レゾナンス・チップ・ゴールドで理想電源を

長く音楽の仕事をやっておりますが、「完璧な電源が手に入った!」と感じております。電源タップにレゾナンス・チップ・ゴールドを貼るテクニックです。

まず用意するのは、ベルデン/PS-1850。もっと高額な電源タップを所有している人も多いでしょうが、ベルデン/PS-1850がベストです。理由は、非常にベーシックな電源タップであること。端子のメッキや配線、ボディー構造が奇をてらうことなく、まっとうな仕様なのを高く評価しています。スポーツに例えるなら、打撃フォームに癖がつく前の、運動神経がずば抜けている素質ある選手といった感じでしょうか。チューニングする素材としてこれ以上はないと思えるほど、PS-1850は素晴らしい電源タップなのです。



いろいろ探しましたが、他の電源タップは何かしらの“音を良くするための意図”が仕様に加えられています。そういう電源タップは、その設計者の想定を超えることが難しいのが常。レゾナンス・チップ・ゴールドで達成できる音楽世界感というのは少々常識を超えているので、チューニングするにはもっとベーシックな電源タップが望ましい。それがベルデン/PS-1850をチョイスした理由です。

次に組み合わせる電源ケーブルですが、これはレクスト/Z-PRC01が必須です。「他の電源ケーブルでもいいですか?」というご質問をよく頂戴しますが、答えはNO。もっと高額な電源ケーブルを使っている方もおられると思いますが、Z-PRC01への交換をご検討ください。

Z-PRC01は2006年の発売以来、モデルチェンジなど一切行わず生産し続けている電源ケーブルです。開発当初からレコーディングスタジオでの活用を想定し、ハイレゾ音源など家庭では手に入らなかった時代から、DSD録音や192kHz/24bit録音の現場で活躍してきました。それだけの歴史がある電源ケーブルは少ないでしょう。今後も作り続けていきたい電源ケーブルであり、私が絶大な信頼を寄せている電源ケーブルなのです。いかに高額な電源ケーブルと比較されようが、ここのチョイスは譲れません。

ベルデン/PS-1850とREQST/Z-PRC01が手に入れば、あとはレゾナンス・チップ・ゴールドを写真のようにPS-1850の側面に貼るだけです。PS-1850には、最大5機種の電源が接続できますので、一気に5機種が音質向上する様は圧巻!驚いていただけること間違いなしです。

rcgl_tap_141118.jpg

「写真には、REQSTのスペシャルシールが貼ってあるじゃないか?アレは音に関係しないの?」

うーん、確かに効果はゼロではありません。レクストは貼り付けグッズを開発している会社ですから、スペシャルシールを貼る位置や大きさなど、もちろん吟味してあります。100点満点中、このスペシャルシールだけで2点くらいは音質向上しているでしょう。そこで、レクストダイレクトでZ-PRC01をご購入いただいた先着10名のお客様には、このスペシャルシールをプレゼントさせていただきます。備考欄に「スペシャルシール希望」とお書き添えください。

「つい先日、レクストダイレクトでZ-PRC01を買ったばかりなのに!」というお客様へは、別枠でスペシャルシールをご用意します。何かご注文いただいた際に合わせてお送りしますので、お気軽にお申し付けください。

この理想電源は、もうすでにマスタリング・スタジオで活躍中です。マスタリング・スタジオのOrangeさんでは、この電源が2セット用意され、日々のマスタリングに使用されています。

この電源セットに加え、レゾナンス・チップ・パワーをお薦めします。しばらく品切れしておりましたが、若干数の入荷があり販売再開しました。レゾナンス・チップ・パワーも、Orangeさんを始め、多くの音楽制作現場で活躍中。レゾナンス・チップ・パワーは、なぜかエンジニアさんからのご注文が多く、どうもクチコミで広まっているようです。

ぜひ、理想の電源を手に入れてください。特殊な電源フィルターや100V生成装置など、私は全く使用していません。電源は、コレでもう迷い無し!

レゾナンス・チップ・ゴールドのチューニングのコツ

いくつかレゾナンス・チップ・ゴールドのチューニングのコツを書きます。

●貼るのは一発で決める。
・・・貼ったり剥がしたりすると最高性能が発揮できません。

●ジャッジメントは一週間後に。
・・・貼った直後から音質向上しますが、最高音質へは一週間くらいかけて徐々に達成されます。機器への通電や実際に鳴らしてのエージングではなく、時間の経過のみが必要です。理由は単純に、粘着部がより強固に結合したほうが理想的なため。ガムテープなどが時間が経つほど剥がれなくなる経験があるのではないでしょうか?アレと同じで、レゾナンス・チップ・ゴールドの粘着部も、貼った直後より一週間くらい経過したほうが強固に結合します。

●貼る場所のホコリや油分をしっかり落としておく。
・・・こちらも強固に粘着結合させるための基本テクニックです。

●レゾナンス・チップは粘着部が重要な鍵です。他の両面テープなどでは代用できません。
・・・粘着部は“音質チューニング用動吸振器のバネ”となるキーパーツです。他の両面テープに貼り換えると、動吸振器のバネ=k2を取り換えるのと同じです。純正粘着部が貼りつかなくなったからといいて、薄い両面テープで機器に貼り付けようとするのはバネのk2に別のバネを継ぎ足すのと同じ。絶対にNGな理由が、モデル図からご理解いただけると思います。

↓動吸振器のモデル図
動吸振器のモデル図


●例えばパネル前面に貼る場合、ご自身がパネルデザイナーになったつもりで、レゾナンス・チップ・ゴールドをバランス良くレイアウトしてみてください。そこが、制振的にもレゾナンス・チップ・ゴールドを貼るポイントになります。


●比較試聴の方法ですが、まずビフォー状態で曲を1〜3分程度聴き、その後レゾナンス・チップ・ゴールド貼ったアフター状態を聴きます。低音ブーストのようなエフェクト的変化ではなく、深みや立体感、余韻などが心地よく音質向上するのがレゾナンス・チップ・ゴールドの特長です。

-----------------------------

レゾナンス・チップ・ゴールドは、4時間で予約完売した初回ロット90セットを合わせて、既に541セットを出荷しました(11/17 18時現在)。出荷トータルが550セットに迫る勢い!オーディオ店への出荷は、まだ少なく65セットのみ。ほとんどがお客様から直接のご注文で、リピーター数が圧倒的です。本当にありがとうございます。

レゾナンス・チップ・ゴールド、現在即納できます!

 ≫レゾナンス・チップ・ゴールドの販売ページへ

レゾナンス・チップ・ゴールドのご感想

レゾナンス・チップ・ゴールドのご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−

先日、レゾナンス・チップ・ゴールドを1セット買って、電源タップ・スピーカースタンド・CDプレーヤーに貼ったら、約1時間で今まで濁りを感じていた曲がすごく綺麗な音で聴こえるようになり、大変感動しました。

音が激変しました。曲によって聴き疲れすることが皆無になり、いつも音楽を聴いても2時間なのが、今日10時間も音楽を聴いてしまいました。聴いててすごく心地いいです。

(埼玉県 K様)


−−−−−−−−−−−−−

音楽ファンのためのレゾナンス・チップ・ゴールドです。レゾナンス・チップ・ゴールドが誘う音楽の新世界は、まさに私達が夢描いていた音。心のアンテナを補正することなく、スーッと音楽そのものが語りかけてくるようです。10時間のリスニング、大袈裟でも何でもないエピソードだと、私も大いに共感します!

夢の音が、レゾナンス・チップ・ゴールドだけで叶ってしまう・・・あまりにも簡単すぎて、なかなか信じてもらえないのが歯がゆいといった感じでしょうか。著書に書いたことも真実、スタジオ定番のRKSTスピーカースタンドも真実、楽器ケーブルも真実。そして、レゾナンス・チップ・ゴールドの効果も、もちろん真実です。ここだけ嘘をつく必要がどこにありましょう。ぜひ、レゾナンス・チップ・ゴールドで夢の音を手に入れてください。

-----------------------------

レゾナンス・チップ・ゴールドは、4時間で予約完売した初回ロット90セットを合わせて、既に501セットを出荷しました(11/12 16時現在)。いよいよ出荷トータルが500セットを超えました!本当にありがとうございます。

レゾナンス・チップ・ゴールド、現在即納できます!

 ≫レゾナンス・チップ・ゴールドの販売ページへ

レゾナンス・チップ・ゴールドのご感想(スピーカースタンド)

前回の“電源タップ+レゾナンス・チップ・ゴールド”のレビューに続き、スピーカースタンドにレゾナンス・チップ・ゴールドを貼ってみてのご感想が届きましたので、転載させていただきます。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−

レゾナンスチップ・ゴールドをスピーカースタンドに貼って、一週間が経ちました。感想というか、驚きを送ります。

また、驚きの連続です!衝撃を受けました!この音が完璧といいたくなるのが、よくわかります。SH-EP7が、まるでRQ-F7になったような感触といったら語弊があるかもしれませんが、鳴りっぷりといい、音の存在感といいたまりません!スピーカーという存在を通りこして、音楽が溢れだしてくる感じでしょうか。もう聞き始めたら、止まらないですね!またまた、想像以上の進化にやられた〜という感じです!

最近、どんどんボリューム位置を下げているのは、それだけ今までエネルギーロスをしていたのかもしれません。

まだまだ、ゴールドで夢の先のサウンドを進めることが出きるかも?ラックあたりに貼っても、面白いかもしれませんね!

(東京都/N様)


−−−−−−−−−−−−−

ラックは、レゾナンス・チップ・ゴールドの開発意図からすると推奨ではないのですが、何せレゾナンス・チップ・ゴールドの効果は未知数。あのミラクルな音質改善効果を、私もまだまだ探していきたいと思っています。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1246)

Link

Search