ケーブル・ブレスレットの新活用法

先日のメルマガでご報告しましたケーブル・ブレスレットの新活用法、いくつかご質問を頂戴しております。

まず、どういった活用法だったかをご紹介しましょう。

新型アクセサリーを開発している途中で、ケーブル・ブレスレットの新活用法を思いつきました。新型アクセサリーほどの衝撃的グレードアップではありませんが、投資以上の満足がある音質向上かと思います。

使い方は簡単。音楽情報を再生しているときのUSBメモリにケーブル・ブレスレットを巻きつけるというもの。

cb_160701.jpg

ケーブル・ブレスレットはレクストケーブル専用に開発したのですが、あまり頑なにならず、こういう応用も、これからはどんどん試していこうかと思います。

以下、ご質問と回答です。

------------------------

Q1:
USBメモリにブレスレットを巻くとき、既に貼ってあるレゾナンス・チップ・ブロウは外したほうが良いですか?

A1:
私はブロウを貼ったまま、ケーブル・ブレスレットを使っています。もともとこのウラ技が、「チューニングが完成した状態から、更にケーブル・ブレスレットの改善プログラムを適応させる」というアイデアからきているからです。


Q2:
ケーブル・ブレスレットの巻く方向が逆ではないか?

A2:
USBメモリとプレーヤーが長いケーブルで接続していると想像してみてください。今回のケーブル・ブレスレットは、その接続ケーブルに対応させるイメージです。この接続ケーブルは、電源ケーブルでありデジタルケーブルになります。

確かに電源ケーブルとして考えると、プレーヤー→USBメモリです。デジタルケーブルとして考えると、データはUSBメモリに記憶されているのですから、USBメモリー→プレーヤーに流れます。

USBメモリが何の役割としてが重要かを考えると、やはり音楽の記憶媒体としてだと思います。ということはUSBメモリー→プレーヤーが正解ではないでしょうか?

私が聴いてみたところ、実際に写真の巻き方の方が印象が良かったです。しかし、今回はウラ技的な使用方法ですので、正解があるわけではありません。イメージの良い方向で巻いて楽しんでみてください。

------------------------

このUSBメモリにケーブル・ブレスレットを巻く技、音の変化イメージとしては、ちょうどレコード再生におけるカートリッジ交換に似た雰囲気です。ちょっと分厚くて音の固まり感が出やすくなるサウンドで、いわゆるアナログっぽい音質がUSBメモリの無機質系デジタル再生から得られます。お薦めです!

ケーブル・ブレスレットは再入荷しておりますので、即納できます。まだお持ちでない方は、ぜひ!

 ≫ケーブル・ブレスレット2015 販売ページへ

ケーブルブレスレット、再入荷しました!

品切れ中でしたケーブルブレスレットが再入荷しました。レクスト・ケーブルの後付けアップグレードアイテムです。そりゃもう、びっくりするくらい音質向上しますよ!レクスト・ケーブルをお使いで、ケーブルブレスレット未導入のお客様は、迷わずゲットしてみてください。

 ≫ケーブル・ブレスレット2015 販売ページへ

メルマガ限定ケーブル1万円下取りキャンペーンで新RCAケーブルご購入のお客様より、「Z-LNC01Wの説明書に、ケーブルブレスレット不要って書いてあるけど?」とご指摘がありました。確認してみると、確かにその表記が!これは旧ケーブルブレスレットのことで、現在販売中の新型ケーブルブレスレットは、Z-LNC01Wにもちろん有効です。本日発送分より訂正しましたので、どうぞお許しくださいね。
cb_160628.jpg

マスタリング・スタジオ“Orange”さん探訪 その3

今回のマスタリング・スタジオ“Orange”さん探訪では、新導入“IRONコンプ”のチューニングと、新ステレオディフューザーのテストとを無事に任務完了。帰り支度を始めたところ、「そうそう、ケーブル・ブレスレットの新型を持ってきたんですよ〜」と思い出し、せっかくなのでエンジニア小泉由香さんに聴いてもらうことにしました。“Orange”さんのリファレンス・ケーブルは全てレクスト製で、旧ケーブル・ブレスレットが装着済み。果たして、新型ケーブル・ブレスレットの効果やいかに!

帰り際ということでお試し程度にご紹介した新型ケーブル・ブレスレットでしたが、これが凄かった!チューニングが完成したばかりのIRONコンプと、小泉さんの愛機で制振ノブ・フルチューンのアバロンEQとをつなぐ、レクストXLRケーブルに新ケーブル・ブレスレットを巻くと、そこには別世界の音楽が出現したのでした。

「はて?この感覚はどこかで・・・」と思いを巡らすと、あの音展イベント2015です。あの日の衝撃が、マスタリング・スタジオでも再現されたのでした。

ケーブル・ブレスレットの写真を撮り忘れてスミマセン。この両機を繫ぐレクストXLRケーブルに、新型ケーブル・ブレスレットを装着しました。

orange_160408.jpg

新型ケーブル・ブレスレットの音質向上は、10%や20%のグレードアップとは違う気がしています。大袈裟かもしれませんが2倍くらいはいくのではないでしょうか?こんなにグレードアップできるアイテムって、絶対他には無いですよね!

あまりの良い音に、私も「返してね」と小泉さんに言えず(笑)、その新ケーブル・ブレスレット×1ペアはOrangeさんに置いて帰りました。

レクストケーブルのユーザー様には、新ケーブル・ブレスレットは必須!このところの新製品ラッシュで、きちんとご紹介できていなかったのではと猛省しています。

さて、今までメルマガ先行販売のみで受注しておりましたケーブル・ブレスレット2015ですが、新ステレオディフューザーに続き、本日よりレクストダイレクトでの販売を開始いたします。ぜひ!

 ≫ケーブル・ブレスレット2015 販売ページへ

ケーブル・ブレスレット2015の比較試聴動画

メルマガ先行販売中のケーブル・ブレスレット2015!
ほぼ予約完売が続いておりましたが、来週いよいよ第6ロットが入荷します。即納できますので、この機会にぜひ!

さて、本日発行のメルマガと連動しまして、ケーブル・ブレスレット2015の比較試聴動画をお届けします。機材やセッティング、アクセサリーなど全て共通で、違いはケーブル・ブレスレット2015の有無のみ。

↓ビフォー動画です。ケーブル・ブレスレット2015無しのパフォーマンスです。



↓アフター動画その1。ケーブル・ブレスレット2015をRCAケーブルに装着しました。RCAケーブルが左右で2本ですので、ケーブル・ブレスレット2015×2個の効果です。



↓アフター動画その2。ケーブル・ブレスレット2015をフル装備しました。


ケーブル・ブレスレット2015のフル装備では各電源ケーブル&タップで4個、スピーカーケーブルで2個、RCAケーブルで2個、デジタルケーブルで1個、合計9個のケーブル・ブレスレット2015です。

この比較試聴動画でも、笑っちゃうくらい音質向上しているのが分かりますよね!アンプのボリューム位置は18クリックで固定し、ビフォーアフターで一切触っていません。ヤラセ無しで、本当にケーブル・ブレスレット2015の有無だけで、これだけ違うんですから驚きです。詳しくは、本日のメルマガをご参照くださいね!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1579)

Link

Search