新RCAケーブルのファーストインプレッション その2

今日も、新RCAケーブル“Z-LNC01W”のファーストインプレッションが届きました。

−−−−−−−−−−−−−

今朝6時でエ一ジング10時間。明確な変化が感じられませんでした。

しかし、現在19時、22時間経ちました。

最初に笑みがこぼれました。そして最後は感動で涙が止まりません。「生々しすぎる」というのが、なんと陳腐な言葉として感じられるでしょう。ステージ最前列、立体感という表現が納得できました。

誰もが1分でも早く聴くべき音です。ありがとうございました。

(東京都 E様)


−−−−−−−−−−−−−

装着に苦労しました。ブログに出ていた方法を事前に知っていたら...

そういう苦労も音が出たら消えました。プリーパワーアンプ間の使用ですが、DAC−プリ間も使おうと思い追加購入する次第です。よろしくお願いします。

ちなみに交換前はN社のBシリーズ(37,000円クラス)でした。もう戻せません。

(兵庫県 K様)


−−−−−−−−−−−−−

Z-LNC01W、素晴らしいケーブルです。以下、簡単ですが感想を。

 ・小型スピーカーなのにフロア型スピーカーのような音
 ・アナログ的な音
 ・太さを伴ったピラミッドバランスの音
 ・演奏家の魂が詰まった音
 ・圧縮音源さえも、楽しく聞かせてくれる音
 ・分析がバカらしくなる音

映像系にも導入させて頂きます。
追加オーダー、よろしくお願いいたします。

(神奈川県 H様)


−−−−−−−−−−−−−

皆様、本当にありがとうございます。昨日からのご注文は、全て先行ご購入者様からの追加オーダーばかり。嬉しいです。

今週末は美味しいビールが飲めそうです。バーチャルですが、一緒に祝杯をあげましょう。乾杯!

lnc01w_150227.jpg

現在、3月上旬に完成するラスト50ペアのご予約を承っております。この価格でZ-LNC01Wをご提供できる最後の限定販売で、残りは19ペアです(2/27 16時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1m)×限定ラスト50ペアの予約ページへ

新RCAケーブルのファーストインプレッション到着

本日で、新RCAケーブル“Z-LNC01W”の初回ロット分×50セットの出荷を完了しました。到着までもう少々お待ちください。

さて、早速ファーストインプレッションの嬉しいメールが届きました。

−−−−−−−−−−−−−

新ケーブルが届くとあって、仕事も早々に切り上げて、早速、届いたZ-LNC01Wに交換して、聞いています!

いや、素晴らしい!すごい!
こんなにも、心に自然にしみわたってくる音をオーディオから聞いたことがありません!

時間が時間なので、かなりボリュームを絞って聞いていますが、それでもジーンと感動しています。

素敵なケーブルを作っていただき、ありがとうございます!エージングが楽しみです!

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−

いや〜嬉しいです。もちろん私も完成試聴の段階で革命級のグレードアップを実感しているのですが、こうしてお客様のシステムで音質向上を共有できるまでは、なかなか安心できません。新ケーブル開発の成果を実感できる、何よりの瞬間です。本当にありがとうございます。

lnc01w_150226.jpg

初回ロットをご購入いただいたお客様より、早速の追加注文も入りはじめました。なかなかの好スタートです。

先行で新ケーブルをお届けしたお客様より多くいただいたご質問は、「ケーブル・ブレスレットは装着するのかどうか?」というもの。新ケーブルZ-LNC01Wには、ケーブル・ブレスレット無しを推奨しております。Z-LNC01Wはケーブル・ブレスレットの概念を含み、更にそれを超えるチューニングが施してありますので、Z-LNC01Wの完成度は高く、これ以上の追加アクセサリーは不要なのです。

とはいえ、製品版Z-LNC01Wになってから、ケーブル・ブレスレットを装着して聴いたことがありませんでした。何事も実際に経験してみないとわかりません。試しに今日、Z-LNC01Wにケーブル・ブレスレットを装着して比較試聴してみました。見事に、ほとんど音が変わりません。微妙ですが、ケーブル・ブレスレット有のほうが、音の逃げる感じがありました。やはり、Z-LNC01Wにはケーブル・ブレスレット無しを推奨します。

もうひとつ多かったご意見は、「RCAジャックに接続するときに、プラグキャップがゆるみやすい」というもの。これはキャップが普通の円筒形ではないので仕方ないところです。確かに、プラグを反時計回りにねじ込むと、キャップがゆるむ場合があります。事前にプラグキャップのゆるみがないか確認しておいて、真っ直ぐ差し込むように接続するのがコツです。向きを微調整したい場合は、少し左に傾くように挿入して、時計回りに修正すると良いでしょう。文章で書くと難しいように思えますが、慣れると簡単に脱着できますのでご安心ください。


現在、3月上旬に完成するラスト50ペアのご予約を承っております。この価格でZ-LNC01Wをご提供できる最後の限定販売で、残りは21ペアです(2/26 17時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1m)×限定ラスト50ペアの予約ページへ

新RCAケーブル“Z-LNC01W” 出荷順調

本日も順調に新RCAケーブル“Z-LNC01W”の初回ロット分の出荷を進めております。発送メールがまだのお客様はもう少々お待ちください。今週中には先行50ペアの全数を出荷させていただきます。

lnc01w_150225.jpg

早い方なら、本日届いているのではないでしょうか?ご感想はエージング後にでもゆっくり聞かせていただくとして、ファーストインプレッションなどの速報をメールしていただけると嬉しいです。開発チーム一同、実はドキドキしてご感想をお待ちしているのです。楽しみにしております。


現在、3月上旬に完成するラスト50ペアのご予約を承っております。残りは23ペアです(2/25 18時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

新RCAケーブル“Z-LNC01W”出荷開始

本日、新RCAケーブル“Z-LNC01W”の出荷を開始しました。発送メールをお送りしております。順番に出荷しておりますので、メールがまだのお客様はもう少々お待ちください。今週中には先行50ペアの全数を出荷させていただきます。

lnc01w_150224.jpg

本日はエージング100時間目でしたので、徹底した試聴を行いました。いや〜ケーブルだけでこんなに音が良くなっていいものでしょうか。少なくとも、私はここまでの音質向上をケーブル単独では経験したことがありません。どうぞお楽しみに!

ご予約いただいている皆様、どれだけ期待していただいても結構です。それを上回るくらい驚いていただけると思います。一緒にバーチャル乾杯で祝杯をあげましょう!

現在、3月上旬に完成するラスト50ペアのご予約を承っております。残りは23ペアと少なくなってきました(2/24 18時現在)。追加のご注文を含め、お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

新RCAケーブルZ-LNC01W製品バージョン、エージング72時間目!

新RCAケーブルZ-LNC01Wの製品バージョン、金曜日から鳴らしっぱなしのエージングを開始し、ただいま約72時間経過しました。ケーブルの推奨エージング時間は、今までの経験からして100時間ですから、あと1日くらいで最高音質に近づくことになります。楽しみでなりません。

lnc01w_150223.jpg

72時間目のサウンドですら素晴らしく、従来のリファレンスであるカスタム仕様Z-LNC01と比較してみると、あの素晴らしかったカスタムケーブルが超薄味に感じてしまいました。ケーブルの革命とは恐ろしいものです。

新RCAケーブルZ-LNC01W製品バージョンの音を例えるなら、CDプレーヤーとアナログレコードプレーヤーの差によく似ています。アナログレコードを久しぶりに鳴らしてみると、あまりの濃厚さに驚くのではないでしょうか。イコライザーやトーンコントロールで無理矢理にブーストした低音ではなく、ナチュラルな音の太さ、濃厚さ。新RCAケーブルZ-LNC01W製品バージョンを聴いていると、従来のオーディオケーブルがなんとも無機質であっさりした味に感じてしまうのは、あのアナログレコードの感触に近いと思います。

とはいえRCAケーブルの音質差なのですから、レコードのようにスクラッチノイズも無ければ、レコード盤ならではの操作儀式も関係ありません。あくまで、音質イメージがアナログレコード的であるという意味です。

そして、新RCAケーブルZ-LNC01W製品バージョンは、決してナローレンジではありません。音質は濃厚ながらワイドレンジであるという、両立するはずのない魅力が実現しているのが、革命的なRCAケーブルだと自信をもって言えるポイントなのです。

お待たせしております出荷開始ですが、準備にもう少々お時間をください。早ければ明日より発送を開始し、今週末までには先行分50ペアの全数をお送りできる予定でスケジュールを組んでおります。

現在、3月上旬に完成するラスト50ペアのご予約を承っております。長さ特注は締め切らせていただきましたので、残りは1mペア×23です(2/23 17時現在)。お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

完成版Z-LNC01Wの100%サウンドを聴いた!

新RCAケーブルZ-LNC01Wの製品バージョンが、ついに完成しました!

lnc01w_150220.jpg

「試作Z-LNC01Wは製品版の70%くらいの実力」と確信しておりましたので、「果たして100%の実力を発揮したサウンドとは?」と、私も楽しみに試聴しました。

聴く前は、低音が更に出るようになるのか、もっと太い音になるのか、強烈にダイナミクスになるのか・・・と勝手に想像していたのですが、全て驚くほど裏切られました。サウンドのバランスは試作Z-LNC01Wも完成版Z-LNC01Wも全く同じです。エージングが完了しているだけに、それらの要素は試作Z-LNC01Wのほうが印象が良いくらいでした。

しかし、完成版Z-LNC01Wを聴くと、もう試作Z-LNC01Wには戻れません。何故か?完成版Z-LNC01Wを聴きながら、そのポイントを探っていきます。分かりました、音の形、見え方が違うのです。

完成版Z-LNC01Wと比較して例えるならば、試作Z-LNC01Wは、飛び出す絵本のような感じに音楽が立体的です。平面のまま前後感があるといえば伝わるでしょうか。

一方、完成版Z-LNC01Wは、まさに立体映像のようです。試作Z-LNC01Wでは平面の写真のように感じたボーカルが、完成版Z-LNC01Wではそこに浮き上がってきました。立体映像・・・いや、もっと生々しい。手を伸ばせば触れそうな実在感で、感覚がマヒしてくるような音楽を感じました。

ここで誤解のなきよう。完成版Z-LNC01Wを聴くまでは、試作Z-LNC01Wだって立体映像のようなサウンドだったのです。脳の補正回路とは贅沢なもので、一度より良い立体情報をキャッチすると、補正に充てていた脳というCPUの処理を、感動を受信するために容量を割いてしまいます。そうすると、もうお手上げ。完成版Z-LNC01Wの魅力から逃れる術はありません。

今日は、完成版Z-LNC01Wを聴いていて、私は何度手を洗いに行ったことか。聴き慣れたはずの試聴音源なのに、自然に手に汗握って興奮してしまうんです。

早く皆さんに聴いていただきたいです!来週早々には出荷開始いたしますので、もう少々お待ちください。


先行50セットに続いて3月上旬に完成する、ラスト50ペアのご予約を承っております。1mと長さ特注を合わせ、残り24ペアと少なくなってきました(2/20 18時現在)。長さ特注が可能なのは、2015年2月22日(日)までのご予約分までです。お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(長さ特注)の予約ページへ

製品版Z-LNC01Wの完成近し

新RCAケーブルZ-LNC01Wの完成が近づいてきました。本日、工場に状況を確認したところ、初回50セットのうちの一部が、今週末には軽井沢に届くとのことです。私も首を長くして、楽しみに待っています。

というのも、Z-LNC01Wは製品版で更に音質向上するのです。最終試作のZ-LNC01Wでも、私が経験したことのない音楽を聴かせてくれています。レクスト開発チームの想定では、この試作Z-LNC01Wは製品版の70%くらいの実力です。あと更に3割アップしたら、果たしてどんな音楽が目の前に出現するのか・・・私にも想像できません。

ちなみに、製品版での改良のひとつを写真でお見せしましょう。赤丸印のところが、微妙に削ってあるのがご確認できますでしょうか。

lnc01w_150217.jpg

この小さな切欠きひとつにしても、製品版Z-LNC01Wの更なる高質化のヒミツのひとつ。レンチで締め付けるためのナット的役割ではなく、上部一か所のみの切欠きです。レクストの振動コントロール技術を用いて決定した、本当に小さな小さなこだわりです。こんな微妙なところまで工夫してRCAプラグを製作するのは、世界広しといえどレクストだけでしょう。

先行50セットご予約の皆様、完成までもう少々お待ちください。お振込みいただいた順番で発送させていただく予定です。来週早々には、全数が完成します。ご期待ください!

先行50セットに続いて完成する、ラスト50ペアのご予約を承っております。こちらは、3月上旬には順次届く予定です。1mと長さ特注を合わせ、残り29ペアと少なくなってきました(2/17 15時現在)。お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします。よろしくお願いいたします。


 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(長さ特注)の予約ページへ

究極のRCAケーブルのための夢のRCAプラグ

新RCAケーブルZ-LNC01W、本日も試聴していて感じたことは、従来のオーディオケーブルとは全くサウンドが異なるということ。このところ、「ミドルが強調された音なのでしょうか?」とか、「音楽ジャンル的に、私の好みに合うでしょうか?」といったご質問を頂戴しますが、その次元で悩むようなケーブルではないと断言します。

従来のオーディオケーブルは、レクスト製を含め“オーディオ信号をいかに伝達するか”を競ってきたような気がします。ですので、高音が得意、低音が得意、ワイドレンジ・・・などなど、ケーブルの音質というものが存在したのではないでしょうか。

新RCAケーブルZ-LNC01Wは、“音楽を、初めて本気で伝達することに成功した”と言えるケーブルです。“オーディオ信号”ではなく“音楽”を伝えられるケーブルだからこそ、低音や高音、中低域、ワイドレンジといったケーブル評価が当てはまりません。なぜなら、伝わってくるのは音楽だけだからです。電気信号を感じさせる要素は微塵もありません。

強いてケーブルに対する従来のオーディオ言語でZ-LNC01Wを表すとしたら、“生々しいサウンド”・・・この一言に尽きるでしょう。

Z-LNC01Wを皆様にお届け出来る日が、少しずつ近づいてきました。その驚いていただける日が来るのが、今から楽しみでなりません。


究極のRCAケーブルを完成させるために、夢のRCAプラグを特注で作成しました。まず、超巨大プラグキャップを外した、RCAプラグの中身をご覧ください。

lnc01w_150216_1.jpg

一見、普通のRCAプラグに見えます。しかし、これがプレス加工ではなく、真鍮削り出し加工によって製作されていることに驚いてください。センターピンが真鍮無垢製なのはもちろん、スリーブ側も真鍮無垢から削り出しております。ですので、RCAジャックと結合する羽根のパーツと、ケーブルのアース線を半田付けするホールド部が、一般的なプレス加工製品の2パーツ構造と異なり、ワンピースで作られているのが特長です。

スリーブを真鍮削り出しで作るRCAプラグは他にもあります。ですが、そういったRCAプラグは、ケーブルを小さなネジで固定するのが一般的です。レクスト製RCAプラグは、削り出し加工した真鍮無垢材を“焼き戻し”加工することで、ケーブルを掴む構造を実現しました。もちろん、羽根の部分も焼き戻し加工されているので、RCAプラグと独特のホールド感で結合します。

そして、最大の特長である超巨大プラグキャップ。世界最高峰ベーシストのアンソニー・ジャクソン氏も使用している、レクスト製楽器ケーブルに採用している、あの超巨大プラグキャップです。

しかし、楽器用をそのままRCAプラグに流用したのではありません。写真をご覧ください。

lnc01w_150216_2.jpg

左が楽器用、右がRCAプラグ用です。RCAプラグ用は、ネジ部分が2ピースになっているという、超こだわり設計です。

誰も見たことがないRCAプラグですから、究極のRCAプラグが誕生したのをご納得いただけたのではないでしょうか。

「初回ロットで気に入ったら、もう1本おかわりしようかな?」と思っている方がおられましたら、仮予約でも結構ですのでお早目に最終ロットを確保してください。この3月上旬完成予定の最終ロットが完売してしまうと、次のZ-LNC01Wは線の素材をPCOCCから別の線材に変更しての生産となりますので、かなり先のお届けとなりますし、価格も大幅にアップしてしまいます。

お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします!よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(長さ特注)の予約ページへ

新RCAケーブルZ-LNC01W、生産順調

新RCAケーブルZ-LNC01Wの進捗状況です。先行ロットをご予約いただいている皆様、たいへんお待たせしており申し訳ございません。本日、全数ではありませんが、完成したRCAプラグが届きました。

lnc01w_150213.jpg

私が入念に1個1個を検品し、合格したもののみを工場に送り返し、次のハンダ付け工程へと進めていきます。順調に進んでおりますので、完成までもう少々お待ちください。

この究極のRCAプラグの詳細は、来週に解説したいと思います。コストを度外視したモノ造りを行っておりますので、こだわりポイントが満載です。圧倒的なサウンドが実現した原動力のひとつが、この超巨大RCAプラグと言えるでしょう。

新RCAケーブルZ-LNC01Wは、メルマガ先行予約完売した2月完成分×50ペアに続きまして、現在は3月上旬完成予定のラスト50ペアのご予約を承っております。残り28ペアと少なくなってきました(2/13 16時現在)。

本日より、長さ特注分の一般予約も受付開始いたします。長さ特注の枠は残り4ペアです(2/13 16時現在)。また、工場生産の都合から、長さ特注ケーブルお申込みの締切は、2015年2月22日(日)です。

お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします!よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(1mペア)の予約ページへ

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01W(長さ特注)の予約ページへ

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

アンプsa1.0+REQST ver.LMが届いて入口から出口までALL REQST製となりましたので、これまでの感想をまとめて書かせて頂きます。

アンプが届く前に、ブログに掲載された写真を見て、「これが届くんだ!(嬉しい) あれっ? レゾナンス・チップ・ゴールドが貼ってある」 と、サプライズにニンマリしました。ありがとうございます。制振ノブを装着した姿が格好良いですね。

私のREQST製の機材とは、
ブレーカーにはレゾナンス・チップ・パワー、
壁にはレゾナンス・チップRT、
「電源タップ&ケーブル・セット スペシャル仕様」の特殊レゾナンス・チップはレゾナンス・チップ・ゴールドに貼り替え、
機器はトランスポート(レゾナンス・チップ・ゴールドをフロントパネルに貼り、天板にはRS-SQUARE)⇒DAコンバーター⇒アンプ⇒スピーカーSH-SP7、
スピーカースタンド、全ケーブル、制振Yラグ、ケーブルブレスレット(これは一部分だけですが)、
機器にはレゾナンス・ピット、
端子にはレゾナンス・チップ・コネクトと、よくもまあこんなに揃えたもんだと感心してしまいました。

実は2年前まではあまりCDを聴かなくなっていたのですが、May J.にハマってからは、彼女のCDだけ収集するようになり、「良い音で歌声を聴きたい」という衝動に駆られ、次々と REQST製品を導入していったのでした。

ちなみに、May J.のCDはマスタリング・スタジオ“Orange”の小泉由香さんの手によるものだってご存知でしたか?以前、とある番組でMay J.がマスタリング・スタジオ“Orange”で小泉由香さんと曲間調整している映像が流れ、DAC-NS1Sのリアパネル(電源ケーブルにはケーブルブレスレット装着!)が映ったのを見つけて、そのDAC持ってるよって嬉しくなりました。

肝心の音の感想ですが、とても10Wのアンプが小さなスピーカーを鳴らしているとは思えないご機嫌な音を奏でてくれてます。低音も不足を感じません。スピーカーSH-SP7の導入当初こそ低音に物足りなさを感じサブウーファーを併用していましたが、F10チューニング+真鍮ツイーター換装バージョンアップで随分改善され、レゾナンス・チップ・パワー+レゾナンス・チップ・コネクトによって驚くほど低音が弾むようになり、サブウーファーを使わなくなりました。これには参りました。AVアンプを使用していたので入力切替とボリューム位置は連動して記憶させていたのですが、音量が大きくなり過ぎて近所迷惑になると、ボユームを下げて登録し直した程です。

その後、DACを導入してトランスポートと合わせ、ツインNS441Dとなった時には、音のエネルギー感の充実(熱さのようなもの)を感じました。ハイレゾを聴いたことはありませんが、この音ならばハイレゾの必要あるかな?と感じています。

制振Yラグとスピーカーケーブルのセットを買ったもののAVアンプの端子には装着できず、暫く放置していましたが、ようやくアンプsa1.0+REQST ver.LMの購入に踏み切りました。アンプを導入してエージングが進んだ先日のことです。軽快なリズムを刻む曲ではリズムに合わせて頭を振ってました。こんなこと初めてです。

バラードではMay J.の美声が目前に浮かび上がり、どっぷりと歌の世界に浸ることが出来ました。「良い音で歌声を聴きたい」という当初の目的が果たせて満足です。

新RCAケーブルZ-LNC01Wも予約したので、お楽しみは未だこの後も続いていきますね。

(東京都 K様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

May J.さん、もちろん小泉由香さんのマスタリングだと知っています。何せ、オレンジさんへ行くと、ヒット御礼のMay J.さん記念プレートがドーンと飾ってありますので(笑)。

そして、最近発売になったMay J.さんベスト盤は、レゾナンス・チップ・ゴールドを導入した後にマスタリングされたもので、レゾナンス・チップ・ゴールドの成果も高音質化に貢献できているとの報告を、小泉さんよりいただきました。

私も、最近発売されたMay J.さんハイレゾの中で、「ハナミズキ」と「Precious」を完成試聴に取り入れて聴いています。ちょうどK様のアンプの完成試聴でも、ハナミズキを聴いたのを覚えております。まさかMay J.さんファンの方のアンプだとは知らなかったので、なんとも不思議なご縁を感じました。


アンプsa1.0+REQST ver.LMをご検討されている皆様、本当に素晴らしいアンプですので、自信を持ってお薦めさせていただきます。ただし、現在は制振ノブ“R-VM33”が品切れ中ですので、これからご注文いただく場合はR-VM33のみ後日発送となってしまうのをお許しください。その分、何かサービスしますので、ぜひご検討よろしくお願いいたします。
 
 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ

長さ特注ケーブルのご予約承り中!

昨日のメルマガ号外で予約開始しました新RCAケーブルZ-LNC01Wの長さ特注予約の件、限定10ペアのうち既に6ペアのご予約を頂戴しました。ありがとうございます。工場で個別に加工しますので、特注できるのは2/22締切で、残り4ペアのみです(2/10 16時現在)。

プレーヤーとアンプが少し離れているなどの理由から、標準の1mでは届かない場合には、ぜひ今回の長さ特注生産をご活用ください。メルマガ読者の方でなくとも、メールにてお問合せいただければ、対応させていただきます。

lnc01w_150210.jpg


新RCAケーブルZ-LNC01Wは、メルマガ先行予約完売した2月完成分×50ペアに続きまして、現在は3月上旬完成予定のラスト50ペアのご予約を承っております。1mペアも残り30ペアと少なくなってきました(2/10 16時現在)。お早めにご検討いただけましたら幸いです。最高のRCAケーブルをお届けします!よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01Wの予約ページへ

本日、メルマガ号外を発行しました!

本日はメルマガの号外を発行しました。

新RCAケーブルZ-LNC01Wの長さ特注限定10ペアを、メルマガ読者先行で予約受付を開始いたします。ぜひご一読ください。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

RCAケーブル比較試聴実験その2(改良版)

先日、実験的に公開しました『RCAケーブル比較試聴』。アップロード方法を工夫しましたので、前回よりは高音質で聴いていただけると思います。

新RCAケーブルZ-LNC01Wと比較するのは、B社線材を使用した実売3,000円クラスのベーシックなRCAケーブルです。


【試聴曲その1】

著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』添付CDより、ベース、ドラムの低音をチェックする試聴曲です。

↓ベーシックなRCAケーブル


↓新RCAケーブルZ-LNC01W



【試聴曲その2】

著書『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』添付CD収録の「Flow」のライブ演奏。名プレーヤーによる名演奏。バイオリン、ピアノ、チェロのアコースティックトリオのライブ収録音源です。

少々レベルオーバーしまして、音割れしているところがあるかもしれません。また、曲が長いので、3分ちょっとで切っておきました。どうぞお許しください。

↓ベーシックなRCAケーブル


↓新RCAケーブルZ-LNC01W



解説は、本日発行のメルマガに書きました。メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。


新RCAケーブルZ-LNC01Wは、すでにメルマガ先行予約完売した2月完成分×50ペアに続きまして、現在は3月上旬完成予定のラスト50ペアのご予約を承っております。最高のRCAケーブルをお届けします!ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01Wの予約ページへ

『家電批評3月号』にレゾナンス・チップ・ゴールド掲載

先日発売された雑誌『家電批評 2015年3月号』の特集“最新AV家電の裏ワザ115 絶対使えるスペシャル”で、レゾナンス・チップ・ゴールドを紹介していただきました。『貼るだけで音質改善!!魔法のチップ』というタイトルで、“技あり!”が2つの高評価です。ありがとうございます。

rcgl_150205.jpg



さて、そのレゾナンス・チップ・ゴールド、いよいよ累計出荷数が1100セットを突破しました!現在、第4ロット×100セットが完売し、第5ロット×100セットを販売中です。即納できます。

今月発売のステレオ誌でも、レゾナンス・チップ・ゴールドをたくさん取材していただきました。こちらも楽しみです。

まだレゾナンス・チップ・ゴールドを試していない方は、ぜひチャレンジしてみてください。レクストの制振技術を知る入口になると思いますし、その性能は“楽しく音質改善”というレベルをはるかに超え、“音楽制作現場で音質向上が得られるレベル”、“本気で音楽と対峙できるレベル”であることをお約束します。

レゾナンス・チップ・ゴールドの新ポイントも、まだまだ探しております。こちらもお楽しみに!

 ≫レゾナンス・チップ・ゴールドの販売ページへ

RCAケーブル比較試聴実験

新RCAケーブルZ-LNC01Wの魅力をネットでもお披露目できないものか。いつものYOUTUBE比較試聴動画はその一例ですが、また別のアイデアを実験してみようと思います。

lnc01w_150204.jpg

レコーダーを使い、DAコンバーターがらのアナログ音声出力を録音しました。その際に、RCAケーブルのみ交換し、あとの設定は共通とします。オーディオという伝言ゲームで、RCAケーブルだけが違う音声ファイルが仕上がりました。

本来ならば、この音声ファイルをそのままお聞かせできれば面白いのですが、何せファイル容量が大きく、お手軽に試聴とはいきません。私のスキル不足をお許しください。

というわけで、本日は簡単に、その音声ファイルをYOUTUBEにアップしてみました。WAVファイルそのままでの試聴というわけにはいきませんが、伝言ゲームでの違いはRCAケーブルのみ。果たして違いが出ますでしょうか?ぜひ聴き比べてみてください。


まずは、従来のリファレンスケーブルであった、Z-LNC01 Customです。ケーブル・ブレスレットとレゾナンス・チップ・コネクトを使ったフル装備状態でのパフォーマンスです。




次に、新製品RCAケーブルのZ-LNC01Wです。



スピーカーを鳴らしてマイクで収録するという原始的な従来の比較試聴動画に比べ、より違いが出るのではと期待して製作してみました。いかがでしょうか?

新RCAケーブルZ-LNC01Wは、すでにメルマガ先行予約完売した2月完成分×50ペアに続きまして、現在は3月上旬完成予定のラスト50ペアのご予約を承っております。最高のRCAケーブルをお届けします!ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01Wの予約ページへ

新RCAケーブルZ-LNC01W 予約受付開始!

新RCAケーブルZ-LNC01Wのご予約を、本日より受付開始いたします。すでにメルマガ先行予約で2月完成の50ペアは完売しました。ありがとうございます。現在、3月上旬完成予定のラスト50ペアのご予約を承っております。

 ≫新RCAケーブルZ-LNC01Wの予約ページへ

lnc01w_150203.jpg

新RCAケーブルZ-LNC01Wは、レクストダイレクトのみの限定ケーブルです。100ペアのみの限定生産で、このPCOCC線材バージョンの追加生産は行いません。

今もレクスト試聴ルームで最高のサウンドを奏でてくれています。夢にまで見た“聴きたかったのは、この音だ!”と断言できる極上のサウンド。私が保証しますので、迷わずZ-LNC01Wをゲットしてください!

新RCAケーブルZ-LNC01Wの詳細は、このブログで詳しく解説していきますので、どうぞご期待ください。ご検討よろしくお願いいたします。

新RCAケーブルZ-LNC01W ラスト50ペア予約開始!

メルマガ先行予約中の新RCAケーブルZ-LNC01W、ちょうど一週間で先行50ペアが予約完売しました。ありがとうございます。

lnc01w_150202.jpg

先行50ペア早期完売につき、ラスト50ペアの生産を決定しました。PCOCC線材の在庫が限られているため、この50ペアが最後です。追加生産はできませんので、ご了承ください。

本日、生産工場に掛け合い、このラスト50ペアの完成時期を早めてもらえるよう交渉しました。その結果、「3月上旬にはお届けします」との嬉しいお返事が!ラスト50ペアは予定よりも早く、3月上旬の完成予定です。ぜひご検討ください。

メルマガ読者の方は、先行50ペアの予約ページと同じURLで、ラスト50ペアのご予約を承っております。明日2/3より、一般予約を開始しますので、もう少々お待ちください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1767)

Link

Search