新製品R-VM33の取り付け方法その2

新製品“高音質ボリューム・ノブ R-VM33”は、ご自身で簡単に取替え可能です。前回はツマミに取り外し穴がある場合を解説しました。

今回は、アンプsa3.0を例にし、ツマミに取り外し穴が無い場合をご紹介します。

【やってはいけないこと】
ツマミにマイナスドライバーを差し込んでこじ開けようとしたり、ツマミをペンチやプライヤーなどの工具で掴み取ろうとしたりしてはいけません。本体やツマミが傷つきますし、最悪の場合はボリュームなどの軸を壊しかねません。

こういったツマミの場合は、ギュッと差し込んであるだけのパターンが多いです。(まれに軸と接着してあるツマミもあります。接着してある場合は取替え不可です。)

ツマミを内側から引っ張り上げるのが正解です。ツマミとボディーの間に隙間が見える場合は、そこに布などを挿入してツマミを引っ張り上げます。

困ったことに、sa3.0はツマミがボディーから面落ちで取り付けてある構造です。隙間が少なく、布などを挿入するのは難しいでしょう。そこで考えたのが、ナイロン紐。新聞紙を縛るときなどに使う、引っ張りには非常に強い荷造りテープです。これを写真のようにツマミの隙間に挿入します。


【手順その1】
まずはアンプの電源をオフにします。思いがけぬ大音量が出る事故を防ぐためです。

次に、挿入しやすいようにナイロン紐を薄くします。1センチ幅くらいに裂いて挿入すると良いでしょう。

ツマミと本体の隙間へ、紙などを使ってナイロン紐を押し込んでください。少し難しいかもしれませんが、この作業だけが難関ですので、あせらず時間をかけて頑張ってください。

sa30+rvm33_1.jpg


【手順その2】
ナイロン紐の両側を持ち、ツマミを手前に引っ張り抜きます。想像以上に簡単に取れますので、ご安心ください。

sa30+rvm33_2.jpg


【手順その3】
ツマミを外すと写真のような感じです。Dカットと呼ばれるボリューム軸が見えます。その軸を指で回して、音量ボリュームを最小にします。ツマミを外した軸だけですとちょっと硬いですが、指で回せます。

sa30+rvm33_3.jpg


【手順その4】
R-VM33を、REQSTロゴが水平になるよう軸に差し込み、六角レンチで固定します。詳しい作業は、前回の解説をご参照ください。 ≫こちら

完成したのが、下の写真。大幅な音質向上が得られます。音が良くなると、ルックスまで輝いて見えるのが不思議です。

sa30+rvm33_4.jpg


ご自身での作業が難しいようでしたら、無理せずレクストにご相談ください。


新製品R-VM33の初回ロット先行予約を開始しました。初回生産は100個です。ご予約お待ちいたしております。

 ≫新製品R-VM33 初回ロット先行予約ページへ

R-VM33、実験中

新製品“高音質ボリューム・ノブ R-VM33”は、何も+REQSTアンプの専用品ではありません。ボリューム・ツマミが交換できる機種なら、R-VM33に取り替えるだけで大幅グレードアップの可能性があります。

本日は、こんなテストをしてみました。

dsdac10+rvm33_410422.jpg

いや〜、驚きの音質向上。パソコンと連動したオーディオは、これで決まりでしょう!今度、詳しくレポートします。


新製品R-VM33の初回ロット先行予約を開始しました。初回生産は100個です。ご予約お待ちいたしております。

 ≫新製品R-VM33 初回ロット先行予約ページへ

sa3.0+REQSTにR-VM33は取り付け可能です!

アンプsa3.0+REQSTは純正ノーマルツマミの形状が異なるため、新製品R-VM33が取り付けられないのではないかと思っていましたが、実機で挑戦しましたところ問題なく交換できました。sa3.0+REQSTにR-VM33は取り付け可能です!もちろん、大きく音質向上することを確認しております。

sa3.0+r_rvm33_140421.jpg

取り替え方法は後日に写真付で公開しますので、もう少々お待ちください。本日は、比較試聴動画を撮影しておきましたので、先にお届けしたいと思います。

いつもはボリュームのクリック数でビフォーアフターの音量を揃えているのですが、sa3.0にはクリックが無いタイプです。聴いた感じで音量を合わせましたので完璧ではないかもしれませんが、音の違いは感じていただけると思います。

まずは、交換前の純正ノーマル・ツマミでのsa3.0+REQSTのパフォーマンスです。


次に、R-VM33に交換した後のパフォーマンスです。


sa3.0+REQSTはセレクターツマミがありませんので、ボリューム側のツマミをR-VM33に交換するだけで最高パフォーマンスに達します。

実際に聴くと、R-VM33を装着後のグレードアップは凄まじい!sa3.0+REQSTをレクスト軽井沢のリファレンス・アンプとして迎え入れようかと、本気で検討し始めました。有り余るパワー、そして低音の底の底を突くようなドライブ感は格別。そして今までsa1.0R+REQSTと比べると唯一sa3.0+REQSTが負けていた“音楽の表現力”が、R-VM33装着で互角のレベルまで引き上げられました。もうデジタル・アンプだからアナログ・アンプだからという垣根は存在しません。R-VM33装着アンプかどうかが、従来のアンプの壁を超える分かれ道なのです。


新製品R-VM33の初回ロット先行予約を開始しました。初回生産は100個です。ご予約お待ちいたしております。

 ≫新製品R-VM33 初回ロット先行予約ページへ

レゾナンス・チップ・コネクトのご感想その10

お客様よりレゾナンス・チップ・コネクトのご感想を頂戴しました。ありがとうございます。許可を頂戴しましたので、転載させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。
レゾナンス・チップ・コネクトの追加分を取り付けて約1カ月経ちましたので、その感想をご報告いたします。表現力に乏しい感想で、恐縮です。

前回購入した1セット(壁コンセントと中間電源ボックス間のケーブルに取り付け済)に加え、今回購入した10個はCDPからコントロールアンプ、コントロールアンプからパワーアンプ間のそれぞれバランスケーブル(A社製)と、中間電源ボックスから本電源ボックス(A社の改造品)間の電源ケーブル(自作)に取り付けました。

先ず、試聴はAA誌の春号付録のCDで行いましたが、出だしの音が出た瞬間にその変化の大きさに驚かせられました。雑味が消え、背景から各楽器や、声が浮かび上がり、倍音が美しく響くようになります。また、無音時の静けさは特筆すべきものがありました。

反面、低音がますます出るようになり、少々ボワボワし出しましたので、バスレフポートに付属のスポンジを詰めて調整しております。

それから約1カ月経った状態では、気になっていた低音の出過ぎは程よい状態に落ち着いています(スポンジは詰めたままですが・・・)。全体にレンジが広くなった感じで、トライアングルのかすかな音もよく聞こえるようになりました。

数年前は低音が全然でなくて、試行錯誤していましたが、試聴会で効果を確認して購入したレゾナンス・チップRTの取り付けと、レゾナンス・チップ・コネクトの取り付けで逆の方向になりその威力に驚いている次第です。

更に、各機器につながる電源ケーブルに装着したらどうなるか試してみたい気もありますが、少々効き過ぎるのでは?との不安もあります。

(東京都 S様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いかに接点で音楽が失われていたことか。レゾナンス・チップ・コネクトの仮想接点直結の音質向上は絶大です。電源ケーブルへの追加は、もちろん効果的ですのS様にはお薦めしておきました。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1126)

Link

Search

Counter

2568235