櫻井哲夫さんライブにR-Pad登場!

本日のブログは、12/2発行のメルマガと連動しております。

ベーシスト櫻井哲夫さんのライブで、レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”が初投入されました! 櫻井さん曰く、R-Padは「魔法のカード」とのことです。

私が学生のときからの憧れのベーシスト、いつもカッコいい櫻井哲夫さん。
ts_1_161202.jpg

櫻井さんの愛用ケーブルは、レクストの新型Z-LNC01W J3です。
ts_2_161202.jpg

R-Padは、最上流のコンプへ。
ts_3_161202.jpg

さらにR-PadをDIとアンプの上にも。
ts_4_161202.jpg

3本のベース、どれもご機嫌で鳴ってくれました!
ts_5_161202.jpg

生産が追いつかずご迷惑をおかけしておりますR-Padですが、次回ロットが来週入荷ですので、比較的短納期でお届けできます。R-Padは最初の1枚からでもビックリするほど音質向上できますので、まずは1枚から挑戦してみてください。本日よりR-Pad第14ロット×50枚のメルマガ限定先行予約を開始します!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます! ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しておりますので、お気軽にお申込みください。

CDトランスポートTL5+NS441Dのご感想

お客様よりCDトランスポートTL5+NS441Dのご感想が届きました! ありがとうございます。

≫CDトランスポートTL5+NS441Dの販売ページへ

−−−−−−−−−−−−−

お世話になります。
CEC/TL5のインプレッションを報告します。

CDプレイヤーDENON/DCD S-1の音飛びが酷くなったので、トランスポートの導入を検討し、REQSTさんの、CEC/TL5にNS441Dの制振技術を施したトランスポートを選択しました。

REQSTさんの制振技術は、すでに導入した制振ツールの実力はよく理解していましたので、何の迷いもありませんでした。嘘です。。。筐体のカラーでは迷いましたが、ブラックを選択しました。。。

特に電源関係へのR-Padの増殖が効果を発揮しているので、TL-5単体の評価を行うのはなかなか難しく、当然TL-5、DAC-NS1Sのコンセント側とインレット側にはR-Pad、TL-5とラック床(ガラス製)の間にはR-Padが鎮座して居ます。結果的にごちゃ混ぜの評価になりました。

DCD S-1のDAC部分はそのまま利用する事し、TL5には、RCAデジタル出力は一つしかないのでTL5とDAC-NS1SはRCAで接続、DCD S-1とはAESEBUで接続しました。

R-Padの恩恵をたくさん受けている環境ですので、TL5の効果を実感するまでには少し時間がかかりました。すでに低い重心はより低くなり、音離れはより一層よく、キレのいい音が飛び出してきます。久しぶりに聴くCDでは、今まで聴こえていなかった音が聴こえてきます。

今まで中心で聴いていた環境は、Win10 Pro foobar2000 ASIOで USB出力をDAC-NS1Sに接続して聴いていました。この環境でも十分満足して聴いていましたが、これからはハイレゾ専用の環境として運用するつもりです。

これからのCEC/TL5+DAC-NS1Sとの音楽人生が楽しくてなりません。ありがとうございました。

(埼玉県 I様)


−−−−−−−−−−−−−

ベルトドライブの音は、オーディオ誌やショップなどで“ゆるい”と評価されることが多いように思います。果たして、それはベルトドライブだからなのか? ベルトドライブにNS441Dチューンを施すと、I様のご感想のように「キレのいい音」を再現してくれるのですから面白いですよね!

DCD-S1は、私も名機だと思います。タイムマシンで買い物できるなら、DCD-S1とGT-CD1をゲットしたいものです。現代だと、魅力的なCDプレーヤーは減ってきていますから、TL5+NS441Dは貴重な存在。人生最後のCD機としてふさわしいモデルだと、自信を持っておススメできます!ルックスは価格相応ですが、そのサウンドは全てのCD機の頂点レベルなんです。

tl5+ns441d_161117.jpg

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想その14

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想が届きました! ありがとうございます。

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページを作りました。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

R-Padの置き場所、不動の1位は何と言ってもブレーカーの上ですね。
ここだけは絶対外せません。オーディオ史上最高に良質な変化をもたらしますから。

後の手持ちの2枚をどうするかなのですが、トランスポートの上に一枚、
壁コンの電源ケーブルに一枚の推奨パターンはやはり凄く良いです。
ただレクストファンとしてまだ発表されていない場所も探して楽しんでます。

それで家だけの良質ポイントかもしれませんが、ラックの上がかなり良いです。
最初は一番上の天板の上に置いてましたが、ここは元々何も置いてはいけない場所という
西野さんの教えもあるので、今日二段目のトランスポートが置いてある下に置いてみました。
いやあ〜何か良いですね。とにかく気持ちの良い音です。立体感も音の表情もバッチリ。
こんな板の中央でもない適当な場所でも効果があるのが不思議です。

もうひとつ冗談で適当に置いた場所が、ペンダント照明の上です。
天井に貼り付けるのも大変ですし、家は古い竿縁天井ですからあんまり効いてないような気もしたので、今日ふと照明の上に気軽に置いてみました。
・・・何か良い・・・昔レゾナンス・チップ・スノウを照明に貼って激変させるのが話題になりましたよね。
あの思い出もあったので置いてはみたのですが、まさか本当に効くとは思わなかったです。
位相のあまり良くないソフトが、今まで聴いたことのない感じの素直さで鳴っています。

とにかくR-Padはこうして色々試せるのが最高ですね。

R-Pad有りで聴くユーミンの『春よ、来い』は世界最高峰です。このケレン味がたまりません。グワァーと音楽に持って行かれます。
R-Padがないと持って行かれないんですよね。音楽が醒めてしまってつまりません。

もっと枚数が欲しいことは欲しいですけど、少ないからこそポイントを探す楽しみもあると自分を慰めておきます。

レクスト葉山で生まれたアイデアの新製品も期待します。

(石川県 T様)


−−−−−−−−−−−−−

なるほど、ペンダント照明ですか! これは激変の可能性ありですね。私も試したことのないポイントです。葉山のシステムは、まだ本格稼働前ですので、軽井沢へ戻ったら私も追試してみます。

ラックのポイントは、他のお客様からもご報告が上がってきておりますが、まだこれぞというポイントを決めかねています。引き続き、研究してみますね。

R-Padは増産中ですので、少しづつ増やしていただけると嬉しいです。そりゃもう、掛け算で音質向上していきますので、どうぞお楽しみに!

それにしても、電源ブレーカーボックスの上にR-Padを置くのは、本当に素晴らしい。私も葉山で試してみたところ、テレビが激変しました。4kテレビを買おうか迷ったのですが、普通のハイビジョンテレビでご機嫌なんです!

R-Padをオーディオ評論家さんが聴く

オーディオ評論家の生形三郎さんに、新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のサンプルをお渡ししました。ご感想メールがこちら。

--------------------
先日は製品サンプルのご送付ありがとうございました。
相変わらず気持ち悪いくらい効きますね。
ひとまずNASの上においてみましたが、製品ランクが上がったくらい変わりました。 

--------------------

確かに、気持ち悪いくらい音質向上しますよね〜。これは魔法でもプラシーボでもなく、ちゃんとした振動コントロール技術がもたらす音の変化なんです。でも、進みすぎた技術は、時に魔法に見えてしまうもの。タイムトラベル映画で、バイクを鉄の馬というアレと一緒ですよね。

私は、難しいことは考えず、R-Padのグレードアップを楽しんでもらえればそれで良いと考えています。R-Pad次回ロットは少し早まり、12月上旬にはなんとかなりそう。もう少々お待ちくださいね。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1615)

Link

Search

Counter

4712873