本日はメルマガを発行しました。

本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『攻略! モデムケーブルにレゾナンス・チップ AT !!』です。

rcat_180713.JPG

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

ザ・ラスト・スピーカーDW-S1 LTD、2ペア完成!

ここ最近は、ザ・ラスト・スピーカーDW-S1 LTD×2ペアの製作にかかりっきりでした。いよいよ今週末にお客様の元へ旅立ちます。感無量!

dws1ltd_180712.JPG

レクスト試聴ルーム用に予定していた3号機もお客様に販売してしまいましたので、手元に残るDW-S1 LTDがありません。あとお二人、ご購入の手を挙げていただければ、DW-S1 LTDの再生産を検討したいと思っています。

とはいえ、疲労困憊ですので、しばらくスピーカー製作はお休みしたいかも(笑)。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

レクスト製品、まとめて導入レビュー!

レクスト製品をまとめてお買い上げいただきましたお客様より、ご感想が届きました。ありがとうございます!

──────────────

レクスト 西野様 スタッフの皆様

いつもお世話になります。今回は、新電源ケーブル、新デジタルケーブル、R-PadとR-Pad-ezを何枚か用意してもらいました。

まずは、新デジタルケーブル、これにはレゾナンスチップATをオプションで付けてもらいました。取説には「エージング100時間」と記してありますが、旧ケーブルから取り替えて100秒もたたないうちに「これはただごとではない!」と感じました。

壁からタップまでの電源ケーブルには、従来からR-Padを敷いてあり、これをやってみたときの改善効果もたいへんなものでしたが、今回、壁コンセントのなかにR-Pad-ezを挟み込む、という技にも挑戦してみました。ふつうの家庭用コンセントではない(写真:某F社のコンセントキット)ので、挟み込むすき間ほとんどな無く、かなり苦しかったのですが、なんとかできました。

新デジタルケーブル+ATは、音楽の音そのものの改善、音色や響きがより明確に、リアルになる、という印象。壁コンセント+R-Pad-ezは、演奏される空間、たとえばホールやスタジオなどの、空気感というか、左右奥行の定位が明確に、また雑味が減り、静けさがより際立つ、という感じがしました。

それから、新電源ケーブル、これにもATをつけてもらいました。さらにレゾナンスチップコネクト、ケーブルブレスレットも付けて、R-Pad-ezを敷きます。

rcat_180711.jpg

これ以上はうまく表現できないのですが、今まで、何十回、何百回と聴いてきた、いわゆる「愛聴盤」なのに、今までとは、違うCD、違う演奏、違う音楽に聴こえてくるのです。ボリューム位置は同じ、機器もセッティングも不変、ケーブルを変えたりR-Padを敷いただけなのに、ダイナミックレンジが大小両方向へ広がり、静けさはより静かに、迫力はより大迫力に・・・

まだまだ先がありそうですが、今のところはこれ以上お金が続きません(泣)いずれまたよろしくお願いします。

(岐阜県 W様)


──────────────

今回は、かなり大掛かりなレクスト製品導入でしたので、そりゃもう大幅な音質向上が実現したようです。レゾナンス・チップ AT は比較的安価ですので、次にグレードアップ欲が出てきたときに、少しずつ検討されてはいかがでしょうか?

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

私のメイン・イヤホン

ツイッターで「レゾナンス・チップ AT を装着してから、高級イヤホンを使わなくなりました」と発言したところ、「ちょっと盛りすぎ」とのご意見を頂戴しました。

いえいえ、私は本気ですし、実際に現在のメイン・イヤホンは、レゾナンス・チップ AT を装着したiPhone純正イヤホンです。とはいえ、なかなか信じがたいと思いますので、少しご説明しましょう。

比較した高級イヤホンは、そんな高額ではないですが、SHURE SE215(1万円クラス)と、JVC HA-FX850(2万円クラス)です。

まず音質とは関係ないポイントで、iPhone純正イヤホンの個人的メリットがあります。軽い、ハンズフリー通話ができる、リモコン捜査ができる、耳に装着しやすいなど。

しかし、それだけの特徴では、私はスマホで音楽を聴く気にはなれませんでした。音を仕事にしているので、良くない音質で聴き続けると耳の披露につながるので、長くリスニングしたくないためです。

具体的には、普通のイヤホンでのリスニングで何が問題と感じているか。それは位相表現の甘さです。例えば、自分が音楽制作に関わった作品を聴くと、プロデューサーとして意図した音の配置位置にズレを感じます。これがストレスなのです。

もちろん、心の補正回路を使えば、強引に位相位置をコントロールすることは可能なのですが、それをやると補正し続けてリスニングするのですから、音楽で癒やされるよりも、疲労するデメリットのほうが大きくなります。

驚くことに、レゾナンス・チップ ATをイヤホンケーブルに装着すると、音の立体情報が見事に改善し、再現されるではないですか! さっきまでと同じiPhone純正イヤホンなのに。

音楽をスピーカーと同じ気持ちで楽しめるというのは、快感でしかありません。それから出張中の電車内はもちろん、寝る前と起きた直後もスマホとイヤホンで音楽を楽しむようになりました。こんなにリスニング時間が増えたのは、学生時代以来かも。

rcat_180710.jpg

レゾナンス・チップ AT を装着すると、手持ちの高額イヤホンなら更に良い音が楽しめるのはもちろんです。しかし、iPhone純正イヤホンとレゾナンス・チップ AT で全く不満の無いサウンドが鳴っているので、特に交換する気にならないのです。

スマホのイヤホン出力がLightning端子であることや、私がインナーイヤー型が好きというのも理由ではあるのですが、何より満足するサウンドが鳴っているというのが重要。パスッという低音が、ズバンッとくるようになったのです。なんの不満もありません。

大袈裟や宣伝でなく、本当に私のメイン・イヤホンは、レゾナンス・チップ AT を装着したiPhone純正イヤホンなんです。

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1922)

Link

Search

Counter

6788267