アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

アンプsa1.0+REQST ver.LMが届いて入口から出口までALL REQST製となりましたので、これまでの感想をまとめて書かせて頂きます。

アンプが届く前に、ブログに掲載された写真を見て、「これが届くんだ!(嬉しい) あれっ? レゾナンス・チップ・ゴールドが貼ってある」 と、サプライズにニンマリしました。ありがとうございます。制振ノブを装着した姿が格好良いですね。

私のREQST製の機材とは、
ブレーカーにはレゾナンス・チップ・パワー、
壁にはレゾナンス・チップRT、
「電源タップ&ケーブル・セット スペシャル仕様」の特殊レゾナンス・チップはレゾナンス・チップ・ゴールドに貼り替え、
機器はトランスポート(レゾナンス・チップ・ゴールドをフロントパネルに貼り、天板にはRS-SQUARE)⇒DAコンバーター⇒アンプ⇒スピーカーSH-SP7、
スピーカースタンド、全ケーブル、制振Yラグ、ケーブルブレスレット(これは一部分だけですが)、
機器にはレゾナンス・ピット、
端子にはレゾナンス・チップ・コネクトと、よくもまあこんなに揃えたもんだと感心してしまいました。

実は2年前まではあまりCDを聴かなくなっていたのですが、May J.にハマってからは、彼女のCDだけ収集するようになり、「良い音で歌声を聴きたい」という衝動に駆られ、次々と REQST製品を導入していったのでした。

ちなみに、May J.のCDはマスタリング・スタジオ“Orange”の小泉由香さんの手によるものだってご存知でしたか?以前、とある番組でMay J.がマスタリング・スタジオ“Orange”で小泉由香さんと曲間調整している映像が流れ、DAC-NS1Sのリアパネル(電源ケーブルにはケーブルブレスレット装着!)が映ったのを見つけて、そのDAC持ってるよって嬉しくなりました。

肝心の音の感想ですが、とても10Wのアンプが小さなスピーカーを鳴らしているとは思えないご機嫌な音を奏でてくれてます。低音も不足を感じません。スピーカーSH-SP7の導入当初こそ低音に物足りなさを感じサブウーファーを併用していましたが、F10チューニング+真鍮ツイーター換装バージョンアップで随分改善され、レゾナンス・チップ・パワー+レゾナンス・チップ・コネクトによって驚くほど低音が弾むようになり、サブウーファーを使わなくなりました。これには参りました。AVアンプを使用していたので入力切替とボリューム位置は連動して記憶させていたのですが、音量が大きくなり過ぎて近所迷惑になると、ボユームを下げて登録し直した程です。

その後、DACを導入してトランスポートと合わせ、ツインNS441Dとなった時には、音のエネルギー感の充実(熱さのようなもの)を感じました。ハイレゾを聴いたことはありませんが、この音ならばハイレゾの必要あるかな?と感じています。

制振Yラグとスピーカーケーブルのセットを買ったもののAVアンプの端子には装着できず、暫く放置していましたが、ようやくアンプsa1.0+REQST ver.LMの購入に踏み切りました。アンプを導入してエージングが進んだ先日のことです。軽快なリズムを刻む曲ではリズムに合わせて頭を振ってました。こんなこと初めてです。

バラードではMay J.の美声が目前に浮かび上がり、どっぷりと歌の世界に浸ることが出来ました。「良い音で歌声を聴きたい」という当初の目的が果たせて満足です。

新RCAケーブルZ-LNC01Wも予約したので、お楽しみは未だこの後も続いていきますね。

(東京都 K様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

May J.さん、もちろん小泉由香さんのマスタリングだと知っています。何せ、オレンジさんへ行くと、ヒット御礼のMay J.さん記念プレートがドーンと飾ってありますので(笑)。

そして、最近発売になったMay J.さんベスト盤は、レゾナンス・チップ・ゴールドを導入した後にマスタリングされたもので、レゾナンス・チップ・ゴールドの成果も高音質化に貢献できているとの報告を、小泉さんよりいただきました。

私も、最近発売されたMay J.さんハイレゾの中で、「ハナミズキ」と「Precious」を完成試聴に取り入れて聴いています。ちょうどK様のアンプの完成試聴でも、ハナミズキを聴いたのを覚えております。まさかMay J.さんファンの方のアンプだとは知らなかったので、なんとも不思議なご縁を感じました。


アンプsa1.0+REQST ver.LMをご検討されている皆様、本当に素晴らしいアンプですので、自信を持ってお薦めさせていただきます。ただし、現在は制振ノブ“R-VM33”が品切れ中ですので、これからご注文いただく場合はR-VM33のみ後日発送となってしまうのをお許しください。その分、何かサービスしますので、ぜひご検討よろしくお願いいたします。
 
 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

西野様

お世話になっております。

sa1.0+REQST、シャープさと濃密さを高い次元で両立した素晴らしいアンプですね。良い品をありがとうございました。

これまで使用していたアンプはF社(50万円クラス)のプリメインアンプで、長年気に入って愛用してきましたが、プリ部の真空管の球切れにより、今回思い切って買い替えました。

sa1.0+REQSTを繋ぎ、一聴して驚いたのは低音の出方と情報量の多さです。低音がしっかり出ているため、情報量が多くても音が痩せていないのが素晴らしいです。

また位相が優れているからだと思いますが、ライブ盤などは空気感が濃密です。

このアンプ、かなりの小音量でも音が痩せないのも素晴らしいですね。普段ヘッドフォンで音楽を聴く事を余儀なくされている音楽好きの方に、お勧めしたいなと思いました。

次回のグレードアップはボリュームの交換を狙っています。位相がより正確になり、音のピントがさらに細かく合ってくるのではと期待しています。その時は、またよろしくお願いします。

(神奈川県 H様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

アンプsa1.0+REQST ver.LMには、制振ノブ“R-VM33”への交換で、更なるグレードアップが待っています。そして、制振Yラグ“RY-318”も使えますから、まだまだ高音質化へのアクセルは踏み放題。グレードアップ欲に合わせて、順番にご検討いただければと思います。

さて、+REQSTアンプですが、制振ノブ“R-VM33”を標準装備するキャンペーンを考えてみました。制振ノブ“R-VM33”の標準価格が 10,900円+税のところ、アンプご購入時にオプションとしてご選択いただければ、1個+9,000円(税込)で装着してお届けします。この機会に、ぜひ+REQSTアンプをご検討ください。

アンプ選びに迷ったら、お気軽にご相談ください。最適のアンプを私も一緒に検討し、ご提案させていただきます。

 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ
 
 ≫アンプsa3.0+REQST ver.LMの販売ページへ

アンプsa1.0+REQST verLM×2台

本日は、sa1.0+REQST verLM×2台の完成試聴でした。

sa10+r_140311.jpg

スタジオの大音量には向かないアンプですが、10畳くらいまでのお部屋でほどほどの音量で聴くなら、最高のサウンドが得られます。価格はお手ごろながら、10倍以上の高額アンプも驚く高音質です。私は100万円オーバーのアンプを「タダでもいらない」と突き帰したことがありますが(笑)、このsa1.0+REQSTは本気で欲しくなるアンプ。自信をもってお薦めさせていただきます。

 ≫アンプsa1.0+REQST販売ページへ

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

本日は、アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を転載させていただきます。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先週の木曜にアンプsa1.0+REQSTが到着し、セッティングを楽しみながら、音の変化に陶酔しています。

少し前に電源タップ、レゾナンス・チップ・パワーとコネクトで電源周りをメンテナンスしたことと相まっているのか、SH-EP7がSHANTIの歌を七色で歌っています。アコースティックギターを喜んで演奏しています。

真空管プリとメインアンプを手放しレクストのアンプに切り替えたため、ボーカルやトランペットのまろやかさの表現がどうなるか気になっていましたが、結果は、心配とは別次元のものでした。

ボーカルを優しくまろやかに響かせたいとずっと真空管を使っていました。しかし、今のシステムはアーティストの表現をそのまま歌っているようで、生演奏に近づいているのだろうなと感じます。温かくもクールにも響きます。

音の再生に干渉する要因を認め、打ち消し合い、必要なものを残すことにより、電流、機器、音源の持つ元のよさを最大限引き出していると思います。ちなみに電源タップセット導入時にレギュレーター装置を引退させましたが、それまで以上の改善がみられました。

本来持っている力を活かすという意味で、西洋薬ではなく漢方薬のような安心感があります。
電源ブレーカー、部屋の環境、ケーブルからスピーカー、はたまた自分の耳まで総合的にメンテナンスすることが大切ですね。

以上、素晴らしい製品をありがとうございます。今後もトランスポート、SPスタンド、ラックの導入など楽しみが続きますが、その際は設置アドバイス等よろしくお願いします。

(岡山県 I様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私も真空管アンプを使った時期がありますが、今はプライベートで使うならアンプsa1.0+REQST ver.LMが第一候補です。イベントで50人様向けにパフォーマンスするには出力の不安があるのは仕方ありません。ですが、10畳くらいまでのお部屋ならイチオシのアンプです。

 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ

さて、レゾナンス・チップ・コネクト情報です。第2ロット(入荷数500セット)の残数は、残り64セットです(11/26 18時現在)。年内最後の入荷ですので、お早めにご検討ください。ご予約お待ちしております。


≫レゾナンス・チップ・コネクトの詳細ページ

≫レクスト・ダイレクトの販売ページ

≫レクストダイレクト限定 お得な10個入りセット

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1316)

Link

Search