アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を頂戴しました。ありがとうございます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

西野様

お世話になっております。

sa1.0+REQST、シャープさと濃密さを高い次元で両立した素晴らしいアンプですね。良い品をありがとうございました。

これまで使用していたアンプはF社(50万円クラス)のプリメインアンプで、長年気に入って愛用してきましたが、プリ部の真空管の球切れにより、今回思い切って買い替えました。

sa1.0+REQSTを繋ぎ、一聴して驚いたのは低音の出方と情報量の多さです。低音がしっかり出ているため、情報量が多くても音が痩せていないのが素晴らしいです。

また位相が優れているからだと思いますが、ライブ盤などは空気感が濃密です。

このアンプ、かなりの小音量でも音が痩せないのも素晴らしいですね。普段ヘッドフォンで音楽を聴く事を余儀なくされている音楽好きの方に、お勧めしたいなと思いました。

次回のグレードアップはボリュームの交換を狙っています。位相がより正確になり、音のピントがさらに細かく合ってくるのではと期待しています。その時は、またよろしくお願いします。

(神奈川県 H様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

アンプsa1.0+REQST ver.LMには、制振ノブ“R-VM33”への交換で、更なるグレードアップが待っています。そして、制振Yラグ“RY-318”も使えますから、まだまだ高音質化へのアクセルは踏み放題。グレードアップ欲に合わせて、順番にご検討いただければと思います。

さて、+REQSTアンプですが、制振ノブ“R-VM33”を標準装備するキャンペーンを考えてみました。制振ノブ“R-VM33”の標準価格が 10,900円+税のところ、アンプご購入時にオプションとしてご選択いただければ、1個+9,000円(税込)で装着してお届けします。この機会に、ぜひ+REQSTアンプをご検討ください。

アンプ選びに迷ったら、お気軽にご相談ください。最適のアンプを私も一緒に検討し、ご提案させていただきます。

 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ
 
 ≫アンプsa3.0+REQST ver.LMの販売ページへ

アンプsa1.0+REQST verLM×2台

本日は、sa1.0+REQST verLM×2台の完成試聴でした。

sa10+r_140311.jpg

スタジオの大音量には向かないアンプですが、10畳くらいまでのお部屋でほどほどの音量で聴くなら、最高のサウンドが得られます。価格はお手ごろながら、10倍以上の高額アンプも驚く高音質です。私は100万円オーバーのアンプを「タダでもいらない」と突き帰したことがありますが(笑)、このsa1.0+REQSTは本気で欲しくなるアンプ。自信をもってお薦めさせていただきます。

 ≫アンプsa1.0+REQST販売ページへ

アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想

本日は、アンプsa1.0+REQST ver.LMのご感想を転載させていただきます。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先週の木曜にアンプsa1.0+REQSTが到着し、セッティングを楽しみながら、音の変化に陶酔しています。

少し前に電源タップ、レゾナンス・チップ・パワーとコネクトで電源周りをメンテナンスしたことと相まっているのか、SH-EP7がSHANTIの歌を七色で歌っています。アコースティックギターを喜んで演奏しています。

真空管プリとメインアンプを手放しレクストのアンプに切り替えたため、ボーカルやトランペットのまろやかさの表現がどうなるか気になっていましたが、結果は、心配とは別次元のものでした。

ボーカルを優しくまろやかに響かせたいとずっと真空管を使っていました。しかし、今のシステムはアーティストの表現をそのまま歌っているようで、生演奏に近づいているのだろうなと感じます。温かくもクールにも響きます。

音の再生に干渉する要因を認め、打ち消し合い、必要なものを残すことにより、電流、機器、音源の持つ元のよさを最大限引き出していると思います。ちなみに電源タップセット導入時にレギュレーター装置を引退させましたが、それまで以上の改善がみられました。

本来持っている力を活かすという意味で、西洋薬ではなく漢方薬のような安心感があります。
電源ブレーカー、部屋の環境、ケーブルからスピーカー、はたまた自分の耳まで総合的にメンテナンスすることが大切ですね。

以上、素晴らしい製品をありがとうございます。今後もトランスポート、SPスタンド、ラックの導入など楽しみが続きますが、その際は設置アドバイス等よろしくお願いします。

(岡山県 I様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私も真空管アンプを使った時期がありますが、今はプライベートで使うならアンプsa1.0+REQST ver.LMが第一候補です。イベントで50人様向けにパフォーマンスするには出力の不安があるのは仕方ありません。ですが、10畳くらいまでのお部屋ならイチオシのアンプです。

 ≫アンプsa1.0+REQST ver.LMの販売ページへ

さて、レゾナンス・チップ・コネクト情報です。第2ロット(入荷数500セット)の残数は、残り64セットです(11/26 18時現在)。年内最後の入荷ですので、お早めにご検討ください。ご予約お待ちしております。


≫レゾナンス・チップ・コネクトの詳細ページ

≫レクスト・ダイレクトの販売ページ

≫レクストダイレクト限定 お得な10個入りセット

アンプsa1.0R+REQST、ラストです!

レクストのリファレンス・アンプは、軽井沢、青山ともにsa1.0R+REQSTです。いつも期待以上の最高のサウンドで鳴ってくれています。

sa10r+r_131008.jpg

お客様よりsa1.0R+REQSTのご注文が入ったのでベースモデルを発注しましたところ、いよいよラスト3台とのことです。そのうち1台を注文しましたので、残り2台のメーカー在庫限りとなってしまいました。

2段積みの躯体や巨大な電源トランスという、エコとは掛け離れた設計。大きな見た目と裏腹に、出力はわずか30W(4Ω)です。だからこそ、音が良い!いつも書きますが、その無駄が素晴らしいのです。もうこんな豪華仕様のアンプは、この先は現れないのではないでしょうか。貴重な名機です。

あと残り2台。レクストで決められれば光栄です。お問い合わせいただければ、すぐにメーカーに在庫を問い合わせますので、お気軽にご連絡ください。

≫アンプsa1.0R+REQSTの販売ページへ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1198)

Link

Search