イベント『ベーシストのためのサウンドセミナー』のレポート

11/30に池部楽器ベースコレクションさん主催で開催しました、イベント『ベーシストのためのサウンドセミナー』のレポートです。

event_131130_1.jpg

会場は、ほぼ満席。「ケーブルのイベントで果たしてお客様が来るのか?」と関係者一同心配していたのですが、盛大に開催することができました。ありがとうございます。いつものレクスト・イベントとは異なり、オーディオ・ファンの方はゼロで、今回のお客様は全員がベーシストの皆さんです。

私がまずお伝えしたかったのは、“良質な楽器ケーブルを使用するメリット”です。ケーブルは、それ単体では電源回路を持たないので信号を増幅することはできません。つまり、アクティブではなく、パッシブで音を変化させるアイテムということ。“低音がよく出るケーブル”というのは、ケーブルが増幅できない伝送という考え方ならば、“高音が出ないケーブル”と言い換えることができるのです。

そのことを解説した後、ベーシストの板谷直樹さんに実際にベースを弾いてもらって、一般的なケーブルとレクスト製ケーブルの比較試聴を行いました。全員が、レクスト製ケーブルのほうが明らかに音量が大きくワイドレンジであることを確認できたと思います。

event_131130_4.jpg

前述のように、ケーブルは増幅機能を持ちません。では、なぜレクスト製ケーブルは音量が大きく感じるのか。実は、今まで認識していたケーブルというものは、音楽を通すパイプが細かったのです。レクスト製ケーブルが増幅しているのではなく、従来の一般的ケーブルが“音が小さく感じられるくらい音楽が流れないケーブル”ということなのです。

「ケーブルなんて音が出ればいい」、「音量なんてアンプで上げるか、弾くタッチを強くすれば済む」と考えるかもしれません。逆に私は問いたいです。「では、なぜ鳴りの良い楽器、弾きやすい弦を選ぶのでしょうか?」

良質な楽器ケーブルを使用する最大のメリットは、演奏する心の自由度をアップできることです。その結果が何に現れるのか。アンソニー・ジャクソンさんがレクスト製ケーブルに変更したとき、真っ先に高い評価をしたのは矢野顕子さんでした。歌が歌いやすくなる。バンドメンバーが演奏しやすくなる。ベーシストにとって、最高の賛辞ではないでしょうか。

アンソニー・ジャクソンさんとの出会いは2007年。イベントではそのときのエピソードを、下記ブログの内容を当時を思い出しながら詳しくご紹介しました。
 
 ≫アンソニー・ジャクソンさんとのエピソード 1
 ≫アンソニー・ジャクソンさんとのエピソード 2

電源ケーブルのデモも好評でした。ベーシストの皆さんには、電源ケーブル交換の効果は、まだまだ馴染みが薄いものです。考え方は簡単。アンプは2つのエネルギーを使って音楽を奏でます。ひとつは演奏者が弾く音楽エネルギー。そしてもうひとつが、その音楽エネルギーを増幅するための電気エネルギーです。レクストの電源ケーブルは音楽専用に開発されています。音楽エネルギーを増幅するために最適な電気エネルギーをアンプに供給するのですから、まるでアンプを交換したようにベースの音が活き活きとするのです。

試聴に使ったアンプヘッドはMarkBassでした。「こんなMarkBass、聴いたことがない!」という皆さんのご感想、とっても嬉しかったです。

event_1311030_5.jpg

そして、初披露しました新製品レゾナンス・チップ・コネクトの楽器への効果。リハーサルのとき、「レゾナンス・チップ・コネクトが凄すぎて、ケーブルのイベントにならないのでは?」と関係者一同で心配したほど。たくさんレゾナンス・チップ・コネクトが売れたようですので、皆さん信じられないながらも驚いていただけたのではないでしょうか。

event_131130_2.jpg

そして最後に、ネジのトルクチューニングをサービスで行いました。誰もいないかと思っていたのですがリクエストは多く、結構な本数のベースをチューニングすることに。リハーサルでSadowskyのジャズベースを、本番で板谷さんの黄色い5弦ベースを、そしてイベント終了後にお客様のベースを5本くらいトルクチューニングしました。

このチューニングは、普段はレクストで楽器チューニングの依頼があったときに、サービスとして行っているメニューです。無料メニューとはいえ、そこはレクスト。ベースの音にガツンと芯が入ります。ベースコレクションの店長さんも、「トルクチューニングで、どのベースも同じ方向性で音が良くなりますね〜」と驚かれていました。どのくらい音が良くなるかは言葉にするのが難しいのですが、私は店長さんに「査定するとしたら、5万円〜10万円はアップしたのでは?」と冗談を言っていたくらいです。トルクチューニングはオマケのコーナーでしたが、皆さんに大好評だったようで頑張った甲斐がありました。

event_131130_3.jpg

このネジのトルクチューニングについて少し解説しておきましょう。ベースの特にネックとボディーのジョイント部ですが、ここで音楽振動のよどみが発生します。ジョイントはネックが反ったときのために調整できるよう、ネジ止めしてあるのが一般的です。水面の波紋を想像してみてください。そこに4本の杭が立ったとします。この杭が、ジョイント部のネジです。ゆがんだ4本の杭では、水面の波紋が乱れてしまいます。ネジのトルクを調整し、波紋が美しく伝わるようにするのがこのチューニングの秘密です。

どうやってやっているのか?それはもう、技術としか言いようがありません。木材と会話することでネジを締めていきます。ネジ山を潰す恐れがりますので、真似しないようご注意ください。

レクストのスピーカーは、ユニットのネジをこの技術でチューニングしています。小さなボディーのスピーカーから豊かな低音が出るのは、音の波紋が美しく伝わっているから。レクスト独自の技術ですから、他に真似はできません。

event_131130_6.jpg

ケーブルもアクセサリーも、オーディオより楽器のほうが大きく効果が出るものです。そして、レクスト製品は常に生楽器、生演奏を照準に製品開発を行っています。レクスト製ケーブルが、音楽制作スタジオやミュージシャンに愛されているのは、大きな音楽エネルギーを流すことができるためです。その実力を、こうして生演奏を含めたイベントで披露できるのは、私にとっても快感でした。

この楽器セミナー、好評でしたので第2回の可能性が出てきました。私も楽しみにしております!

11/30はイベント『ベーシストのためのサウンドセミナー』です!

明後日11/30はイベント『ベーシストのためのサウンドセミナー』です。楽器屋さんで初のレクスト・イベントですので、私も楽しみにしています。その内容はと言いますと・・・。


●ケーブルのお話

楽器業界でも、ようやくケーブルが話題になってきました。リットーミュージックさんからはガイドブックが出版されるほど。ちなみにレクストJケーブルのレビューも掲載されています。




今回のイベントでは、“良質な楽器ケーブルを使用するメリット”というテーマでお話しします。ケーブルの構造や線材の種類といった難しい話は一切無し。良いケーブルを使うと、ベースサウンドがどのように変化するか、そしてレコーディングやライブにどう影響していくか、他のバンドメンバーとの関係性は・・・などなど、実践的なアプローチでケーブルの魅力を探ります。


●アンソニー・ジャクソン氏とのエピソード

レクストの楽器ケーブルといえば、世界最高峰ベーシストのアンソニー・ジャクソン氏が愛用していることで有名でしょう。アンソニー氏との出会いエピソードは、ケーブル選択のヒントがたくさん詰まっています。非常に楽しいお話しなので、ぜひご紹介したいです。

また、アンソニーさんの6弦ベースについては、ネットで様々な情報が飛び交っています。構造などは、かなり間違って紹介されている場合も。アンソニー氏のケーブルを製作するレクストが、6弦ベースの本当の構造をお教えしましょう。


●マーカス・ミラー氏インタビューのエピソード

時間があれば、著書『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』でインタビューしたときの、マーカス・ミラー氏とのエピソードもご紹介したいと思います。




●ベーシスト板谷直樹氏によるケーブル比較試奏

今回のイベントは、私の解説だけでは面白くないでしょう。実際にベースの音を聴いて、皆さんと一緒にケーブル交換による音の変化を確かめたいと思います。ゲストにベーシスト板谷直樹氏をお迎えします。プロベーシストの均一なタッチならば、ケーブルの正確な比較試聴が可能です。ベース本体とアンプを繋ぐケーブルはもちろん、アンプの電源ケーブル交換も試してみましょう。

そして珍品ケーブルとして、工場でハンダ加工した直後の、レクストチューニング未施工というケーブルを持っていきます。レクスト独自のチューニングがどれほど楽器のサウンドに影響するのか聴いてみてください。

J3_131128.jpg


●新製品レゾナンス・チップ・コネクトの実験

レゾナンス・チップ・コネクトは、接点の音質改善アイテムです。比較試聴動画で公開した通り、ベースにも猛烈な音質向上をもたらします。あまりに音量差がありすぎて、音を後から加工したのかと疑われそうな動画ですが、本当にこの音質向上が得られます。ベーシストの板谷氏にはリハ無しで、本番でレゾナンス・チップ・コネクトを初体験してもらう予定。皆さんと一緒に驚いてみたいと思います。レゾナンス・チップ・コネクトは、10セットのみですがイベント会場で販売します。

↓川崎哲平さんによるレゾナンス・チップ・コネクトの比較試奏です。


イベントのラストには、ご参加いただいた皆さんにも順番にケーブルを試奏していただく時間を設けます。ぜひ愛用ベースを持参し、実際にレクスト・ケーブルで弾いたときのサウンドを楽しんでみてください。レゾナンス・チップ・コネクトのデモもOKです。

更にイベント参加の特別サービスとして、愛用ベースをお持ちいただければ、無料でネジのトルク調整チューニングをやらせていただきます。川崎哲平さんの65年ジャズベースに行ったのと同じチューニング・メニューです。ネジのトルクを調整することで、楽器の振動がロスすることなく伝わっていくようになります。結果、音に芯が入ったように音質向上しますのでお薦めです。

昨日の段階では、すでにたくさんのご予約を頂戴しているようですが、まだ満席にはなっていないようでした。ぜひ満席にして次回以降も楽器屋さんでイベントを開催していきたいです。応援よろしくお願いいたします。

ベーシストだけでなく、エンジニアやオーディオ好きの皆様もいかがでしょう?生演奏でケーブルの比較ができるチャンスなんて滅多にありません。レゾナンス・チップ・コネクトの驚異的なグレードアップも目の当たりにしていただけることでしょう。ぜひ遊びにきてください。

それではお会いできるのを楽しみにしております!

 ≫イベント詳細&ご予約は詳細ページより

レゾナンス・チップ・コネクトお披露目会ご感想

11月16日(土)に開催しました第3回『小さな青山ルーム試聴会』、とっても楽しかったです。新製品レゾナンス・チップ・コネクトのお披露目も無事終了。大いに驚いていただけたと思います。

ご参加いただいたお客様よりご感想を頂戴しましたので、転載させていただきます。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日は試聴会、ありがとうございました。
聞き始めは「私の家の方が鳴ってるなぁ…」 と感じてました。
が、最後は「これはちょっと越えられたかも…」と驚きました。

このアップ率を我が家でも試したいので、
早速10個入りを2セット発注させていただきました。
第二ロットの完成を楽しみにしております!

(大阪府 K様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お疲れ様です。
土曜はありがとうございました。
とても楽しかったです。

コネクトは別種のケーブルに導入したほうが、効果がそれぞれと違って面白いですね。あと5セット、早めに導入しないと!と思った今日のこの頃です。

(東京都 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

aoyama_131119.jpg

レゾナンス・チップ・コネクトの第2ロットですが、500セットのうち早くも残り190セットとなっております(11/19 18時現在)。年内最後の入荷ですので、お早めにご予約ください。


≫レゾナンス・チップ・コネクトの詳細ページ

≫レクスト・ダイレクトの販売ページ

≫レクストダイレクト限定 お得な10個入りセット

第3回『小さな青山ルーム試聴会』開催決定!

レクスト青山で、新製品レゾナンス・チップ・コネクトのお披露目イベントを行います。スピーカーはウォールナット仕様の新作SH-EP7W、トランスポートにも新型DN-501C+NS441Dを使います。ぜひ遊びに来てください。

 ●第3回『小さな青山ルーム試聴会』
 ●日時:2013年11月16日(土) (1)13時〜 (2)14時〜 (3)15時〜 (4)16時〜 ※要予約
 ●場所:東京青山
 (非公開試聴ルームのため、ご予約のお客様のみに場所をお伝えします。)

ep7w_131105.jpg

時間枠は全部で4つ。定員各5名様までです。ご予約は、お電話(0267-31-0889)かメール(info@reqst.com)にて承ります。ご希望の時間帯を、第一希望から第三希望までお教えください。(どの枠でも良い場合は「いつでもOK」と書いておいてください。)参加人数によって時間枠を調整させていただきます。

気楽な感じのイベントです。ご参加お待ちしております。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1189)

Link

Search