鼓動!

今週は動画をアップできておらず、申し訳ございません。いろいろと秘密の開発を行っていましたので・・・笑。

明日のメルマガで、少しだけ発表しようかと考えております。ぜひメルマガのご登録を!

オーディオには限界がない。ここ数日で再確認しました。どうぞお楽しみに!

──────────────────────

太陽発電によるレコーディング。音質が根本的に違うと感じるのは私だけ?


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

USB-DACをフル・チューニング!

機能の動画『#14 R-Pad新活用法 無線LAN編』で、ご質問がありました。ポイントは、無線LANを攻めるということではなく、R-Padをケーブルインシュレーターとして使うというところ。R-Padを機器に置くのも、もちろん効果的なのですが、ケーブル・インシュレーターとして活用することで、爆発的な音質向上が得られます。ぜひトライしてみてください。

さて、本日の動画は10分近くある、なかなかの大作。お時間のあるときに、ゆっくり見てください。

USB-DACをレクスト・アイテムでフル・チューニングする解説動画です。全ての機器の基本チューンですので、参考になればと思い作成しました。

残念だったのは、比較試聴音源がネット動画に変換すると差が感じにくくなってしまったこと。USB-DACからRCAケーブルで直接レコーダーに入力した、自信作だったのですが・・・。もしかすると、ネット動画で比較する場合は、スピーカーから鳴らしてカメラでステレオ録音したほうが良いのかもしれません。まだまだ勉強です。



──────────────────────

入手できたら超ラッキーな、幻の超高音質盤!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

制振Yラグ“RY-318”のご感想 その3

制振Yラグ“RY-318”のご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−

制振Yラグですが、早速愛機達に接続しました。
これすごいです。凄まじいです。

たまたま近くにあった綾戸智絵『 Fifty 』のCDをかけたのですが、その音が出た瞬間にその変革に真っ先に気付いたのは、ウチの愛犬です。いままでどんなに大きな音を出しても全く見向きもしなかったのですが、今回は急に立ち上がってスピーカに向かって吠えまくってました。

たぶんあまりにもリアルな音によって、スピーカの中に知らない人間の存在を感じたのでしょう。台所の家内も飛んできて『 なんか凄い生々しい音になったわね !! 』と言ってました。

その後『レゾナンスチップ・パワー』を貼って、全体の重心がすう〜っと下がり、更に『レゾナンス・ピット』を一つづつ追加する毎に、きゅっと全体が締まり、音の密度が増していきました。

現状ではまだ『ケーブル・ブレスレット』や『アンプの制振ノブ』『新型電源ケーブル』などを追加していないので、これからまだまだお楽しみが待ってます。

さて話は変わりますが、今までREQST製品をいろいろ導入する事によって、僕のオーディオ観が大きく変わりました。

昔はオーディオの音質向上対策を行う事によって 『 当然のことながら、音の良いソースはより良い音になりますが、逆に音の悪いソースは、より音が悪くなるもの 』だと思ってましたが、今まで数々のREQST製品を使ってみて思う事は『音質向上対策を行う事によって、音の悪いソースでも音が格段に良くなる』事が凄いと思います。勿論それについては、とても有り難い事だと思っています。

これからもまだまだREQST製品を導入し、オーディオライフを実りあるものにしていく予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

(静岡県/K様)


−−−−−−−−−−−−−

お部屋の情景が目に浮かぶような心温まるご感想、とっても嬉しいです!

「オーディオが良くなっていくと、音源のアラまでわかるようになる」って誰が決めたのでしょう?イイ音で好きな音楽を聴きたいためにオーディオを良くしようとしているレクストにとっては、全く納得できない“音源のアラ”法則なんです。まぁ、私も数年前までそんな発言をしていたかもしれませんが・・・(笑)。とにかく、「オーディオを良くして、全ての音源をご機嫌なサウンドで!」が、現在のレクスト製品開発にとっての超えなければならぬハードルなんです!

制振Yラグ“RY-318”ですが、かなり残数が少なくなってきました。4個売りも可能ですし、取付サンプルのご用意もあります。取付サンプルは、今のところ待ちゼロです。ぜひご検討よろしくお願いいたします。


 ≫制振Yラグ“RY-318”販売ページへ

ry318_151130.jpg

制振Yラグ“RY-318”、4個売り可能です。

好評をいただいております復刻再生産した制振Yラグ“RY-318”ですが、早くも残り6セットとなりました(11/30 18時現在)。制振Yラグ“RY-318”は、これが最後の生産になると思います。少なくとも、半年から1年くらいは生産予定がありません。無垢材からの削り出しや、金メッキ加工など、なかなか生産が難しいのです。

「スピーカー側の4個だけ欲しい」といったようなリクエストは対応可能です。制振Yラグ“RY-318”×4個は、半額の20,000円(税・送料込)です。

「自分のスピーカーやアンプに、この分厚いYラグが取り付け可能かな〜?」と心配もあろうかと思います。そこで制振Yラグ“RY-318”の取り付けサンプルを1個ご用意しました。試聴サンプルではなく、あくまでスピーカーターミナルに挿入可能かどうかテストできる取り付けのサンプル×1個ですので、ご了承ください。

まず、制振Yラグ“RY-318”をレクストダイレクトよりご注文いただき、残数を確保してください。備考欄に『仮予約/取付サンプル希望』とご記入いただければ、こちらで分かるようにしておきます。

制振Yラグ“RY-318”のサンプルは、ご返却の際の送料のみご負担ください。順番にお送りしますので、1ヵ月以上お待たせする可能性もございます。詳細など、ご不明な点がございましたら、なんなりとお問合せください。

 ≫制振Yラグ“RY-318”販売ページへ

ry318_151130.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1882)

Link

Search