史上初?! アナログマスターテープ vs ハイレゾ 後編公開!

本日、連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の第34回、ビクタースタジオさん取材レビューの後編です。

 > 連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』第34回のページへ

記事には書きませんでしたが、ビクタースタジオさんには様々な要望を、強〜くお願いしてきましたよ!

音楽を家庭に届ける大きな器として、ハイレゾに夢を感じた取材となりました。ぜひご一読ください!

史上初?! アナログマスターテープ vs ハイレゾ

本日公開されました連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の第33回、力作です。

 > 連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』第33回のページへ

このブログではお馴染みのネット比較試聴動画で、アナログマスターテープ vs ハイレゾのガチンコ対決!ビクタースタジオさんの全面協力で実現しました。ぜひ聴いてみてください。

音量は、FLARマスタリングのエンジニア袴田剛史さんのボリューム位置。私よりも4dBくらい小さ目かもしれません。でも、すごく分かりやすいスタジオ環境でした。

victor_160323.jpg

後編は、怒涛の長文(笑)。近日公開ですので、どうぞご期待ください!

『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の第14回原稿

『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の第14回原稿を提出しました。今回の前半は、かなり厳しめ。聴き手側代表としての要望を書いてみました。

後半は、レーベルまるごとの太鼓判です。ジャズ好きの皆様、どうぞお楽しみに。

数日中には公開されると思います。

『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』第12回公開!

『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』の第12回が本日公開されました。

“辛口”から“厳選”へ、今回からタイトルをリニューアル。“辛口に選ぶ”という概念は、なかなかご理解ただけず、「そんなに紛らわしいなら“厳選”にしましょう」と柔軟に対応しました。「○△はハイレゾとは呼べない!」なんて辛口レビューするのは、どうしても抵抗がありまして・・・。タイトル変更は抵抗無しです。

さて、今回は前・後編のシリーズ・レビュー。エンジニアさんへの綿密な取材を繰り返したところ、さすがに一話では収まりきらない分量となりました。前編はプロローグで、過激な後編へと続きます。


≫第12回 『LISTEN』 DSD trio, 井上鑑, 山木秀夫, 三沢またろう
 〜DSD音源の最高音質作品がついに誕生〜
 【前編】


ぶっちゃけ、圧倒的に現時点でのナンバーワン高音質ハイレゾ音源です。他のDSD作品がまだ規格を試しているヨチヨチ歩きなのに対し、『DSD trio』は完全にDSD規格をコントロールして作品作りを行っています。つまり、DSD音源のデモ作品として、これ以上の音源は今のところありません。ぜひ聴いて、未来を感じてみてください。

CDも同じマスタリングで仕上がっており、お薦めです!

LISTEN


ちなみに第11回のブレンデルのモーツァルトは、下記の事情で幻のレビューとなりました。買えた方はラッキーでした。

「※連載第11回「『Mozart: Fantasia in C Minor, K.396; Piano Sonatas』 Alfred Brendel〜ウィーンの風とともに、巨匠のピアノを仮想実体験する〜」は、権利者の都合により該当作品の配信が中止となった為、記事を取り下げさせていただきました。何卒ご了承ください。」

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1679)

Link

Search