制振Yラグ“RY-318”情報

制振Yラグ“RY-318”情報です。

音質向上効果は最高なRY-318。やはり難しいのはスピーカーケーブルを加工して、RY-318を取り付けるところにあります。

まず、スピーカーケーブルZ-SPC01Yの先末端剥き加工。Z-SPC01Yは被服が硬いので、他社を含めたスピーカーケーブルの中でも、最も加工が難しい部類に入ると思います。相当器用な人のみ、ご自身で加工してください。

Z-SPC01Yの被服が無事に剥けたとして、次の難関がその芯線をRY-318に差し込む作業。Z-SPC01Yの芯線は直径2.0oで、RY-318の差し込む穴は2.4o。わずか0.4oのクリアランスしかありません。普通なら、もっと差し込み穴の大きさに余裕を持たせるところでしょうが、RY-318は音質を最優先しています。取付加工はテクニックでカバーするという方針です。

0.4oのクリアランスでケーブルを差し込むのは、かなり困難な作業でしょう。チャンスは芯線を剥いた直後。時間が経つにつれ、圧縮されていた芯線は広がっていく傾向ですので、剥いてすぐのほうが差し込みやすいと思います。

どちらにせよ加工が難しいと思いますので、自信の無い方はレクストにお任せください。無償サービスで、私がRY-318へのスピーカーケーブル取り付け加工を行います。

更にお薦めは、スピーカーケーブルZ-SPC01Yを同時に新調すること。スピーカーケーブルを特別価格でご提供しているのは、最高の音で制振Yラグ“RY-318”の効果を楽しんでいただきたいという想いからです。目安は、Z-SPC01Y購入から2年以上経過しているなら、迷わず新品へと取り換えてみてください。他社スピーカーケーブルをお使いの方も、この機会にZ-SPC01Yへのグレードアップをお薦めします。

制振Yラグ“RY-318”の初回予約のお客様は、まだスピーカーケーブルの加工や新規購入のご変更は可能です。お気軽にお申し付けください。

ry318_140731.jpg

マスタリング・スタジオで制振Yラグ“RY-318”試聴

先週のマスタリング・スタジオ“Orange”さん訪問時に、エンジニアの小泉由香さんにも新製品の制振Yラグ“RY-318”を聴いてもらいました。

「縦に強いですね。簡単に言うと、音にパンチが出る。STUDERの機器に通じるようなサウンド。音楽がそこに“居る”感覚が強くなるのが良いですね〜。」とのご感想でした。

orange_140725_5.jpg

気に入っていただけても、制振Yラグ“RY-318”はまだこの1セットしかありません。初回ロットも予約完売状況です。本日、工場と打ち合わせたところ、次回ロットは9月上旬には完成できるとのこと。近日中に第2ロットの予約を開始しますので、皆様もう少々お待ちください。

制振Yラグ“RY-318”キャンセル待ち承り中

本日も制振Yラグ“RY-318”の試聴でした。

ry318_140723.jpg

もうアンプを交換したくらいのグレードアップですね〜。いやー凄いです。アンプとスピーカーという2つのターミナルで、まさかこんなに音質劣化していたとは!

制振Yラグ“RY-318”の初回ロットは完売しましたが、キャンセル待ちを承っております。工場にも数セットの増産をおねがいしました。あと1セットくらいは、なんとかなりそうです。メールにてお問い合わせください。

明日は東京出張。マスタリングスタジオさんに特注DAコンバーターをお届けしてきます。制振ノブ“R-VM33”の豪快なテストも予定しております。ご報告しますので、どうぞお楽しみに!

制振Yラグ“RY-318” 予約完売御礼

メルマガでお知らせしました新製品の制振Yラグ“RY-318”の初回ロット先行予約ですが、開始から約5時間で完売してしまいました。ありがとうございます。

現在、キャンセル待ちを受け付けております。ご予約のお返事をお送りしていた感じでは、あと1セットくらいの可能性はあると思います。

第2ロットを含め、工場と相談して再度ご報告させていただきます。もう少々お待ちください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1180)

Link

Search