オーディオチェックのお薦めCD

本日はメルマガを発行しました。新型ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロットのお客様アンケートの続報です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。


さて、久しぶりの金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介です。オーディオチェック用のお薦めCDなんですが、なんとステレオ誌の付録なんです!

ステレオ2月号
ステレオ2月号

1ヵ月前の1月19日に発売されたステレオ誌2月号の特別付録、『究極のオーディオチェックCD2016 ~心に響く音~』。これがなかなか素晴らしいではありませんか!1曲目と6曲目が私のお気に入り。この2曲のために1,350円出しても惜しくないくらいの秀作です。

実はハイレゾ版が更に強力なのですが、比較試聴用にCD盤も絶対に押さえておきたいところ。ステレオ誌2月号を買い逃した方は、在庫のあるうちにぜひ!

ちなみに、『特別企画:ウィリアムス浩子が見て触って探す「私の音楽」を「私の気持ちで」奏でるオーディオラックは?(ウィリアムス浩子×鈴木 裕)』で、ティグロン&レクストのTRSラックが登場しています。こちらもぜひ!

新ステレオディフューザーのご感想 その2

本日も、メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1初回ロット導入のお客様よりご感想を転載させていただきます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新型ステレオディフューザー、無事に届いています。さっそく楽しんでいます。アンケートにお答えします。


【質問A】 新型ステレオディフューザーRSD-BS1ご購入の決め手は?

 2)旧ステレオディフューザーRSD-HM1ユーザーだから


【質問B】 RSD-BS1の効果は体験できましたでしょうか?

 1)非常に満足


【質問C】 比較試聴した音源のタイトルは?

ストラヴィンスキー 春の祭典 ドラティ指揮デトロイト響 DECCA盤 (録音1981年)
ショスタコーヴィチ 交響曲第7番レニングラード フェドセーエフ指揮モスクワ放送響 Relief盤 (録音2004年)
デュカス 魔法使いの弟子 東京六人組 Cryston盤 (録音2015年)
シベリウス 交響詩集 カラヤン指揮ベルリンフィル DGG盤 (録音1984年)


【質問D】 RSD-BS1の設置で迷った点、分からなかった点は?

場所で悩むことはありませんでしたが、きれいな光沢仕上げなので、指紋などはつけないようにしたほうが良いのでしょうか?


【質問E】 ご感想をお聞かせください。

クラシック音楽ばかり聴いています。

春の祭典はうちのステレオのリファレンス盤ですが、大編成の合奏部分でも、クラリネット、ファゴット、ビオラなど、中央に位置する内声を担当する楽器ががよく聴き取れるようになりました。

印象的なのはティンパニが中央にビシッと定位するようになったことで、シベリウスでも同様の印象です。

ショスタコーヴィチは、ヴァイオリンが両翼配置で、コントラバスが壁一列にならぶため、モワッとした響きになりやすい盤だと感じているのですが、こちらもかなり見通しがよくなったように思います。

旧ステレオディフューザーで満足していたのですが、ビシッと引き締まったティンパニの音を聞いていると、まだ中央の音像のまとまりは改善の余地があったのだなと思いました。

また旧ステレオディフューザーと比べて、スピーカー周りの掃除がやりやすくなったのがよかったです。

(徳島県 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新型ステレオディフューザーの中央にビシッと定位する音、たまりませんよね!ステレオディフューザー最大の魅力だと私も思います。

新型ステレオディフューザー表面の光沢処理は、もちろん音質に関わっています。ときどきホコリを掃うくらいはメンテしたほうが良いかもしれません。指紋ですが、私はできるだけベタベタ付けないようには意識して、新型ステレオディフューザーを設置しています。

新ステレオディフューザーのご感想その1

メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1初回ロット導入のお客様よりご感想を頂戴しました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まず一言で言うと、立体感とエネルギッシュ感がとんでもなく上昇しました!!
これはNS441DのDACを出したとき以上の驚きを感じました!

先日のブログの鈴木裕さんの感想で「音をギューッと凝縮したようですね」といってましたが、まさしくそのとおりで、空気中に飛んでいる音の粒子が結合して立体感がすごく出ます。

ほんとに目の前に人や、楽器が空中に浮かんでいるようです。
また音の粒子が凝縮されているからか、奏者の持つエネルギーや意思を脳にぶち当てられてる感が激しいです!

正直、購入する前は少し疑心暗鬼でした。「まあレクストのことだから何かしらの改善が少しはあるだろう」と思って購入したんですが、想像以上でした。

へたに色んなケーブルや、ルームチューニングのアクセサリーを買うより(失礼ですがレクストのケーブルも含めてですが)絶大な効果がありますね!

オーディオをはじめる時は機器一式とディフューザーを買って、あとは様子を見ながらケーブルを買って細かい調整をすれば良いんじゃないかと思ったぐらいです。

凄いの一言です!!
これからもいい製品待ってます!!


(兵庫県 H様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いやいや、ケーブルもルームチューニングも大切なんですけど(笑)。でも、お気持ちは私も理解できるくらい、新型ステレオディフューザーは絶大な効果ですよね!

楽しみに待っている第2ロットですが、まだ表面光沢加工向上から届いておりません。ご予約いただいている皆様、もう少々お待ちください。

本日、メルマガ発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

新型ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロット×50本のご感想が、早速届きはじめております。RSD-BS1のレビュー速報として、メルマガにまとめてお届けしました。ご感想の数々を収録した長文メルマガですので、この週末にゆっくり読んでみてくださね。驚きの生の声をご参考に、新型ステレオディフューザー第2ロットのメルマガ先行予約をご検討いただければ幸いです。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新ステレオディフューザー初回ロット、本日出荷!

新型ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロット×50本の全数を、本日無事に発送いたしました。到着までもう少々お待ちください。

発送メールにてお願いしましたご感想のアンケートの件、ご返信よろしくお願いいたします。今週末に新ステレオディフューザーを聴いて驚いたなら、その勢いでアンケートもぜひ!楽しみにしております。

さて、製品版の新ステレオディフューザー初回ロットはジャスト50本だったため、レクスト軽井沢は試作品ステレオディフューザーに逆戻り。なんだかな〜(笑)。贅沢な音を知ってしまうと、もう戻れませんね〜。第2ロットは私の分も発注してありますので、楽しみに待つことにします。

試作品と製品版の新ステレオディフューザー、どこが違うかというと、楕円の底板です。写真の左が試作品、右が製品版です。

rsd_160217.jpg

この楕円ベースが音質の鍵を握る秘密のひとつ。真鍮板から削り出しました。試作品は、私の大学時代の友人が経営する工場で、無理を言って手で削り出してもらいました。見事な仕上がりなんですが、そこは手で削っていますから。

製品版は、レーザー加工での削り出し。それはもう、完璧に設計通りです。この精度の違いが、ちゃんとステレオディフューザーの音質改善効果にも影響するのですから、驚きですね!比較試聴しないと分からない微少なレベルのお話しですが、やっぱり製品版ステレオディフューザーは一味違うんです。

では、初回ロットをご予約いただいた皆様、ご期待をはるかに上回る音質向上をお届けしますので、到着までもう少々お待ちください。今週末は、軽井沢の方角に向け一緒に乾杯しまよう!

ステレオディフューザー初回ロット、明日出荷!

メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロットが入荷しました。明日16日より発送を開始しますので、もう少々お待ちください。

rsd_160216.jpg

完成した新型ステレオディフューザーですが、試作品のサウンドを上回っております!より洗礼されたというか、滲みのないセンター音像が中央にドンッ!と存在し、左右のステージがどこまでも広がっていく感じがご機嫌です。

ぜひ大好きな音楽を聴いてみてください。ステレオディフューザー最大の効果は、そのアーティストとの距離を、更に数歩近づけてくれることにあると私は感じています。このグレードアップは、機器やケーブルの買い替えでは得られませんし、ましてや他のオーディオアクセサリーでは到達できない充足感があります。

嬉しいことに、新型ステレオディフューザー第2ロットの真鍮削り出し作業が完了し、表面光沢処理工程の工場へ本日発送しました。予定より1週間以上早いスケジュールで進んでおりますので、早ければ2月末までにお届けできるかもしれません。頑張ります!

ステレオディフューザー、ペットボトル実験のご感想

先週末のブログとメルマガでご紹介しました、新製品ステレオディフューザーRSD-BS1の導入前ペットボトル実験、早速ご感想を頂戴しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新製品導入向けて実験してみました。
ペットボトルじゃなくてエアブローを置いてみました。

いや見事に音が悪くなる(笑)
音が後ろにひっぱられて逆相みたくなるのは、不思議でした。
こんな場所に音に悪影響が及ぼすポイントがあったなんて、またまた世紀の発見ですね!

新ディフューザーで、どれだけすごい音が出てくるのか今から首を長くして待っています!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

音が悪くなるというのが、なんとも残念な実験ですよね〜。でも、とっても面白いので、ぜひ挑戦してみてください。

旧ステレオディフューザーRSD-HM1のときは、マヨネースやシャンプーを置いた人がいましたっけ。今回も、ぜひいろいろと置いてみてください。自信を持って、どんな形状でも失敗すると断言しましょう。それほど、今回の新型ステレオディフューザーRSD-BS1は、とっても微妙な形状と材質なんです。

新型ステレオディフューザーRSD-BS1の比較試聴動画 第3弾!

本日発行のメルマガと連動しまして、メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1の比較試聴動画の第3弾をお届けします。動画の違いはステレオディフューザーの有無のみです。いつもの通り、機材やセッティング、アクセサリー、アンプのボリューム位置など、他の条件は全て共通です。

今日の音源はチェロの独奏。チェロはモノラル的な音像ですので、ステレオディフューザーの効果がネット動画でもわかりやすいのではないかと考えチョイスしてみました。著書『リスニングオーディオ攻略本』付録CDのチェロですので、私のプロデュース音源です。一般的なクラシックのチェロ音像と比べ、より近くに演奏者が出現するのが特徴。目の前で弾いているようなイメージになるよう、録音やマスタリング作業を意識して行った自信作の音源です。

比較試聴動画を夕方に撮影したため、西日で逆光となってしまい、変な画像になってしまいました。申し訳ございません。音声には影響ありませんので、お許しください。

↓ビフォー動画です。ステレオディフューザー無しのパフォーマンス。


↓アフター動画です。新型ステレオディフューザーRSD-BS1を設置したパフォーマンス。


ステレオディフューザー有りだと、見事にチェロが左右スピーカー間に出現しました!朗々と鳴るチェロに、もうメロメロ。バリバリと弓が弦に当るノイズまでが快感です。ステレオディフューザー無しにすると、なんとも薄い音になりガッカリ。ベニヤ板でできたチェロみたいといったら言い過ぎでしょうか?

さて、おまけとして、ステレオディフューザーの変わりにペットボトルを置いてみるというイタズラを考えました。同じくらいの大きさですから、ペットボトルで成功したらステレオディフューザー不要となってしまうかも(笑)。一応、オーディオ的に重くしたほうがウケが良いと考え、空のペットボトルではなく水を入れておきました。

rsd_160210.jpg

↓おまけ動画。ペットボトルを設置してみると?


いや〜、なんとも気持ち悪い音・・・。まるで逆相になったみたいに、センター音像が歪んでしまっています。とはいえ、オーディオマニアの中には、音が良くならなくても、音が変わるのが好きな方が居るのも事実。ペットボトルのセンター音像でも良ければ、それはそれでどうぞ採用してみてください。

逆に言えば、ご自身のシステムでペットボトル実験を行い、歪んだ音像を実感できれば、間違いなくステレオディフューザー導入で音質向上が得られるということ。ステレオディフューザー購入前の事前実験として、一度お試しください。ペットボトルを置く位置は、左右スピーカーの中央で、背面の壁際の床です。位置はシビアではありませんので、適当に置いてペットボトルのセンター音像を聴いてみてください。でも、気持ち悪い音ですよ〜。

本日はTL5+NS441Dのチューニング

本日は、NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のチューニングでした。ご注文いただいたのはシルバー。イイ感じに仕上がっております。明日もう一度最終の完成試聴を行ってから出荷となる予定です!

tl5+ns441d_160209.jpg

「ハイレゾは今のところ興味なし。手持ちのCDコレクションを最高の音で!」という方には、超オススメのトランスポートです。レクストDAコンバーターをお持ちならば、最強コンビネーションが実現します。市販のDACをお使いの場合でも、トランスポート側にNS441Dチューニングを施した凄みを実感していただけます。これ以上のCDトランスポートは、この先出てこないかもしれませんね〜。少なくとも、10年くらいはTL5+NS441Dで戦えそうです。

比較試聴動画もありますので、ぜひチェックしてみてください。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫TL5+NS441D比較試聴動画

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

ステレオディフューザー真鍮削り出し完成!

本日、新型ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロット×50本の、真鍮削り出し完成品が工場より届きました。全数を私が検品し、素晴らしい仕上がりであることを確認しております。これから表面光沢処理の別工場に転送します。

rsd_160208.jpg

試作品ステレオディフューザーRSD-BS1は、台座の楕円部分がハンドメイドでした。手で削ってもらったので、ちょっぴりガタがあるのはご愛嬌。製品版は、もちろんレーザー加工で製作しましたので、ビシッとした仕上がりです。今までの経験から、こういった加工精度は必ず音質向上に寄与するものなので、製品版の表面処理完成を私も心待ちにしています。

第2ロットの完成を少し早めることができるかもしれません。ご予約お待ちしております!

新型ステレオディフューザーRSD-BS1の比較試聴動画 第2弾!

本日発行のメルマガと連動しまして、メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1の比較試聴動画の第2弾をお届けします。いつもの通り、機材やセッティング、アクセサリー、アンプのボリューム位置など全て共通です。

新型ステレオディフューザーRSD-BS1は、センター音像改善器です。ボーカル音源などはそのグレードアップ度は想像しやすいでしょう。比較試聴動画第1弾のような編成も、ベースやドラムなどの迫力が増し、センター音像が濃くなる恩恵が動画でもチェックできます。

そこで疑問が。左右チャンネルの音像を割り振った音源だと、ステレオディフューザーの効果やいかに?

そこで比較試聴動画第2弾は、私の著書『リスニングオーディオ攻略本』付録CDの1曲目「Flow」をチェック音源としました。バイオリンが左チャンネルに、チェロが右チャンネルに定位し、ピアノが全体を包むような音場です。ぜひ聴いてみてください。

↓ビフォー動画です。ステレオディフューザー無しのパフォーマンス。



↓アフター動画です。新型ステレオディフューザーRSD-BS1をセットしたパフォーマンス。


録画時に横から聴いていましたが、ステレオディフューザー有のパフォーマンスは圧巻!こんなに音が洪水のように濃くなるんだ〜と、惚れ惚れしてしまいました。果たしてネット動画で伝わりましたでしょうか?

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトの新譜『SPARK』!

発売になりました、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトの新譜『SPARK』!

届いたCDをチェックすると、今回もありました“Anthony Jackson plays Cables by Reqst”のクレジットが!写真の赤丸のところです。

aj_160203.jpg

SPARK/上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
SPARK/上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト

『SPARK』をイイ音で聴くなら、RCAケーブルはアンソニー・ジャクソン氏と同じZ-LNC01Wがお薦め!このRCAケーブルにグレードアップしたら、電線病は完治すること間違いなし。RCAケーブル悩みが解消し、オーディオ人生のゴールと思えるケーブルに出会えますよ。

 ≫新RCAケーブル Z-LNC01Wの販売ページへ

新型ステレオディフューザーの生産進捗状況

新型ステレオディフューザーRSD-BS1の生産進捗状況です。ただいま真鍮削り出し作業中で、来週早々には軽井沢に届く予定。その後、光沢表面処理加工へと進みます。予約完売しました初回ロットは、2月中旬の出荷を目指しておりますので、完成までもう少々お待ちください。

ステレオディフューザー本体の完成を待ちながら、レクスト軽井沢では説明書や梱包、発送の準備を進めております。

rsd_160122.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1705)

Link

Search