完成!制振ノブ“R-VM18”

新製品の制振ノブ“R-VM18”が本日完成しました!既に初回ロット×100個は完売しておりまして、ご予約いただいている皆様への発送を本日完了しております。到着までもう少々お待ちください。

完成した製品版R-VM18ですが、試作よりも少々濃いシルバーに仕上がっております。向かって右側が製品版です。

rvm18_150428_1.jpg

気になる製品版R-VM18の音質向上っぷりですが、もう最高!試聴後、速攻2秒でOKを出しました。あとはただ、音楽に酔うばかりの楽しい時間です。

「音が濃厚すぎてゴメンナサイ」と言いたくなるほど、低音の土台がガッチリとして音楽の安定度が増し、センター音像は濃く描かれ、そして生々しい音楽が心を鷲掴みにします。そう、新型ケーブル“Wシリーズ”と同じく、レクストが新しくご提案している個性的な魅力そのもののサウンドです。ブレのない、レクスト開発チームの底力を、どうぞご確認ください。

ケーブルと違い、R-VM18は交換直後からアクセル全開。エージングを待たずとも、ぶっといサウンドが飛び出します。もちろん、R-VM18導入によって、接続されるシステムとしての機器やケーブルがビックリして目を覚ますでしょうし、聴いている私達の心のアンテナも受信しやすくなることから、そういった意味でのエージングは発生します。楽しんで聴いてみてください。

写真は、特殊アンティークシルバーのメッキ加工を行う前の真鍮ボディー。脱いだら凄いのが、R-VM18サウンドの秘密のひとつでもあります。

rvm18_150428_2.jpg

ちなみに、R-VM33との大きさ比較です。1年で制振ノブがこれだけ小型化に成功できたのは、まさに制振技術の発展。アンプなどのメインボリュームには、大型のR-VM33がベストマッチングですが、小型機器や小さなノブまで制振できるようになったのが、R-VM18の画期的なところでしょう。

rvm18_150428_3.jpg

さて、R-VM18に取り換える作業を始めるにあたり、機器に元々装着してある小さな純正ノブを撤去するにはコツが必要です。トランスポートDN-700C+NS441Dを例に解説します。

まず純正ノブの外周をぐるりと見まわします。横からノブを固定しているネジがあるならば、それを緩めれば簡単に純正ノブは外れます。問題は、固定ネジの無いタイプの純正ノブ。これは実は差し込んであるだけの場合がほとんどです。接着していることは少ないので、引っ張れば外れます。

とはいえ、純正ノブを指でつまんで引っ張っても、おそらく外れないと思います。なぜなら、指でつまむ圧力が、ノブを通じて軸に加わり、より強固になるためです。ペンチやプライヤーなどの工具などで掴んでしまっては、より力が加わり状況は悪化します。コツは、内側から引っ張り上げることです。

写真のように、ナイロン紐を純正ノブの隙間から差し込みます。コピー用紙などを使って、根気よく差し込めば、必ず上手くいきますので、頑張ってみてください。もちろん、機器の電源は落としておくこと。

rvm18_150428_4.jpg

ナイロン紐が内側に滑り込めば、もう純正ノブは外れたも同然。そのまま引っ張れば、純正ノブは簡単に外れます。外すと写真のような感じで、Dの字にカットされた軸に、プラスチックモールドのノブが刺さっているだけ。音が良くないのは当然です。

rvm18_150428_8.jpg

Dカット軸にR-VM18を固定するには、写真の×印で示したように、平らなところでは固定ネジが空振りしてしまいます。必ず○印のR部に固定ネジがくるようにR-VM18の向きを決めて差し込んで固定してください。

もうひとつのポイントは、この純正ノブの場合、プッシュスイッチ機構があるということ。つまり、押すための空間がR-VM18とボディーの間に必要です。数ミリの空間をあらかじめ設けておいて、R-VM18を固定します。ここが少し難しいかもしれません。R-VM18の取り付けが完了したら、プッシュスイッチが動作するかの確認をお忘れなく。

rvm18_150428_6.jpg

もうひとつ、DAC-NS1Sの取り付ける際のポイントです。ヘッドホンボリュームは、Dカット軸ですので、軸の平らなところでは固定ネジが空振りしてしまいます。ボリュームを絞り切ったところで、R-VM18のREQSTロゴが真上にくるよう設定すると上手くいきます。ヘッドホンを使わないときはボリュームを絞り切ったほうが音が良いので、REQSTロゴが真上かどうかでそのチェックにもなり、一石二鳥です。

rvm18_150428_7.jpg

この制振ノブ“R-VM18”、レクスト会心の作となりました。コスト重視でボリュームノブを軽視してきたオーディオ界に、R-VM18に交換することで「これが機器本来が持っていた本来のサウンドだ!」と高らかに宣言したいです。まずはレクストファンの皆様にお届けする100個ですが、これからポータブルアンプなどの音質向上や、ギターやベースといった楽器本体のグレードアップパーツにと、大いにR-VM18の存在を知ってもらえたらと願っています。

本日より、R-VM18の第2ロット×100個の、レクストダイレクト先行予約を開始します。完成は6月上旬とかなり先になりますが、ぜひご検討のほど、よろしくお願いいたします。

 ≫制振ノブ“R-VM18”第2ロット×100個の予約ページへ

新型制振ノブ“R-VM18”、明日より出荷開始

新型制振ノブ“R-VM18”、予約で初回ロット×100個が完売しました。ありがとうございます。

明日4/28より出荷開始予定です。もう少々お待ちください。

特殊アンティークシルバーのメッキが、試作品よりもイイ感じで濃いシルバーに仕上がってきています。素晴らしい!音質向上だけでなく、こちらもお楽しみに!

ミュージックバード特番『低音自慢』収録

昨日は、ミュージックバードの新チャンネル“ジ・オーディオ”の開局記念特番の収録でした。『低音自慢』というテーマで、JAZZオーディオの寺島靖国さん、サンバレーの大橋慎さん、そして私の3人で、2時間ガッツリとオーディオ談義してきました。かなり刺激的な内容になったのではないでしょうか。5月の放送とのことですので、どうぞお楽しみに!

mb150424_1.jpg

集まった低音自慢音源の数々。でも、おしゃべりが多すぎて、ほとんど鳴らせなかったんです。やっぱり寺島さん持参の音源は「流石!」という感じで、ゴキゲンな低音に酔うことができました。私の音源の回数を減らして、寺島さんのCD盤を多めに収録したくらい。本日、早速CDの注文を入れておいたので、自分のシステムで早く聴いてみたいところです。

mb_150424_2.jpg


さて、本日より新製品の制振ノブ“R-VM18”の、レクストダイレクト先行予約を開始いたします。R-VM18の初回ロットは100個なのですが、既にメルマガ先行予約でたくさんのご予約を頂戴しており、あと4個しか残っておりません(4/24 16時現在)。R-VM18の第2ロットは6月生産予定なので、長くお待たせすることになりそうです。申し訳ございません。

 ≫制振ノブ“R-VM18”先行予約ページへ


本日、メッキ工場より「特殊アンティークシルバーのメッキが完成した」との連絡が入りましたので、予定通り初回ロットはGW前にお届けできそうです。製品版R-VM18は、写真よりも黒っぽくなるようメッキ工場にリクエストしておきました。楽しみです。完成までもう少々お待ちください。

rvm18_150424.jpg

新デジタルケーブルZ-DTC01Wのご感想 その1

新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W初回ロットのファーストインプレッションが、早くも届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−

Z-DTC01W届きました!
今日も足早に家に帰ってきました。

まさか、ひと月でまたあらたな扉を開くことになるとは!そんな期待を胸に、Z-DTC01Wを接続して聞いてみました。

素晴らしい、すごいそんな言葉しか出てきませんよ
こんなにも音が躍動している感じを聞いた事がありません!音の芯が太くて、活き活きしている感じです。
Z-LNC01Wの時の衝撃以上のインパクトかも(汗)
これは、今夜は夜更かししてしまいそうです。
うぉ〜って今も再生しながら、感嘆の言葉がつい漏れてしまっています(汗)

素晴らしいケーブルの完成。ありがとうございます!
乾杯!

これからのエージングが非常に楽しみです。

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−

もちろん100%の自信を持って製品をお届けしているのですが、「お客様のシステムでも、完璧に鳴ってくれているのかな?」と、こうして第一報が届くまではドキドキするものです。新しいデジタル伝送の幕開けに乾杯!

気を良くして、今日のミュージックバード収録に、Z-DTC01Wを持参することにしました。チャンスがあれば、放送スタジオのプレーヤーでデジタルケーブルを交換して、比較試聴放送というのも面白そうです。まぁ商品の宣伝は本意ではありませんので、あくまでチャンスがあればですが。

zdtc01w_150331.jpg

現在、Z-DTC01Wは5月中旬完成の第2ロットのご予約を承っております。

 ≫新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W 予約ページへ

新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wの発売に伴い、旧型Z-DTC01の半額セールをレクストダイレクト限定で行っております。こちらもぜひ!

 ≫Z-DTC01/1.0m 半額セール

 ≫Z-DTC01/1.5m 半額セール

更に、BNCコネクタのZ-DTC01を半額セールに追加しました。BNCコネクタのZ-DTC01Wは生産予定がありませんので、BNC機器をお持ちの方にお薦めです。

 ≫Z-DTC01/1.0m BNCコネクタ仕様 半額セール

zdtcbnc220.jpg
zdtcbnc2202.jpg
zdtcbnc2203.jpg

それではミュージックバード収録へ、いってきます!

ミュージックバードで特番

明日は、ミュージックバードの特番収録で東京です。

新チャンネル『ジ・オーディオ』の開局記念特番第一弾として、『低音をめぐるトーク・バトル!』をテーマに対談。参加パーソナリティーは、寺島靖国さんと、大橋慎さん、そして私。どんな低音バトルが炸裂するか、今から楽しみです。

新デジタルケーブルZ-DTC01W初回ロット出荷開始

本日より新デジタルケーブルZ-DTC01W初回ロットの出荷を開始しました。銀行振込でご予約いただいた方より発送を開始し、明日が代引のお客様分の発送です。到着までもう少々お待ちください。

zdtc01w_150421.jpg

現在、Z-DTC01Wは5月中旬完成の第2ロットのご予約を承っております。

 ≫新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W 予約ページへ


新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wの発売に伴い、旧型Z-DTC01の半額セールをレクストダイレクト限定で行っております。こちらもぜひ!

 ≫Z-DTC01/1.0m 半額セール

 ≫Z-DTC01/1.5m 半額セール


メルマガ先行予約中の小型タイプ制振ノブ“R-VM18”ですが、早くも残り19個となってしまいました(4/21 17時現在)。この初回ロットが無くなりますと、次回生産は6月の予定ですので、長くお待たせすることになりそうです。今週末よりレクストダイレクトでの一般予約を開始する予定ですので、メルマガ先行予約のお客様はお早目にご検討いただければ幸いです。

小型タイプ制振ノブ“R-VM18”生産快調!

たいへんお待たせしております新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W初回ロットですが、明日4/21の完成予定です。ご予約順にて発送を開始いたします。到着までもう少々お待ちください。

zdtc01w_150331.jpg

現在、Z-DTC01Wは5月中旬完成の第2ロットのご予約を承っております。

 ≫新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W 予約ページへ

新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wの発売に伴い、旧型Z-DTC01の半額セールをレクストダイレクト限定で行っております。こちらもぜひ!

 ≫Z-DTC01/1.0m 半額セール

 ≫Z-DTC01/1.5m 半額セール


そして、先週末よりメルマガ先行予約を開始しました新製品の小型タイプ制振ノブ“R-VM18”、おかげさまでたくさんのご予約を頂戴しました。初回生産100個のうち、ご予約を66個分いただいておりますので、残り34個です(4/20 17時現在)。この初回ロットが無くなりますと、次回生産は6月の予定ですので、長くお待たせすることになりそうです。お早目にご検討いただければ幸いです。

小型タイプ制振ノブ“R-VM18”は、真鍮無垢材よりの削り出しは完成しており、現在はルックス面での特長である特殊なアンティークシルバーのメッキ加工に出しているところです。削り出しとメッキは別工場となり、本日確認したところでは今週中にはメッキが仕上がりそうとのこと。GW前の出荷を目指して頑張っております。もう少々お待ちください。

rvm18_150420.jpg

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

小型タイプの制振ノブ“R-VM18”のメルマガ先行予約を、本日より開始いたしました。ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

rvm18_150416_1.jpg

rvm18_150416_2.jpg

新番組『西野正和の いい音って何だろう?』 収録でした

昨日はミュージックバード『西野正和のいい音って何だろう?』の収録でした。

9時半にスタジオ入りし、終了が17時半。1時間番組を5話分収録しました。今までは4話分が最高でしたので、初の5話収録には少々緊張。「声が持つかな〜」と心配していましたが、なんとか放送に耐えうるダミ声レベルには収まったようです。お昼休憩で少しだけ外に出たくらいで、8時間近く缶詰状態で頑張りました。無理なスケジュールにお付き合いいただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございます。

mb_150414.jpg

これで3か月分の放送を収録したことになるのですが、番組スタート時よりは時間配分のリズムが徐々に掴めてきており、少しずつ面白い内容になってきているのではないかと思います。

昨日の収録分では、「太陽光発電って何だろう?」の回の比較試聴が強烈です。太陽光発電で制作した44.1kHz/24bit音楽データと、電力会社から供給される普通の100V電源で制作した44.1kHz/24bit音楽データによるガチンコ対決。差が微妙かもしれないと心配していましたが、ミュージックバード収録スタジオのモニタースピーカーでも十分に音質差が確認できました。果たして放送でも聴き比べが可能なのでしょうか?私も楽しみです。

その他にも興味深い比較試聴満載でお届けしております『西野正和の いい音って何だろう?』 。有料放送のみの公開というのが惜しまれるところですが、ミュージックバードのリスナーの皆様はぜひ応援よろしくお願いいたします。

新型デジタルケーブルZ-DTC01W 一般予約開始

新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W、本日よりレクストダイレクトの一般予約を開始いたします。

既に4月中旬完成の初回ロットはメルマガ先行予約で完売しており、現在は5月中旬完成の第2ロットのご予約を承っております。

 ≫新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01W 予約ページへ

たいへんお待たせしておりますZ-DTC01W初回ロットですが、本日工場に確認しましたところ、今週中くらいに仕上がってくるとのこと。来週早々には最終チューニングを含めて出荷開始できそうです。完成までもう少々お待ちください。

zdtc01w_150331.jpg


新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wの発売に伴い、旧型Z-DTC01の半額セールをレクストダイレクト限定で行っております。こちらもぜひ!

 ≫Z-DTC01/1.0m 半額セール

 ≫Z-DTC01/1.5m 半額セール

sa3.0+REQST、これでラスト?

本日は、アンプsa3.0+REQSTの完成試聴でした。

sa30+r_150409.jpg

sa3.0+REQST、素晴らしいアンプです。生産完了は本当にもったいない。音質が通用しなくなったわけではなく、単なる部品の終了からくる完了です。名機がこうして無くなっていくのは、本当に悲しくなります。

無限かと思えるような圧倒的なドライブ能力は、ガッチリと心を鷲掴みにしてくれます。制振ノブ“R-VM33”の装着により、その分厚いサウンドには更に磨きがかかりました。もし生産完了でなければ、私もイベント用に1台欲しいくらいです。しかし、ただでさえ生産完了のsa1.0R+REQSTをリファレンスとしているのレクスト。やはりお客様にご紹介できるアンプを試聴機として購入せねばならず、残念ながらsa3.0+REQSTを迎えるのは断念しました。

ベースモデルのsa3.0は、メーカー在庫も残り僅か。この瞬間にも完売している可能性はあります。大きめのお部屋、大きめの音量で聴くお客様なら、sa3.0+REQSTはベストな選択です。もう完売かもしれませんが、ご検討中のお客様は急いでお声がけください。メーカー在庫確保に至急動いてみます。

残念ながら、sa3.0+REQSTに変わるハイパワーアンプのベースモデルが見つかっていません。スタジオから「良いアンプないの?」と聴かれると、これからは「無い」とお返事するしかありません。8畳から10畳までのお部屋で、現実的な音量でしか聴かないという条件ならば、sa1.0+REQSTがあるので安心ですが、音量やドライブ能力を求めるケースもあるので、本当に悩みどころです。何より、パワフルでワイルドな鳴りっぷりのsa3.0+REQSTは、他に無い魅力があったのも事実。

間に合うならば、1台でも多くのsa3.0+REQSTをお届けしたいと思っています。sa3.0+REQSTの価格は、オプションの電源ケーブルと制振ノブのフル装備で、合計230,000円(税・送料込)です。ご検討よろしくお願いいたします。

『西野正和の いい音って何だろう?』次回収録準備

軽井沢、雪が積もりました。写真は今朝の雲場池です。4月なのに、信じられないですよね!

karuizawa_150408.jpg

今日は、来週の収録に備えて、ミュージックバードの原稿作成。イベントで慣れているので1時間おしゃべりするのは得意なタイプなので問題無し。大変なのが、その日のテーマに沿って、比較試聴のネタや鳴らす曲を事前に準備しておかなければならないところ。この作業に結構時間がかかるのです。話術の才能が無い分、事前準備の下ごしらえでカバーして頑張っています。

今回の収録は全部で5回分。テーマは、『ミックスダウン』、『太陽光発電』、『オーディオ・クリニック』、『ルームチューニング』、『スピーカーセッティング』を考えています。面白くなりそうです!

新デジタルケーブルZ-DTC01Wの最終試聴テスト

本日は、新デジタルケーブルZ-DTC01Wの最終試聴テストでした。100時間のエージングを経て、どのようなサウンドに仕上がったか私も興味津々。もちろん、製品として皆様にお届けするに相応しいかどうか、立体音楽情報に乱れはないか、音楽情報に少しも取りこぼしがないか、細かくチェックしていきます。製品リリース前のこの完成試聴は、おそらく世界トップクラスに厳しい音質評価ではないかと自負しております。音楽が大好きなだけに、少しの妥協も許せない自分が嫌になるときも。しかし、レクストを信じてご購入いただく皆様の期待を感じておりますし、その期待をはるかに超える完成度ではないと世に出す気はないと心に決めております。

完成した新デジタルケーブルZ-DTC01Wは、楽々と厳しいチェックに合格してくれました。素晴らしいデジタルケーブルです。自信をもってお届けできます。

zdtc01w_150407.jpg

最も高く評価できるポイントは、デジタルケーブルなのに、きちんとレクストケーブルの新しい“Wシリーズ”の息吹きが感じられるところ。ラインケーブルZ-LNC01Wの感動が記憶としてまだ生々しいと思いますが、まさにその“Wシリーズ”の血統が、微塵の揺らぎもなくデジタルケーブルとして昇華されています。レクスト開発チームの快挙に、私も拍手を贈りたいです!

優等生ケーブルという従来の評価を脱ぎ捨て、“音楽を聴く人がエキサイトするケーブル”という新しい目標を掲げた“Wシリーズ”。そのデジタルケーブルバージョンが完成しました。Z-DTC01W、お届けまでもう少々お待ちください。

もちろん、ラインケーブルZ-LNC01W新線材バージョンも、近日完成に向けプロジェクトが進行中。5月〜6月くらいの生産を目指しております。こちらもご期待ください。

先週の新デジタルケーブルのテスト

先週のマスタリング・スタジオOrangeさんでの新製品テストの写真です。新同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wが見えますでしょうか?

zdtc01w_150406_1.jpg

zdtc01w_150406_2.jpg

また詳しくご報告しますので、もう少々お待ちください。

商品入荷のお知らせ

東京出張へ行ってきました。マスタリング・スタジオOrangeさんでの新製品のテストと、鎌倉でのクリニックです。後日、また詳しくレポートしたいと思います。

新製品のテストは4月1日のTwitterでリアルタイムで写真をツイートしました。その正体は、制振ノブの小型タイプです。これがまた素晴らしい!実は生産が順調で、早ければ今月中に初回ロット×100個が完成します。来週くらいに予約開始できそうです。もう少々お待ちください。

new_products_150403.jpg

さて、弊社3月決算だったため、品切れの商品が多くご迷惑をおかけしております。4月に入り、いくつか入荷し始めておりますので、ご紹介します。

●レゾナンス・チップ・パワー
電源ブレーカー専用のレゾナンス・チップ。30個が再入荷しました。
≫販売ページへ

●レゾナンス・チップ・コネクト
レゾナンス・チップ・コネクトの第7ロットが入荷しましたので、お得な10個入りの販売を再開しました。とりあえず10セットをご用意しております。
≫販売ページへ

●レゾナンス・ピット・プレーヤー
プレーヤー専用サイド・インシュレーターが、10セット再入荷しました。
≫販売ページへ

●制振ノブ“R-VM33”
長く品切れが続いておりますR-VM33の再生産が決定しました。メインボリュームは、やはり大型タイプのR-VM33がお薦め。完成は5月中旬予定ですので、お待たせするお詫びとしまして、予約特価9,500円でのご提供です。ぜひ!
≫予約ページへ

●楽器ケーブル 3m仕様 Z-LNC01 J3
楽器ケーブルの3m仕様が入荷しました。即納できます。5m仕様はもう少々お待ちください。
≫販売ページへ


そして、新デジタルケーブルZ-DTC01Wですが、当初は4月に100本の入荷予定だったのですが、少し生産計画が工場のスケジュールの都合で変更となりました。4月入荷は1m×26本で、5月中旬入荷が24本です。4月3日18時現在、ご予約いただいている全数は4月中旬にはお届けできそうで、その4月生産分の残りは3本となってしまいました。メルマガ先行予約の皆様、お急ぎください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1752)

Link

Search