本日はTL5+NS441Dのチューニング

本日は、NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のチューニングでした。ご注文いただいたのはシルバー。イイ感じに仕上がっております。明日もう一度最終の完成試聴を行ってから出荷となる予定です!

tl5+ns441d_160209.jpg

「ハイレゾは今のところ興味なし。手持ちのCDコレクションを最高の音で!」という方には、超オススメのトランスポートです。レクストDAコンバーターをお持ちならば、最強コンビネーションが実現します。市販のDACをお使いの場合でも、トランスポート側にNS441Dチューニングを施した凄みを実感していただけます。これ以上のCDトランスポートは、この先出てこないかもしれませんね〜。少なくとも、10年くらいはTL5+NS441Dで戦えそうです。

比較試聴動画もありますので、ぜひチェックしてみてください。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫TL5+NS441D比較試聴動画

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

TL5+NS441D、欲しいな〜

年末にご注文いただいていたNS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のブラックが本日完成し、発送を済ませました。年末年始休暇で長くお待たせして申し訳ございません。

写真を撮り忘れたので、前回撮ったものの別アングルで。

tl5+ns441d_160114.jpg

それにしてもこのTL5+NS441D、後ろ髪をひかれるというか、完成試聴後に自分のシステムから外すのが悲しくなるというか・・・それくらいシビれるサウンドです。

なんと例えれば良いでしょうかね〜、音楽の力が強いというか、部屋に放たれるエネルギーが大きいというか。心がビリビリっとくるんです。

う〜ん、欲しい。私もグラグラきています。

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”比較試聴動画

NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のブラック、早速本日ご注文をいただきました。嬉しいです!

年末ですので、実働日数が残り僅か。アンソニー・ジャクソンさんに電源ケーブルを渡しに行ったり、ミュージックバードの番組は大物ゲストさんが来ての収録だったりと、もうゆっくりチューニングする時間が無くなってきました。やっぱり、きちんと音を聴いてお届けしたい!ということで、本日のお客様のTL5+NS441Dは、新年一番仕事とさせていただきました。

さて、そのTL5+NS441Dの比較試聴動画です。いつものように、システムはもちろん、セッティング、アクセサリー、ボリューム位置固定で動画を収録しました。

まずはビフォー動画。ベースモデルTL5のパフォーマンスです。電源ケーブルは付属の純正品を使いました。TL5からデジタル出力し、REQST/DAC-NS1Sで鳴らしています。まぁ、ビフォーといっても、相当良い条件でのパフォーマンスですよ。


次にアフター動画。完成したTL5+NS441Dのパフォーマンスです。


一般的にはトランスポートを交換しただけで、ここまで音質が向上することはありません。TL5+NS441Dが群を抜いて音が良い。そこまで高音質になるよう、TL5+NS441Dは突き詰めてあるというワケです。

さて、「本当に、USBメモリ再生より音が良いの?」と気になっている方も多いことでしょう。次の動画は同条件でトランスポートをUSBメモリDN700C+NS441Dに変更しました。ぜひ比較してみてください。ガチの勝負です!


CD盤だけ聴くなら、TL5+NS441Dがお薦めです!お届けは来年になってしまいますが、ぜひご検討くださいね。

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

“TL5+NS441D”のブラック

先週、NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”のブラックをお納めしました。

レクスト軽井沢のラックは、いつの間にかオール・ブラック!こうなると、TL5+NS441Dもブラックがイイですよね〜。

tl5+ns441d_151216_1.jpg

CD盤をトレイに。そして重たいスタビライザーを置く。そんな儀式が、なんともたまりません。スタビライザーは、側面に溝ができたので、TL51X時代よりも凄く持ちやすくなりましたよ。ちなみに、他社からいろいろとベルトドライブ用スタビライザーが発売されていますが、TL5+NS441DにはNGです。純正スタビライザーでチューニングしていますから。

tl5+ns441d_151216_2.jpg

肝心の音ですが、今回のブラックは納期に余裕があったので、じっくり聴くことができました。その試聴結果ですが・・・あれあれ、もしかするとリファレンス機のUSBメモリプレーヤーよりも音がイイかも!鮮度の高いサウンドというか、音楽の味わいが濃いというか・・・これは魅力たっぷりです。

比較試聴動画を撮影してありますので、近日公開しますね。ちなみに、シルバーとブラックは、ベースモデルTL5では音質差がありました。でもNS441Dチューニング後は、もちろん最高サウンドを目指しますので到達するゴールは同じ。TL5+NS441Dのシルバーとブラックはどちらも音質は最高レベルで共通ですので、好みでカラーをお選びいただいてOKです。

tl5+ns441d_151216_3.jpg

私も欲しいな〜、TL5+NS441Dのブラック!レクスト軽井沢のリファレンスに加えようか、本気で悩み中なんです。

 ≫NS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”の販売ページへ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1566)

Link

Search