新製品R-Pad-ez 完成!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の小型バリエーションとなる、新製品R-Pad-ezの製品版が本日完成しました!

早速、スピーカーのターミナルに乗せて試聴。左右のスピーカーターミナルですので、R-Pad-ez×2枚を使用しました。

rpadez_170807.jpg

このポイント、試作のR-Pad-ezでも聴き続けてテストしていますので、今更ビックリすることはありません。しかし! 製品版R-Pad-ezは、全く異次元の音楽世界を見せてくれました。驚きです!

試作R-Pad-ezは効果70%と想定していましたが、もしかするとそこまで到達していなかったかも。いや、というより残り30%が重要な鍵を握っていたと言うべきか。

既に、新RCAケーブルZ-LNC01Sの導入で、レクスト試聴ルームは、まるで生演奏をモニターしているのではないかというくらいの生々しいサウンドを実現しました。果たして、その先の音があるのか・・・いやはや、あったのです。

車の運転を想像してみてください。フロントガラスの向こうに広がるのは、現実世界の景色です。例えば、1か月くらい洗車していない車。フロントガラスには砂埃が付着しはじめ、かなり視界は悪くなってくるころです。ですが、まだ運転できないレベルの窓の汚れではなく、「ちょっと見にくいな〜」というレベルでしょう。

ガソリンスタンドへ給油に立ち寄り、窓ガラスを拭いてもらったとします。そのあとに広がる景色は、先ほどまでの汚れた窓から見た景色とは、まるで別世界に見えるものです。これですよ、これ!

同じ生演奏のような音楽世界が見えているのですが、窓ガラスがピッカピカになったような実在感が、R-Pad-ez導入後には感じられます。それは、どの帯域を強調しただとか、位相が良くなったとか、そういう変化ではありません。とにかく、窓がピッカピカ!

強いて従来のオーディオ変化に例えるなら、スピーカーケーブルがツー・グレードくらい良くなった印象でしょうか。

メルマガ先行予約でR-Pad-ez初回ロットをゲットした皆様、本来ならば本日より発送を開始する予定だったのですが、私のR-Pad-ez完成試聴がついつい長引いてしまい、出荷作業時間が無くなってしまいました。私のミスです。本当に申し訳ございません。明日8/8に発送いたしますので、もう少々お待ちください。

現在、R-Pad-ezの第2ロット×50枚のメルマガ先行予約中で、8月下旬の完成予定です。おそらくR-Pad-ez第3ロットは1か月以上待ちとなってしまうので、9月や10月になってしまいます。お早めにご予約ください。絶対に喜んでいただけますよ、R-Pad-ez!

R-Padの小型バリエーション“R-Pad-ez”誕生!

本日のブログは、7/28発行のメルマガと連動しております。メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます.

--------------------

あのR-Padの小型バリエーション“R-Pad-ez”誕生! R-Padの驚異的制振性能そのままに、小型化に成功しました。メルマガで初回ロット×50枚を先行販売します。

そこで、比較試聴動画を準備しました。比較するのは2つ。完成したばかりの新RCAケーブルZ-LNC01Sと、新製品R-Pad-ezです。

ビフォー動画は、RCAケーブルが前作Z-LNC01W。アフター動画その1は、RCAケーブルを新型Z-LNC01Sに交換。アフター動画その2は、アフター動画その1のセッティングのまま、新製品R-Pad-ezを左右のスピーカーターミナルに置きました。

rpadez_170728.jpg

セッティング、ボリューム位置など、他の条件は全て共通で、収録後の音声加工などは一切行っておりません。ぜひ比較に挑戦してみてください!


↓ ビフォー動画:RCAケーブルは前作Z-LNC01Wを接続



↓ アフター動画その1:RCAケーブルを新型Z-LNC01Sに交換



↓ アフター動画その2:新製品R-Pad-ezを左右のスピーカーターミナルに置く


ネット動画でも違いがわかりますでしょうか? 実際に横で聴いていると、それはもう素晴らしい音質向上でした!

小型R-Padの激変ポイントは、どこだ?

小型R-Padのテスト中〜。

rpad_170712.jpg

それにしても、この小ささ! 今までの正方形R-Padでは攻められなかったポイントへ、軽々とアクセスできます。

もうですね〜、マスタリング違いくらい音が変わります。ただし、音楽は、変わると良くなるが紙一重なので、慎重に新ポイントを探っているところです。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想 その25

お客様より、スピーカーSH-EP7の公式バージョンアップである、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のダクト置きのご感想とお写真が届きました! 転載の快諾をいただいております。 ありがとうございます!

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページです。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

レクスト 西野様 スタッフの皆様

7月7日にR-Padが届きました。今日(7月9日)さっそく試聴しました。

カーペンターズの名曲の歌詞に「雨の日と月曜日は、いつもわたしを憂うつにさせる」というのがありますが、それにあやかって表現すると「レクストのアクセサリーは、いつもわたしをイライラさせる」となりましょうか。いえいえ、ほんとうにイライラしているわけではありません。

SH-EP7のダクトにR-Padを置いて、聴いてみる。しばらくすると「ちくしょう、いままで聴いていた音はなんだったんだ!」と感じる、それを「イライラ」する表現したのですが、これは私の性格の悪さが原因であって、レクストの皆様のせいではありません。 笑

わたしはもちろん素人ですので、技術的な詳しいことはわかりませんが、あえて感じたことを説明すると「R-Padを置くと、いままであった箱の余分な振動が抑えられて、低音域が無駄なく鳴る、あわせて中音域の雑味が減り、高音域のキツさが減る」と思いました。西野様はこれを「仮想重量アップ効果」と表現しておられる、と思いましたが、いかがでしょうか?

これまでのレクストの製品は「ソフト本来の音を、いかにくっきりはっきり引き出すか」という、どちからというと緊張を強いられる向上だと、私は感じていましたが、今回のSH-EP7 × R-Padは、同じくっきりはっきりでも、少しリラックスする方向というか、スピーカーの鳴り方に余裕が出るような向上、と感じました。 いままで以上に「いつまでも聴いていたい音」になったと感じています。

さて、せっかく手に入れたR-Padですので、CDプレーヤーの天板の上や電源プラグの立て掛けなども試してみました。

いやあ、CDプレーヤーの上は効きますね。音色の濃さや前後の立体感など、気持ち悪いほどのリアリティ。しかし、今回は、今回の主旨であるSH-EP7 × R-Padの凄みにハマりました。SH-SP7、SH-EP7、SH-EP7Wをお使いの方は、ほかの場所に置く前に、かならずダクトに置くことをおすすめします。これらスピーカーを使っている方の特権です。 笑

まずはご報告まで。今後ともよろしくお願いいたします。

※自宅で設置したところの写真を添付しました。左下にNS441DチューニングのマランツCD6004が写っています。

rpad_170710.jpg

(岐阜県 W様)


−−−−−−−−−−−−−

いつもイライラさせてしまって、申し訳ございません(笑)。でも、このサウンド、ワクワクですよね!

SH-SP7/EP7/EP7Wは素晴らしいスピーカーですが、今回のバージョンアップ後では、底板の厚みが弱点だったのだと気付かされました。せめて15ミリ厚ではなく、18ミリ厚の板が採用できていたら!

合板やMDF材の場合、底板を厚くするのは、そんな難しい問題ではありません。貼り合わせれば、倍の厚みだって楽勝です。しかし、天然木無垢材の場合、板厚はコストアップに直結します。価格を抑えるというのもスピーカーSH-SP7/EP7/EP7Wの使命だったのですから、この底板の厚みは避けられないところです。

しかし、時は流れて、R-Padという仮想重量アップが可能なアイテムの出現。このサウンドを聴けば「いままで聴いていた音はなんだったんだ!」とはなってしまいますが、これから続いていくスピーカーとの関係は最高に明るいものとなりました!

R-PadでのスピーカーSH-SP7/EP7/EP7Wの公式バージョンアップ、ぜひ挑戦してみてください!


≫レクストダイレクトR-Pad販売ページへ(返品・返金保証キャンペーン中!)

↓ AmazonのR-Pad販売ページへ(Amaoznプライムで即納!)

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1752)

Link

Search