ケーブル革命宣言!

完成した新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wですが、今日も聴いていて素晴らしさを再認識しました。「デジタルケーブルで音質は変化しない」というのは、もはや過去の迷信です。もしかすると、最も上流のオーディオケーブルであるデジタルケーブルは、最も重要視しなければいけないケーブルなのがなのかもしれません。それくらいシステム全体の音楽再現を左右するのが、新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wです。

zdtc01w_150331.jpg

レクスト開発チームでは、確実に新時代のケーブル開発における重要なポイントを掴んだと実感しています。この新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wもそうですし、次に控えるZ-LNC01W後継の量産型ラインケーブルもそうです。いよいよラインケーブルの線材も決定しました。これからレクストではケーブル革命を起こしていきますことを、ここにお約束します!

ケーブル革命宣言の本日、私の新番組がスタートしました。専用ページが完成しましたので、ぜひご覧ください。新番組に寄せての書き下ろしメッセージや、放送する曲目なども発表になっております。ミュージックバードでお会いできると嬉しいです。
 
 ≫【4月新番組】いい音って何だろう?

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

新型同軸デジタルケーブルZ-DTC01Wの発表と、早期予約キャンペーンのお知らせです。凄いデジタルケーブルが完成しました。レクストDACユーザー様は必須アイテムですし、その他のDAコンバーターでも驚きの音質向上が可能です。その秘密もチラリと書きました。ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

zdtc01w_150330.jpg

新RCAケーブルのご感想 その9

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のご感想ハガキが届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

★★★★★

(REQST/Z-LNC01+ケーブル・ブレスレット+コネクト付からの交換)


Z-LNC01+ケーブル・ブレスレット+レゾナンス・チップ・コネクト仕様を使っていました。これでも満足していたのですが、今回のZ-LNC01Wに入れ替えて違いに驚きました。

音に厚みが出てパワフルになり、今まで聴いていた同じスピーカーから出ている音なのかと思ってしまいました。

現在100時間以上鳴らしていますが、大きな音で鳴らしている時間はその中で40時間程度なので、これからまた音が変化していくのが楽しみです。

(東京都 M様)


−−−−−−−−−−−−−

エージングは、ケーブルの導通という意味だけでなく、スピーカーが音楽を鳴らすこと、そしてその音楽を聴くことで、様々な経験値アップが発生するために起こる音質向上ではないかと感じています。そういった意味でも、自然音やエージングノイズではなく、音楽再生が推奨です。ぜひたくさんの音楽を鳴らして楽しんでみてください。

新RCAケーブル“Z-LNC01W”は完売してしまいましたが、線材を変更して量産する次のRCAケーブル製造に向け、精力的に動いております。レクストの新ケーブル素材発表まで、もう少々お待ちください。

新製品のテスト中 その2

先日のブログでチラリとご紹介しました、開発中の新製品。本日、最終試作品の徹底試聴を行いました。

大満足の仕上がりです!新RCAケーブル"Z-LNC01W"で打ち出したレクストの新しいチャレンジの"個性的で魅力あるサウンド"を、この新製品でも完全に実現できています。近日には予約開始できる予定ですので、もう少々お待ちください。

好例の写真チラ見せです。私のイタズラですので、肝心なところはトリミングしてあります。それでも、結構な特長は発見できるのでは?どうぞご期待ください。

new_products_150324.jpg

新RCAケーブルのご感想 その8

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のご感想が届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

★★★★

(A社 28,000円クラスからの交換)

プリからパワーに接続しているA社のケーブルと検討した。A社の音色もよかったが、Z-LNC01Wの方が、はずむ低域が出て全体の音の出方が上回った。

A社のケーブルも、前のケーブル(レクストの古いケーブル)よりSNがよくなり気に入っていただが、今度はレクストの方がよかった。

次はTriple-Cを使ったケーブルを出してもらいたい。

(山梨県 K様)


−−−−−−−−−−−−−

Triple-Cはオーディオケーブルの新素材として話題ですが、ケーブルのサウンドはそれだけで決定するものでもないので、慎重に選んでいるところです。料理に例えるならケーブル素材は食材のひとつにすぎず、レクストの新ケーブルという料理完成形にとってマッチングの良い食材である必要があります。そういう考え方からすると、Triple-Cは現段階では採用する可能性は低いと感じています。

新RCAケーブル“Z-LNC01W”は完売してしまいましたが、線材を変更して量産する次のRCAケーブル製造に向け、精力的に動いております。レクストの新ケーブル素材発表まで、もう少々お待ちください。

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

3つの新製品の開発状況と、シークレットバーゲンのお知らせです。ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新RCAケーブルのご感想 その7

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のご感想が届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

★★★★★

(レクスト スペシャルケーブルからの交換)


色々感想を考えましたが、単純に音楽を楽しめるケーブル。その一言に尽きると思います。

レクストユーザーなら持っておくべきケーブルだと思いました。

あえて欠点を言うならば、ならしが終わるまで、本当の良さがハッキリと見えない所でしょうか?

本当に良いケーブルです。一生つきあえると思います。

(兵庫県 H様)


−−−−−−−−−−−−−

新RCAケーブル“Z-LNC01W”は完売してしまいましたが、線材を変更して量産する次のRCAケーブル製造に向け、精力的に動いております。もう少々お待ちください。

レゾナンス・チップ・ゴールド出荷1300セット突破!

レゾナンス・チップ・ゴールドの累計出荷数が、1300セットを突破しました!ありがとうございます。

現在販売しているのは第7ロット。品切れする前に先手を打って入荷しておりますので、今のところレゾナンス・チップ・ゴールドは即納で対応しております。ただ、この第7ロットが無くなると、次に入荷が4月中旬になってしまいますので、少しお待たせする可能性があります。ぜひお早目にご検討ください。

 ≫レゾナンス・チップ・ゴールド販売ページへ

少しご紹介が遅くなりましたが、先月発売されたステレオ誌3月号にレゾナンス・チップ・ゴールドのレビューが多数掲載されております。ぜひご一読ください。

●41ページ〜 「増した低域の造形力」(鈴木裕氏)
●45ページ〜 「さすがの最新チップ」(村井裕弥氏)
●57ページ〜 「振動をコントロールして絞り出せ!」(生形三郎氏)

新製品のテスト中

開発中の新製品をテスト中です。さて、写真のどこに見えますでしょうか?

new_products_150317.jpg

新RCAケーブルのご感想 その6

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のご感想の続編が届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

早々のケーブル発送ありがとうございます。

レクストさんの製品はチップ、プレートを複数利用していますが、15年来使用してきたM社ケーブルを初めて変えてみることにしました。西野さんのメルマガを読み心が動かされたのですが、グズグズしているうちにバックオーダーが少なくなり慌てて申し込みました。

試聴はケーブルのエージングが済んでいませんが、Z-LNC01Wは最初に音を出した時点で既にその良さの片鱗を伺わせています、主観ですが。。。

ボーカルの定位がいいな〜
ボーカルの口の位置が上方に動いて来た、いい兆候かもし。。。
音源は杏里の"Surf&Tears"ニューレコーディングベストヒット。。。
"ALL OF YOU"がいい
"ドルフィン・リング"もいい
ボーカルの鮮度が高い~‼️
summercandleはピアノソロバージョンがいいな〜

久し振りのタツロ〜アルバム"COZY"
ヘロン: 圧倒的な音の厚さとシャワー感
このアルバムが出た頃が一番オーディオにハマっていた頃で、イケオンの試聴会三昧だった。
夏のコラージュ:音がバルーンのようになって飛んで来るみたい。凄い。。。
このアルバムを聴くのは久しぶりのせいかもしれないが、とにかくいい。
セールスマンズ・ロンリネス:タカタッタ音も良く聴こえる。
southbound:音のエネルギーあふれ切る、この曲好きだ。
dreaming girl:これもエネルギーが圧倒的です。

大好きなピアニスト、デビットランッ(David Lanz)のパッフェルベルカノンLIVE番
ピアノの一音一音がソリッドに立っている。
エネルギ感が圧倒的〜((((;゚Д゚)))))))凄い〜‼️
今までより一音一音ディティールが聴こえてる。

エージング前でこの音は信じられません、このまま進んだらどんなことになるか怖いぐらいです。

このような製品を開発頂いて有難うございます。

じつは15年以上前、一度西野さんにお会いしています。今は無きイケオンにてレクストさんの最初のモニタースピーカーを視聴に訪問した時です。何かお言葉のやりとりもありましたが、今は覚えていません。ただ懐かしくお姿を思い出しています。

乱筆乱文で失礼致しました。

使用機材
Wilson-Audio System5.1(SPユニット交換)
KRELL KRC-HR
KRELL FPB300
DENON DCD S-1(イケオン改)
他ケーブル類:MIT

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

新RCAケーブル“Z-LNC01W”は完売しており、キャンセル待ちも既に満杯です。ありがとうございます。

現在、線材を変更して量産する次のRCAケーブル製造に向け、精力的に動いております。もう少々お待ちください。

新RCAケーブルのご感想 その5

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のご感想の続編が届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

“Z-LNC01W”追加注文分、本日到着いたしました。いつもながらの迅速なご対応に感謝いたします。どうもありがとうございました。

早速、約150時間エージングした「初代」と比較視聴してみました。

これは、どのRCAケーブルのエージングにも当てはまるような一般的な感想かもしれませんが・・・、エージング後の「初代」の音は、

@ボーカルと演奏が混然一体となってなんともいえない安定感
A音の繋がり(特に低域から中域にかけて)が実に滑らか
BCDソフトの音のピーク時にありがちな「ひずみ感」および音の全体の背景にある微小な「雑音」が激減

以上です。(相変わらず稚拙な表現で申し訳ございません。)

一方、今回お送りいただいたエージング前の「2代目」の音は最初に報告した感想とほぼ同じですが、あらためて聴いてみるとこれはこれですばらしいとあらためて思いました。もしこの「溌剌とした躍動感」のある状態で音を「固定化」できれば、ソフトや機器によって使い分けられて楽しいのではないかと本気で思ってしまいました、笑!

約100時間とはいえ、エージングでこれほど音の変化(もちろん向上)を体験したRCAケーブルは初めてです。

まずは取り急ぎ御礼とご報告まで。

(宮城県 K様)


−−−−−−−−−−−−−

Z-LNC01W 満足度 5以上!

以前使用していた、ケーブル・・・Z-LNC01スペシャルカスタムケーブル

Z-LNC01Wのエージングがだいたい200時間近くになってきたので、そろそろ感想を送ります。

まずは、レゾナンスチップパワー、コネクトなどの復旧ありがとうございます。

Z-LNC01Wに切り替えて、さてこれからというところでレゾナンスチップパワーが剥がれてしまい、正直戻ってくるまで苦行でした。レゾナンスチップバワーの恩恵の凄まじさを、改めて再認識です。レゾナンスチップパワーなしだと、本来の魅力の半々以下ぐらいの音しか出ていない感じです。

レゾナンスチップバワーにもどして「よし!」とガッツポーズが出るくらい、晴れて100バーセントの状態でZ-LNC01Wの音を聞くと、極上の再現としか言いようがないです。

生々しい感じや、演奏のニュアンス。こんな音、今まで聞いたことがない!
音が心に響いてきます!曲が終わるまで呆然としてしまいました(汗)

音の線が太く、滑らか。
ストリングスの流麗な感じ。
木管の浮かびあがりかた。
金管の飛んでくる感じ。
打楽器の腹に響く感じ、

そのどれもが、全てが素晴らしいとしか表現のしようがないです!ボーカル曲の生々しい感じも、もうたまらないですね。

ジャンルがどうこういう次元を越えた領域に連れていってくれる。Z-LNC01Wと一緒にまだまだエージングの途中なので、楽しみたいと思います!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−

新RCAケーブル“Z-LNC01W”は完売しましたが、もしかすると私のカウントミスであと数ペア販売できるかもしれません。ご興味のある方は「新RCAケーブルのキャンセル待ち」という件名でメールをお送りください。先着順で対応させていただきます。

新番組『西野正和の いい音って何だろう?』 収録快調!

昨日は、音楽専門衛星デジタルラジオ“ミュージックバード”の番組収録でした。新番組『西野正和の いい音って何だろう?』が4月よりスタートします。

musicbird_the_audio.jpg

すでに第9話までを収録済み。私は別におしゃべりが上手というわけでもないので、いろいろな企画力で勝負し、面白い番組にしたいとアイデアを練っています。

そのうちのひとつが、ミュージックバードのスタジオ据え付けのCDプレーヤーを使用せず、自分自身の再生装置を毎回持参するというもの。こんな感じです。

musicbird_150312.jpg

第9回までのタイトルを発表しましょう。

 #1 マスター音源って何だろう
 #2 マスタリングって何だろう
 #3 優秀録音盤って何だろう 1
 #4 優秀録音盤って何だろう 2
 #5 位相って何だろう
 #6 レコーディングって何だろう
 #7 DSDって何だろう
 #8 リマスター盤って何だろう
 #9 低音って何だろう


なんだか面白そうでしょ?“何だろう”シリーズがどこまで続くか、可能な限り挑戦しようと思っています。

これを機に、一緒にミュージックバードを始めませんか?私もミュージックバード生活を始めるべく、アンテナとチューナーをレクスト軽井沢へ届けてもらいました。近日中にパラボラアンテナの工事を自分で行う予定です。ミュージックバード加入に興味がある方は、ぜひレクストまでご連絡ください。ご希望が多ければ、レクストが窓口になろうかと検討中です。

新RCAケーブル発送開始

新RCAケーブル“Z-LNC01W”ご予約分の発送を本日より開始いたしました。ご予約いただいている皆様、到着までもう少々お待ちください。

ほぼ全数のご入金をいただきましたので、キャンセル待ちも締め切らせていただきます。どうぞご了承ください。

届きましたら、ぜひZ-LNC01Wのファーストインプレッションをお聞かせください。楽しみにしております。


明日はミュージックバードの番組収録のため、一日中スタジオに缶詰状態です。メールのお返事や発送は木曜日以降に対応させていただきます。

新RCAケーブル完売御礼

新RCAケーブル“Z-LNC01W”ですが、予約完売いたしました。ありがとうございます。

後半生産分×50セットのお届けは、明日10日より順番に出荷を開始し、今週末には発送を完了する予定です。お届けまでもう少々お待ちください。

本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

新RCAケーブルZ-LNC01Wを導入した皆様から絶賛のレビューが届いておりますが、そのサウンドの秘密とはいったい???詳しく解説しましたので、ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新RCAケーブル、エージング完了!

新RCAケーブル“Z-LNC01W”先行×50ペアが届いた皆様、エージングが順調に進行しているころかと思います。レクスト軽井沢のZ-LNC01Wは一足先に鳴らし始めておりますので、本日で約2週間ですから、トータル300時間を超えて鳴らしっぱなしの状態です。エージングの先に到達する音楽世界とは。私が見た、少し先の未来をご紹介したいと思います。

lnc01w_150305.jpg

Z-LNC01Wは少し特殊で、100時間を超えてもどんどん音が良くなっていく印象がありました。100時間くらいで安定はするのですが、それから数日後も「アレ?また良くなっているんじゃないの!」と嬉しい驚きが何度かありました。24時間鳴らしっぱなしといっても、夜間は音量を絞っているので、その影響もあるのでしょう。音を出した状態での100時間経過が、やはり必要なのかもしれません。

ケーブルのエージングに懐疑的な方もおられることでしょう。これはケーブルだけでなく、アンプやスピーカー、そして聴いている人を含め、経験値が増していくと考えると分かりやすいと思います。ケーブルが新しいサウンドを奏でれば、スピーカーユニットの振幅に変化があります。そして新しい音楽を聴く“人”の、音をキャッチするアンテナにも経験値アップという変化が訪れるのです。エージングを電気的にではなく、音楽リスニングという側面で考えると面白いもの。大きな意味で、オーディオのエージングは存在すると私は感じています。

さて、エージングが完了したと言えるレクスト軽井沢のZ-LNC01W。どんなサウンドかというと、とにかく“弾む音”です。“弾む”という漢字は、楽器を“弾く”と同じなのですね。このブログを書いていて気づきました。弾力のある音といっても、ゴムのようではありません。楽器のボディーが呼吸するような弾み方、弦の震えるような弾み方、音楽が空気を介してコンサートホールに響いていくような弾み方です。

ボーカルの肌を感じるというか、音に触れるとピチピチして跳ね返ってくるような音というか・・・まぁ、書いていて私もサッパリ分かりませんが、とにかく生々しく、心地よく、快感のある音楽が楽しめています。

なぜケーブルをZ-LNC01Wに変更するだけで、ここまでの音質向上が得られるでしょう?ヒントは、“ケーブルを接続する機器に対して、RCAプラグを使って制振する”という新しいアイデア。後日また詳しく解説しましょう。

このレビューを読むと、早く欲しくなるのは当然です。「予約した私の後半ロットはまだか!」というお叱りが聞こえてきそうです。工場より朗報が入りました。1日だけですが、「到着日を短縮して軽井沢へ送る」とのことです。完成までもう少々お待ちください。


Z-LNC01Wの残りは、いよいよあと9ペア(3/5 16時現在)。好きな音楽ジャンルとの相性など、全く気にすることはありません。エージング後の音をいち早く聴いた私が、間違いない音質向上を保証します。絶対に後悔はさせません!

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1m)×限定ラスト50ペアの予約ページへ

新RCAケーブルのご感想 その4

新RCAケーブル“Z-LNC01W”のアンケート葉書が早くも届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

★★★★★

Z-LNC01からの変更ですが、更に上をいく音質です。

今思うと、スピーカーケーブルからレクストを知り今日に至るまで、オーディオで音楽を聴くのが本当に楽しくてなりません。

とにかくこのケーブルは、パワフルと繊細さを兼ね備えた最高のケーブルだと思います。アナログレコードの感触に近いというのがよくわかります。

今後も良い製品を楽しみにしています。

まだエージング途中ですが、今でも十分満足です。

(東京都 T様)


−−−−−−−−−−−−−

私が新RCAケーブルの開発成功を大騒ぎしていたのが、皆様から続々とよせられるご感想から、「真実だった」というのがご理解いただけるのではないでしょうか。

絶対に後悔はさせませんので、ぜひ在庫があるうちに確保してください。ラスト50ペアが完成間近です。

lnc01w_150304.jpg

Z-LNC01Wの残りは、あと9ペア。いよいよ残数一桁と少なくなってまいりました(3/4 18時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1m)×限定ラスト50ペアの予約ページへ

新RCAケーブルのファーストインプレッション その3

週末にも、新RCAケーブル“Z-LNC01W”のファーストインプレッションがたくさん届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

新RCAケーブルありがとうございました。
若干の装着の不安もありましたが無事接続できました。

一聴した感想ですが、まさに「音の洪水!」です。それにボーカルの生々しさには思わず「背筋がゾクッ!」としてしまいました。

エージング前なのでまだ荒削りな感じは否めませんが、RCAケーブルでこれだけ音の変化を感じたのはこれまでのオーディオ人生の中でも初めてだと思います。

ちなみに、比較試聴したケーブルは、ほぼ同価格のM社のRCAケーブル(レゾナンスチップコネクト装備)」です。

ということで、追加注文どうぞよろしくお願いいたします。

(宮城県 K様)


−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。
無事に受け取ることができました。

早速繋ぎ換えての視聴です。これまでのリファレンスケーブルはB社でした。非常にクリアで立体描写性に優れた単線ケーブルです。換装直後からこれを上回ってます(汗)

とても密度の高い音なんですが団子状にならず、それぞれのパートが聴き分けられます。すごく滑らかで階調表現も抜群です。

特にグルーヴ感のある低域から中低域にかけての表現力は、他のどのケーブルでも得難いもののように思います。

現段階でも音楽がとても楽しく聴けますが、こうしてる間にも良くなっていくのが実感できるのが困りものです(笑)
慣らし終了後がとても楽しみなケーブルです。

(福岡県 A様)


−−−−−−−−−−−−−

いやはや、凄い!
ありがとうございます!
エージング中ですが、このまま100時間聴きっぱなしでもいいくらいです。

(東京都 F様)


−−−−−−−−−−−−−

lnc01w_150303.jpg


工場に本日確認しましたところ、新RCAケーブルZ-LNC01Wラスト50ペアの完成は、3月10日ごろとのことです。完成までもう少々お待ちください。

このZ-LNC01W×ラスト50ペアのご予約を承っております。いよいよ残りは11ペアと少なくなってきました(3/3 18時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1m)×限定ラスト50ペアの予約ページへ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1706)

Link

Search