新製品R-Pad、第2ロットを出荷しました!

メルマガ先行予約で完売しておりました新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”、第2ロット×100の全数を本日出荷いたしました。到着までもう少々お待ちください。

製品版R-Padは、REQSTロゴが美しい!糸が内側と外側で異なるのが、写真でもわかりますでしょうか。届きましたら、本革の質感とともにぜひチェックしてみてくださいね。

rpad_160810_1.jpg

裏面はこんな感じ。左側の制振焼物がチラッと見えるほうが表です。

rpad_160810_2.jpg

本日は、R-Pad第2ロットの音質テストのため、贅沢に6枚使用して試聴してみました。いつもはトランスポート、DAコンバーター、アンプのR-Pad×3枚を使用しています。さて、追加3枚はどこに置いてみましょうか。

トランスポートの天板へのR-Pad×1は確定です。もう、絶対ですね。私はR-Pad無しでは聴けなくなりました。

次にDAコンバーターとアンプへ。順当に音質向上していきます。音の窓が開いたというか、音の蛇口を全開にしたというか。あふれんばかりのエネルギーが迫ってきます。

次にスピーカーの天板に置いてみました。悪くはないんです。ですが、ちょっと効きすぎかな〜。

R-Padの効果はわかりやすいので、音質向上がすぐに判断できます。効きすぎのときは、ボーカルがほんの少し薄味になりますので、そのときは戻り道を選んでください。といっても、R-Padを撤去するだけですから簡単です。何度でも検証できます。

スピーカーへの効果を弱めるために、スピーカースタンドの底板の上に置いてみました。これ、なかなか良かったです。私もあと2枚購入しないと!

rpad_160810_3.jpg

あと1枚のR-Padは、電源タップの上に置いてみました。これもイイですね〜。私もあと3枚増やして、合計6枚は欲しいところ。

rpad_160810_4.jpg

全部で6枚のR-Padは圧巻!音の初速がアップするというか、とにかく音楽が心に届くまでが早いんです。高域が強くなったのではなく、あくまでスピードアップ。なにせ、音は超分厚いですから。

R-Padは簡単に動かせますので、いろいろと試してみてくださいね。ブルーレイなど、おすすめです。

パソコンで音楽を鳴らしているなら、こんな感じが良いと思います。

rpad_160810_5.jpg

テレビは、こんな感じ。

rpad_160810_6.jpg

R-Padの第3ロットは、メルマガ先行予約中です。今月入荷するのは、この第3ロットまで。お早めにご予約いただけると嬉しいです。ご検討よろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良い夏休みを!


 ※次回ブログは22日再開の予定です。

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その2

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の初回ロットご購入の方からのご感想です。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先日のブログを読んで、メールします。

我が家も、光回線のルーター、ひかりTV対応チューナー、BDレコーダーにR-Padを載せて使い始めました。ただし、ルーターとひかりTV対応チューナーは、縦置きなので、R-Padの一部が載っている状態です。

音の方は、HDテレビそのままなので、あまり良く分かりませんが、映像の方はブログで紹介されたとおり、我が家でも大きく変わりました。

特に色乗りがとても良くなった気がします。繊細感も向上しました。以前BDレコーダーのHDDや外付けUSB-HDDに録画した映像もきれいになった気がします。

まだ、使い始めて数日ですので、今後の変化を楽しみにしています。

以上、おしらせまで。

(愛知県/I様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

気軽に置き換えできるのがR-Padの魅力ですから、いろいろと新しいポイントを探ってみるのも楽しいですよね!お客様からの情報は、どんどんご紹介させていただきます。

R-Padは携帯プレーヤーでの使用を想定して開発しましたので、縦にしてスマホと重ねて持ち運んでもある程度は効力を発揮します。軽くて薄いので、そんなに邪魔にもならないでしょう。ですので、R-Padの一部が乗っているだけの状態でも、グレードアップ効果があるんです。


さて、本日のメルマガで、新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の次回生産分第3ロット×50枚の限定先行予約を開始します。ご検討よろしくお願いいたします。8月末の完成予定です。届けがお盆明けになってしまい、申し訳ございません。(既にお盆前入荷分は、予約で全数完売しております。)

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の比較試聴動画

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”、メルマガ先行予約の完売が続いており申し訳ございません。明日には、8月末入荷予定の第3ロット分で、メルマガ先行予約を再開する予定です。もう少々お待ちください。

その前にレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の比較試聴動画をお届けしましょう。いつも通り、機材やセッティング、アクセサリーなど全て共通の、ガチンコ比較です。各動画の違いは。R-Padの有無と数量のみ。


↓ビフォー動画です。R-Pad無しのパフォーマンスです。



↓アフター動画その1。R-Padをシステム最上流となるトランスポートの天板に置きました。



↓アフター動画その2。R-Padを合計3枚使い、トランスポート、DAコンバーター、アンプの各天板に1枚ずつ置きました。



いかがでしたでしょうか?実際の撮影はアフター動画その2から行い、R-Pad×2を撤去しアフター動画その1を撮り、最後に全撤去してビフォー動画を撮りました。R-Padは置いてから最大効果を発揮するまで数分必要なためです。撤去すれば瞬時に効力が無くなるので、ビフォー動画を最後に録るのが手っ取り早かったのでした。

そうすると、撮影している私としては、一番良い音から、だんだんと寂しくなるサウンドを横で聴いているという感じ。もうですね〜、お尻に響いてくる低音が、どんどん薄れていくんですよ。そして、目の前に出現していたステージは、だんだんと立体感を失い平面的になっていく。ビフォー状態といえど、つい先日まではリファレンスサウンドだったのですから、オーディオというのは残酷なものです。

動画の試聴ポイントは、音像の立体感。エレキバイオリンの位置に着目してみてください。低音のパワフルさも、大幅にアップしているのが動画でもわかると思います。

R-Pad第2ロットご予約の皆様、このサウンドが来週にはお届けできますのでもう少々お待ちくださいね!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その1

新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の初回ロットご購入の方から、早くもファーストインプレッションが届きました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
R-Padの感想ですが、ちょっと変わった方向からのレビューを。

どういう事かというと、とにかくお伝えしたかったのが、ブルーレイレコーダーに試した結果なのです。少しは良くなったかなというくらいのレベルの向上ではありません。映像系ってアクセサリーでは変わらないという認識だったのですが、にわかに信じられないくらい良くなります。

精細感・精彩感が不思議なくらい絶妙な加減で良くなり立体感がでます。そこに当たり前の結果として、本来の目的である音質向上が期待を裏切りません。グウォ〜という感じで音楽が迫ってきます。

ちなみにテレビはSONYのワイドブラウン管、スピーカーはSONYの名作SRS-Z1にレゾナンス・チップ・ゴールドでチューニングしてあり、このままの状態でもそんじょそこらのシステムは逃げ出すレベルです。そこに、このR-Pad、こんな素敵な映像と音、初めてです。

最後に気のせいだったかどうか確かめるべく、R-Padを外してみました。体が硬くなるほど音も映像も平板になりました・・

フル・レクストシステムの感想はお待ちください。なにしろ西野さんもご存知の通り二階が暑いのと、先日交換したDACの電源ケーブルのエージングがまだ終わってなく、正式な判断が難しいので。

ただ、昨晩1時間聴いた結果は、音楽がとにかく誠実になるという印象でした。真面目過ぎて面白くないというのではなく、素っぴんの肌と声がどんどん健康体になっていく感じです。テレサ・テンってつくづく誠実な人だったんだなというのが、ありありとわかってきました。

追加購入は必至なので継続生産よろしくお願いします。

あっ、言い忘れるところでした。
R-Padはレクスト製品史上最高の使い勝手です。
貼らなくていい、巻かなくていい、使い所を限定されてない、軽い、小さい。

いつもながらこのアイデア凄いですねえ。
お洒落で素敵な製品をありがとうございます。

(石川県/T様) 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私も、プライベートシステムでは、テレビ、ブルーレイ、AVアンプで、R-Padをテスト中。海外ドラマを見ているのですが、これがまた引き込まれる感じがR-Padで倍増するんですよね〜。あ、映像は私は素人ですから、参考程度に(笑)。もちろん、R-Padでサウンドはご機嫌に激変です!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1563)

Link

Search