女性ボーカルのお薦めCD その6

本日、新電源ケーブルZ-PRC01Wの第2ロットを発送しました。ご予約いただいている皆様、到着までもう少々お待ちください。

さて、夏休みでお休みでしたが、毎週金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介連載の再開です。既にお持ちのCD盤かもしれませんが、『ゴールド:グレイテスト・ヒッツ/カーペンターズ』です。

ゴールド:グレイテスト・ヒッツ/カーペンターズ
ゴールド:グレイテスト・ヒッツ/カーペンターズ

カーペンターズはハイレゾを含め複数の音源を所有していますが、結局聴いているのはこの『ゴールド』盤のみ。それはなぜか?

カーペンターズは音源の制作年度により、数種のマスタリングが存在します。大きく分けると、初回販売当時の音圧の低いマスタリング、リミックスが行われてからのマスタリング、最近の音圧アップのマスタリングの3種でしょう。

想い出のカーペンターズに浸るなら、CD規格創世記の発売年度盤を選ぶと良いでしょう。探せばまだ流通しているものです。私には、ちょっと薄味かな〜と感じます。

昨今のハイレゾ音源やSACDは、最新マスタリング仕様。私には、ちょっと現代的に仕上がりすぎかな〜と感じます。

この『GOLD』盤は、ちょうど真ん中くらいのマスタリングで、音圧は過剰すぎず、上手く再現できればハイレゾ音源版を超えるカーペンターズ再現が可能です。

音質チェックでよく使用しているのは1曲目「イエスタデイ・ワンス・モア」。サ行のサチり具合がギリギリですので、過剰なオーディオアクセサリーを使うと一発でサ行が破たんします。薄型金属ボードなどを使用しているなら、ぜひ聴いてみてはいかがでしょう?

17曲目「トップ・オブ・ザ・ワールド」も要チェック。低音過多で、ドラムがファンキーになっていませんか?カーペンターズはポップスですので、“ドン・ドドン”のキックドラムが過剰になってしまってはいけません。

あとはケーブルなどのエージングにも使っています。カレンさんの歌声が、ケーブルの音楽経験値を大幅アップさせてくれるかのように、イイ感じにエージングが進みます。エージングのリピート再生にもってこいです。

唯一の心配は、最近の『ゴールド』盤が私の所有する『ゴールド』と同じかどうか。再生産を繰り返しているので、どこかで現代版マスタリングに差し替えられている可能性はゼロではないでしょう。私のは、10年前くらいに購入した盤ですからね〜。

とはいえ、全く色褪せないカーペンターズの音楽。万が一、コレクションに無いということでしたら、絶対に持っていたほうが良い1枚です。

女性ボーカルのお薦めCD その5

毎週金曜日恒例の高音質CD盤ご紹介連載。女性ボーカル盤のほうが評判が良いようですので、本日もとっておきの名盤をご紹介しましょう。

第1回に登場したアリソン・クラウス。その初期ベスト盤がこちら。

Now That Ive Found You/アリソン・クラウス
Now That Ive Found You/アリソン・クラウス

SACD盤も所有していますが、CD盤でも抜群に高音質です。癒しの歌声と軽やかな音楽。暑い日に熱い音楽には、なかなか手が伸びないものです。

どの曲もお薦めですが、音質チェックという意味では、1曲目をよくイベントなどでも鳴らしたのを思い出します。久しぶりに聴いてみたら、鳥肌ものでした。今度、ミュージックバードの番組でも鳴らしてみようと思います。

ベースののお薦めCD その1

本日は、世界最高峰ベーシストのアンソニー・ジャクソン氏の、楽器専用ケーブルを完成させました。Z-LNC01Wを採用した最新仕様です。アンソニー氏は明日7/25のフジロックに上原ひろみトリオプロジェクトとしての出演で来日されているのですが、ケーブルは残念ながら本番には間に合わず。すぐに帰国されるとのことですので、なんとかケーブルはお渡しだけはできそうです。

aj_150724.jpg

さて、本日ご紹介するCD盤は、アンソニー氏の名演のひとつ。疾走するサウンドを堪能できます。

アンソニー氏から聴いて初めてわかったのですが、この作品のベースは、アンプにマイクを立てて録音されたとのこと。なんと、スタジオにあるDIボックスが全て次々と故障したそうです。

マスタリングは巨匠テッド・ジェンセン氏。流石の高音質です。

9曲目をオーディオイベントでよく鳴らしています。5:00からのベースソロをお聴き逃しなきよう!

Rendezvous/ミシェル・カミロ
Rendezvous/ミシェル・カミロ

女性ボーカルのお薦めCD その4

本日ご紹介するのは、オーディオの女性ボーカルのリファレンスといえばこの人、ジェーン・モンハイトさん。著書『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』では、ジェーン・モンハイトさんの別のCD盤をご紹介しておりますが、どうも入手困難なようですので、定番の『Taking a Chance on Love』をお薦めします。

Taking a Chance on Love/ジェーン・モンハイト
Taking a Chance on Love/ジェーン・モンハイト

1曲目は、オーディオイベントなどで聴いたことのある人も多いのではないでしょうか?私もミュージックバードの自分の番組でも鳴らしました。

柔らかくて温かくて、完璧な歌声。ピッチ修正やタイミング補正とは無縁のボーカルをお楽しみください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1398)

Link

Search