天然木無垢材のディスプレイスタンド

GW休暇前に何か面白いご提案ができないものかと、義援金100円付のこんな商品を考えてみました。天然木無垢材のディスプレイスタンドです。

≫天然木無垢材ディスプレイスタンド詳細

ハードメイプルとブラックウォールナットの2種類。スピーカー“RQ-F7”ユーザーの皆様は、ぜひ2アイテムとも揃えてください(笑)。スピーカー“SH-SP7”のユーザー様は、ブラックウォールナットタイプ必携です!

ds+f7.jpg

CDソフトを立てかける背中側が、3cm以上厚みがある太い無垢材です。この重厚感は、市販品ではなかなか見かけないと思います。しかも、スピーカーやステレオディフューザーの端材を上手に有効活用しているので、2,000円(税・送料込)というスペシャル・プライスが実現しました。

完売すれば、100円×200個=20,000円の義援金が集まります。“オーディオ愛好家一同”名義で、義援金をお送りできればと考えました。正式なご報告は、限定数の販売終了後に、このブログでも行おうと思っています。

天然木無垢材ディスプレイスタンドのご予約、お待ちしております。

ステレオディフューザー入荷

軽井沢への引越しが無事終わりました。春というよりは、まだ暖房が必要なくらい寒いのに驚いています(笑)。いろいろと試してみたいアイデアが目白押しです。どんどん軽井沢より情報発信していきますので、ご期待ください。

まだ発表前の製品ですが、ステレオディフューザーの先行販売分が完成しました。明日4/27より出荷を開始します。

rsd.jpg

ご注文いただいている数量より3ペアほど多く入荷しましたので、GW前に導入したいお客様はお問い合わせください。ステレオディフューザーは、ご注文数量がまとまった段階で木工職人さんに製作を依頼するスタイルで生産します。次回生産は、5月の製品発表後ですので、約1ヶ月先くらいになりそうです。それまでは、この3ペアだけしか残っていません。

ステレオディフューザーの初回先行販売価格は、ペア20,000円(税・送料込)です。メールかお電話にてお問い合わせください。

お振込みいただいているお客様より、明日から順次発送させていただきます。到着までもう少々お待ちください。ステレオディフューザー、すごいサウンドですよ!

グラミー賞関連その2

先日お伝えしました『MIHO』のグラミー賞2011最優秀ニューエイジ・アルバム賞受賞のニュースに続き、またグラミー関連の話題が!

グラミー賞を受賞された上原ひろみさんの最新作『VOICE』は、ピアノ、ベース、ドラムのトリオ・プロジェクト。そのベースが、アンソニー・ジャクソンさんです。

アンソニーさんといえば、著書『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』でも対談させていただいた、ベースの神様のような人。レクスト・ケーブルの愛用者でもあります。

新作『VOICE』は初回特典としてメイキング&ライブ収録のDVDがついています。「ケーブルが映っていないかな?」とスタジオライブ映像を見てみましたが、ちょうどアンソニーさんのケーブルが見えない構図でした。

ちょっぴり残念に思いながら、アルバムクレジットを眺めていると、“Anthony Jackson uses”の表記の中に、“Cables by:Reqst”の文字が!

cables_by_reqst.jpg

上原さんのレコーディングということで、アンソニーさんが日本のレクスト・ファンのことを思い、クレジット表記してくれたのでしょう。こんな光栄なことはありません。本当にありがとうございます。

何より、アンソニーさんからの最大のプレゼントは、そのサウンド。オーディオ再現の快感にあふれ、6弦ベースの強烈な重低音が、メロディーの隙間を縫うように響きます。もちろん、スピードとパワーで炸裂する上原さんのピアノ、クリアでタイトなサイモン・フィリップスさんのツーバスを活かしたドラムも冴えます。

『VOICE』は上原ひろみさんの最高傑作との声が多いですが、私はアンソニーさん参加のCDの中でも、最もベースが魅力的に聴こえる1枚だと感じました。

アンソニーさんのベースから発せられたベースサウンドが、レクスト・ケーブルで伝送され、そして私たちのシステムで再びレクスト・ケーブルによって再現される。なんとも嬉しい瞬間です。ケーブルのユーザー様は必聴ともいえる名盤に、またひとつ出会うことができました。

今日はレクスト名古屋覚王山試聴ルームの引越し作業。リファレンス・システムも、これにて軽井沢へ引越しです。最後の1枚は、この『VOICE』を聴きました。軽井沢では、このサウンドを超えることを誓って!

大切なお知らせ

2011年4月25日(月)より、全ての業務をレクスト軽井沢へ移行します。
お問い合わせの電話・FAX、復旧再生サービス等の郵便物は、全て軽井沢宛にお願いします。

暖かくなったら軽井沢で作業しようと、当初より決めていました。無垢スピーカー“RQ-F7”、レゾナンス・チップ・ワールド、そしてステレオディフューザーと、従来より開発を進めてきたアイテムは、良い形で完成形を見ることができています。次のプロジェクトを進めるためにも、開発拠点である軽井沢への移動は不可欠であり、新しいトランスポート/プレーヤーのチューニングや、ラックなど、すぐにも取り掛かりたい課題が山積みです。ご期待以上の成果を上げられるよう、軽井沢にて全力で挑みます。

さて、その間のレクスト名古屋覚王山試聴ルームをどうするか。関係者一同と悩んだ末、レクスト名古屋覚王山試聴ルームから移転し、次の試聴ルームを新たに探し始めることにしました。

理由は大きく2つあります。

ひとつは、外来ノイズの問題。レクスト名古屋覚王山試聴ルームは、サウンド的にはレクスト史上最高ではないかと感じるくらい、良い仕上がりです。ルームチューニングやセッティング技術の大幅な技術力アップにより、従来では考えられなかった“シンプルな仕上がりでありながら高音質”という目標を達成しております。

しかし、名古屋市の主要道路に面しているため、外来ノイズが非常に多いのが欠点です。車のノイズは想定内だったものの、近隣の工事現場、選挙演説、月一回のお祭り、パトカーによるマイクを使った駐車警告など、微妙な音を検討している際には致命的なノイズに悩まされました。そういった場合は、開発を中断せざるをえない状況です。閃きがすぐにサウンドと直結できないのは、開発スピードを鈍らせます。

名古屋覚王山の立地は素晴らしいく、繊細な音の仕事を考えなければ素晴らしいスペースです。都市部での試聴&開発ルーム開設の難しさを学んだ半年間でした。

もうひとつは、この震災で日本は大きく変わろうとしているということ。一丸となって復興を目指す気持ちは、もちろん私も同じです。

当初、暖かくなる春から軽井沢で仕事をし、その間の名古屋覚王山はイベントスペースとして活用していくという計画だったのです。しかし、復興のためのこの時期に、そのような無駄は許されないと考えました。オープンしたばかりの名古屋試聴ルームに後ろ髪を引かれる思いはあるものの、今は軽井沢で開発に専念したい気持ちのほうが強く心にある状況です。

2010年10月の名古屋覚王山試聴ルームオープン以来、たくさんのお客様にご来訪いただきました。半年間という短い期間でありましたが、本当に楽しかったです。ありがとうございます。
kakuouzan0418.jpg

次なる新しい試聴ルームは、いくつか候補を考えておりますが、慎重に選んでいきたいと思います。それまでは、もうひとつの本拠地であるレクスト軽井沢にて活動します。6・7・8月は、連続して軽井沢イベントを開催できるよう企画を進めていますし、遠方でのイベントもフットワークよく行ってみたいと検討中です。

勝手を言いまして申し訳ございません。どうぞご理解いただけますよう、お願いいたします。レクスト名古屋覚王山へのご連絡は、2011年4月22日(金)までとさせてください。土・日を利用して移動し、4月25日(月)よりレクスト軽井沢での活動を始めます。

軽井沢での第2シーズンの始まりと考え、これまで以上に頑張っていく所存です。
皆様、これからも応援よろしくお願いいたします。

4/9イベントレポートその2

引き続き、4月9日(土)に開催しました、名古屋覚王山スペシャルイベントのレポートです。

下記のような順序で、パフォーマンスを行いました。

1. 目視で合わせた内振スピーカーセッティングで、普通のCDプレーヤーを再生
2. レーザー墨出し器で、正確な内振スピーカーセッティング
3. レーザー墨出し器で、正確な正面置きフラットなスピーカーセッティング
4. 普通のCDプレーヤーに、レゾナンス・チップ・ワールドを1個貼り付け
5. 普通のCDプレーヤーをトランスポートとし、DAC-NS1Sで再生
6. トランスポートをTL51X+NS441Dに変更・・・これで全てリファレンス・システムが完成した状態
7. 開発中のレクストケーブルのパワーアップアイテムを装着
8. ステレオディフューザーを設置

レクストが歩んできた音質向上の歴史を、約1時間半で一気に振り返りました。順を追って比較試聴することで、初めてのお客様にもレクストの技術力をご確認いただけたのではないでしょうか。

東京、大阪、奈良、兵庫からお越しいただいた方が、約半数。本当にありがとうございます。パフォーマンスも、スペシャルなイベントにふさわしいサウンドであったと思います。

レゾナンス・チップ・ワールドのお客様アンケート結果です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・音が広がるのに、音がうすくならないのがいい。
・バイオリンの音は鮮明になりました!・・・でも、ピアノが犠牲になってません?気のせいか or 自分の耳がおかしいか?
・NS441Dのお試しの名の通り、音楽が良いくらいにほぐれる印象がある。
・バツグンに良かったです。
・簡易NS的効果ですね。家で試した時と同じ傾向の効果でした。
・弱音や、音の伸びやかさに効く印象。
・変化率は、CDプレーヤー→CDプレーヤー+ワールド→CDプレーヤー+ワールド+DAC-NS1Sと感じました。でも、リファレンス・システムは別格でしたね。
・相変わらず、分かりやすい効果だった。スピーカーへの応用の話も聞きたい。
・音場がひろがった。
・音の効果が整っているように感じた。
・他シリーズとの併用についてはどうなのかが、非常に気になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ピアノが犠牲になってません?」とのご感想について、解説しておきます。ピアノとバイオリンのデュオを聴きました。最初は平面的だった音場が、レゾナンス・チップ・ワールドによって立体的になります。このソフトの場合、主役がバイオリンとなるよう収録されていますので、ピアノは後方に定位して聴こえて正解でしょう。お客様の試聴位置によっては、ピアノが下がったように感じられたのだと思います。センター付近で聴くと、バイオリンとピアノが立体的に折り重なり、感動していただけたと思います。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございます。私も、とっても楽しかったです。

4/9イベントレポート(アンケート結果)

4月9日(土)に開催しました、名古屋覚王山スペシャルイベントのレポートです。

event110409.JPG

気になっている方も多いと思います“ステレオ・ディフューザー(仮称)”のご感想を、お客様アンケートから速報としてお届けします。イベント参加人数16名様のうち10名様が予約して帰られるという、大人気の結果となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・すごい。レクストやりすぎ。買います。
・本当にスピーカーが消えた感じがしました。感動しました。
・ひと言、届いてくる音がアマチュアとプロのピッチャーくらい違うのではないかくらい、音が濃くなる印象がありました。“音の熱さ”がまるで違う。
・非常に良かったです。センターの低域が特に出てきて、パワーが違いました。
・グルーヴ感が、ものすごい感じられる。
・安いと思います。購入します。
・センターが濃くなるのを感じました。現時点でレクストのマックスと受け止めました。
・消失点のコントロールを、うまくしてくれていると思った。
・声の実在感がとてもあり、すごく良かったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご感想ありがとうございます。

明日4月9日(土)はスペシャルイベント

明日4月9日(土)は、レクスト名古屋覚王山試聴ルームでのスペシャルイベントです。

時間は14:00〜16:00(開場13:30〜)、入場無料&予約不要ですので、お気軽にご参加ください。 ≫イベント詳細

今回のスペシャルな内容をキャッチしてか、遠方からのお客様がたくさんご参加いただけるようです。本当にありがとうございます。ご期待以上の成果をご披露できると思います。それほど、新アイテム“ステレオ・ディフューザー(仮称)”は画期的です。

ご自身の愛聴盤のほうが、より驚いていただけるのではないでしょうか。皆様のお手持ちソフトを聴ける時間を、多く設けたいと思います。

また、初参加の方でも楽しめるように、イベントは普通のCDプレーヤーからパフォーマンスをスタートする予定です。DAC-NS1Sからステレオ・ディフューザーまで、革新の歩みをご堪能ください。

もしよろしければ、イベント終了後に懇親会はいかがでしょう?久しぶりに二次会で乾杯できればと思っています。

お会いできるのを楽しみにお待ちしております。明日のイベント、ぜひ遊びに来てください!

今週末4月9日(土)はスペシャルイベント

今週末4月9日(土)に、スペシャルなイベントを開催します。最新のバージョン、開発中の技術など、レクストの持ちうる全てを投入し、最高のパフォーマンスに挑戦するイベントです。入場無料&予約不要ですので、ぜひご参加ください。

前半は、オーディオ攻略講座を行います。著書『リスニングオーディオ攻略本』をテキストとした無料オーディオ講座で、一番ご要望の多いスピーカーセッティングの実演を行います。読むと難解かもしれないレーザー墨出し器を使ったセッティングですが、実際に見ればなんとも簡単に習得できるテクニックだとご理解いただけるはずです。ご自宅で試せば、大きなグレードアップ間違いありません。

後半は、スペシャルな内容です。出し惜しみせず、レクスト全ての技術を投入したパフォーマンスを行います。

まだどこにも発表していない、新しいアイテムを初披露します。今までにない斬新なアイデアは、おそらく世界初。音楽再現の歴史を塗り替えるアイテムとなるでしょう。すでに製品版レベルで完成しました。そして、そのサウンドに驚いてください。

newproduct2.JPG

レゾナンス・チップ・ワールドを初めて体験される方で、携帯プレーヤーかヘッドホンをご持参いただければ、サンプルとして1個プレゼントさせていただきます。ぜひレゾナンス・チップ・ワールドでのグレードアップを楽しんでみてください。

4月9日(土)14:00〜16:00(開場13:30〜)です。会場は、レクスト名古屋覚王山試聴ルーム。場所は、下記URLをご参照ください。
http://www.reqst.com/kakuouzan.html

入場無料&予約不要です。遠方からのご参加等で不安な方は席をお取りしますので、お気軽にお問い合わせください。お会いできるのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。


新製品画像

この春に発売予定の新製品です。

newproduct.JPG

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1197)

Link

Search