TL5+NS441Dのチューニング

本日はTL5+NS441Dの最終チューニング作業。明日、最後の試聴テストを行って完成です。

tl5+ns441d_161117.jpg

いや〜、イイですね、このTL5+NS441D。CD盤を回して鳴らす意味がある、その動作作法とサウンド。ベルトドライブが甘い音だと思っているなら、それは大まちがい。USBメモリ再生トランスポートよりも、鮮度の高い音楽を聴かせてくれます。

CD再生機の音質改善をスポーツに例えるなら、回路設計は基礎体力や筋トレ、抵抗やコンデンサのパーツ交換はシューズやウエアの高性能化となるでしょう。NS441Dチューニングは、フォームの改善という感じです。アスリート自体の運動能力は変わらないし、シューズや装備は同じ。しかし、フォームの崩れや癖や無駄が多い体の動きを改善すれば、記録が大幅に更新するものです。

CDプレーヤーって、どれだけ悪いフォームかって、そりゃもう。そこに誰も手をつけず、筋トレや高性能シューズだけで改善しようとしてきたのが、この近代オーディオの問題点なんです。CDプレーヤーのフォーム改善は簡単ではありませんが、不可能ではなかった。それを可能にしたのが、レクストの振動コントロール技術。世界の誰にも真似できないので、特許も必要ありません。

TL5+NS441D、私も人生最後のCDプレーヤーとして、メインシステムに迎え入れたいな〜と思っています。葉山の開発ルームが完成したら、TL5+NS441Dを本気で検討してみたいですね!

マスタリング・スタジオ“Orange”さん探訪 その1

マスタリング・スタジオ“Orange”さんからのオファーは、新しく導入された“IRONコンプ”のチューニング。

エンジニアの小泉由香さんは、「コンプを使わないマスタリングが売りだったのでは?」「なぜにコンプ導入?」と、実際に聴くまで不思議でした。

コンプを使ったマスタリング作業は、ガッツリと音圧をアップさせるのが一般的。ビフォー試聴で感じたのは、音圧アップは全く眼中にないようでした。おそらくコンプ導入の目的は、音楽のコクや旨みを引き出すためではないでしょうか。

確かにコクや旨みはアップするのですが、私にはコンプ挿入の鮮度損失も気になるところでした。さて、レクストのチューニングで解決するでしょうか?

そして完成したチューニング機。

orange_160405_1.jpg

Orangeさんの機材群。アバロンEQの制振ノブが泣かせます!レゾナンス・ピットやラックも見えますね。

orange_160405_2.jpg

左肩にレクスト・チューニングの証、NSバッチがキラリ!

orange_160405_3.jpg

チューニング大成功!もう、IRONコンプ無しのマスタリング作業は考えられません。う〜ん、私の作品もリマスタリングしてほしい〜!

決算特価のDCD1650AE+NS441D、完成!

決算特価のDCD1650AE+NS441Dが本日完成!ピックアップ交換した後に、最新NS441Dチューニングを施し、決算特価でご提供するというこの企画、なかなか大成功だったのではないでしょうか。完成試聴を終え、本日お客様へ発送しました。

1650ns.jpg

良いです、このDCD1650AE+NS441D。NS441Dチューニングも10年の歴史がありますから、最新バージョンは比べものにならないサウンドです。

旧型機ですので、それ自体にもはや価値はないでしょう。しかし、レクスト製ケーブルのオマケがいっぱい、ピックアップ交換の修理費込み、そして最新NS441Dチューニングですから、かなりお買い得な設定だと思います。この価格で、このサウンド!絶対にないですよね〜。

残り、CDトランスポートの決算特価が1台あります。お問合せお待ちしております。ぜひご検討ください。

マスタリング・スタジオのオレンジさんのADCをチューニング×2台目

先日、日本屈指のマスタリング・スタジオ“Orange”さんへ行ってきました。前回のADコンバーターのNS441Dチューンが好評だったので、もう1台のADコンバーターもチューニングを行うことになり、その作業を現場で行うというお仕事です。

今回のADコンバーターは、LAVRY LE4496。写真はチューニングを待つLE4496。

orange01.jpg

チューンの仕上がりに、エンジニアの小泉由香さんも大満足。完成試聴は一発OKでした。その変化は、とにかく「音楽が生々しくなった」という一言に尽きます。音の抑揚も、「ボリュームを触ったのか?」と思えるほど、小音量はより小さな音へ、大音量はより迫力ある音へとグレードアップしました。もうとても同じADコンバーターとは思えません。

orange03.jpg

実は、明日またOrangeさんへ行きます。今回は、ハイレゾ関連の話題で小泉由香さんと私の対談取材。

そのとき合わせて行うのが、ラックの導入。REQST PROのTRSラックを、マスタリングの要であるアバロンEQなどの機材群に使います。現状はレゾナンス・ピットを使っているとはいえ、写真のようにベストのセッティングとはいえない状態です。REQST PRO/TRSラックで大幅グレードアップは間違いなしですから、対談はもちろん、こちらの成果も楽しみ!

orange02.jpg

結果は、またご報告します。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1615)

Link

Search