F10開発ストーリー

F10チューニングは、個々の製品バージョンアップではなく、レクスト製品(DACとスピーカー)全体のグレードアップです。今後お渡しする製品につきましては、価格据え置きで標準装備し、すでにお買い上げいただいているユーザー様には、有償アップグレードで対応します。今日は、F10チューニングの開発に至るエピソードをご紹介したいと思います。

軽井沢と東京の、2つのレクスト試聴ルーム。大きな違いは、部屋とアンプです。レクスト軽井沢は、10万円クラスの真空管アンプA-55T。レゾナンス・チップのチューニングキットを使用し、電源ケーブルをZ-PRC01に交換してあります。鳴りっぷりの良い真空管アンプですが、レクスト東京のDA04+REQSTバイアンプ仕様とは、価格も大きく異なりますので、サウンドに差があるのは仕方のないところです。

部屋は、レクスト東京が5年の歳月をかけルームチューニングを検討してあるのに対し、レクスト軽井沢はスタートしたばかりの試聴ルーム。天井の高さや部屋の広さをリフォーム時から設計したレクスト東京とは異なり、軽井沢は一般的な洋室です。

レクスト軽井沢をスタートさせた当時、この部屋とアンプの違いを痛感し、思ったようなサウンドが得られませんでした。ここに大きなジレンマがあったのです。DAC-NS1SとSH-SP7というレクスト製品が、部屋とアンプの影響でその実力がフルに発揮できていないという寂しさ。これは、お客様の環境でも、大いに起こりうる現象ではないかと考えました。

休日のある日、旧軽井沢を散歩していると、愛犬に導かれるように、ひとつのパンと出会いました。私はオーディオマニア以上にパンマニアですので、まだガイドブックにも載っていないその手作りパンを迷わず購入。見た目が美味しそうだったというよりは、とりあえず新しいパンを見つけると、買わずにはおれないマニアの性からでした。

食べてみて驚いたのなんの(笑)。私の中の“美味しいパン”ランキングが、あっという間にひっくり返されました。焼きたてはもちろん、翌日になっても冷凍しても、その美味しさに揺るぎがありません。間違いなく、私の食べてきたパンの中でナンバーワンです。

食べ物からインスパイアされるというのも不思議な話ですが、レクスト製品は、接続される機器や部屋の環境に左右されることなく、揺るがぬサウンドを奏でほしい。開発した私達は知っている、『秘めたる性能は、こんなものではない。』という想い。そこからF10チューニングは生まれました。

培ってきた振動コントロール技術を更に応用し、今までの良さはそのままに、レクスト製品の持つ性能を発揮させるという概念。具体的には、DAコンバーターならばアンプの影響、スピーカーならば設置場所や部屋の環境。それらに引っ張られることがなく、機器本来の魅力あるサウンドを奏でるのが、F10チューニングです。

F10チューニング施工により、レクスト軽井沢では、DAC-NS1Sは水を得た魚のように、スピード感と広大な音場、そして音楽の抑揚を、アンプに関係なく取り戻してくれました。SH-SP7は、センター音像が濃く描き出され、特に低音がウーファーの口径が大型化したように充実しました。もう、部屋やアンプの悩みは消し飛んでいます。

自社製品だから分かる、実力が出し切れている状態。これを常に再現できるようになったのが、F10チューニングの成果です。

F10チューニング

レクスト軽井沢で開発した新しい独自技術を、“F10チューニング”と名づけることにしました。音楽と機器の力を最大限に引き出すという意味合いの“Full”と、気持ちは早くも来年の“2010年”から、Fと10を取って“F10チューニング”です。

スタッフから、この“F10”というネーミング案を聞き、私的にとても好印象。楽器アンプのツマミなどを全開にする“フルテン”に、なんとなく語呂が似ているためです。F10チューニングのサウンドは、まさにエネルギー全開というイメージですから、馴染みやすいのではないかと思います。

先週イベントでは内緒にしていましたが、F10チューニングはDAC-NS1SとSH-SP7に施工してありました。F10チューニングは、機器とスピーカーに有効な技術です。技術の狙いや概念などは、少しずつ解説していきたいと思います。

さて、このF10チューニングの供給方法。社内会議は難航しましたが、お客様に喜んでいただけるカタチで発表できそうです。詳細は後日発表しますが、およその概要は下記の通り。

1. F10チューニングは、レクスト製品のDACとスピーカーのみに対応。
2. 今後出荷するDACとスピーカーは、価格据え置きでF10チューニングを施工。
3. 既存ユーザー様のDACとスピーカーは、有償でF10チューニングを施工。

気になるF10チューニングの施工料金ですが、1万円を大きく切る価格を予定しております。作業費と部品代、返送料のみで、お客様に新技術を還元できないものか検討しました。F10チューニングから得られるサウンドの価値は、おそらく機器買い替え以上の成果をもたらすでしょう。その対価でチューニング費を試算するよりも、数あるオーディオ機器の中からレクスト製品を選んでいただいたお客様に、感謝の気持ちを込め新しい技術を還元できればと思います。

ご理解いただきたいのは、『予告なき変更』と呼ぶには、あまりにも過剰なグレードアップを価格据え置きでDACとスピーカーに行うということです。これは、レクスト製品を新しいお客様に愛していただき、更に飛躍するために必要であると考えました。

お客様の愛機をお預かりするのは、本意ではありません。PC機器のように通信でアップデートできればよいのですが。それでも、これからのお客様だけにF10チューニングをご提供するのでは、あまりに申し訳ありません。思い切って、レクスト製DACとスピーカーの全ユーザー様を対象とすることにしました。

F10チューニングに関して、ご要望があればお気軽にお問い合わせください。掲示板やメール、お電話ならばレクスト軽井沢0267-31-0889まで、よろしくお願いいたします。

9/25イベントレポート

9/25に開催したフライデーイベントのレポートです。

レクスト試聴ルームのサウンドをご存知の方なら、音楽のエネルギー感が一変しているのに簡単にお気づきになることでしょう。レクスト軽井沢での研究は、2ヵ月にして大きな成果を上げることができました。

「先週の“聴き疲れる”から、今週は“引き込まれる”に変貌している。」「完璧ですね。」と、イベント参加者の皆様よりも賞賛のお言葉を頂戴しました。

音量に関係なく、たとえ小さな音でも痩せない音楽エネルギー。1曲聴き終えると、拍手したくなるような満足感。“生演奏を彷彿させる”というのは、決して誇張表現ではないと思います。

これは、“NS441D”が完成したときに匹敵する、新しい独自技術の完成です。すでに技術的には確立できましたので、あとはどのように供給していくのか。レクスト機器をご使用の皆様に、大いに喜んでいただけるよう検討しております。

9/25はフライデーイベント

明日9月25日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

実は、先週9/18は、シークレット・イベントでした。未発表のレクスト軽井沢での研究成果を内緒でシステムに組み込み、お客様にそのサウンドを味わっていただくという内容。結果、お客様はすぐにその“異変”に気付き、驚かれた様子でした。

「ずっと追い求めた音が実現しているが、いざ手に入れると躊躇してしまう・・・」と、複雑なご感想を多数頂戴しました。実際、音アタリというかサウンド酔いされる方が多数。ライブを2時間観ると、その帰り道では音楽が聴きたくなくなる、アレです。

私も、レコーディングを初めて見学したころは、あまりの音楽の生々しさと、その巨大なエネルギーに圧倒され、サウンド酔いしたものです。今では免疫ができてきたので、10時間を超えるスタジオ作業も平気になりましたが(笑)。確かに、その雰囲気に似たものをレクスト試聴ルームのサウンドに感じましたし、この音楽エネルギー量では酔ってしまう方がおられるのも無理はありません。

実際、9/11イベントで好評だったムターさんの『ツィゴイネルワイゼン』を聴いてみますと、あまりの熱演に息を呑んでしまい、5分くらいでギブアップしてしまいました。9/11には、全曲聴いてしまうほど、ノリノリでしたのに。これは、“CDソフトに内包された音楽の記憶を再現する”という意味では成功したものの、“オーディオを聴き、楽しむ”という観点では問題がありました。

明日のイベントでは、先週の結果を踏まえて、軽井沢試聴ルームで考えた対策案を適応させ、改善する予定です。CDソフトから、生演奏かと見紛うばかりの音楽エネルギーを再現してみせますので、どうぞご期待ください。

それにしても、先週の膨大な音楽エネルギーを見事に再現したスピーカーSH-SP7には、本当に脱帽です。10万円台前半という価格で販売していて良いものかと、怖くなるほどでした(笑)。音楽の感情表現に重要な抑揚は、息を止めて聴いてしまいましたし、地を這うような低音も見事に鳴らしてくれました。スピーカーのサイズを忘れさせてくれるパフォーマンスです。『オーディオの未来は明るい』と、感じずにはおれません。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

9/18はフライデーイベント

明日9月18日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

先週は途中でスピーカーを交換しましたが、やはり2時間という限られたイベントで良いパフォーマンスをご披露するには、スピーカーは1機種に固定したほうが良いと感じました。以前のように、イベント二次回として22時くらいまで延長してるなら良いのですが(笑)。軽井沢への終電時間がありますので、どうぞご了承ください。

明日のイベントは、スピーカーをSH-SP7に固定しますので、時間一杯その魅力を聴いていただければと思います。SH-SP7をRKSTスピーカースタンドに置く場合の、更なる使いこなし術も実験しますので、ご期待ください。

sp70917.jpg

開発中のスピーカーケーブルにも、更なる磨きをかけて持参します。実際に発売する製品版は構造から異なってきますが、開発の方向性をご確認いただければと思います。

愛聴盤をご持参いただければ、ジャンルを問わずどんどん鳴らします。オーディオ優秀録音盤だけが、楽しめるソフトではありません。お好きなCDが感動できてこそ、オーディオの醍醐味です。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

SH-SP7掲載誌

本日発売のサウンド&レコーディング・マガジン2009年10月号に、スピーカーSH-SP7のレビューが掲載されました。

srm0910.jpg

セッティング角度や、モニター環境など、使いこなしに関して詳細にレポートしていただきました。ありがとうございます。「場所を選ばず使うことができる点が本機の大きな魅力の1つ」と、SH-SP7のモニター・スピーカーとしての活用に、高い評価を頂戴しました。

SH-SP7は、リスニング・オーディオ用に開発したスピーカーです。発売してみると、オーディオ好きの方だけでなく、モニターとして活用されるエンジニアさんやミュージシャンが多数。音楽制作時において、SH-SP7の躍動感ある音楽再現が、多くの皆様に支持されているようです。

9/11イベントレポート

9/11に開催したフライデーイベントのレポートです。

開発中のスピーカーケーブルを、SH-SP7とDSW-T1 Signatureで比較試聴。いつもは、イベント後半の登場となる開発中スピーカーケーブルを、今回は昼ごろからSH-SP7に繋ぎウォーミングアップしておきました。

その成果か、SH-SP7のパフォーマンスが際立つ結果に。圧巻は、ムターさんの『ツィゴイネルワイゼン』。お客様から「鳥肌が出た。」とのご感想を頂戴したほど、小さなSH-SP7から迸るような熱演が聴けました。

生演奏のバイオリンを経験したことのある方なら、“キュ〜”という弦と弓が擦れる音に加えて、ボディー本体が共鳴している“コォ〜”という小さな音をご存知だと思います。あのバイオリンの軽い木製ボディーが鳴っている“コォ〜”。これがSH-SP7だと見事に再現されるのです。始めは、SH-SP7の無垢エンクロージャーが共鳴しているのかと思ったのですが、どう聞いてもバイオリンの音。では開発中ケーブルの成果かと思いきや、DSW-T1 Signatureでは聞こえてきませんでした。

SH-SP7のほうが細かい音が聞こえるのかというと、譜面をめくる音や、演奏者の気配といった音を拾ってくるのはDSW-T1 Signature。非常に興味深い試聴結果でした。

加えて『Time Out/The Dave Brubeck Quartet』の「Take Five」も、イベントで素晴らしく鳴ったソフトのひとつ。聞きなれたはずのハイハットが、あまりにリアルだったので、ソフト名をお客様に確認したほどでした。

その日のDSW-T1 Signatureは、明らかにウォーミングアップ不足。鳴らし充分のSH-SP7に、いいところを全部持っていかれたという印象です。両機のウォーミングアップに差があったとはいえ、43万円のスピーカーと互角以上に渡り合う10万円台前半スピーカー、SH-SP7の底知れぬ実力を再確認できたイベントでした。

またご参加ください。ありがとうございます。

9/11はフライデーイベント

明日9月11日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

昨日9/9に発売されましたオーディオベーシック誌の、“日本のスピーカービルダー”という連載で、レクストの3ページ特集が掲載されました。ありがとうございます。記事の出だしが『レクストのSH-SP7に感激しない男は、おそらくいないだろう。』ですから、なんとも嬉しい限りです。“小音量再生”の特集でも、SH-SP7が登場していますので、ぜひご一読ください。

明日のイベントは、新しいスピーカーケーブルの公開実験その3として、リクエストの多かったDSW-T1 Signatureで聴いてみたいと思います。もちろん、SH-SP7も鳴らしますので、スピーカーの比較試聴としても楽しそうです。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

SH-SP7のページ

新スピーカーSH-SP7の専用ページが完成しました。

http://www.reqst.com/shsp7.html

製品写真は、山本博道さん。SH-SP7の持つ、無垢材が放つ独特の雰囲気を、うまく撮っていただきました。最高級ブラック・ウォールナットの色や、クラシカルバーチ材のビンテージ加工など、写真よりイメージしやすくなったのではと思います。

第2ロットは、ちょうど本日完売となりました。ありがとうございます。第3ロットの無垢エンクロージャーは、すでに入荷しております。9月7日に、木工職人さんがレクスト軽井沢まで納品に来てくれました。今回も、どれも木目が魅力的で、アッセンブル作業が楽しみになってきました。

9/4イベントレポート

9/4に開催したフライデーイベントのレポートです。

レクスト軽井沢の試聴ルームで開発している、新しいスピーカーケーブルの公開実験の第2回。初回の公開実験で宿題となっていた“後方への音像展開”に関して、改善バージョンを持参しました。

結果は上々。音像展開は前後左右のどの方向にも自然で、なおかつ音楽が活き活きとしている印象です。イベント時、私は右斜め横で聴いているのですが、SH-SP7の17cmウーファーが、その口径を感じさせないほど、音離れが良くなっていることに気づきました。目を閉じると、30cmウーファーが鳴っているように錯覚します。

公開実験イベントの結果も良好ですので、新スピーカーケーブルは生産計画を検討しはじめました。上手くいけば、年内の発売が実現するかもしれません。どうぞ、ご期待ください。

次回のイベントは、リクエストの多かったDSW-T1 Signatureで新スピーカーケーブルを聴いてみたいと思います。またご参加ください。ありがとうございます。

9/4はフライデーイベント

明日9月4日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト東京イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

明日のイベントは、先週に引き続き、試作スピーカーケーブルの公開実験です。レクスト軽井沢で誕生し、レクスト東京で鍛え上げる。新しい開発スタイルが順調に機能し始めました。

先週の公開実験その1で宿題となった、スピーカー後方への音像展開。より自然に深く広く音像が見えるよう、改善したスピーカーケーブルを持参します。前方への熱く濃いサウンドにも、より磨きをかけました。軽井沢での研究成果を、ご披露できればと思います。

試聴スピーカーは、もちろんSH-SP7です。オール無垢スピーカーが、新しいスピーカーケーブルを得て、どのような音楽を聴かせてくれるのか。ぜひ、いろいろなジャンルのソフトをお持ちください。その実力を一緒に検証してみたいと思います。

sp70903.jpg

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。ありがとうございます。

軽井沢のSH-SP7

レクスト軽井沢での現在のメインスピーカーは、SH-SP7です。フラッグシップモデルのDW-S1も持ってきたのですが、なかなか出番がありません。音楽と戦っている感じのアスリートタイプがDW-S1。一方、SH-SP7は音楽を楽しむ感じの癒し系。軽井沢の気候には、SH-SP7が合っているのかもしれません。

sp70902.jpg

最近では、DAC-NS1Sの最終音質チェックや、新しいスピーカーケーブルの開発も、全てSH-SP7をメインに行っています。10万円台前半のスピーカーを、そのような重要なポストに使用してよいものかと、少々気になるときもあるのですが。そんな気持ちを吹き飛ばすくらい、ご機嫌な音楽を聴かせてくれるSH-SP7。今では頼もしさすら感じます。

何より、オール無垢エンクロージャーという特別な存在。オーディオ界でも、高級ラックなどでは、無垢材の良さが盛んに謳われています。しかし、電気信号を音楽へ変換する肝心のスピーカーは、生産の難しさから無垢材スピーカーをほとんど見かけません。プラスチックやMDFの箱が、もし天然木でできていたなら。しかもそれが、楽器に用いられるような、最高級無垢材だったなら。そんな夢を、手の届く価格帯で実現したのが、SH-SP7です。

実際、SH-SP7のサウンドには、オール無垢材の良さが色濃く発揮されています。ピアノの奥深い響き、ギターのカラッと乾いた鳴り・・・。知ってしまった私は、SH-SP7の虜なのです(笑)。

8/28イベントレポート

8/28に開催したフライデーイベントのレポートです。

軽井沢と東京。2つの試聴ルームを行き来するのが、新しいレクストの開発スタイルです。その第一弾スピーカーケーブルの公開実験を行いました。

まずは、先週イベントの宿題であった、レゾナンス・ピットを洗う実験。忘れていたCDトランスポートの電源ケーブルを挟んでいたレゾナンス・ピットを洗ってみます。結果は、私は微妙だなと思いました。良くなった感じはあれども、期待していたような先週の劇的な音質向上は感じられません。このポイントだけでは、グレードアップ率が少々低いのかもしれません。レゾナンス・ピットを洗う実験を行う場合、ある程度の数をまとめて作業したほうが、変化の相乗効果があり、良い結果を感じやすいと思われます。追試の参考になれば幸いです。

さて、スピーカーケーブル。試聴ソフトを『マブイウタ/宮良牧子』の「少女」に決め、比較試聴しました。現在のスピーカーケーブルZ-SPC01では、全く不満のない・・・というより大満足のサウンド。個人的には、これ以上のスピーカーケーブルの必要性を感じないほどです。

そして、軽井沢で誕生した試作スピーカーケーブル。全員で驚きました。こんなに生々しい「少女」は、96kHzマスターでも感じなかった初めての体験です。ボーカルの音像の実在感が素晴らしい。ドラムの、そこで叩いている感じの再現も見事。スピーカーケーブルの交換だけで、ここまで新たな気持ちで音楽と更に深く向き合えるようになるとは、新鮮な体験でした。

レクスト東京試聴ルームで聴くと、若干の修正ポイントが発見でしました。奥行き方向の再現です。これは、9/4のイベントで改善タイプを持参し、さらに研究していきたいと思います。

これだけ音楽が熱く、そして濃くなるスピーカーケーブルです。「初代DAC-NS1Mでは、どのような表現になるか?」という質問がイベントでありました。ちょうど、下取りしたDAC-NS1Mを再調整しましたので、試作スピーカーケーブルで聴いてみました。このコンビネーションによる音楽再現も素晴らしく、眼前のスピーカーは消え去り、音楽の情景が心に飛び込んでくるように感じることができました。このスピーカーケーブルが完成すれば、DAC-NS1Mユーザーの皆様にも、大きなグレードアップをお届けできそうです。

karuizawa0901.jpg

またご参加ください。ありがとうございます。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1209)

Link

Search