CDトランスポートTL5+NS441Dのご感想

お客様よりCDトランスポートTL5+NS441Dのご感想が届きました! ありがとうございます。

≫CDトランスポートTL5+NS441Dの販売ページへ

−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。
CEC/TL5のインプレッションを報告します。

CDプレイヤーDENON/DCD S-1の音飛びが酷くなったので、トランスポートの導入を検討し、REQSTさんの、CEC/TL5にNS441Dの制振技術を施したトランスポートを選択しました。

REQSTさんの制振技術は、すでに導入した制振ツールの実力はよく理解していましたので、何の迷いもありませんでした。嘘です。。。筐体のカラーでは迷いましたが、ブラックを選択しました。。。

特に電源関係へのR-Padの増殖が効果を発揮しているので、TL-5単体の評価を行うのはなかなか難しく、当然TL-5、DAC-NS1Sのコンセント側とインレット側にはR-Pad、TL-5とラック床(ガラス製)の間にはR-Padが鎮座して居ます。結果的にごちゃ混ぜの評価になりました。

DCD S-1のDAC部分はそのまま利用する事し、TL5には、RCAデジタル出力は一つしかないのでTL5とDAC-NS1SはRCAで接続、DCD S-1とはAESEBUで接続しました。

R-Padの恩恵をたくさん受けている環境ですので、TL5の効果を実感するまでには少し時間がかかりました。すでに低い重心はより低くなり、音離れはより一層よく、キレのいい音が飛び出してきます。久しぶりに聴くCDでは、今まで聴こえていなかった音が聴こえてきます。

今まで中心で聴いていた環境は、Win10 Pro foobar2000 ASIOで USB出力をDAC-NS1Sに接続して聴いていました。この環境でも十分満足して聴いていましたが、これからはハイレゾ専用の環境として運用するつもりです。

これからのCEC/TL5+DAC-NS1Sとの音楽人生が楽しくてなりません。ありがとうございました。

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

ベルトドライブの音は、オーディオ誌やショップなどで“ゆるい”と評価されることが多いように思います。果たして、それはベルトドライブだからなのか? ベルトドライブにNS441Dチューンを施すと、I様のご感想のように「キレのいい音」を再現してくれるのですから面白いですよね!

DCD-S1は、私も名機だと思います。タイムマシンで買い物できるなら、DCD-S1とGT-CD1をゲットしたいものです。現代だと、魅力的なCDプレーヤーは減ってきていますから、TL5+NS441Dは貴重な存在。人生最後のCD機としてふさわしいモデルだと、自信を持っておススメできます!ルックスは価格相応ですが、そのサウンドは全てのCD機の頂点レベルなんです。

tl5+ns441d_161117.jpg

本日はTL5+NS441Dのチューニング

本日は、NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のチューニングでした。ご注文いただいたのはシルバー。イイ感じに仕上がっております。明日もう一度最終の完成試聴を行ってから出荷となる予定です!

tl5+ns441d_160209.jpg

「ハイレゾは今のところ興味なし。手持ちのCDコレクションを最高の音で!」という方には、超オススメのトランスポートです。レクストDAコンバーターをお持ちならば、最強コンビネーションが実現します。市販のDACをお使いの場合でも、トランスポート側にNS441Dチューニングを施した凄みを実感していただけます。これ以上のCDトランスポートは、この先出てこないかもしれませんね〜。少なくとも、10年くらいはTL5+NS441Dで戦えそうです。

比較試聴動画もありますので、ぜひチェックしてみてください。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫TL5+NS441D比較試聴動画

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

TL5+NS441D、欲しいな〜

年末にご注文いただいていたNS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のブラックが本日完成し、発送を済ませました。年末年始休暇で長くお待たせして申し訳ございません。

写真を撮り忘れたので、前回撮ったものの別アングルで。

tl5+ns441d_160114.jpg

それにしてもこのTL5+NS441D、後ろ髪をひかれるというか、完成試聴後に自分のシステムから外すのが悲しくなるというか・・・それくらいシビれるサウンドです。

なんと例えれば良いでしょうかね〜、音楽の力が強いというか、部屋に放たれるエネルギーが大きいというか。心がビリビリっとくるんです。

う〜ん、欲しい。私もグラグラきています。

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”比較試聴動画

NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のブラック、早速本日ご注文をいただきました。嬉しいです!

年末ですので、実働日数が残り僅か。アンソニー・ジャクソンさんに電源ケーブルを渡しに行ったり、ミュージックバードの番組は大物ゲストさんが来ての収録だったりと、もうゆっくりチューニングする時間が無くなってきました。やっぱり、きちんと音を聴いてお届けしたい!ということで、本日のお客様のTL5+NS441Dは、新年一番仕事とさせていただきました。

さて、そのTL5+NS441Dの比較試聴動画です。いつものように、システムはもちろん、セッティング、アクセサリー、ボリューム位置固定で動画を収録しました。

まずはビフォー動画。ベースモデルTL5のパフォーマンスです。電源ケーブルは付属の純正品を使いました。TL5からデジタル出力し、REQST/DAC-NS1Sで鳴らしています。まぁ、ビフォーといっても、相当良い条件でのパフォーマンスですよ。


次にアフター動画。完成したTL5+NS441Dのパフォーマンスです。


一般的にはトランスポートを交換しただけで、ここまで音質が向上することはありません。TL5+NS441Dが群を抜いて音が良い。そこまで高音質になるよう、TL5+NS441Dは突き詰めてあるというワケです。

さて、「本当に、USBメモリ再生より音が良いの?」と気になっている方も多いことでしょう。次の動画は同条件でトランスポートをUSBメモリDN700C+NS441Dに変更しました。ぜひ比較してみてください。ガチの勝負です!


CD盤だけ聴くなら、TL5+NS441Dがお薦めです!お届けは来年になってしまいますが、ぜひご検討くださいね。

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1615)

Link

Search