『究極の壁コンセント対策』のご感想

本日はプレーヤーN-70AE+NS441Dの完成試聴でした。

n70ns_180323.jpg

N-70AE+NS441Dは、CD盤が動くメカニズムを持ちません。ですので、一般のCDプレーヤーよりも長寿命と考えられます。10年、またはそれ以上ご愛用いただける音楽人生の相棒機。お客様にとっては、音楽人生の最後となるかもしれないプレーヤーです。試聴にも自然と力が入ります。もちろん、完璧のサウンドを確認し、お客様の元へと旅立ちました!


動画『究極の壁コンセント対策』に挑戦されたお客様からご感想が届きました。ありがとうございます!

------------------

到着したR-Pad-ezを、さっそく、コンセントのカバーをはずし、右隙間に入れようとしたところ、家のねじ止めされているコンセント・ユニット? が右寄りに取り付けされているためか?、右の隙間が幅、厚さがなく、やむなく、左の隙間に挟み聞いてみました。

で、、、、、選んだCDは、

(たぶん)10年以上前に購入し一度聞いて、「(ライブ演奏の収録)のせいか音がよくない」と感じ、そのまま、今日までほとんど聞かずにきた、(ホロヴィッツとオーマンディ指揮NYPのラフマニノフ P協奏曲三番)のCDを、試しにかけてみました。

すると、まったく、生き返ったような響き、演奏となって再現され、完全に引き込まれ、堪能しました。(ホロヴィッツファンではありませんが、これは、まさしく、ホロヴィッツのための曲ではないかと思った次第です。)

それは、稀代のヴィルテュオーゾの、両手が鍵盤上をところ狭しとはげしく駆け巡る、その何かが乗り移ったような全霊の表現、すごい集中度、振幅の大きさ、完全に鳴りきった響きの豊かさ、、、に引きずられてしまいました。

これまで(といっても過去一回だけですが)、味わえなかった印象で、一気に演奏の真相に肉薄した、という思いです。(いってみれば、演奏の享受における、「隔靴掻痒」の反対の体験です)

何が違うのかと言うと、演奏の「リアルな肉感性」が再現される、という印象です。間違いなくR-PAD等、貴社製品の複合的?効果によるものです。もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない、と思います。

以上、ひとまず、私の「一聴の感想」をご報告します。

(神奈川県 K様)


------------------

「もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない」とは、まさに私が無い知恵を絞り、“爆発的〜” や “究極の〜” と表現していたそのものです。ぜひ未体験の皆様に、チャレンジしていただければ嬉しいです!

≫ R-Pad-ez販売ページへ


本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『新しい概念による、二つの新製品を予告!』です!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

この週末、急ぎR-Pad-ezを入手したい方はAmazonプライムで!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『究極の壁コンセント対策』 と、R-Padのご感想

本日の動画は、『究極の壁コンセント対策』。R-Pad-ez×1枚なら、どこが一番グレードアップできるかを考え、壁コンセントを攻略しました。

1,000円決算クーポンや、会員登録の1000ポイント、レビュー投稿の500ポイントを使えば、R-Pad-ezがかなりお安くご購入いただけます。その投資レベルでは考えられない音質向上です。ネット動画でも、その驚きの片鱗は感じていただけるのでは?

≫ R-Pad-ezの販売ページへ

≫ R-Pad-ezのAmazonプライムへ





さて本日は、お客様よりR-Padのご感想が届きましたので、ご紹介します。その驚きが文章からビシビシ伝わってくる、熱いレビューです。ありがとうございます!

---------------------

あまりに凄くなっていますので、感想を書かせていただきます。

レゾナンス・チップ・ゴールドやレゾナンス・チップ・コネクトを色々な所に貼りました。確かによくなっています。でも何せパソコンオーディオだから・・・という言葉が出ます。

その後R-Padもどんどん買い足して行き、今や11枚となりました。

● 驚きその1
パソコンの前面の2個あるUSB端子。一方は、DACに繋がるコード。一方は、ステレオ誌に付属していた20?程の何も繋がないUSBコード。その2本に跨らせてR-Padをパソコンに立てかけました。

グルミオーのバイオリンの音がバックのオーケストラの音が、みるみる透明になって行きます。外すとジリジリとした如何にもパソコンからの音。こんな事が起こるのは、R-Pad以外考えられませんよね。


● 驚きその2
トールボーイ型のスピーカーとボードの間にR-Padを置きました。

ここでも改善はあったのですが。更にトゥイーターの上に(眉間?)にレゾナンス・チップ・ゴールドを貼りました。スピーカーの存在が消えました。前方にオーケストラの楽器がびっしりと並んでいます。オーケストラの夫々の楽器の音が美しくなりました。ティンパニがドロンからダダンに変わって、オペラを盛り上げます。


● 驚きその3
1.
DACからプリメインアンプへ向かうRCAコード一本と、ダウントランスからDACとパソコン電源を繋ぐタップへ向かう電源コード2本目と、電源タップからDACを繋ぐ電源コードの3本を、パソコンのモニターの電源コード、プリンターの電源コードを繋いでいる100ボルト電源タップの間にR-Padを挟みました。

オペラのバックのオーケストラが伸び伸びと鳴り出して来ました。バイオリンの音もキューンですね。

2.
200Vコンセントからダウントランスへの電源コードと床の間に、R-Padを挟みました。ここは、パソコンとDACと、プリメインアンプが繋がっています。これが一番凄かったです。

小音量の時も大音量になっても、シンフォニーもオペラも更に音が美しくなりました。ダイナミックレンジも広がっています。音像も原寸大を感じさせるところまできています。

マーラーのシンフォニー2番、6番、素晴らしい。リヒアルト・シュトラウスの薔薇の騎士、美しい、盛り上がっていく所も素晴らしい迫力です。音楽に完全に引き込まれてしまいます。幸せです。

今、プッチーニの「蝶々婦人」を聞いています。この様に鳴って欲しいと思う音を超えています。あまりに情報量が多いので、大音量にすると8畳の部屋に音が飽和してしまいます。音量の調整が微妙ですが、音楽の波の中に浸っています。

どんなにお金を掛けても、こんな音は出ないのでは無いかとさえ思えてきます。
感謝です。ありがとうございます。

(埼玉県 E様)

---------------------

「この様に鳴って欲しいと思う音を超える。」これこそが、R-Pad最大の魅力です。私も開発時には、ここまでのアイテムだとは想像していませんでした。大傑作とは、こんな風に生まれるのかもしれません。素敵なご感想、こちらこそ感謝いたします!

──────────────────────

女性ボーカルの決定版!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

動画 『奇跡の音を出す方法』 

本日はメルマガを発行しました。

メルマガのタイトルは、『奇跡の音を出す方法 & 大決算祭の最大3,000円クーポンをプレゼント中!』です。

大決算祭の最大3,000円クーポンをメルマガ読者の皆様にプレゼント中。 ご購入金額に関係なく1,000円引きのクーポンもあります。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

---------------

本日の動画は、『奇跡の音を出す方法』です。私とて、そう簡単に奇跡なんてワードは使いません。奇跡の音の定義を含め、できるだけ分かりやすく解説しました。比較試聴音源もあります。

10分と、少し長めの動画ですので、週末のお時間のあるときにでも、ぜひご覧ください。



──────────────────────

奇跡の音を出すには必須のR-Pad-ezは、Amazonプライムで即納!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

爆発的音質向上テクニックを考察する

本日、お客様からお電話が何本かありましたので、このところの動画についてご感想をお聞きしました。

「少し偉そうにしゃべっている感じがするところがある」、「長い動画は見ない」などの厳しいご意見も。なるほど、反省し、改善に努めます。

「動画のほうが圧倒的に分かりやすい」という、嬉しいご感想も!

このブログがそうであったように、続けていくことで動画のおしゃべりも少しは向上していくと思います。また、より見やすくなるよう、日々改良を加えておりますので、ぜひお時間のある時に動画をチェックしてみてください。

---------------

さて、本日は“爆発的な音質向上”のR-Pad新活用法について、いろいろと考察してみました。私が、このサウンドにいかに驚き、戸惑い、そして喚起しているかが動画から伝われば嬉しいです。

このところの悩みはというと、この驚きが皆様にお伝えしきれていないという歯がゆさ。R-Padをお持ちのお客様でも、まだケーブルインシュレーターとして使ったことがない人が多いのです。

R-Padを買い増しするのは、とりあえず後回し。まずは、どこかのR-Padを撤去してみてビフォー状態を聴き、次にスピーカーケーブルのインシュレーターとしてR-Padを使ってみてください。

音楽好きの誰もが大好きな音質変化。音の専門家でなくとも、誰もがご機嫌な音質向上。そんなオーディオの夢いっぱいのサウンドが飛び出すテクニックが、R-Pad新活用法の爆発的音質向上です。この魅力を熱くグイッとお伝えするのに、情熱を燃やしております。

今日の動画は反省点を活かし、なんとか3分にまとめました。ぜひ!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1882)

Link

Search