新型レゾナンス・チップ情報 その2

2006年、NS441Dチューンを施したCDプレーヤーをトランスポートとし、レクストのDAコンバーターで再生するというTWIN-NS技術が誕生しました。その音を聴いたとき、本気で引退を考えたのを覚えています。当時の目標であった「スタジオで聴く44.1kHz/16bitマスターの音を、自宅システムでも聴きたい!」という願望が叶ったためです。「これ以上はありませんよ」と、当時のイベントで発言したものです。

もちろん引退は許してもらえず、その後も音との格闘が続いています。TWIN-NSの完成から、どのくらいの道を登ってきたのでしょうか。頂上はまだ雲の上ですが、見下ろすと既にふもとの景色は見えません。

新型のレゾナンス・チップ。これはもはや伝説となった“TWIN-NSの衝撃”を超えているのではないでしょうか。それも、たった1個のレゾナンス・チップで。

初回ロットは90セット。迷いなく、ぜひ入手してください。明日の発行予定のメルマガで、先行予約を受け付けます。

いつも言っていますが、この音で音楽を聴かないと、音楽好きならば間違いなく人生の損失です。最短で入手すべきです。そして、私達は最短でお届けできるよう全力で準備しています。

明日のメルマガに詳しく書きますが、新型レゾナンス・チップで実現したサウンドは、別次元の音楽といったイメージ。例えるならば、宇宙旅行のチケットが新型レゾナンス・チップなのです。お楽しみに!

rcgl_140917.jpg

新型レゾナンス・チップ情報

本日は、新型レゾナンス・チップの試聴テスト。これがまた凄かった!

rcgl_140916.jpg

レクストファンの方なら、この写真だけで驚いていただけるかも?なんと新型レゾナンス・チップは、レクストのチューニング機にも“効く!”のです。

今日は、レクストのチューニング・トランスポートで新型レゾナンス・チップを試しました。もう絶句です。体温が2度くらい上がったような気がします。レクスト・チューニングのUSBトランスポートやNS441Dプレーヤーをお持ちの皆様には、この新型レゾナンス・チップは必須アイテムと言えるでしょう。機器預かりの大幅バージョンアップと同等、いやそれ以上かもしれないくらいの音質向上をお約束します。

新型レゾナンス・チップの詳細は、今週木曜日に発行予定のメルマガにて。初回ロット90セットの先行予約を開始する予定です。新型は最高峰上位のレゾナンス・チップですが、数量を減らしてとってもお求めやすい価格に設定します。こうご期待!

新型レゾナンス・チップ、10月発売!

新型レゾナンス・チップが、本日完成しました!10月の発売予定で準備を進めています。

実は今年で、元祖レゾナンス・チップ(RC-M)とレゾナンス・チップ・クライオ(RC-CR)の2つを生産完了としました。あとは流通在庫を残すのみで、レクストの在庫は既に完売しております。元祖レゾナンス・チップは、1998年の発売開始より永く愛されてきた製品です。作り続けようかとも考えたのですが、手放して得るものもあるだろうと思い決断しました。

そして本日完成した新型レゾナンス・チップは、“貼るだけで音が良くなる”という基本に戻り開発した、まさに元祖レゾナンス・チップとレゾナンス・チップ・クライオの後継製品です。

このところのレゾナンス・チップは、ブレーカーやCDロゴマーク、接点部分など、事前に貼る位置を決めたうえで開発を進めてきました。もちろん大きな音質変は得られるものの、貼るだけという手軽な魅力は薄まったように感じていました。とはいえ、16年前のように「適当に貼れば音が良くなる」とは簡単に言えなくなった自分たちの成長もあります。

ならば、2014年の現在の自分達が聴いても、「貼るだけで音が良くなる」という激変レゾナンス・チップができないものかと、新型の開発目標を立てたのです。限界は自分自身が決めているとは知っているものの、まさかこの目標を大きく上回ることができようとは、想像もしていませんでした。大成功です!

完成した新レゾナンス・チップを、まずはDS-DAC-10のフロントパネルに適当にペタリ。そして鳴りだしたサウンドは、もうソファーから落っこちそうな驚きと感動が!

new_rc_140911.jpg

次に、再生しているデスクトップ・パソコンの天板に新レゾナンス・チップを適当にペタリ。二乗の効果で音質向上するではありませんか!

新レゾナンス・チップは、本日より量産スタートを各協力会社にお願いしております。10月にはお届けできそうですので、もう少々お待ちください。1998年の激変が、2014年版にグレードアップして再来します!

スピーカーSH-EP7に制振Yラグ“RY-318”

東京ジャズ出演のため来日中のベーシスト、アンソニー・ジャクソン氏専用ケーブルの新バージョンが、ギリギリ本日完成しました!真鍮削り出しの新型フォンプラグ&最新チューニング仕様。最高の仕上がりです。今回はスケジュールの都合で私は東京へ行けませんので、アンソニー氏に直接お渡しできないのは残念。あまりにギリギリの完成だったため、日曜の本番には間に合わないかもしれません。気に入っていただけると嬉しいのですが。

aj_new_cable_140905.jpg

楽器用の新プラグ仕様ケーブルは、3m、5mともに入荷しております。即納できます!

 ≫楽器用ケーブル(新プラグ仕様) Z-LNC01 J3 【3m】
 ≫楽器用ケーブル(新プラグ仕様) Z-LNC01 J5 【5m】

-----------------------------------

本日はスピーカーSH-EP7のメンテナンスも行いました。制振Yラグ“RY-318”を導入してSH-EP7を聴くのは私も初めて。いや〜素晴らしい!片手で持てるほどの小型スピーカーから鳴っているとは思えない、堂々としたサウンドが試聴室いっぱいに広がりました。

ry318_140905.jpg

メルマガでお伝えした内緒の新技術が効いているのはもちろんなのですが、それを考えてもこのサウンドは驚きです。私もプライベートではSH-EP7Wを使っていますので、制振Yラグ“RY-318”の第2ロットで導入しようと思っています。これは我慢できないグレードアップですから!

制振Yラグ“RY-318”は、第2ロットが来週の入荷予定です。入荷する第2ロットの残数は、残り7セット(9/5 18半現在)。これが無くなると、また1か月強お待ちいただくことになりますので、ぜひ来週入荷分の制振Yラグ“RY-318”をご検討ください。

 ≫制振Yラグ“RY-318”の第2ロット予約ページへ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1209)

Link

Search