2009年最終ブログ

2009年の最終ブログです。まずは、新スピーカーケーブルZ-SPC01Yの試聴レポートから。

皆様にお届けする前に、イベントから使い始めていますので、エージングの進み具合としてはレクストのZ-SPC01Yが一番早いと思います。あれから、かなり成長したサウンドになってきました。

Z-SPC01Yの魅力をひとことで言うなら、“無”です。“スピーカーが消える”と例えたりしますが、あれのケーブル版という感じでしょうか。ケーブルの存在感が全くありません。それこそ、スピーカーがアンプから切り離されたように鳴っています。新型に比べたら、従来のZ-SPC01は、例えば“力強い音”といったように、ケーブル自体のサウンドを表現することができるでしょう。それが新型Z-SPC01Yにはありません。

音がきめ細かいのも素晴らしいです。データ量が倍になったくらいに感じるほど、音の存在がリアルに感じます。SNも良く、何もない空間から音が立ち上がるのはなんとも快感です。

スピーカーケーブルの交換だけで、ここまで音が良くなる体験をしたのは初めてかもしれません。従来のZ-SPC01からの交換でも、機器を買い換えたくらいのグレードアップ感があると思います。5年の成長の証とはいえ、ここまで良くなるとは思ってもいませんでした。2009年最後にこのサウンドが聴けるとは、なんとも幸せです。

さて、恒例の2009年ベストCDです。今年、レクスト試聴ルームのチェックCDとして大活躍してくれた『残響/福山雅治』を選びたいと思います。DAC-NS1Sがマスタリングに採用されているソフトという嬉しさもある1枚です。特に、「最愛」をよくF10開発時の試聴に使っていました。井上鑑さんのピアノと、福山さんの歌との一体感が聴きどころです。

cd2009.jpg

来年早々のビッグプロジェクトについては、元日発表にしてみようかと思っています。

2010年も引き続き応援よろしくお願いします。
皆様、良いお年をお迎えください。

12/18イベントレポート

12/18に開催したフライデーイベントのレポートです。

話題満載の2009年最終イベントとなりました。まず注目は新スピーカーケーブルZ-SPC01Yの初披露。型番の末尾に“Y”が付くのが新型です。

zspc01y1221.jpg

旧タイプとの比較試聴では、新型Z-SPC01Yが全員一致で高評価でした。「従来タイプも、なかなかいい音でしょ。」という私に、「そうですか〜(笑)。」「全然違う気がする(笑)。」とお客様。ほとんどの方が、新型Z-SPC01Yを注文されて帰られたのからも、その実力を感じていただけるのではないでしょうか。

音は、とにかく演奏が熱い。A席がS席になったような快感で、SNの良さも特筆もの。静けさの中から、音楽だけがポーンと飛び出してくる印象です。これぞ、レクスト軽井沢で研究している、新しいテーマに沿ったスピーカーケーブルであると、自信を持って世に送り出せます。

旧作Z-SPC01の発売から約5年。その間のスピーカー、NS441D技術、DAコンバーター、そしてF10という数々の技術蓄積をもって、気持ちも新たにスピーカーケーブルと真剣に向き合ってみました。そして誕生したのが、新型Z-SPC01Yです。従来のZ-SPC01のおかげで、レクストは様々な開発を行うことができました。ありがとう、Z-SPC01!そして、その高い志は、新型Z-SPC01Yが受け継ぎます。全てにおいてZ-SPC01を正当進化させたスピーカーケーブルが、Z-SPC01Yです。

標準価格は、従来より少しアップして、2,800円/m(税別)です。見た目は、ケーブルの色が濃紺になりました。太さは同じですが、取り回しは少し柔らかくなった印象があります。線材や構造に変更はほとんどなく、唯一異なるのが素線の絶縁体の上に導電体が追加されていること。Z-SPC01Yの魅力である“静けさ”の重要なポイントが、この導電体です。

年内にお届けできるよう、レクストダイレクトに販売ページをつくりました。(≫Z-SPC01Y販売ページ)写真等は、これからの掲載となりますので、ご容赦ください。金曜日ご注文いただいたお客様の分を含め、明日より出荷開始します。レクストダイレクトのみの先行販売で、一般販売開始は来年1月を予定しております。

来年のビッグプロジェクトは、ブログでも少しだけ発表します。新録音した音源を含め、驚いていただけると思います。もう少々お待ちください。

またご参加ください。ありがとうございます。

12/18は2009年最終イベント

明日12月18日(金)は、2009年最後のフライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

最終イベントなので、スペシャルな内容です。


【その1】ビッグプロジェクト発表&新録音源を初披露

先日、マスタリングを終えたばかりの新録音源を初披露します。どのような発売形式となるかを含め、来年のビッグプロジェクトの全貌も明らかに。豪華ミュージシャンによる素晴らしい演奏、最高の音質、どれをとっても大満足な完璧の仕上がりです。全曲はお聞かせできませんが、メインテーマをご披露します。必聴です!


【その2】新型スピーカーケーブル発表か?

新型スピーカーケーブルが完成しました。しかし・・・。工場の手違いで、本日レクスト軽井沢へ到着する予定が、レクスト東京に発送されてしまいました。ですので、私も音を聴いていません。音質テストに合格するまでは発表しない方針ですので、まだ明日のイベントに出せるかどうかは分りません。昼にきっちりと試聴テストして、合格ならば初披露&先行販売します。結果は、もう少し待ってください。


【その3】懇親会&忘年会

20:00のイベント終了後、春日のお店へ移動し、懇親会&忘年会を行います。会費は2,000円〜3,000円程度です。2009年最高のサウンドを聴いたあと、大いにオーディオ談義で盛り上がりましょう。明日のイベント&懇親会には、オーディオライターの鈴木裕さんも参加予定です。ぜひお気軽にご参加ください。


予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

今日のNS441D作業4

本日のNS441Dチューニングは、アキュフェーズ/DP-78でした。

dp78ns.jpg

今シーズンのNS441D作業の中で、最も完成までに時間がかかったのが、このDP-78。苦戦した甲斐あってか、仕上がりは完璧です。見事に立体的なサウンドが実現しています。

単体プレーヤーでは、異例なほど鳴ってくれ大満足です。心配になりDAC-NS1Sと繋いで聴いてみましたが、流石にそこはF10チューニングの威力が発揮され、あふれ出るような音楽の洪水でした。DP-78+NS441D単体からのグレードアップに、DAC-NS1Sの導入は大いにお薦めできます。

NS441Dの効果を確認するのに、ノラ・ジョーンズをよく使います。これは普通のCDプレーヤーで聴くと、位相が反転したのかと間違うくらい、音の立体情報が崩れてしまいます。1曲目のボーカルや4曲目のスネアが、なぜこんなに後ろに引っ込んでいるのか不思議なくらい。NS441D施工後は、これが美しい音楽空間と生まれ変わります。NS441D施工プレーヤーをお持ちのお客様は、ぜひ聴いてみてください。

それにしても、DP-78+NS441Dの仕上がりは良かったです。ドライブメカや電源回路、アナログ音声出力回路などの設計の良さを、上手くNS441Dチューニングで引き出せたと思います。

今日のSH-SP7

本日は、スピーカーSH-SP7を2セット仕上げました。

sp71215.jpg

SH-SP7は、厳しい試聴テストに合格してからの出荷となります。結果は、2セットともに一発合格でした。逆に、テストというより、私が感動させてもらったくらいです。

フッと空気と音楽が空間で融合する瞬間が見えたような気がしました。テストということだけでなく師走の慌しさも忘れ、音楽の中に溶け込んでいくような快感。我に返った瞬間、すごく肩の力が抜けているのが分りました。素晴らしい、音楽の癒し効果です。

SH-SP7は、なんと感動的なスピーカーでしょう。このサウンドは、SH-SP7だけが持つ大きな特長です。他では聴いたことがありません。先日出来上がったばかりのソフトは、レコーディングをSH-SP7でモニターしました。それを再び同じスピーカーで聴ける幸せ。あの熱演が、そのまま手の届くようです。

今週のNS441D

今朝も、たくさんの機材がレクスト軽井沢に届きました。今週のスケジュールは、F10チューニング依頼が4セットと、NS441Dの施工依頼が2セットです。今週NS441D化するのは、DP-78とプロ機。それに加えてSH-SP7を2セット、メンテナンスを1セット完成させねばなりませんので、かなりハードなスケジュールとなりそうです。皆様のご期待にお応えできるよう、全力で挑みます。

年内納品と考えると、12月21日から25日が最終の作業週です。23日が祭日ですので、実稼動日数は4日しかありません。とはいえ、年末年始休暇に音楽を楽しんでいただきたいので、あと数セットならば年内施工で受付させていただきます。施工枠には限りがありますので、できるだけお早めにご予約ください。

それにしても、先週マスタリングが終了したCDが、本当に素晴らしいです。こんなソフトを待っていた!という感じで、何度聴いても新しい発見と感動があります。18日のイベントで、内緒で鳴らしてみようかと(笑)。

雪です。

今日の軽井沢は雪です。8月に軽井沢に来ましたので、初めての冬。これからもっと寒くなるらしいですが、まだまだ雪が嬉しく感じられるくらいの軽井沢初心者です。

karuizawa091211.jpg

昨日のマスタリングは大成功。本日、できたてホヤホヤのPMCDを軽井沢で聴いてみました。窓から見える雪景色との相乗効果で、なんとも幻想的な音空間が出現します。ちょっとこの音は今まで体験したことのない感じです。早く皆様にお届けしたい!この音源は、来年の発表です。

今週は、TL51X+NS441Dのラッシュでした。従来仕様のバージョンアップと新規購入合わせて4台を完成させました。週末は、TL51X+NS441Dのサウンドで、喜んでいただけるのではないでしょうか。本当に、もうCDソフトとは思えない音です。なんで、こんなに深みのある音が出るのでしょうか(笑)。

今週のイベントはお休みしましたが、来週12/18は2009年ファイナルイベントです。スペシャルな内容となりますので、ぜひ今からスケジュールを調整してみてください。その日は東京に泊まる予定ですので、イベント終了後は忘年会を兼ねた懇親会を行おうと考えています。

今日のNS441D作業3

本日のNS441Dチューニングは、Nmode/X-CD1でした。

xcd1ns.jpg

ベーシックな状態でも、かなり良い印象がありました。操作性にワンテンポ反応が遅い感じがあるのですが、許容範囲内です。素直なサウンドで誇張感がありません。とはいえ、立体感は普通のCD再生ですから、限界はあります。

NS441D施工後は、プレーヤーの素直さはそのままに、上手く“壁”だけを取り去ることができました。ボーカルが一歩前へ出てくる感じは、NS441Dでしか味わえない立体映像のような広く柔らかいサウンドステージです。

まだ年内のNS441D施工に間に合いますので、ご検討よろしくお願いいたします。


※今週12/11のフライデーイベントはお休みです。明日12/10に、先日レコーディングした音源の、マスタリング作業を行います。東京に2日間居ると、軽井沢でのチューニング作業が間に合わないため、木曜日帰りして、金曜は軽井沢で作業します。申し訳ございません。

そのかわり、マスタリング作業を頑張ってきますので、どうぞご期待ください。この音源の詳細は、近々発表させていただきます。

TL51X+NS441Dは特別仕様

TL51X+NS441Dの価格設定について、ご質問を頂戴しました。ベースモデルの標準価格が105,000円で、NS441D施工が60,000円なのに、なぜ189,000円(税込)となるのかという疑問です。答えは明確で、TL51X+NS441Dは特別仕様だからです。

TL51X+NS441Dのチューニングには、NS441D技術だけでなく、ベルトドライブの魅力を更に引き出す技術、F10仕様のDAC-NS1S/DAC-NS1Mにマッチングさせる技術などが含まれております。レクストDACのみに供給している、振動コントロール素材“新月伐採ヒノキ”をも投入していることからも、その力の入れようがご想像いただけるのではないでしょうか。他社トランスポートの改造機ですが、もはや自社機と同じレベルで持てるノウハウを全て注ぎ込みました。

tl51zns4.jpg

以前のバージョンは、230,000円で販売しておりましたが、ひとつの機器を長くチューニングしてきた技術の蓄積を考慮したのと、より入手しやすい価格設定を目指し、若干値下げを行ったのが今回の販売価格189,000円です。

TL51XにNS441D6万円施工を受けても、残念ながらこのサウンドにはなりません。それほど特別1台なのです。

CDプレーヤーの自社開発がなかなか進まない今、このTL51X+NS441DがレクストDACユーザー様へのトランスポート供給としてのひとつの回答です。TL51X+NS441DとレクストDACのコンビネーションで、最高峰のCDプレーヤーが完成します。そのサウンドは、誰も今まで踏み入れたことのない音楽世界であり、まさにネクストステージ。大げさな表現でないことは、この音を聴けば、全てのオーディオ愛好家にご納得いただけることでしょう。

何より、私自身が驚いています。またひとつオーディオの謎が解け、高みへの道が大きく開けたように清清しい気持ちです。お手持ちのCDソフトに、誰も知らない音楽世界が秘められていることを、ぜひたくさんの方に知っていただきたいです。でも、一度聴いたら、私と同じように、その夜は眠れなくなるくらい興奮してしまうかもしれません(笑)。

12/4イベントレポート

12/4に開催したフライデーイベントのレポートです。

この日の主役は、CDトランスポートTL51X+NS441Dでした。お客様より、「どこを変えたんですか?」と何度も質問がくるほど、CDトランスポートのバージョンアップだけで、大きくレクスト東京試聴ルームの音がグレードアップしたのです。

凄かったのは、アコースティックギターの超絶技巧曲。ただ単にテクニックを見せ付けるのではなく、気迫のサウンドが迫ってきます。この名演には、好みのジャンルを超えて、イベント参加者全員が唸るばかり。

ここで、トランスポートを、TL51X+NS441DからCD6003+NS441Dに交換。トランスポートの変更だけで、DACやアンプ、スピーカーはもちろん、ケーブルやセッティングは全く変更していません。価格は倍近く異なるとはいえ、そこは同じNS441D施工機。CD6003+NS441Dも善戦すると思いきや・・・・・。

TL51X+NS441Dの圧勝でした。さきほどのアコースティックギターの音数やタイム感は同じなのですが、最も感動したポイントである“気迫”が無くなっている。決して、CD6003+NS441Dが悪いわけではありません。TL51X+NS441Dだけが、従来のどんなCD再生と比べても、あまりに良すぎることからくる結果です。

マーカスミラーの極太ベースも最高でした。オーディオ試聴という頭を捨て、ひとりのエレキベースマニアとして聴いても、これは100点満点。こんなに弾けるチョッパーベースは、今まで聴いたオーディオの中で最高でした。何百万の高額システムでも、ここまで鳴っていなかった。それが14万円そこそこのスピーカーSH-SP7から飛び出したのですから、オーディオの上流の大切さに驚かされるばかりです。

その日のイベントで、「TL51X+NS441Dをお嫁に!」と、手を挙げてくださったお客様がお二人も。このことからも、TL51X+NS441Dの実力がどれほどのものかご想像いただけるのではないでしょうか。

またご参加ください。ありがとうございます。

12/4はフライデーイベント

明日12月4日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

今日は、お客様ご注文分のTL51X-NS441Dを仕上げました。

tl51zns3.jpg

東京で聴いても、軽井沢で聴いても、TL51X-NS441DとDAC-NS1S/F10のコンビネーションは素晴らしいです。iPodなどの携帯プレーヤーをトランスポートにしたときの、あの回転系がない感じの音がTL51X-NS441Dにはあります。それでいて、携帯プレーヤーのような音の軽さがありません。どちらかというと、TL51X-NS441Dは深みがあり重厚で、とてもエモーショナルです。もうCDソフトを聴いている感じはなく、未知のプレーヤーを聴いているような錯覚すらあります。

先週のTL51X-NS441D初披露を聴き逃したお客様も、ぜひ明日のイベントで聴いてみてください。これで2009年に思い残すことなし(笑)。TL51X-NS441DとDAC-NS1S/F10で、最高のプレーヤーが完成しました。

レクストダイレクトにTL51X-NS441Dの販売ページを作りました。(≫こちら)DAC-NS1S/DAC-NS1Mユーザーの皆様、ぜひご検討ください。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

今日のNS441D作業2

本日のNS441Dチューニングは、SA-15S1でした。

sa15s1+ns.jpg

ベーシックなSA-15S1ではなく、マスタークロック交換機です。更にNS441D化によって高音質を狙います。クロック交換機は精度の高いサウンドが魅力ですから、そこからCDの壁を撤去すれば新しい音楽世界が開けます。

NS441Dチューニング前の試聴では、やはりボーカルの位置関係が気になります。音楽の立体情報が正確に再現されていないのが原因です。ボーカルが横を向いて歌っているような印象は、なんとか解決せねばなりません。

NS441D化によって、音楽の立体情報が見事に修復されました。元々のCDソフトには、この音楽が記憶されているのです。ピアノが美しく調律されたような快感があります。立体情報が正確になることで、音の無駄な相殺が無くなり、柔らかい高音や重低音が再現され始めるのは、NS441Dのもうひとつの特長でしょう。

まだまだ年内のNS441D施工に間に合いますので、ご検討よろしくお願いいたします。

今日のNS441D作業

本日のNS441Dチューニングは、DCD-SA1でした。

sa1+ns1201.jpg

先月に続き2台目のDCD-SA1ですが、やはり素性の良いプレーヤーは仕上がりも素晴らしい。電源の余裕が、サウンドにも出るものです。

施工前はそっけない演奏だったのが、NS441Dチューニング後はエモーショナルに迫ってきます。試聴で聴いたノラ・ジョーンズは、特にボーカルが一歩前へ出て歌ってくれるような快感でした。

このところ、NS441D作業が続いていますので、施工前の音質をチェックするときに、普通のCD再生を聴くことになります。NS441Dチューニング後の音を知っていますので、もうこの普通のCD再生には戻れません。もっともっと音楽は立体的ですし、もっと高音は柔らかいのですが、普通はこの音で音楽を聴いているのですよね・・・。あまりに真実とかけ離れているので、ショックを受けてしまいます。

貸し出し試聴も行いますので、一度はNS441D技術によって解き放たれたCD再生を体験していただければと嬉しいです。もっと優しい気持ちで音楽と接することができると、私は感じております。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1234)

Link

Search