素晴らしいハイレゾ音源を発見!

ハイレゾ音源を購入しても、なかなか満足するものに私はめぐり合っていません。データが大きければ良いサウンドなのでしょうか?素材が音楽だけに理論通りにはいかず、難しいものがあります。

音楽制作側が最終ゴールをCDソフトに置いている場合、ミックスダウンデータの192kHz/24bitよりも、マスタリング後のCD規格44.1kHz/16bitのほうが仕上がりが良いというのは日常茶飯事です。オーディオ愛好家にはあまり知られていませんが、音楽制作スタジオでは普通に「コレ、マスタリング前なので」という会話があり、その本意は「もっと良くなりますから、お手柔らかに聴いてね。」となります。

といっても、そこはハイレゾ音源。ときどきミラクルな作品に出会うことがあるのです。これはもう宝探しゲームのようなもの。宝箱を開けたときの輝きを一度でも体験してしまうと、また冒険に出掛けたくなるのです。

先日、ハイレゾ音源探検で大収穫がありましたのでご紹介しましょう。『Rhythm Sessions/Lee Ritenour』です。(写真はCD盤。)

rhythm-sessions_130606.jpg

この『Rhythm Sessions』、CD盤もかなり高音質なソフトです。最近の音質チェックディスクとして採用し、レクストでは試聴に使っています。その『Rhythm Sessions』のハイレゾ音源があることをつい最近知り、早速購入してみました。

『Rhythm Sessions』の96kHz/16bitハイレゾ音源は、日本での販売は今のところ無いようで、 HDtracksでのダウンロード販売です。困ったことに、 HDtracksは日本からの購入を制限しており、以前よりも購入するのにハードルがかなり高くなってしまいました。しかし、ネット検索すれば購入方法を詳しく解説してくれているブログもあるようです。

 ≫『Rhythm Sessions』のHDtracks販売ページへ

音質重視ならば、購入ファイルは“wav”を選択しましょう。ダウンロード時間は数時間かかるかもしれませんが、お薦めです。

この『Rhythm Sessions』は、CD盤の44.1kHzを聴いても音が良く、ハイレゾ音源96kHzを聴くと更にその上のサウンドがきちんと確認できるというところが素晴らしい。どちらかがガッカリすることはなく、どちらも良いのがポイントです。CD盤でも音のエネルギーは充分に高く、広がり方も広大で、音像は立体的に感じられ、理想的なサウンドといえます。

一方のハイレゾ音源は、誰が聴いても更に高音質というくらい音が良いです。「どのように良いのか」というのは言葉では難しく、より音楽の深みを味わえる感じといいましょうか。

波形で比べてみましょう。まずは3曲目「Fat Albert Rotunda」。マーカス・ミラー氏のベースソロが楽しめます。波形では違いが見えませんが、音を聴くとハイレゾ音源は4dBくらい音が大きく感じます。別の曲かと一緒に試聴したスタッフが間違えたくらい、印象が違います。音のパンチ、重低音、ギターの余韻など、全てハイレゾ音源が圧倒的です。

rs_3_130606.jpg

次に、7曲目の女性ボーカル曲「Maybe Tomorrow」。これだけの音圧がありながら、波形で見るときちんと音の抑揚があるのが分かります。なんとも美しい波形です。こちらは実際に聴き比べると、3曲目ほど音量差は感じません。しかし、女性ボーカルの歌声が、ハイレゾではより深みがあるように感じます。

rs_7_130606.jpg

2曲とも、波形には違いがほとんど見られません。これだけ酷似している波形ということは、96kHz、44.1kHzともに、同じマスタリングが使用されているように思います。これは少々信じられないくらい、良い仕上がりです。今後のハイレゾ音源制作の良いお手本として、研究したいと思います。

今まで聴いてきた多くのハイレゾ音源の中でも、3本指に入る高音質だと思います。演奏も超一級。音楽ジャンルの好みはあるかもしれませんが、ハイレゾ再生環境のある方なら、ぜひ体感していただきたいサウンドです。

レクストダイレクトで販売しているDN-F650R+NS441D/DN-700C+NS441Dのユーザー様は、必聴ハイレゾ音源です。プレーヤーが持つ潜在能力に、驚いていただけることでしょう。オーディオのゴールが一瞬見えるかもしれません。ぜひ!

ブルースペックCD

先週のイベントで、ブルースペックCDの比較試聴を行いました。ブラインドでCDソフトをシャッフルして聴いていますので、先入観はかなり無い状態で聴けていると思います。

レクスト試聴ルームでは、ガラスCDやSHM-CDは、あまり高い得点が得られておりません。ソフトの品質は高くなっているはずなのに、残念な結果です。音色の違いは、もちろん一聴して全員が認識できるのですが、ある一定の方向、例えば音質が明るくなるといった傾向を感じられます。

その点、ブルースペックCDは評判が良いです。今まで4枚ほどイベントで聴きましたが、参加者全員が高く評価しています。もちろん、マスタリングの違いはチェックしていますので、なかなか優秀な結果と言えるのではないでしょうか。

HQ-CDは、タイトルに好みのものが出ていないので、まだ聴いていません。ガラスCDは1枚、SHM-CDは5〜6枚を聴いただけですから、まだ結論付けるのには早すぎます。

でも、ブルースペックCDは、『また買ってみたい』という魅力があったのは確かです。私の第一希望は、旧譜の再発よりも、好きなアーティストの新譜がブルースペックCDで発売されることです。こういった高品質CD盤は、新譜でこそ真価が発揮できるのではないでしょうか。

『Ave』の民族楽器“バンドゥーラ”

『Ave/金子飛鳥』に登場するウクライナの民族楽器“バンドゥーラ”。私は、見るのも聞くのも初めての楽器です。興味津々で、レコーディングの合間にいろいろと見せてもらいました。

フレーズはギターに近く、楽器の構造はハープに近い印象です。音色は、とにかく美しく、そしてどことなく悲しげ。『Ave』では、「Hugh(ヒュー)」という曲でバンドゥーラの魅力が堪能できます。

さて、そのバンドゥーラ、チューニングが大変です。ギターなどの6弦と違い、音階の分だけ弦があります。各々の弦が張力を持っているのですから、チューニングとなるとさあ大変。ピアノの調律のように、何本もの弦を関係性を持たせながらチューニングしていきます。

バンドゥーラ

上の写真は、バンドゥーラのチューニングの様子です。チューナーを使いながら、レンチのような工具でチューニングされていました。バイオリン金子飛鳥さんの絶対音感は素晴らしく、少しのチューニングの狂いも聞き逃しません。そのたびにチューニング作業となるわけですが、最高の演奏を目指す細やかな努力こそ、作品としての完成度を高めます。

『Ave』でぜひバンドゥーラの魅力をご堪能ください。

『Ave/金子飛鳥』発売開始

レクストが音質向上協力として参加させていただいた、バイオリニスト金子飛鳥さんのNewアルバム『Ave [アーヴェ]』が発売されました。レクストダイレクトでも、本日より取り扱いを開始します。(『Ave』販売ページはこちら。)私が参加した日のレコーディングをレポートしたチラシを、レクストダイレクトの特典としましたので、ご一読いただければ幸いです。

ave200.jpg

イベントでよく鳴らすのは、ラストの「Earth Turns Eternal」。この曲は、飛鳥さんのバイオリンとボーカル、インドの竹笛“バーンスリー”、アコースティックギターという構成です。3人の呼吸が一体となる狭い空間での一発録り。個別の録音ブースもクリックもない、完全にフリーな演奏からこそ生まれる素晴らしい音像が魅力的です。エンジニア赤川氏の録音・ミックスで、あの日の空間が生で聴いた時よりも心に届きます。ぜひ聴いてみてください。

『Ave』の個人的活用法なのですが、その音楽世界を楽しむだけでなく、機器やケーブルをエージングさせるソフトとして使っています。バイオリンの美しい響きはもちろん、ロンドン録音のドラム&ベースの重低音グルーヴなど、ワイドレンジかつダイナミックなサウンドが収録されていますので、エージングソフトに最適ではないでしょうか。私は音楽ソフトで機器やケーブルをエージングするようにしていますので、なんとも頼もしいソフトの登場に喜んでおります。

NS441D技術を未体験の方にもお薦めです。一般のCDプレーヤーで再生しても、『Ave』はCDの壁を取り払った、温かく柔らかで立体的な音で再現されます。飛鳥さんご自身もレクストに来訪され、『Ave』プレス盤の音を確認。大満足とのことでした。飛鳥さんの試聴レポートは、また別途掲載予定ですので、ご期待ください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1178)

Link

Search