レゾナンス・チップAT装着したら大化けのオススメHDMIケーブル

この夏休みに、テレビのインチ数をアップして大型化しました。そうすると思いもよらぬ落とし穴が・・・。

HDMIケーブルが届かない!

今まで、比較的ピッタリの長さのHDMIケーブルを使用していたこともあり、テレビのインチ数がアップしたことで横幅が増えた分、HDMIケーブルが届かずに、ほぼ全滅してしまいました。残念!

そこでHDMIケーブル×3本を新調したところ、非常に良い感じですのでご紹介します。



私の購入したのはグレーの2mですが、現在は品切れしているようです。同じような安価な海外製HDMIケーブルの中から、シールド構造が一番しっかりしてそうなのをチョイスしました。取り回しが少し硬めのケーブルで、そこが逆にテレビのような空中配線ではメリットになっています。使用してまだ2週間ほどですので耐久性はわかりませんし、初期不良率も未知ですが、この価格ならオススメできるHDMIケーブルです。

at_hdmi_1_200821jpg

もちろん、レゾナンス・チップATの装着は必須。熱収縮チューブは、レゾナンス・チップAT付属のMサイズでOK。音質はもちろん、映像も従来使用していたHDMIケーブルで気になっていたチリチリしたノイズが皆無になり驚いたほどです。

at_hdmi_2_200821.jpg

レゾナンス・チップATも、久しぶりにAmazon在庫を補充しておきましたので、ぜひ一緒にご検討ください。

限定生産 XLRケーブル AT-NS-XLRのお客様レビュー

お客様より、限定生産 XLRケーブル AT-NS-XLRのご感想が届きました。比較ケーブルは、なんと100万円クラス!

──────────────

評価:★★★★★(★20個位は付けたい)

表題:「もっと早くに出逢えたなら..!と何度も思わせるケーブル」

この製品がリリース発表になった時、当初は購入する予定は有りませんでした。同社のAT-Naked-NSが既に手中にあり、NSアダプターもTWIN装備。そして、XLRケーブルはレファレンスで使用しているStealth Indra、そして制振アダプターはこちらもTWIN化しています。

異なるメーカーの究極とも呼べる比較が出来る、この上無い贅沢な環境。もうこれで上がりで良いくらい。しかしながら、NS仕様のXLRケーブルでしか表現出来ないものも絶対にあると思うと、もしかしたらIndraを超える音が出てくるのでは!?という期待感もあり、導入を決意致しました。

品物が届いた。
第一印象、ケーブルが重い!!いやいや、Indraが太い割に軽いケーブルなので、これが普通なのかも。そして、お世辞にも格好が良いとは思えない見た目(失礼
まあ何はともあれ出てくるものが肝要です。いきなり制振アダプターを付けることも出来ますが、まずは本体のみで演奏開始。

なるほど、コンセプトはAT-Naked-NSと同じようですが、AT-NS-XLRの方がより力強さというか、生命力が強い音のように思いました。
しかし導入したばかりなので、多少音の粗さが目立つ感じです。
この時点でエージングが済んでいるであろう、AT-Naked-NS+NS-TWINアダプターよりも好印象です。正直これは驚いた!

数日再生すると、あることに気付く。Indraを使っていた時は、曲に依っては表現に疑問符が付くような場面があって、頻繁に音量を上げ下げしていた記憶がありましたが、AT-NS-XLRではそれがそこまでない。音が整っているというか、ごちゃごちゃしていないんですね。でも整然感はなく、生きた音楽がちゃんとあるんです。

前述の通り、XLRの制振アダプターがTWINで手中にあるので、ある程度鳴らし込んだ頃合いで試してみました。
単体でも十分だったのに、まだ先がありますね。生命力が更に増し、音楽表現の幅がグッと広がる。やはりAT-NS-XLRのポテンシャルを極限まで引き出すには、制振アダプターは必須のようです。(出来ればTWIN使用を推奨)
またReqst同士だからなのか、Indra+制振アダプターの時よりも、制振アダプターとのマッチングというか、効果が効率よく出ているように思いました。

ある程度鳴らしたところで、Indraとアダプターを付けずに比較してみました。その方が、両者の個性がわかりますからね。

確かにIndraにしかない表現があるというのも事実。100万円クラスのケーブルも伊達ではありません。しかし、この独特な表現をあるいは「演出感」と捉えてしまうかもしれません。但し、ケーブルの個性は魅力の一つでもあるので、演出は否定的な要素とは思いません。ジャンルに依っては、音楽の中をフワフワと遊泳出来るような感覚になりますし、Indraは、AT-NS-XLRに出逢った後も、私の中では一つの極点です。

AT-NS-XLRでは、そうした演出感がほぼ皆無で、ただただライブな音楽が眼前にあるだけ。聴く者はただ身を委ねればいいのです。
この価格でそれが叶うなど、この上ない体験です。
ハイエンドケーブル+制振アダプターと、過去の資産を生かすのも、もちろん悪くない選択です。ただ、制振アダプターを例えばTWINで使用しようが、そのケーブルの個性は残ります。AT-NS-XLRの表現には近づけないでしょう。

もっと早くに出逢えたなら..!と思わせる、一つの作品です。恐らくこれから新規でXLRケーブルを購入するのであれば、どのケーブルよりも、AT-NS-XLRです。Reqstでこれ以上の作品をリリースしない限り、この一択しかありません。

個人的に、ボーカルものを聴く時は、IndraよりもAT-NS-XLRです。
音楽的な快感を覚えるほど、聴いていて気持ちが高揚します。夜間の鑑賞は音量を小さくすれば、逆にリラックス気分に浸れます。
何度も寝落ちしました(^^

AT-Naked-NSよりも価格はアップしましたが、それ以上の可能性を秘めています。AT-Naked-NSが「Next stage」だとすれば、AT-NS-XLRは「Next stride(次の大きな一歩)」といったところでしょうか。

製作困難とメルマガでも紹介されている通り、貴重な体験出来る方も限られてきます。是非とも一度体験すべき逸品です。

at_ns_xlr_200820.jpg

正直、制振アダプターを取り付けない状態でのIndraとの聴き比べでは、AT-NS-XLRのエージングが済んだところで、最終的にどちらに固定するか、本気で考えていました。

しかし、制振アダプターを装着した時点で、あらゆる音楽ジャンルへの適応能力の差を感じ、今後暫くはは恐らくIndraの出番はないだろうと思いました。

先のレビューにも述べた通り、AT-Naked-NSよりも一聴して優れていると感じました。(RCA/XLR各々で優先で考慮したシステムにも依ります。)

例えば、今はRCAしか使えないけれど、将来XLRを装備したシステムをもしかしたら購入するかもしれない...という方は、是非このケーブルをお試しいただきたいと思います。出来れば制振アダプター込みで。

また、至極音楽表現を極めるなら、アナログ一択。CDやハイレゾ、はたまた圧縮音源は、パッケージや録音品質等でいい音は聴けないと感じている方にも、是非このケーブルを試していただきたいと思います。

もしかしたら、音楽がもっと楽しくなるかもしれません。

──────────────

AT-NS-XLRは製作が困難なケーブルですが、ここまでお褒めいただければ頑張った甲斐がありました。ご予約いただいている第2ロットをそろそろ作りはじめないといけないのですが、こう暑くっては・・・でも、頑張ります!

新ラインケーブル AT-Naked-NSのXLRプラグ仕様

レクストダイレクト会員様限定で販売している新RCAケーブル AT-Naked-NSの、お客様特注品を製作しました。

z_ns_xlr_200124_1.jpg

バランスケーブルに見えますが、ケーブルが2芯なのでXLRプラグのアンバランスケーブルです。RCAプラグがXLRプラグに置き換わっている仕様です。

z_ns_xlr_200124_2.jpg

XLRプラグの口径をアップしてZ-SPC01SSケーブルを通すようにする加工が超難関なので、RCA仕様より価格はアップしてしまいます。45,500円+税です。

バランスケーブルにすることも不可能ではないかなと、作っていて思いました。極太線が入る隙間はもはやありませんが、細い線でアース線を通せば不格好ながらなんとかなるかも? 興味のある方はお問い合わせください。

本日はメルマガを発行します。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

新RCAケーブルのレビュー 『人生観が変わる、この世の物と思えないケーブル』

限定生産の新RCAケーブル AT-Naked-NSの新しいレビューが届きました。ありがとうございます!

naked_ns_20191206.jpg

──────────────
 

Guile K. 様  ★★★★★ 投稿日:2020/01/19

『人生観が変わる、この世の物と思えないケーブル』

1万円弱のグレードの他社ケーブルからの交換です。 結論を先に書くと、解像度が上がって迫力も上がり、響きも良くなり生っぽさも上がる一方で、トレードオフとなるべき「オフ」の部分のないケーブルです。

全方面に向上する、今までの常識が通用しない物理法則を無視したケーブルですね。 どう頑張っても線材の変更だけではこんな変化は起こりません。 以下は試聴時のメモです。

-----------------------------------------
・USBケーブルと同様に数時間のエージングが必要と予想
・最初は期待せず・・・おお、出だしから思ったより良い
・これでも十分良いと思うが、これ以上良くなるの?
・3時間で化けた、化けた
・音場が広い。 コンサートホールになったよう
・素晴らしい生感。 ボーカルが目の前に、そこにいる
・交換前はボーカル音声のエフェクト有無が判る程度だったが、今はエフェクトの枚数が判る
・どんなにボリュームを上げても五月蠅くない
・しかしボリュームを上げずとも迫力がある、無闇に上げる必要はない
・音像のブレがピタッと収まった、以前はボケていたのだと今気付く
・今まで五月蠅いだけと思っていた曲が、実は複雑に折り重なっていた美曲だった
・CDってこんなに情報が入ってたの? 今まで何を聴いてきたんだ俺は
・SACDは透明感が溢れて耳に刺さらなくなった。 嬉しい
・SACDもこんなに情報が入ってたの!?
・視力0.8だったのが視力2.0になったみたい
・でも分析的な音にはなっていない、聴いていて疲れない
・ピアノソロはピアノ線の振動と胴鳴りが分離しているのが見える
・静寂が見える、初めて部屋のエアコンが五月蠅いと感じる
・ボーカルの口はフォーカスが合って等身大になった
・目を瞑ると女性ボーカル立っている姿が見える、思わず涙が出てくる
・音が消える瞬間までの余韻が美しい、遠くの冷蔵庫の音が五月蠅い
・所蔵ライブラリの全てにご免なさい、聴いて解った気になっていてご免なさい
・収録された音の半分しか理解していなかった、全部聴き直しだ
-----------------------------------------

拙宅の構成はモニター寄りなシステムです。 REQST製品導入前は退屈な時期もあったのですが、今やノリノリに変化して嬉しい限りです。 AT-Naked-NSはアナログケーブルのため陳腐化しないのも嬉しく、一生モノになるかもしれません。 こんなに素晴らしい製品を開発して頂いて有難うございました。。


──────────────

タイトルの『人生観が変わる、この世の物と思えないケーブル』って、なんて大袈裟な! と思えるかもしれません。でもそれは、新RCAケーブル AT-Naked-NS の音を聴いていないから、AT-Naked-NS と出会っていないからです。

私も今日、徹底試聴するお仕事があったのですが、「AT-Naked-NS って凄い!」と再認識するシーンが何度もありました。

多くの音楽ファンには、ぜひ知っていただきたい『人生観が変わる、この世の物と思えないケーブル』です!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2166)

Link

Search