R-Pad-ezってなんですか?

「R-Pad-ezってなんですか?」

久しぶりにご連絡をいただいたお客様から質問がありました。R-Pad-ezは、まだ発売前の製品で、現在はメルマガ先行予約販売中ですので、このブログ内にしか情報がありません。そこで、少しR-Pad-ezについて解説させていただきます。

R-Pad-ezは、R-Padを小型化した派生品です。もともとは、R-Padを楽器に内蔵できるよう、小型化するのが目的でした。

実際、楽器用R-Padは、R-Pad-bc、として商品化に成功しております。プロベーシスト川崎哲平さんによる比較試奏動画もありますので、ぜひリンク先のR-Pad-bcページをご覧ください。

その小型R-Padを、せっかくなのでオーディオ市場でも販売しようと企画したのが、R-Pad-ezです。

最初は、R-Padの置けないような場所に置けるというアイテムくらいに考えていました。例えばバスレフダクトなどです。ですが、R-Pad-ezには制振に強い方向性があることが使っている過程で分かってきて、そこから打撃開眼! その後、R-Pad-ezの快進撃が続いているという感じです。

特に、R-Pad-ezのデジタル領域での音質改善はミラクルという印象で、ぜひデジタルケーブルのプラグの上は、多くの方に挑戦していただきたいです。

ez_2_170914.jpg

R-Pad-ezの参照ブログとしては、打撃開眼したときの『R-Pad-ezの新活用法を見つけた!』と、その解説の『R-Pad-ez新活用法の比較試聴動画!』 がおススメ。

ちなみに、楽器用R-Pad-bcと、オーディオ用R-Pad-ezとでは、若干ですが制振特性が異なるよう設計してあります。ルックスはほとんど同じなのですが、面白い結果となりました。

R-Pad-ezの一般発売は、メルマガ予約が好調なので、次回生産分からとなると、おそらく11月ごろかと思います。長くお待たせしてしまい、申し訳ございません。

プロベーシスト川崎哲平さんによる楽器用R-Pad-bcの比較試奏動画!

プロベーシスト川崎哲平さんによる、楽器用R-Pad-bc、の比較試奏動画、もうご覧いただけましたでしょうか?

この動画、ベース好きの私が、後から個人的に楽しもうと思い録画していたもの。手にハンディーレコーダーを持ち、特に構図やマイク位置を気にすることもなく撮影していました。

家に帰って見てみると、なかなかキチンと撮れているではありませんか。何より、動画でも楽器用R-Pad-bcの音質向上が良く分かる!

川崎さんにお願いしたところ、動画掲載を快諾いただいたので、楽器用R-Pad-bcの比較試奏動画として使わせてもらっています。

というわけで、この動画、プロミュージシャンが機材チェックをガチンコで行っている、そのものの記録です。低音部から高音部まで、まんべんなく弾いているのが分かります。一定のベースラインを弾くのと、少し違う感じの演奏風景です。

そして最大の注目ポイントは、楽器用R-Pad-bcの効果を感じとると、素早くその音に反応してフレーズが変化していくところ。おそらく「この音色には、このフレーズが合うな、このフレーズが弾きたくなるな」という心境だったのでは? そんな想像をしながら、この動画を見ると面白いと思います。

ちなみにこの78年フェンダージャズベースは、サドウスキー・ブランドが日本へ送り込んだデモ機1号、そして青木智仁氏元所有ベース、で、私が所有していたものを川崎さんに使ってもらっているという楽器です。すっかり今では川崎さん色に染まり、フレット交換やプリアンプ換装などを経て、バリバリの現役で活躍中。レコーディング現場に持参すると、スラップ曲では採用されることの多い1本とのことです。



78年ジャズベース、実際に現場で聴いていると、ビフォーでも素晴らしいサウンド。もう川崎さんとの一体感がすさまじく、ブイブイ鳴りまくっていました。

楽器用R-Pad-bc内蔵後は、私が感じていた “78年ジャズベース唯一の音の隙間” が埋まったと言いましょうか。音の密度が上がり、音が前へ飛び出してくる快感サウンド。

最高のベースが、運命のベーシストと出会った瞬間。私の永年の夢が叶いました!

もう1本、別のベースでの楽器用R-Pad-bc試奏動画。こちらも効果がバッチリ確認できます!



これら動画編集には、一切のヤラセ無し。エフェクターやEQなどの音声加工は行わず、撮りっぱなしの音。会話とベース音を聴きやすくするために、音量調整だけ行いました。もちろんビフォーとアフターでは、同じレベルで音量を調整していますので、違いは楽器用R-Pad-bcの有無のみです。お楽しみいただけると嬉しいです。

R-Pad-ezのご感想 その2

ここ最近で自分自身で向上したなと感じる技術のひとつに、メール相談での解決能力アップが挙げられます。様々なお客様とのやりとりを繰り返していると、なんとなく勘所というか、閃きというか、経験値向上からくるものなのでしょう、メールやお電話のやりとりだけで問題を上手く解決できるようになってきました。

今回のR-Pad-ezご感想も、メール相談で上手く解決できた好例です。

「私が最初は手こずった事も西野さんの方で書き足してほしいです。私はレクストさんの信頼からR-Pad-ezの真価を引き出す事に成功しましたが、もしかして第一印象が芳しくなかった時点でデジタル端子上の設置をやめてしまった人がいたら、その人の人生の損失が大きいですから。」

ということで、お客様よりご感想転載の快諾をいただいております。

まず、下記のようなご相談がありました。

-------------

R-Pad-ez早速使用してみましたが、どうも劇的な向上が確認できません。
音量はアップするのですが、ちょっと大雑把というか、R-Pad特有の濃さがあまり感じられないのです。


-------------

R-Pad-ezの置き方や攻める位置など、いくつかチェックポイントを問診してみました。R-Pad-ezはデジタルケーブルのプラグの上ということで、一番の効果的ポイントなのでOKですし、他も特に問題なし。

着目したのが、「音量がアップしている」というところ。音量が大きくなっていることを考えると、R-Pad-ezの効果としては健全のような気もします。

そこで、R-Pad-ezの鳴らし込み不足と判断し、もう少しリピート再生を続けるようご提案しました。その結果のご感想が下記です。

-------------

レクスト 西野 様

R-Pad-ez、急激に良くなりました!

西野さんのアドバイスどおり小音量で音楽を流し続けたのが功を奏したのか、今日聴いてみるととんでもなくスケールの大きい、しかも密度も濃い音楽が流れました。

とりあえずその他に自分で試したのは、デジタルIN端子に触れないように置く事と、USBメモリのクリーニングですが、とにかく、もうデジタル端子のプラグ上は外そうなんて気持ちが微塵も起きません。

いやはやR-Pad-ezの真価が発揮されたらえらい事になった感が・・

マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」、もしコアなマイケルファンが家でこの音を聴いたら興奮して失神するかもしれません。小音量なのにです。

さてデジタル端子の上にR-Pad-ezを置く前の音は、過去の音源を今現在、最高な環境で再生した状態でした。あくまでも「再生」です。ですがR-Pad-ezを1枚デジタル端子の上に乗せた音は、自分がタイムスリップしてその当時の音をリアルにそのまま聴いてるようなトリップ感があります。

伝わりますでしょうか? 難しいですね。この感覚を伝えるのは。

最近、西田佐知子にハマってるのですが、モノラル音源でも実在感が凄いです。声に加工が少ないからか、まさにそこで歌っているような、息づかいの生感がゾクゾクします。

島倉千代子さんの昔の音源も凄い。オーディオファンの皆さん、ジャズボーカルも確かに良いのですが、1度日本の昔の音源も聴いてほしいです。西田佐知子の「赤坂の夜は更けて」は、ノラ・ジョーンズやダイアナ・クラールなどが好きな人にこそ聴いてほしいです。陶然としますよ。

とにかく音楽を聴くのが久しぶりに楽しいです。

レクストさんへの信頼があってこその今回のR-Pad-ezの成功でした。

ありがとうございました。

(石川県 T様)


-------------

ez_2_170914.jpg

私たちは、ついつい既存の機材はエージング済みであると思い込んでしまいがちです。意外とそうとうは言えず、新しいレクストケーブルに交換したり、R-PadやR-Pad-ezなどの効果が高いアクセサリーを導入したりしたあとは、かなり過激なエージングが起こります。

これはなぜか?

科学的に証明できていなくても、実際に活用できる技術はたくさんあります。このエージング効果もそのひとつ。例えるなら、円熟したバンドに、ピチピチの若手ミュージシャンが加入したときに似ています。成長するのは若手だけでしょうか? バンドに変化が現れるのは当然の結果です。

システムにレクストケーブルやR-Pad/R-Pad-ezを加えたら、それは超強力な新戦力がバンドに加わったと想像して、ゆっくりとその成長をエージングとして楽しんでください。「音が良くなるまで待つ」というオーディオ言い逃れあるあるとは、少し違う感覚。海の波が少しずつ力を増していくように、音楽のハーモニーが流れていくのを感じる。最初から音は良くなっているのですが、更に大きな波は来るのです。

NGポイントでアイテムが上手く作用していないときとの見分け方は、やはり音が大きくなったか、元気があるか、エネルギーを感じるかといったところ。

まぁ難しいことは自分で判断することはなく、レクスト宛にお問合せください。別の角度から見ると、上手くいっていない原因が簡単に見つかることもあります。今回の例のように、何も間違えていないこともあります。私も一緒に考えますので、どうぞ安心して音楽に集中してください。

メルマガは200回記念号祭り!

昨日のR-Pad-ez比較試聴動画、いかがでしたでしょうか?

今回の動画から、音声を96kHz/24bitで元データを収録しました。YOUTUBEにアップするから変わらないかなと思っていたのですが、意外と効果があるかもしれません。少しでもR-Pad-ezの魅力を伝えたい想いからです。

なかなか聴き応えのある比較試聴動画。特に0:36からのバイオリンソロは、R-Pad-ezの効果が聴き取りやすいのでは? バイオリンの響き、艶、感情表現の抑揚などに注目して比較してみてください。フワッとくるような音楽の佇まいが少しでも感じていただけたなら、それが私の言うところの『音楽の宇宙が見えた!』の片鱗です。

機器が良くなれば、オーディオの鳴りも良くなります。それとは違う、音楽の本質というべき何か。そこに作用するのがR-Pad-ezです。ですので、さまざまなオーディオ機器やケーブルの違いは心の補正回路で何とか補えるのですが、R-Pad-ez無しはあまりにガッカリして元には戻れません。比較試聴動画を撮影していて、強く実感しました。

さて、本日発行するメルマガは200回記念号。200号祭りと題しまして、メルマガ読者の皆様に最大2,000円の割引クーポンをプレゼントしています。今回のメルマガはお見逃しのなきよう!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1768)

Link

Search

Counter

5747223