DACバージョンアップのご感想

GW前の予定チューニング作業を終え、無事に出荷を完了しました。

スピーカーSH-SP7は、サイズを超えるサウンドが魅力です。今日仕上がったSH-SP7は、サウンドはもちろんルックスも素晴らしい!今になって考えると、価格設定はあまりに安すぎたのではないかと思っています(笑)。私は、400万円クラスのスピーカーと比較しても、SH-SP7を選ぶでしょう。こんな音楽は、SH-SP7でないと聴けませんから。素晴らしい木目が印象的だった第3ロットも、いよいよあと2セット(4/28 18時現在)。これが無くなれば、次回生産が仕上がってくるまで、しばらく品切れになりますのでご了承ください。

sp70428.jpg

CDトランスポートTL51X+NS441Dは、ベースモデルが完了しましたので、今日が最終機です。TL51X+NS441Dが入手できたお客様は、本当にラッキー(笑)。おめでとうございます。間違いなく、現在最高峰のCDトランスポートです。ご検討いただいていた皆様、在庫が確保できなくて、申し訳ございません。

tl51x0428.jpg

それにしても、レクストD/Aコンバーターの2010年バージョンアップは本当に素晴らしいです。もはや別の機器・・・というより、今までこれほどのオーディオ再生は存在していなかったのではないかと、私は本気で思っています。

お客様より、素敵なDACバージョンアップのご感想メールを頂戴しました。許可をいただきましたので、転載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
レクスト 西野 様

石川県のTです。

今日は仕事が休みだったので朝から掃除をして、レゾナンス・ピットを洗って万全の状態でDAC-NS1Mを迎え入れました。

DAC-NS1M ver.2010 ブラボー!!です。

何も言うことありません。
今までのオーディオ体験の中で断トツ、圧倒的に一番です!。

立体的な音楽が飛び出してきたという表現では足りません。
『不思議な国のアリス』のように音楽の世界というファンタジーの中にこちらが飛び込んでしまったような体験です。

なんでしょう、これは・・。
これがオーディオなら今までのオーディオっていったい・・。

最初に聴いたのはマイケル・ジャクソン『デンジャラス』です。
マイケル・ジャクソンはやっぱり”超人“だった(笑)。
この世界観は凄い!。多重録音のマイケルのコーラスが全員生気を持って四方八方から飛び出してくるんですからたまりません。

次はMAYA『LOVE POTION NO.9』。
MAYAとバンドのメンバーがそこにいます(笑)。
何だ、このドラムは!シンバルは!

次は中森明菜『歌姫ダブル・ディケイド』。
千住明のオーケストラが明菜の切ない声にマッチして涙が出てきました。

お次はGoh Hotoda氏の奥様であるNokkoさんのREBECCA。
わたしシステムを変更したら必ずREBECCAを聴きます。
何故かと言うと必ず音が激変するからです。
完璧でした!
いや、なにをもって完璧といって良いのか分かりませんが、完璧なのです。
これでいいんです。

とりあえず感想の最後として『マブイウタ』。
たぶんこれがフライデーイベントの音なんじゃないかという音が出ました。
マスターの再現。
わたしのシステムはセッティングに不備があるので”マスターを超えた“などとはとても言えませんが、この金子飛鳥さんのエレキバイオリンは殆ど自然現象です(笑)。
天空から雷が落ちてきたような演奏。
体が震えました。

わたしとても感想を書けません。
鈴木裕さんの感想を読んでみたいです。

西野さんにひとつだけ注文をつけると、やっぱりこの音楽世界に”3D“と言う言葉は役不足だと思います。
映像世界で現在はやりの”3D“ははっきりいって”ごまかし“です。
5歳以下の子供に見せると体に悪影響がでるなんてそんなのおかしいです。
レクストさんが到達したこの世界はまぎれもなく”本物“。
わたしレクストさんが変に誤解されるのは嫌です。

音の相殺や干渉が全く無くなった世界で頭に浮かび上がってきた言葉は、「平和」「安らぎ」「幸せ」でしょうか。
この言葉たちも価値が下落しているのであまり使いたくはないのですが、とにかく今はこういう言葉しか思いつきません。

DACがシステムになじんでベストパフォーマンスが得られたら、もう一度感想を書かせてください。
言葉では表しようがないことは分かっているのですが、それくらいしかお礼のしようがないものですから。

わたしお酒に弱いのですが、今日は飲みます。
レクストさんに乾杯!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

GW明け5/6より、引き続きDACバージョンアップ作業を再開します。迷われる必要はないと、自信をもってお薦めします。DAC-NS1Sの貸し出し試聴も、GW明けからスケジュールが空いておりますので、ぜひ聴いてみてください。まぁ、聴かなかったほうが幸せという場合もあるのですけれども(笑)。

それでは、良い休日をお過ごしください。連休明けには、凄いニュースをお伝えできると思います。お楽しみに。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

GW前の作業

GW前の4/26・27・28の3日間は、なかなかの頑張りどころです。DAC-NS1S×2台とDAC-NS1M×1台の2010バージョンアップ、スピーカーSH-SP7×2セットの新規アッセンブル、そしてCDトランスポートTL51X+REQSTのチューニング。お客様には、連休に素敵な音楽で楽しんでいただきたいですから、なんとか完成させてお届けします。しかも、一切妥協ぜず、もちろん完璧な作業をお約束します。

スピーカーSH-SP7は天然木無垢材のエンクロージャーですから、電動ドライバーは使いたくありません。木と対話しながらというイメージなのですが、手でネジを締めています。時間が必要なのは仕方ありません。これは確実に、仕上がったときのスピーカーの音に影響しますから。

CDトランスポートTL51X+REQSTは、ベースモデルのTL51Xが完了となってしまったので、この1台が最後のお届けとなりそうです。TL51X+REQSTは、最高のCDトランスポートだっただけに、完了は残念です。

ご注文いただいているお客様、もう少々お待ちください。明日4/28までには、全て完成して間違いなく出荷させていただきますので!

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

4/23イベントレポート

4/23に開催したフライデーイベントのレポートです。

DAC-NS1Sの新バージョンで、この日は様々なジャンルの音楽を聴きました。試聴ルームのMAXでないにしろ、結構な大音量でも楽しみ、なかなかの快感です。

私は、スピーカーの真横に近い入り口付近で楽しんでいたのですが、それでも今までと音楽表現の深みが全く異質であることに、ただただ驚くばかりです。これがオーディオの音とは、ちょっと信じられないくらい。

スピーカーSH-SP7が、水を得た魚のように、活き活きと音楽を奏でます。音楽のジャンル毎に目の前の景色がコロコロと変化するのは、本当に気持ちのよいものです。

もっともっと聴き続けたいと感じる、良いパフォーマンスでした。
またご参加ください。ありがとうございます。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

4/23はフライデーイベント

明日4月23日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

本日の作業は、DAC-NS1Sのバージョンアップが3台、スピーカーSH-SP7のアッセンブルが2ペアでした。もちろん、1日でそんな数量が完成できるはずもなく、数日前より進めていた作業が一気に花開いたという感じです。どれも素晴らしい仕上がりでした。週末に間に合って良かったです。この土日は、素敵な音楽をいっぱい聴いてみてください。

今日の完成検査試聴で、久しぶりに『Ave』のラストの曲を聴いてみました。DAC-NS1Sが2010バージョンアップとなってから、初めてかもしれません。この曲は、レコーディングの時にすぐそばで聴き、マスタリングにも立ち会っています。それでも、今日聴いたパフォーマンスが、今までで最高でした。

生演奏を超えるオーディオ再生が実現するとは、本当に夢のようです。これぞ、著書『リスニングオーディオ攻略本』でお伝えしたかった“音楽は成長する”というテーマそのもの。ぜひ明日のイベントでは、この曲を皆様と一緒に聴いてみたいと思います。DAC-NS1Sの立体音響に驚いてください。

前回の講座イベントでは、45名様と超満員でしたので、ゆっくり音楽を楽しめる雰囲気ではなかったかもしれません。本当に申し訳なく感じております。フライデーイベントは、お好きなソフトを順番に聴いていただくという、本当に気軽なイベントですので、講座イベントで不完全燃焼だったお客様はぜひ遊びに来てください。フライデーイベントなら参加人数も10名以下でしょうから、じっくりレクストの試聴システムをご堪能いただけると思います。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

DAC-NS1Mバージョンアップ×2台

本日の作業は、DAC-NS1Mのバージョンアップが2台。完璧の仕上がりに大満足です。

dacns1m100421.jpg

バージョンアップ作業と同時に、ネジのトルク調整と各端子の徹底クリーニングをサービスで行っております。そこまでやらなくとも・・・と思うのですが、バージョンアップの成果を、最高の状態で聴いていただきたい一心で磨いております。ピカピカの端子で、最高のサウンドをお楽しみください。

バージョンアップを行っている私たちにとっては、たくさん作業するうちの1台ですが、お客様にとっては宝物の1台。その気持ちを決して忘れることなく、一切の妥協をせず、1台1台試聴確認してからご返送しております。

今日のDAC-NS1Mも、間違いなく従来にない最高峰の音楽再現を見せてくれました。お届けまでもう少々お待ちください。ご期待以上のバージョンアップをお約束します。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

今日はDAC-NS1S新規 その2

昨日から作業を進めていました、DAC-NS1Sが完成しました。

dacns1s100420.jpg

DAC本体、専用電源ケーブルともに新品ですから、完成試聴では若々しさが印象に残ります。若手ミュージシャンのように、テクニック全開で弾きまくるような印象。でも、こういう初々しく音楽エネルギーが暴走するような感じは、新品のときしか楽しめません。これもまた快感です。

未エージングながら、音楽の立体表現は従来のオーディオにはない、レクストD/Aコンバーターならではの世界です。『リスニングオーディオ攻略本』の『Flow』では、1曲目の飛鳥さんのバイオリンが現れては消えていく様子がありえないような幻想世界へと導いてくれます。00:36あたりのバイオリンソロです。この再現は、一般的なオーディオでは難しいと思います。

3曲目の井上鑑さんのピアノソロも聴きました。小さなスピーカーSH-SP7で、この深みのあるピアノが再現できるとは、もはや信じ難いレベルです。わが耳を疑ったほど(笑)。ズーンと引き込まれる深く広がるように懐のあるピアノの低音表現。音楽の枠が完全に取り払われたレクストDAコンバーターが到達した、新たな音楽世界と言えるでしょう。

バージョンアップ作業も平行して行っており、順調に進んでおります。早いお客様には、明日よりご返送が可能です。ぜひ驚いてください(笑)。ご期待以上の成果をお届けします。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

今日はDAC-NS1S新規

今日の作業は、DAC-NS1Sの新規ご購入品。工場から送られてくるオーディオ機器を、1台1台音を聴きながらチューニングしていくのが、レクストの製作スタイルです。新規ご購入機の場合、いきなり2010バージョンで納品ですのでお買い得感がありますね。

dacns1s100419.jpg

今日のDAC-NS1Sを仕上げれば、次の入荷は6月です。DAC-NS1Sは一旦品切れとなりまして、少しお待たせすることになります。どうぞお許しください。

今週は、その他にDACバージョンアップが5台と、スピーカーSH-SP7のアッセンブルが2セットと、かなり作業が入っています。試聴に合格したものだけを出荷していますので、どうじても時間はかかってしまいますが、絶対に妥協はしません。お客様に喜んでいただけるよう、全力で挑みたいと思います。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

初代DACシリアル“01”

本日の作業は、D/Aコンバーターの2010バージョンアップ。仕上がった初代DAC-NS1Mの試聴を終え、バージョンアップ証明書に記載するためシリアルナンバーを見ると・・・おっ、“01”ではないですか!DAC-NS1Mの1号機です。

sa10bk.jpg

この1号機からレクストDACの歴史が始まったと思うと、なかなか感慨深いものがあります。限定40台があっという間に売り切れたほど、人気の初代DAC-NS1M。とはいえ、まさかここまでサウンドが進化するとは、当時は思ってもいませんでした。

先日DAC-NS1Mをバージョンアップされたお客様より、「ポルシェやフェラーリが、そのモデルごとに良さがあるように、レクスト製品も時間をかけて昇華されてきたと思います。オーディオ製品でこういう物は、偶然には出てきた事はありますが、ちゃんと育ててきたのはレクストくらいに思います。今後も良い物をじっくり作って下さい。」という嬉しいご感想を頂戴しました。ありがとうございます。

来週のDACバージョンアップ作業は、スケジュールに余裕があります。お預かりする期間が短く、お早めのご返送が可能ですので、ぜひご検討ください。

音楽の存在感が、この2010年バージョンアップで大幅に向上しています。もうオーディオに悩む必要はありません。あとはただ音楽と向き合い、感動を共有するのみです。レクストDACの2010年バージョンアップは、ご期待以上のサウンドをお届けします。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

お薦めアンプsa1.0+REQST

今日の作業は、アンプsa1.0+REQSTのチューニングでした。お客様のご要望でパネルカラーはブラック。sa1.0+REQSTで初めてのブラックでしたが、DAC-NS1Sの光沢ブラックと並べると、なかなか良いルックスでした。音もシルバーと全く同じに仕上がっております。

sa10bk.jpg

試聴も一発で合格。DAC-NS1Sによる立体音楽を、見事に再現してくれました。レクスト軽井沢では、スピーカーSH-SP7との組み合わせならば、ボリュームは12時くらいで最大音量。これ以上大きな音は必要ないので、10Wの小出力アンプながら豪快なサウンドを聞かせてくれます。クリップは1回もありません。

そう考えると、一般家庭ならばアンプsa1.0+REQSTは最良に選択と言えるでしょう。ここまで音楽の細部が見渡せ、なおかつ感情をそのまま伝えてくれるアンプは出合ったことはありません。超高性能プリアンプとしても使えますので、将来性も抜群です。

ブラックが意外に良かったので、ご注文ページで選択できるようにしておきました。ブラックフェイス好きの方は、ぜひご検討ください。

 ≫アンプsa1.0+REQST 販売ページ

今日の試聴で気に入ったのが、『All For You/ダイアナ・クラール 』。DAC-NS1S/NS1Mを2010バージョンアップされたお客様は、ぜひ聴いてみてください。見事なまでの3D音楽空間が、室内いっぱいに広がっていきます。こんな音は、他のCDプレーヤーやDACでは絶対に聴けません(笑)。お薦めの1枚です。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

第2回オーディオ攻略講座のパフォーマンス

4/10の第2回オーディオ攻略講座では、少しだけレクスト製品のデモンストレーションも行いました。お客様からいただいたご感想でも、『DAC-NS1S最新バージョン』、『レゾナンス・チップRTのルームチューニング』、『スピーカーSH-SP7のパフォーマンス』という3つは、大いに驚いていただけたようです。

【DAC-NS1S最新バージョン】
お客様に「NS441D関連の機器をお持ちの方は?」と挙手をお願いしたところ、45名のご参加のうち約1/3ほどが手を挙げられました。ということは、あと2/3のお客様は、まだ普通のCD再生を聴いておられるのです。NS441D技術による、あの生々しいサウンドをこれから初体験できるのですから、ある意味うらやましく思えたりします(笑)。

2010年バージョンアップのDAC-NS1Sは、高級プレーヤーと比較試聴してみました。比較するのは音に差がありすぎて申し訳なくも思ったのですが、「これ目当てで行きました」というお客様もおられたので、こういう比較試聴はオーディオイベントでは必要なのだと再認識しました。

高級プレーヤーの音も悪くなかったです。しかし、DAC-NS1Sのサウンドはセレクターで切り替えても分るほど、圧倒的に立体でエモーショナル。とても同じCDソフトが鳴っているとは思えません。

驚いたお客様が多かったのでしょう。昨日からのDAC-NS1Sへの問い合わせが急に増えております。とはいえ、現在DAC-NS1Sは品切れ中ですので、お客様には次のロットが仕上がる6月までは、「ゆっくりご検討ください」とお答えしております。すぐに、あのサウンドを手に入れたいというお気持ちは十分理解できますが・・・申し訳ございません。次のDAC-NS1S生産まで、もう少々お待ちください。貸し出し試聴は、GWくらいからのスケジュールでご予約が可能です。


【レゾナンス・チップRTのルームチューニング】
「あんな小さなもので、部屋の音が大きく変化するはずはない」と思われているお客様が多いので、このところレゾナンス・チップRTのデモは毎回行っております。4/10の講座イベントでも、5名様がレゾナンス・チップRTをご購入されました。

「DACよりびっくりしたかも」とご感想を頂戴したほど、レゾナンス・チップRTを剥がすと部屋の音響が一変します。「はがすと何か会議室での演奏のような感じで、つけると一瞬にして音楽ホールのステージでの演奏に早変わりという感じでした」というご感想は、まさに言いえて妙。試聴ルームがあの満杯状態でも良いパフォーマンスができるのは、まさにレゾナンス・チップRTのおかげです。

製品のデモという意図もありますが、それ以上にオーディオ機器だけでなくルームチューニングで大きく音質が変化すること、そして大きなグレードアップが可能であることをお伝えできればと思っております。講座イベントの恒例デモとして行いますので、ぜひ体験してみてください。


【スピーカーSH-SP7のパフォーマンス】
こんな小さな、しかもペア14万円程度のスピーカーで、オーディオ講座を行っていていいものか(笑)。もちろん、何の問題もありません。というよりも、大真面目でこの小さなSH-SP7が最高のスピーカーと考えているからこそ、メインシステムとして起用しているのです。

あまりの豪快なパフォーマンスに、注文して帰られたお客様がおられました。他の小型スピーカーを候補にされていたようですが、鳴りっぷりに感動されたとのことです。ご注文ありがとうございます。

お問い合わせの中には「ぶっちゃけ、○△-□(=他社スピーカー名)と比べてどうですか?」というご質問を頂戴します。他に良いスピーカーがあれば、レクストでスピーカーを開発したりはしません。普通のCD再生ならば一般のスピーカーでも良いかもしれません。しかし、SH-SP7には『Flow』のレコーディングで実力を発揮したように、生演奏ですら見事に再現してくれる“余裕”があります。それは、NS441D技術による、その先の音楽世界を再現するときには、その“余裕”が大きな力となってくれることでしょう。

SH-SP7も、第3ロットが残り6ペアとなりました。この6ペア、無垢エンクロージャーの仕上がりが本当に素晴らしいです。残っているのが不思議なくらい(笑)。しかし、これだけの無垢エンクロージャーですので、“出会い”のないお客様には嫁いでいかないのでしょう。この最高のスピーカーを待つお客様と、必ず良縁があるのだと信じております。

この残り6セットが無くなると、スピーカーSH-SP7はしばらく品切れとなります。引き続き生産する予定ですが、無垢材の入手が簡単ではありませんので、少しお時間を頂戴することになると思います。お許しください。


レクスト製品という目線で、第2回オーディオ攻略講座のパフォーマンスを振り返ってみました。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

第2回オーディオ攻略講座のレポート

4/10に開催した第2回オーディオ攻略講座のレポートです。

今回は予想以上のお客様にご参加いただき、立ち見が出るほどの超満員でした。ありがとうございます。

seminar02.jpg

30名くらいでほぼ満席のレクスト東京試聴ルームに、45名様のご参加でした。開場の13:30には、すでに10名様以上が並ばれており、通りすがりの方には「有名ラーメン店でも出来たのか?」と思われたかもしれません。

実際、会場内に入れず帰られたお客様もおられたようです。本当に申し訳ございません。次回からは、講座を1日2回に増やし、座席を予約優先へと変更させていただく予定です。少しずつ改善していきますので、どうぞお許しください。

第2回講座の詳しいレポートは、専用ページに掲載しました。(≫こちら

第3回は5月15日(土)を予定しております。スピーカーセッティング解説の後編です。今回の内容を復習しながら、更に深い内容を実演を交えながら分り易く解説したいと思います。

またご参加ください。ありがとうございます。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:5月15日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

明日4月10日(土)は、無料オーディオ攻略講座の第2回です。

明日4月10日(土)は、無料オーディオ攻略講座の第2回です。
 
時間は14:00〜16:00(開場 13:30〜)、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

テーマは、『リスニングオーディオ攻略本』のPART1 オーディオ攻略のトビラから、“03 スピーカーは部屋のどこに置く?”と“04 消えてしまう音がある”です。

今回と次回の講座イベントは、スピーカーセッティングのテクニックを公開します。エンジニアのトッププロとの大きな差は、このスピーカーセッティングといっても過言ではありません。著書でも書きましたが、最初は私も真似すらできませんでした。耳だけでスピーカーのフォーカスを合わせるのは、やはりトッププロだけが持つ特殊能力なのです。そこで、誰でもスピーカーのフォーカス合せができる方法を考えました。それが、レーザー墨出し器を利用した、精度の高いフラットセッティングです。

何より大切なのは、スピーカーのフォーカス合せが存在するということを“知ること”ではないでしょうか。実際にそのグレードアップを体験してしまえば、適当にスピーカーを置くこととは、なんともったいないことかを実感できます。

たくさんのお客様に本講座にご参加いただきたいので、参加特典をご用意しました。ページ数の都合で『リスニングオーディオ攻略本』に掲載されなかった原稿です。前回とは別の“攻略MEMO 08 生演奏を聴こう”を用意しましたので、第1回に参加されたお客様もぜひお立ち寄りください。

memo08.gif

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

今日のDACバージョンアップはNS1M

今日は、初代DAC-NS1Mばかりを3台バージョンアップしました。

ns1m0408.jpg

このところ、毎日DACバージョンアップを行っておりますが、本当のこのサウンドは凄いです。もう他のオーディオ機器と比べるのが申し訳なく思えるほど、従来では体感したことのない領域を独走しております(笑)。

音が立体的になる。文章で書くと簡単です。その結果何が起こるかは、本当に聴いたことのある人でないと分りません。それは、“影に隠れていた音が認識できる”ということです。“影に隠れた音”というと語弊があるかもしれません。“音の裏側”もしくは“後ろ側”ということになりましょうか。

例えば、メインボーカルが正面で鳴っているとします。その後ろ側でパーカッションが小さく鳴ります。これは平面の音世界では認識し難いものです。レクストDACが実現した3Dの立体音響ですと、これが見事に見えるようになります。

小さな音が聴こえるというのは、別に音の解像度が上がったという意味ではありません。音が立体的になることで、後ろ側に隠れていた音を発見できるというイメージです。

この効果は一例に過ぎませんが、立体的になった音楽は本当に魅力に溢れています。音楽の感動をより身近に感じることができるのが、何より嬉しいところです。心が揺さぶられます。

これがCDソフトに記録されていた音楽だということが驚きです。レクストDACで電気的に立体にしたわけではありません。著書『リスニングオーディオ攻略本』で解説しました“位相”という立体のための座標情報を、より正確に再現する方法を発見した成果です。この技術は量産機器では到底達成できない、1台1台行っていくピアノの調律のような地道な技術によってのみ実現できます。

この音楽再現は、レクストDACユーザー様の特権ですので、ぜひ全員の方に体験していただきたいものです。いや本当に、これは聴かないと人生の損失ではないかと(笑)。

今週土曜日の講座イベントでは、この新バージョンのDAC-NS1Sでパフォーマンスを行います。「そんなCD再生が実存するとは信じられない」という方は、百聞は一見にしかずということで、ぜひイベントに遊びにきてください。驚かれること請け合いです。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

4/10の講座イベント

4月10日の土曜日は、『リスニングオーディオ攻略本』をテキストとした、無料で参加できるオーディオ講座イベントの第2回です。

やはりオーディオは、実際に音を聴きながらのほうが楽しいものです。お会いしながら解説できるのは、本として文章でお伝えするよりも深い内容まで迫れます。私も講師というよりは司会をしながら、皆様といっしょに、オーディオ攻略を研究していきたいと思います。

今回の講座は、スピーカーセッティングの前編。5月の後編と合わせて、スピーカーセッティングを攻略していきます。スピーカーのフォーカス合せは、ほとんどの方が未体験なのではないでしょうか。誰でもすぐ実践できるようにスピーカーセッティングのテクニックを解説しますので、どうぞご期待ください。

4月は前編ですが、ほとんどのテクニックを公開します。特に、レーザー墨出し器を使ったスピーカーセッティング技は面白いと思います。1mmだけスピーカーを動かしたら音楽のフォーカスが合わなくなる感覚は、実際に聴いていただくのが一番。フォーカスがずれると、色気といいましょうか、音楽の奇跡感があっという間に消えうせてガッカリしてしまうものです。お楽しみに。

こういった講座イベントは、まずはレクスト試聴ルームのある東京からスタートしました。毎回満席と好評ですので、ぜひ他の都市でも開催してみたいものです。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

今週のDACバージョンアップ

今週のDACバージョンアップは、DAC-NS1Sが2台、DAC-NS1Mが4台です。明日届くものがあれば、なんとか週末までのお届けが間に合いそうなスケジュール。写真はバージョンアップを待つDAC群です。

dacvu0406.jpg

2010年にレクストが目指した“3D 立体音響”が、すでに実現化しました。レクスト軽井沢での開発成果が、確実に出始めています。レクスト軽井沢開発第一弾のスピーカーケーブル“Z-SPC01Y”で、伝送の革命を実現。第二弾のルームチューニング専用“レゾナンス・チップRT”で、立体音響を実現するための環境を整えました。

そして、レクスト軽井沢開発シリーズ第三弾が、今回の“DACバージョンアップ”。それぞれが相乗効果で、夢のような“3D 立体音響”が実現します。そう、もう夢ではないのです。全部試された方は、それこそ驚かれたと思います(笑)。

今週土曜の講座イベントでは、その“3D 立体音響”でデモンストレーションを行います。スピーカーセッティングも、もうひとつの重要なポイントですから、いろいろなテクニックを出し惜しみせずたくさんご紹介したいと思います。ぜひ遊びにきてください。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中


DACバージョンアップ 快調!

DACバージョンアップのご感想が届き始めました。私もDAC開発スタッフの一人として、素直に嬉しいです。ありがとうございます。

皆様のシステムでも、今までのオーディオとは異なる新しい音楽世界が再現されているようで、本当にこれぞ“ネクスト・ステージ”という印象ですね!もう普通のCD再生には戻れません(笑)。

今日も、今週バージョンアップ作業を行うDACがたくさん届きました。ご期待以上の成果をお届けできると思いますので、どうぞご期待ください。

若干数ならば、まだ今週のバージョンアップ作業に間に合います。ご検討よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

DACバージョンアップ 19台

本日だけで、7台のDAC-NS1S/DAC-NS1Mをバージョンアップして発送しました。週末にお届けできそうで、一安心です。この3日間をかけて、じっくりバージョンアップしております。試聴テストでは、どのDACも素晴らしいパフォーマンスでした。あまりに良い音なので、試聴テストも気分がいいです。立体空間の音楽に満たされる感覚は、本当に快感!どうぞご期待ください。

カウントしてみますと、すでに19台のDAC-NS1S/DAC-NS1Mをバージョンアップしました。今回のバージョンアップは、ただならぬ雰囲気を感じ取っていただいたのか、今までにないくらいの多くのお申し込みやお問い合わせを頂戴しております。来週のバージョンアップも、ほぼ予約で満杯です。ありがとうございます。

とはいえ、この未来のサウンドを体験できるのは、この週末では、たった19台のレクストDACユーザー様のみ。音楽を愛する仲間として、あまりにもったいなく感じます。せっかくのレクストDACですので、ぜひ最新バージョンへのグレードアップをご検討ください。機器を買い換えたというレベルではなく、本当に音楽の世界観が段違いなのです。

バージョンアップを済まされたお客様は、ぜひ躊躇されている皆様の背中を押してあげてください(笑)。商売抜きで、私もお薦めしています。

DAC-NS1Sは、残っていた1台に予約が入ってしまい、今のところは在庫ゼロです。しかし、嬉しいことに、なんとか6月上旬で10台は生産できそうです。これからもDAC-NS1Sを長く継続生産できるよう、IC部品などを確保し始めました。CDソフトを最高に再現するには、新型機を考えるよりも、DAC-NS1Sを熟成させてバージョンアップするほうが最適だからです。

DAC-NS1Sの試聴は、4月末まで予約がいっぱいで、次はGW休暇くらいです。お早めにお申し込みください。

--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

今日のNS441D作業6

本日のNS441Dチューニングは、DCD-SA11でした。

sa11ns.jpg

ベーシック状態は、このところDACバージョンアップのサウンドを聴き続けている私にはショックなものでした。『リスニングオーディオ攻略本』のスペシャルチェックCD『Flow』は、SA11では結局最後まで聴けなかったです。普通のCDプレーヤーでは『Flow』の再現はこんなものなのかと・・・。鈴木裕さんによる『Flow』の課題は、半分もクリアできないと思います。

今回のDCD-SA11は、今までのNS441D作業の中でも最も時間がかかり難航しましたが、結果は素晴らしいものでした。もはや別のプレーヤーとも思えるほどのグレードアップです。ちょっと良くなりすぎたのかとも思えますが、わざわざチューニングをグレードダウンすることもないでしょう(笑)。NS441D6万円施工サービスも、ここまで良くなったのかと感動しました。

『Flow』は、もちろん完璧に鳴ります。これならば課題もオールクリアの満点です。他のソフトも、CD規格の壁が取り払われ活き活きと鳴り始めました。試聴テストは一発合格です。

月に5台までの受付ですが、ぜひこのNS441D・6万円施工サービスをご利用いただければと思います。特に、DCD-SA11ユーザー様にはお薦めです(笑)。もちろん、他のプレーヤーでも持てる技術を全力で投入しますので、大きなグレードアップをお約束します。


--------------------------------------------
≫ 無料オーディオ攻略講座を開催しています。次回開催:4月10日(土)

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1123)

Link

Search