いた!」とのメールが届いております。好結果が出ていて何よりです!

ちなみにPシリーズの“P”は、イヤホン/ヘッドホンの“phone”の“P”です。ポータブルの“P”とかかっていると言いたいところですが、このゴツさでは、とてもポータビリティーが高いとは言えませんからね〜。

さて、Z-LNC01W-Pにリケーブルした場合のシュア掛け(=いわゆる耳かけイヤホン装着)のコツについてのお問合せがありましたので、解説しておきます。

Z-LNC01W-Pシリーズのケーブルがあまりに重くて太くて扱い辛いので、不安もあることでしょう。でもご安心ください。意外と簡単ですよ。私もSHURE/SE215を愛用していますので、問題なくシュア掛け装着できます。

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215 クリアー SE215-CL-J
【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215 クリアー SE215-CL-J

まず、Z-LNC01W-Pにリケーブルしたら、無理矢理にでもシュア掛けしてみてください。この段階ではプラグを機器に接続せず、ケーブルを耳の後ろを通して胸の前にケーブルを落とすようなイメージです。それから、耳の後ろに沿わせて、軽くケーブルをフォーミングしていきます。純正ケーブルの針金と同じような感じで、ケーブルが太いため耳の形に少し曲がってくれると思います。

lnc01wp_160602.jpg

ケーブルが太いので、写真のように自然なカーブが形成されます。こうなったら、次からは簡単にシュア掛けできますよ。

ケーブルの自重があるので、シュア掛けしていても安定します。それからプラグを機器に接続すると良いでしょう。歩いたりする時にケーブルが動いてしまうようでしたら、ズボンのベルト通しにケーブルをくぐらせておくと、上手くいくと思います。

Z-LNC01W-PのMMCX端子は、かなり耐久性が高い仕様です。写真真ん中あたりの6角形の軸は、ケーブルを圧着して強固に掴んでいます。ですので、MMCX端子のハンダ結合部分には負荷がかからない構造です。ケーブルの芯線が太いこともあり、断線などの危険性は低いと思います。おそらく、MMCX端子が壊れるよりも、耳からイヤホンが抜け落ちるのが先になるのでは?

3.5mmステレオミニプラグ→MMCX(1.6m)仕様、3.5mmステレオミニプラグ→ミニXLR(1.6m)仕様、共に在庫がありますので即納できます!

≫イヤホン/ヘッドホン用リケーブルZ-LNC01W-P 3.5mmステレオミニプラグ→MMCX(1.6m)販売ページへ

≫イヤホン/ヘッドホン用リケーブルZ-LNC01W-P 3.5mmステレオミニプラグ→ミニXLR(1.6m)販売ページへ

次回ロットの特注はこちらからご予約ください。

≫Z-LNC01W-Pシリーズ 第2ロット特注予約ページへ

メルマガ限定のシークレットキャンペーン

メルマガ限定のシークレットキャンペーンですが、電源ケーブルが開始直後に完売してしまいました。ありがとうございます。買えなかった皆様、数量が少なくて申し訳ございません。

RCAラインケーブルと同軸デジタルケーブルは、まだあります!そりゃもう、二度と出ないような価格ですので、ぜひこの機会にアップグレードをご検討ください。

今回のシークレットキャンペーン、やりすぎですかね〜?ちょっと価格設定を間違えてしまったかも(笑)。まあお祭りですので、そのままGOです!

ご希望の方は、昨日のメルマガをお送りしますので、お気軽にinfo@reqst.comまでお問合せください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1679)

Link

Search