久しぶりのお奨めCD 『Delicia デリシア / 金子飛鳥&林正樹』

久しぶりに感動したCD盤がありましたので、ご紹介します!



著書×3冊の付録CDでのパフォーマンスでお馴染み、バイオリニスト金子飛鳥さん。10年くらい前には、イベントでバイオリンの生演奏を披露していただいたことも! その飛鳥さんと、ピアニスト林正樹さんによるデュオ・アルバム『Delicia』です。

詳しくは、金子飛鳥さんのブログにアルバム制作の詳細があります(≫こちら)。なんと、このアルバム制作レポートに、私の名前も登場します。久しくお会いしてないのに、覚えてくださっていたようで感激〜。

さてこの『Delicia』、凄いのなんのって! レクスト葉山にお客様が来られたとき、この『Delicia』を鳴らしたところ、「作品タイトルは? ハイレゾですか?」と質問攻め。私はニヤリとしながら「普通のCDですよ〜」と涼しい顔。驚かしCD盤としては最強です。

『Delicia』の凄さは、もう録音が良いとか、マスタリングが良いとか、そういう次元ではないです。もちろん録音も演奏も全てが良い。ですが、そんな言葉では表現できないくらい、音楽のエネルギーの格が違うというか・・・なんとも文章では説明しにくい音質です。

サウンドステージは広く、音は濃い。ですが、オーディオ再現のポイントはそこではありません。音に記録された魂の輝き、崇高な志、音楽の神様からの祝福。電気や機器では語れない、別のベクトルの存在。そういったレベルで音楽が再現できるかどうか。音と音が重なり合い大きなひとつのエネルギーとなって天へと向かい昇っていく様。自身のシステムはもちろん、心のアンテナの磨き具合まで関連している課題が山積みです。

遠い昔、音楽は神様の存在を知るための学問だったとか。「ああ、そうだったんだ」と、きっと聴いた人たちが、その真意を想い出す音楽。あえて文章にすると、そんな感じです。

CD盤の44.1kHz/16bit規格に、まだこんな可能性があったのだと驚かされました。今年のナンバーワンCD盤は、ゆるぎなく『Delicia』に決定です。

最後に、『Delicia』を絶対に所有していたほうが良いという情報を。実は機器やケーブルのエージングに最適な音源なんです。『Delicia』をリピート再生して鳴らし込んでみてください。機器やケーブルが活き活きと解き放たれていくのが、音質として確認できます。別に不思議な話ではなく、機器の鳴らし込みに必要な音楽の波がそういった結果になるというだけ。エージング後の音を例えるなら、パイプの内側がピカピカに洗浄され、音楽がドドドーっと流れていく感じです。ちなみにレクスト試聴ルームの新RCAケーブルZ-LNC01Sは、内緒にしていましたがこの『Delicia』を100時間リピートさせてエージングを仕上げたのでした!

癒しの音とか、そんな陳腐な言葉で表現したくなかったので、何とも不思議なレビューとなりましたが、こんなお宝CD盤が存在するのだとお伝えしたくて、なんとか文章をひねり出してみました。悔しいのは、この作品にほんの少しも関われなかったこと・・・笑。全力でオススメしたいCD盤『Delicia』です!

オーディオチェックのお薦めCD

本日はメルマガを発行しました。新型ステレオディフューザーRSD-BS1の初回ロットのお客様アンケートの続報です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。


さて、久しぶりの金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介です。オーディオチェック用のお薦めCDなんですが、なんとステレオ誌の付録なんです!

ステレオ2月号
ステレオ2月号

1ヵ月前の1月19日に発売されたステレオ誌2月号の特別付録、『究極のオーディオチェックCD2016 ~心に響く音~』。これがなかなか素晴らしいではありませんか!1曲目と6曲目が私のお気に入り。この2曲のために1,350円出しても惜しくないくらいの秀作です。

実はハイレゾ版が更に強力なのですが、比較試聴用にCD盤も絶対に押さえておきたいところ。ステレオ誌2月号を買い逃した方は、在庫のあるうちにぜひ!

ちなみに、『特別企画:ウィリアムス浩子が見て触って探す「私の音楽」を「私の気持ちで」奏でるオーディオラックは?(ウィリアムス浩子×鈴木 裕)』で、ティグロン&レクストのTRSラックが登場しています。こちらもぜひ!

女性ボーカルのお薦めCD その10

今年初となる、金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介です。オーディオの趣味エネルギーは、「好きな音楽を、より良い音で聴きたい!」が根源にあると思っている私。ですから、製品チェックのときには、大好きなアルバムを必ず混ぜて聴くようにしています。今日は、そんな2枚をご紹介しますね。

Jump to It/アレサ・フランクリン
Jump to It/アレサ・フランクリン

Get It Right/アレサ・フランクリン
Get It Right/アレサ・フランクリン

以前ご紹介した、私の大好きなルーサー・ヴァンドロスが女帝アレサ・フランクリンをプロデュースした2枚。もうご機嫌ですよ!

なんといってもマーカス・ミラー氏のベースが炸裂しています。リズム隊を組むのは、こちらも大好きなドラマー、ヨギ・ホートン氏!ヨギ&マーカスのリズム隊が、私は一番好きかな〜。

ヨギ氏のドラムは、これはもう“ゴリラ的”としか例えようがなく、こんなにグルーヴで揺れ揺れのリズムに合わせて弾くなんて・・・。私は口でベース・フレーズを歌うことすらできません。そこに、紳士的なマーカス氏のグルーヴが絡むと、これが見事にリズムがうねり出すんです。

2枚のうちどれか1曲となると、『Jump to It』の2曲目「ラヴ・ミー・ライト」を、必ず製品開発時の試聴に加えて使っています。チェックポイントは、音像がスピーカーの枠を超えて、自分に向かってググッと迫ってくるかどうか。こぢんまりとスピーカーに音が張り付いているようではNG!この課題、なかなか難しいですよ〜。ハイエンドオーディオでも、ほとんど課題クリアできないのでは?82年の作品ですから、当時の音楽エネルギーの分厚さ、野太さみたいなものを感じることができれば、オーディオ再現としては大成功でしょう。

試聴時間があるときは、『Get It Right』を曲順通りに聴いていきますね〜。当時のアルバム売上としては『Jump to It』が上なんですが、私は『Get It Right』のほうがリズム隊の炸裂度は上だと思います。

この『Get It Right』、なかなかCD化されなくて、当時廃盤だったレコード盤をレンタル店の閉店セールでゲットしたのを覚えています。

オーディオを長く続けていると、初めは「好きな音楽を、より良い音で聴きたい!」と思っていたはずなのに、いわゆるオーディオ優秀録音盤だけを聴きがちになるものです。ぜひ大好きなアルバムを試聴音源に加え、オーディオの初心に戻ってみてくださいね!

女性ボーカルのお薦めCD その9

金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介です。本日は、この季節しか聴けない名盤ですよ!

Christmas Portrait/カーペンターズ
Christmas Portrait/カーペンターズ

数あるクリスマスアルバムでも一番大好きな作品。カーペンターズ作品の中でも最高傑作ではないかと個人的に思っているのですが、なにせ今の季節しか聴けませんからね〜。

皆さん既にお持ちの名盤とは思いますが、もしかしたらまだ聴いたことのない人が居るかもしれません。これはもう人類の宝ともいえるクリスマス盤ですので、ぜひ!カレンさんの歌声で温まりながら、素敵なクリスマスを迎えたいですよね〜。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1783)

Link

Search