限定新製品R-VM18 Zeroのご感想

限定新製品R-VM18 Zeroをご購入いただいた方から、嬉しいご感想がとどきました。既に完売してもう入手できないR-VM18 Zeroですが、レクスト開発チームの絶好調ぶりをご感想から感じていただければと思い、転載させていただきます。

----------

1万円のアクセサリーで変わる音ではないですね。バ一ジョンアップの範囲も軽く越えています。

賞賛以外の言葉が見つかりません。この世界をどう表現しようと陳腐になってしまう。

(東京都 E様)


----------

R-VM18 Zero、早速取り付け聴いてみました。

強烈なグレードアップ!

今までの演奏はリハーサルの軽い流しだったのかと錯覚するほど、気合いの入り方がまるで別物です。

(石川県 T様)


----------

R-VM18 Zeroの最大の欠点は、量産できないことでした。現在のレクスト開発チームの実力では、R-VM18 Zeroと同等の実力、それを超える実力の製品は、これ以上の数量を生み出すことができません。どうぞお許しください。

しかし、年単位の時間が経過すれば、また成長が得られるかもしれません。1年後になるか5年後になるかわかりませんが、小型制振ノブに再び挑戦する日がくれば、全力で挑みたいと思います。

zero_5_171013.jpg

R-VM18 Zeroをご予約の皆様、六角レンチの数量が足らず、発送が遅れており申し訳ございません。明日20日の入荷予定ですので、配送トラブルさえなければ予定通り発送させていただきます。もう少々お待ちください。

限定新製品の制振ノブ R-VM18 Zero、完売!

メルマガ限定新製品の制振ノブ R-VM18 Zeroですが、約1時間で完売しました。ありがとうございます!

R-VM18 Zeroのキャンセル待ちですが、ものすごい数のお申し込みがあり、ほとんどの方にご案内できないと思います。申し訳ございません。

限定新製品R-VM18 Zero の写真

本日のブログは、10/13発行のメルマガと連動しております。メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます.

--------------------

解説はメルマガをご参照ください。

左がレゾナンス・チップ・ブロウ、右がビンテージ制振チップ。表面の形状がビンテージ制振チップはドーム型で、裏面を見ると焼物の土の種類が異なるのが分かります。

zero_1_171013.jpg

限定新製品の制振ノブ R-VM18 Zero !

zero_2_171013.jpg

底面はこんな感じ。

zero_3_171013.jpg

DAC-NS1SにR-VM18 Zero を装着。

zero_5_171013.jpg

トランスポートにR-VM18 Zero を装着。

zero_4_171013.jpg

制振ノブ“R-VM33”が大人気!

このところ制振ノブ“R-VM33”が大人気!ミュージックバードの私の番組『いい音って何だろう?』でノブの比較試聴をやったところ、聞いていたリスナーさんがご購入。結果に驚き、行きつけのお店などで、制振ノブ“R-VM33”を披露してくださったとのこと。そこから驚きの輪が広がっていったようです。こんな楽しくて嬉しいエピソード、長く音楽の仕事をやっておりますが、なかなかありませんよ〜。

まだ純正ノブのままの方、ぜひ制振ノブ“R-VM33”へグレードアップしてみてください。ラジオ放送でも軽〜くわかるくらい音が良くなり、しかもリスナーさんが買っちゃうくらいの音質向上です。アンプのノブを交換したなら、間違いなく買い換えたくらい・・・いや、こんなノブを装備したアンプは売っていませんから、買い換えでも得られないくらいのグレードアップが可能です。

そして、音量ノブとセレクターノブの2個を交換すると、その音質向上は足し算ではなく、なんと掛け算で!

制振ノブ“R-VM33”、即納できますので、ぜひ!

 ≫制振ノブ“R-VM33” 販売ページへ

rvm33_140620.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1782)

Link

Search