バイオリンののお薦めCD

久しぶりとなりました、金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介連載です。本日は、ご紹介するのが恥ずかしくなるくらいのド定番、『アンコール! ヴァイオリン愛奏曲集/五嶋みどり』。ミュージックバードの番組『いい音って何だろう?』でも、何回も鳴らしました1枚です。

アンコール! ヴァイオリン愛奏曲集/五嶋みどり
アンコール! ヴァイオリン愛奏曲集/五嶋みどり

私の所有しているのは2000年版(SRCR2628)ですが、写真のリンクは最新2012年版。Blu-spec CD2になっているみたいです。

イベントで使うのは、言わずと知れた6曲目「エルガー:愛の挨拶」。もうですね〜、立体音像再生の登竜門と言いましょうか、みどりさんがグルングルン動きながら弾くんですよ。酔いそうなくらい、バイオリンの立ち位置が動きます。

そしてシステムの小音量再生能力が問われるエンディング。3:05あたりで、バイオリンが1回かすれるように鳴ります。聴こえますでしょうか?最難関課題ですので、腕自慢の方はぜひ挑戦を!

CDトランスポートの決定版!

こんなのやってますよ。CEC/TL5のNS441Dチューニング!

tl5_151029.jpg

レクストDAコンバーターのユーザー様で、「CD盤しか聴かない」、「ハイレゾはPC経由だから、CDトランスポートの決定版が欲しいな〜」という方に最適!

ベースモデルの音質を確認しましたところ、「やっぱりCD規格の音だなぁ」という感じです。しかし、非常に高い潜在能力を秘めているトランスポートだと確信しました。

それにしても、久しぶりにCD盤を聴いた・・・というより、トップローディングの作法を行ったのですが、レコード盤ほどではないにせよ、やっぱり良いものがありますね!ディスクを丁寧に置き、重たいスタビライザーを乗せる。プレイボタンを押すと、CD盤が回転しはじめる。もしかすると音楽を聴く儀式って、とっても大切なのかもしれません。

これはシルバーの機ですが、ブラック・フェイスも良さそうですね〜。

CD規格オンリーのトランスポートなんて、この先は出てくる可能性すら低いですから、NS441Dチューニングのベースモデルとして、真摯に挑戦したいと思います。

もしかすると、時代的に考えて人生最後のCDトランスポートになるのかもしれない一台。ぜひ、レクストにお任せください!

なぜケーブル・ブレスレットはレクスト製ケーブル専用なのか?

ケーブル・ブレスレット2015再生産の件、頑張っておりますのでもう少々お待ちください。

さて、ケーブル・ブレスレット2015で多くいただくご質問は、「なぜ、レクスト製ケーブル専用なのか?」、「実際に他社ケーブルに試したら音質向上しましたけど?」というもの。これには明確な2つの理由があります。

ひとつは、レクスト製ケーブルが別格に優れているということ。まぁこれは手前味噌かもしれませんし、もしかすると真実かもしれませんよ。とにかくレクスト製ケーブルが現存するオーディオケーブルで最高音質である・・・そう考えているからこそ、小さい会社ながらも自社でケーブルを開発しています。他社で良いものは、他社にお任せしたほうが楽ですからね〜。そういった意味で、まず“性能的にレクスト製ケーブルでなければならない”という大前提があるわけです。

もうひとつは、ケーブル・ブレスレットを汎用品にすると、最高到達点が下がってしまうということ。仮にレクストケーブルにケーブル・ブレスレット2015を使用した効果を100とします。他社ケーブルに、ケーブル・ブレスレット2015をそのまま適応した場合、効果は20〜30というところになるでしょうか。もちろん音質は悪くはならないでしょうが、そのレベルではレクストの基準で言うと“音質向上”に達していません。

ケーブル・ブレスレット自体を、他社ケーブルを含めた汎用品として開発すると、レクスト製ケーブルに使用した場合の最高到達点100のものが、汎用を意識したがために70くらいに下がってしまいます。それは大問題です。

ケーブル・ブレスレット2015は、レクストケーブルのユーザー様のためだけに開発しました。現実問題、他社ケーブル用にケーブル・ブレスレット2015をご購入いただくほどの数量が、現在のところ確保できていません。品切れ状態でご迷惑をおかけしていますもの。

「他社ケーブルにも使えますよ〜」と誤魔化したら、ケーブル・ブレスレット2015がもっとたくさん売れるのかも?それはそれで商売的には嬉しいのですが、レクストが1998年より守り通してきた心意気といものがあります。音に対する真摯な姿勢は、絶対に曲げたくありません。

というわけで、レクストユーザー様限定でお届けしたい奇跡のアイテムが、ケーブル・ブレスレット2015なのです!再生産確定まで、もう少々お待ちください。

cb2015_151028.jpg

ケーブル・ブレスレット2015のご感想その2

ケーブル・ブレスレット2015の件、挑戦中である再生産に関する最新情報です。

なんとかコアプレートは再生産できそうという嬉しいニュースが!あとは革ベルトの材料が入手可能かどうか確認中です。早ければ、12月くらいに完成というウワサも・・・。引き続き再生産に向け頑張っておりますので、もう少々お待ちください。

本日もお客様よりケーブル・ブレスレット2015のご感想メールが届きました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。

ケーブルブレスレットのインプレッション

・DAC-NS1Sファイナルバージョンのラインケーブル、PCからのデジタルケーブルに装着

なんだろうこの濃い密度感、凄いです。
レクストUSBケーブルは事情があってまだ未使用です。と言うか、MacOSのバージョンアップを実施したところ、KORG DAC-10のドライバーが対応しておらず、ドライバーのアップデート待ち状態なのです。仕方なしに、Win XP のPCをトランスポートとしてRMEボード出力でハイレゾを楽しんでいます。

・電源ケーブルへケーブルブレスレットを追加装着

ケーブルタップ、DAC、プリアンプの電源ケーブルに追加装着。
深町純の黎明ピアノソロは元々録音が良いなと思っていましたが、眼前に広がるピアノが見えるようです。密度感はより一層増加。

ハイレゾの「初めての矢野顕子」の2曲目、「中央線」での小田和正とのデュオ、そこに居るようです。

今井美樹のライブアルバム「Moment」これはCDからのリッピングWAVデータでの再生ですが、音像が締まってセンターに集まった感があります。違うな、バスドラのフォーカスが合って来たんのかな、バスドラが締まって凄いです。

残念なのは、追加購入スピーカーケーブル分のケーブルブレスレットが足らない事です。

再生産の件、お待ちしています。実は、6セット追加を希望しています。

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

ご期待に添えるよう、ケーブル・ブレスレット2015の再生産は必ず実現しますね!

ケーブル・ブレスレット2015のご感想

新製品ケーブル・ブレスレット2015の最終ロット×110個ですが、約半日で予約完売しました。本当にありがとうございます!

ケーブル・ブレスレット2015は合計310個と、たくさん準備したつもりだったのですが、どうも全く足らなかったようで・・・。

追加生産に関しましては、可能かどうかを含め今日からいろいろと動いております。また改めてご報告させてください。

取り急ぎ、初回ロットが届いたお客様のご感想を、2つ掲載させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−

無事、商品受け取りました ありがとうございます!

音展イベントでもビビりましたが、自宅に導入したらどうなるか楽しみでした。

ケーブルブレスレット2015を全部装着したら…もう絶句するぐらいのすさまじさにびっくりしました!

音楽が3倍以上の太さで、たたきつけてくるような感じです!!
それでいて濃厚にして爽快。
自宅ではそこまでボリュームあげることはできない環境ですが、こんなエネルギッシュな音楽聴くことができるようになるなんて!という感じです。

あらためてケーブルブレスレット2015。
すさまじいです!!!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−

金曜夜に受領し、夕食も摂らず、すぐに12個を取り付けた。

直後の音は、何も変わらない。3時間ほど経っても、少しは良くなった気がする程度の変化。

土曜昼、おお、この音だ。と思うが、こんな程度か?と疑問が生じる。

日曜昼、驚きと感動がやってきました。これこそ求めていた音!!
出汁が濃くなったようという説明がまさにぴったり。ボリュームは2クリック下げて、これまでどおりの音量。でも音は決して薄くなったりしない。

これまでステージ最前列で聴いていたが、今日からプレーヤーの真横で聴いているかのよう。バックグラウンドの気づかなかった音が明瞭に聞こえてくるし、生々しさがさらに増した。

和食に例えると、これ以上ない上等の出汁。でも決して食材の邪魔をしない。CD規格がハイレゾで鳴っているかのよう。

これ以上ないでしょう。と思うレクストの新製品であるが、いつもそれ以上の物を出してくれる。

出会ってよかった、信じてよかった、ありがとう。

(東京都 E様)


−−−−−−−−−−−−−

この2つのご感想を読んだら、そりゃ皆さん欲しくなりますよね〜。いや、本当にこんな音が出ちゃうんです、ケーブル・ブレスレット2015!

私の頑張ることは、ひとつでしょう。各方面に連絡中ですので、もう少々お待ちください。

ケーブル・ブレスレット2015、出荷開始!

新製品ケーブル・ブレスレット2015の出荷を開始しました。初回ロットのお客様より順番に、第2ロットまでを発送開始しております。いよいよあの音が自宅に!どうぞご期待ください。

さて、本日はメルマガを発行しました。

テーマは『音展イベントで、イイ音への最短コース見つけた!』です。新製品ケーブル・ブレスレット2015も、いよいよ最終ロットをメルマガ先行販売を開始しました。ぜひご一読ください。

cb2015_151022.jpg

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

音展イベント2015のレポート

先週末に行った、音展イベント2015のレポートです。

私が会場に到着したのは、イベント開始の1時間半前。ちょうどTEACさんがイベントを行っていたので、当日システムの音を予習しておきました。

ototen2015_1.jpg

スピーカーはTEAC/S-300NEOという13p同軸2ウェイユニットの小型タイプ。価格はペアで4万円強と、かなりお手頃なスピーカーです。それにサブウーファー×2発をプラスして鳴らしていました。サウンドとしては、ちょっぴり薄味という印象。サブウーファーがボンボン鳴っているのかと予想していたのですが、「鳴っていないのでは?」と思えるほど控えめな低音。サブウーファーの音量に好感はもてるものの、逆に小型スピーカーの弱点が目立ち迫力が感じられません。これからイベントを行う私としては、ちょっぴり心配になる音でした。

今回の音展イベントは、嬉しいことの私のセッティング時間として1時間枠を用意してくれています。ここは腕の見せどころ。お客様宅にクリニックへ伺ったつもりで、このイベント会場の音もなんとかしてみせましょう!

ということで完成したのが、このセッティング。

ototen2015_2.jpg

見た目は変わらないでしょ?ポイントはサブウーファーがオフなところ。上の写真では光っていたサブウーファーのブルーLEDが、私のセッティングでは消灯しているのが確認できます。

というのも、小型スピーカーだけで出ちゃったんですよ、ズドーン!というサウンドが。イベント中に「サブウーファーはオフです」と解説したら、来たお客さん全員が驚いていましたよ。

魔法のようなセッティングでしたが、実は下記しか行っていません。

 1. レーザー墨出し器による精度の高いスピーカー設置
 2. PC〜USB-DAC間は、レクスト特製USBケーブルを使用
 3. ラインケーブルをレクスト/Z-LNC01Wに交換
 4. スピーカーケーブルをレクスト/Z-SPC01Y(制振Yラグ“RY-318”付)に交換
 5. USB-DACとアンプにレゾナンス・ピット

なんと、イベント前は、まだ電源ケーブルZ-PRC01Wは未投入。それだけでズドーン!が出っちゃったという感じでした。

そう、魔法の正体は新製品ケーブル・ブレスレット2015だったのです。

下の写真で、パソコンから出るSBケーブルに、ケーブル・ブレスレット2015が巻いてあるのが確認できます。

ototen2015_3.jpg

レーザー墨出し器で、内振り角度を1ミリの誤差もなく設置しました。

ototen2015_4.jpg

イベント成功の鍵は、やはり良い音でパフォーマンスすること。写真は1曲目を鳴らしているときのものですが、このときで既に満席。このあと、立ち見まで出て大盛況でした。

ototen2015_5.jpg

イベント後、私がヒーローインタビューを待ち構えていると、お客さんは私を通り過ぎ、皆がスピーカーを取り囲んでいます。「このスピーカー、おいくら?」、「サブウーファー無しで、こんな音が出るなんてスゲー!」と、TEAC担当者さんを質問攻めにしていました。

(いやいや、そっちじゃなくて、イイ音の立役者は、こっちのケーブル・ブレスレット2015なんですけど・・・)と心でつぶやきながら、セッティングを元に戻す後片付けをしていましたよ(笑)。

TEACさんからも「感動しました!」と喜んでいただけたようですし、e-onkyoさんからも「11月イベントもぜひ!」とオファーがありました。イベント中は、もれ聴こえる豪快なサウンドに、高級オーディオメーカーの担当者が偵察に来たという噂です。

それにしても凄かった!たった13pユニットから、あんな濃厚で迫力あるサウンドが出るなんて!ちなみに、スピーカーに関しては一切手を加えていません。いつもならユニット取り付けネジのトルクを調整して、鳴りっぷりが良くなるよう簡易チューンするのですが・・・それすら面倒で不要と思えるズドーン!が出ちゃってましたからね〜。

ケーブル・ブレスレット2015は、追加した第3ロット×50個が、またあっという間に無くなり、現在までで200個が予約完売してしまいました。ありがとうございます。もう残り少なくなっており、近日中に最終ロットを投入してケーブル・ブレスレット2015は限定数が終了です。メルマガで発表しますので、もう少々お待ちください。

音展イベントの公開実験

音展イベント、立ち見まで出る大盛況でした。ご参加くださった皆様、本当にありがとうございます。

いや〜、凄かったですね!まさか、あんな小型システムから、あそこまで豪快なサウンドが飛び出すとは!今日もイベントに参加されたお客様からお電話があり、「自分のオーディオ人生を考えさせられた。自分はいったい何をやってきたのだろう・・・」とショックを受けられていた様子。私だって驚きましたよ、実際。

音展イベントの魔法の正体は、もちろん新製品“ケーブル・ブレスレット2015”。詳細は近日ご報告しますので、もう少々お待ちください。明日がラジオ収録で、今日はその準備がありまして・・・。

そのケーブル・ブレスレット2015ですが、初回ロット×50個は約3時間で完売、続く第2ロット×100個も約半日で完売しました!ありがとうございます。

本日より第3ロット×50個のメルマガ先行予約受付を開始いたしております。同じURLですので、メルマガのリンクよりご予約ください。ご検討よろしくお願いいたします。

ケーブル・ブレスレット2015、メルマガ先行販売開始!

本日はメルマガを発行しました。

新製品の正体は、“ケーブル・ブレスレット2015”!
メルマガ先行販売を開始しました。ぜひご一読ください。

ケーブル・ブレスレット2015ですが、すぐに売切れっちゃったらゴメンナサイ。でも、絶対に手に入れていただきたい極旨サウンドのアイテムです。ぜひ!

明日17日(土)の音展イベントには、ケーブル・ブレスレット2015装備のケーブルを持参する予定です。ぜひ遊びにきてくださいね!

cb_2015_151016.jpg

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新製品、最高です!

新製品、完成しました!明日のメルマガで先行発表しますので、どうぞお楽しみに。

もちろん、土曜日の音展イベントに新製品を持参します。初披露にこうご期待!

音はもう!!!!!最高ですよ。今夜は、この音を聴けるのは世界で一人だけ。独り占めサウンドを楽しみながら、USBケーブルを作成中なんです。

17日(土)の音展のイベント出演決定!

先週末にご紹介した新製品ですが、無事に産声を上げております。現在、使いこなしをチェック中。もうですね〜、音質向上は凄まじいものがあり、細かいことは抜きにして早く楽しみたい一心なのですが・・・説明書を書かないといけませんものね。明日、いろいろと決めたいと思っていますので、発表までもう少々お待ちください。

さて、今週末の17日(土)は、音展のイベントに出演します。

 ●日時:2015年10月17日(土)14時〜15時
 ●テーマ:“厳選 太鼓判ハイレゾ音源”を聴く! in 音展 2015
 ●会場:「TIME(タイム)24」TOKYO INFORMART EXPRESS 24
     〒135-8073 東京都江東区青海2-4-32  ≫会場アクセス
     3F 西6 TEACブース ≫出展場所マップ

先月開催したハイレゾイベント(≫オーディオ評論家 村井裕弥さんのイベントレポートはこちら)の音展バージョンです。TEACさんブースでの開催ですので、システムは少し小型タイプになる予定。とはいえ、ブイブイ鳴らせるようセッティングしてみようと思います。

イベントは14時スタートですが、嬉しいことに13時過ぎくらいからセッティングをスタートできるとのこと。13時30分くらいからなら、私がセッティングしている様子が見学できるかもしれませんよ〜?レーザー墨出し器などを使う予定ですので、セッティングのビフォーアフターを一緒に聴けると面白そうです!

先月のイベントとは違う新ネタで挑もうかと企画中。ぜひ遊びにきてください!

新製品(?)、完成か!

完売してしばらく経つ旧製品の最新版を作ろうと、レクスト開発チームが頑張っております。ちょっとしたアップグレード版という雰囲気で、まぁマイナーチェンジくらいのイメージで取り組んでいたのですが・・・。

出来上がってみると・・・またもや!やりすぎてしまったのかも(笑)。先ほど試聴したのですが、とんでもない音が飛び出してきました。

とはいえ、昨日のブログでお話しした通り、今日は電源タップがレクスト軽井沢には無いのです。ベルデン/PS1850が来週の入荷ですので、とりあえず2口の壁コンセントにDAC-NS1Sとアンプを直結し、トランスポートはパソコンオーディオにするという、かなりの仮設状態のシステム。本調子のリファレンス・サウンドでは無いのですが、この音の凄さはビシビシと伝わってきます。

詳細な完成試聴は、機材の揃う来週とさせてください。いや〜、こりゃ凄いぞ!なんだと思いますか?どうぞお楽しみに!

この音って・・・ドキドキして、今夜眠れるかな〜(笑)。

JBL/エベレストのクリニック

本日はクリニックへ行ってきました。

お客様のスピーカーはJBL/エベレスト。38p×4発の大型スピーカーなので苦戦するかと思いきや、今日もバッチリと短時間で鳴らしきることができました。良い音というのはレクストSH-EP7のような小型スピーカーでも、エベレストのような大型&高額スピーカーでも、最終的には同じサウンドで鳴るものです。違う音で鳴っているのは、ある意味異質な音が出ているということで、頂点に近づくにつれ到達点のブレが無くなるという感じでしょうか。もちろん、広い部屋で聴く大口径ウーファーは、なかなかの快感ですよ!

クリニック後の製品お試しということで、新電源ケーブルZ-PRC01Wと電源タップセット、新RCAケーブルZ-LNC01Wを聴きました。

「全部、置いていってください。」

なんとも嬉しいご要望。しかし、持参したケーブル類は、全てがエージング済みのレクスト軽井沢リファレンス・ケーブルなんですけど・・・。

ええい!また最初からエージングをやり直せば良いだけのことです。何より、私だって目の前で鳴っている、この濃厚な音楽を元に戻すなんてことはできません。エベレストが本領発揮というか、別スピーカーのような鳴りっぷりで咆哮しているのですから。というわけで、全部そのままお買い上げとなりました。

新電源ケーブルZ-PRC01Wと新RCAケーブルZ-LNC01Wは、やはり音楽の別世界へと連れて行ってくれます。未導入の方が羨ましいくらい。このグレードアップの快感を、これから初体験できるのですからね!

レクスト軽井沢の電源タップが無くなってしまったので、ベルデン/PS1850を問屋さんに追加発注しました。ですので、電源タップ&ケーブル・セット(Z-PRC01W仕様)の追加販売を行います。来週10/13以降の出荷対応となりますので、連休に間に合わず申し訳ございません。ベルデン/PS1850の問屋さん在庫が品切れになるらしいので、確保できたこの機会にぜひ!

 ≫電源タップ&ケーブル・セット Z-PRC01W仕様 販売ページへ

tap_150722.jpg

制振ノブ“R-VM33”が大人気!

このところ制振ノブ“R-VM33”が大人気!ミュージックバードの私の番組『いい音って何だろう?』でノブの比較試聴をやったところ、聞いていたリスナーさんがご購入。結果に驚き、行きつけのお店などで、制振ノブ“R-VM33”を披露してくださったとのこと。そこから驚きの輪が広がっていったようです。こんな楽しくて嬉しいエピソード、長く音楽の仕事をやっておりますが、なかなかありませんよ〜。

まだ純正ノブのままの方、ぜひ制振ノブ“R-VM33”へグレードアップしてみてください。ラジオ放送でも軽〜くわかるくらい音が良くなり、しかもリスナーさんが買っちゃうくらいの音質向上です。アンプのノブを交換したなら、間違いなく買い換えたくらい・・・いや、こんなノブを装備したアンプは売っていませんから、買い換えでも得られないくらいのグレードアップが可能です。

そして、音量ノブとセレクターノブの2個を交換すると、その音質向上は足し算ではなく、なんと掛け算で!

制振ノブ“R-VM33”、即納できますので、ぜひ!

 ≫制振ノブ“R-VM33” 販売ページへ

rvm33_140620.jpg

新電源ケーブルZ-PRC01Wのご感想 その7

お客様よりいただいた新電源ケーブルZ-PRC01Wのアンケートハガキより、ご感想を転載します。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

★★★★★

(PRO CABLE/WATTGATEプラグからの交換)

アンプの電源ケーブルのみの交換ですが、これだけで景色が一変しました。音の広がり、奥行きを以前より自然に感じます。

特に低音域は、力みもゆるみもなく、心地よい音になったと思います。

電源タップセットに期待がふくらみます。

(東京都 T様)


−−−−−−−−−−−−−

T様には電源タップセットもご購入いただきました。ありがとうございます!

オーディオ用電源ケーブルというよりも、レクストの新電源ケーブルZ-PRC01Wは、ある意味突然変異の“音楽用電源ケーブル”。音楽好きの人には、手放しで喜んでいただけること間違いなし。「この音で聴きたかった!」と、末永く愛用していただけるのがZ-PRC01Wの魅力です。オーディオで自分の好みに音質を変化させたい人にも、理解を超えた驚きとして聴いていただけることでしょう。

新電源ケーブルZ-PRC01W、即納できますので、ぜひ!

 ≫新電源ケーブル Z-PRC01W 販売ページへ


電源タップ&ケーブル・セットは、この週末で入荷した5セットが完売しました。ありがとうございます。ご要望が多ければ、追加仕入れを行いたいのですが、問屋にベルデン/PS1850の在庫を確認しますと、あと10個前後の残数らしいです。お一人でもリクエストがあるようなら、すぐに5セット分を確保します。ご検討よろしくお願いいたします。

本日、メルマガ発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

次回イベントの速報と、レクスト特製USBケーブルの追加生産×もう1本の話題です。ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1705)

Link

Search