制振Yラグ“RY-318”を聴いていて

制振Yラグ“RY-318”を導入してから、音楽を聴いていて興奮する日々が続いています。こんな気持ちは、どのくらいぶりでしょうか?

レゾナンス・チップ・コネクトと、制振ノブ“R-VM33”、制振Yラグ“RY-318”は、音を良くしようという効果を狙ったアイテムではありません。音が劣化していた接点に着目し、大切な音楽を失わず心に届けられるように考え出しました。例えるなら、水漏れを修理したシャワーのようです。水が勢いよくシャワーヘッドから出てくるように、音楽が心へ届く圧力が大幅に改善します。

高音や低音が出るようになるといった従来のオーディオアクセサリーでは得られなかった改善高価。音楽の圧力って大切ですね。どれだけ水漏れ、いや音楽漏れを、これまでスピーカーターミナルで起こしていたのか・・・。そして私達はそれを放置していたのです。これからは制振Yラグ“RY-318”の導入で、この音楽漏れがピタリと修繕可能です。

制振Yラグ“RY-318”ですが、第2ロットが入荷し始めました。数セットならば即納可能ですし、来月上旬には残りも順次入荷してきます。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫制振Yラグ“RY-318”の販売ページへ

制振Yラグ“RY-318”の比較試聴動画

本日は、新製品の制振Yラグ“RY-318”の比較試聴動画を公開します。

スピーカーケーブルZ-SPC01Yを同じ長さで2ペア用意し、ビフォー動画では従来のレクスト特製Yラグ(大)を使用し、アフター動画では制振Yラグ“RY-318”を使用しました。違いはYラグのみですので、制振Yラグ“RY-318”でどのくらい音質向上するか比較試聴動画でチェックしてみてください。

もしハンデがあるとするならば、ビフォー動画ではスピーカーターミナルにレゾナンス・チップ・コネクトを貼っていません。とはいえ、制振Yラグ“RY-318”にはレゾナンス・チップ・コネクトが完成形の製品として標準装着されているのですから、厳密にYラグの違いをチェックするのには、ビフォー動画ではスピーカーターミナルにレゾナンス・チップ・コネクトを貼らないほうが良いのではないかと判断しました。

試聴曲は、いつもの『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』添付CDトラック2「トリオ」です。アンプのボリュームは固定して録画。アクセサリーやセッティングなど、条件は同じにして再生しています。

では、ビフォー動画から。従来のYラグで接続したときのパフォーマンスです。


次に、制振Yラグ“RY-318”を装着したときのアフター動画です。


録画中は、部屋の隅に座って聴いているのですが、それでも如実に音質向上を感じました。Yラグが変わっただけなのに、制振Yラグ“RY-318”の効果を知っていても驚きの変化です。

比較試聴動画でも、制振Yラグ“RY-318”の装着により、音楽がより生々しく変化しています。ビフォー動画が、もはや薄味に感じてしまうのではないでしょうか。ビフォー動画でも、私がスピーカーターミナルのトルク調整を完璧に行い、万全の状態で再生しているのにコレです。いかにスピーカーターミナルの接合部で私達の大切な音楽が音質劣化しており、制振Yラグ“RY-318”でその劣化が救済されたのか分かります。

Yラグにしては最高級価格の部類ですので、誰にでもお薦めできる製品ではないかもしれません。ご自身の音楽への情熱から、制振Yラグ“RY-318”が必要かどうか心に問いかけご検討いただければと思います。

制振Yラグ“RY-318”ですが、第2ロットが入荷し始めました。数セットならば即納可能ですし、来月上旬には残りも順次入荷してきます。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫制振Yラグ“RY-318”の販売ページへ

制振Yラグ“RY-318”のご感想その2

新製品の制振Yラグ“RY-318”のご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

西野様

先日RY-318が届きました。

今回新品のスピーカーケーブルではなく、あえて現在使用しているZ-SPC01Yのままで比較してみました。Y-ラグを切り落とし、指定通りの長さでRY-318を付けました。

いつも自分がリファレンスとして聴いているものを何曲かかけてみましたが、これは凄いです!あまりの音質の差に驚いております。躍動感、臨場感が増しており、音が今まで以上に細かく聴こえてくる上、余韻も変わっていることに気が付きました。

西野様のブログで、「音を聴くとハイレゾ96kHz/24bitのようなサウンドが」と書かれておりましたが、最初に聴いた時、私も同じくそう感じてしまうほど音質が向上していることが分かりました。

(東京都 M様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

スピーカーケーブルを交換せずにYラグの違いだけで比較されているので、まさに制振Yラグ“RY-318”の効果を体感されているご感想です。普通のCD音源がハイレゾ音源かのように音質向上する。これは魔法ではありません。言い換えると、CD音源がスピーカーターミナルで大きく音質劣化しているということ。こぼれ落ちていた音楽の魅力を、制振Yラグ“RY-318”が直結すると想像してみてください。

制振Yラグ“RY-318”第2ロットのレクストダイレクト先行予約を開始しております。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫制振Yラグ“RY-318”第2ロット 先行予約ページへ

ry318_140825.jpg

レゾナンス・チップのホコリを掃除

ここ数日、レクスト軽井沢試聴ルームのサウンドの調子が若干良くないように感じていました。私の場合、BGMレベルの小さな音で鳴らしていても、耳がズキズキするように感じるのですぐに不調をキャッチできます。

本日はDAC-NS1SのSignatureバージョンアップの完成試聴もあるので、不調などと言っている場合ではありません。なんとか解決しなければ!

とはいえ特に悩んでいたわけでもなく、実は心当たりというか、こういうときに抜群の特効薬があるので余裕でした。それはクリーニング。

といっても端子クリーニングではなく、レゾナンス・チップにたまったホコリを払うというもの。レゾナンス・チップは非常に微妙な振動コントロールを行っています。例えば、金属系レゾナンス・チップならばアルマイト加工の種類、焼き物系レゾナンス・チップならば釉薬の種類といったように、微妙なサジ加減で音質をコントロールしているのです。これにホコリという不要な要素が加わると、決して音質向上方向には働いてくれません。定期的にホコリを払ってやることで、レゾナンス・チップの性能が維持できます。

ホコリに弱いのは、壁に貼ってあるレゾナンス・チップRT、ブレーカーに貼ってあるレゾナンス・チップ・パワーでしょう。この2か所のホコリ掃除を行ってみました。乾いた鹿革でサッツサッとホコリを取り除くだけです。

結果は大成功。元の音に戻っただけなのですが、不調のビフォー状態と比較すると音質向上したように感じるのですから、不思議なものです。

頻繁に掃除すれば良いのでしょうが、なかなか面倒でしょう。3か月に1回を目安に、レゾナンス・チップRTとレゾナンス・チップ・パワーのホコリ掃除を推奨します。

ゴシゴシと擦る必要はありません。たまったホコリを拭うイメージで行ってみてください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1198)

Link

Search