続報・R-Pad-P88の比較試聴動画!

先週末に公開したR-Pad-P88の比較試聴動画ですが、この週末に私も、スマホとイヤホンで聴いたり、ノートパソコンの内蔵スピーカーで聴いたりしてみました。そんな簡易な試聴環境でも、R-Pad-P88の効果が分かるのにビックリ!

R-Pad-P88フル装備では、プレーヤー、DAコンバーター、アンプの各電源ケーブルに装着。

p88_190722.jpg

上記のR-Pad-P88×3に加え、電源タップに1個で、合計4個のP88フル装備です。

p88_190820.jpg

実は、ネット動画で音質差を出すのは至難の業。普通の市販オーディオ・アクセサリーのビフォーアフターや、普通の電源ケーブル交換程度では、試聴現場では音質変化が確認できても、ネット動画だと同じ音質に聴こえてしまいます。それは伝言ゲームが複雑化するので、仕方のないこと。

ですが、そんな困難な環境でも、R-Pad-P88の効果がネット動画で確認できるのは凄い! 聴き分けるポイントは、チェロの音色の太さ具合が一番だと思います。ブワッと圧で迫ってくる感じが、R-Pad-P88フル装備では確認できるはず。ぜひ挑戦してみてください。



ネット動画でこれだけ認識できるのですから、実際に皆さんのシステムにR-Pad-P88を装着したら・・・それはもう、夢心地のグレードアップです! この音、聴いたら眠れなくなりますよ〜。

R-Pad-P88の比較試聴動画!

久しぶりに試聴動画を撮影しました。
R-Pad-P88のビフォーアフター試聴ができます。
チェロの音色が分かりやすいかなと思い編集しましたので、ぜひ比較してみてください。



違いはR-Pad-P88の有無だけで、あとはセッティングやボリューム位置、ケーブルやアクセサリーなど全て共通。動画編集の音声エディットも一切行っておりません。

トーク部分はスマホで撮影。試聴パートは、ZOOM/Q3HDの96kHz/24bitで録画しました。果たして、ネット動画でどこまで再現できるのか?! レクスト試聴ルームの最新サウンドを、バーチャル試聴でお楽しみください。

──────────────

本日はメルマガを発行します。

タイトルは『【バーチャル試聴】R-Pad-P88で聴く、レクスト試聴ルームの音!』です。

半期決算500円クーポン付きのメルマガです。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

【連載更新】『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』 第72回

〜個人的ベスト・ハイレゾ2019の最有力候補はこれだ!〜

ひと昔前までの音楽制作というと、大きなスタジオで高級機材を使用し、熟練したエンジニアが参加して行われるものでした。そうして完成した音楽作品だけが、レコードやCD盤となり流通していく。リスナーに聴いてもらうメインの手段としては、盤をプレス量産する必要があり、そのためにはレコードやCDのジャケットといった印刷物が必要。更には、量産した数百枚の盤の在庫を保管する場所も考えねばなりません。そう、当時の音楽制作は、高額な制作予算が必要な一大プロジェクトだったのです。

続きはこちら!
https://www.e-onkyo.com/news/2548/

電源ノイズフィルターとR-Pad-P88の共存は?

お客様より「機器と電源ケーブルの間に挿入する電源ノイズフィルターを使用している場合、R-Pad-P88はどの位置に取り付ければ良いか?」というご質問を頂戴しました。

一般的には、上流側にR-Pad-P88を試すのがセオリーだと思います。ですが試していただきたいのは、R-Pad-P88を取り付けた電源ケーブルを機器に直結する方法。つまり、電源ノイズフィルターを、一旦撤去して聴いてみていただきたいのです。

Z-PRC01S+R-Pad-P88の場合なら、間違いなく直結が一番高音質です。他社電源ケーブル+R-Pad-P88の場合でも、一度はフィルター無しをチェックしてみるのをオススメします。

p88_4_190719.jpg

試聴するポイントは、音楽の苦味や旨味まできちんと再現できているかどうか。音楽表現には喜怒哀楽があるので、特に怒と哀についての再現力をチェックしてみてください。

この怒と哀の試聴ポイントは、バイオリニストの金子飛鳥さんに厳しく指導していただきました。とにかく、オーディオ系アイテムは、この怒りの再現をフィルターする傾向にあると。レクスト製品では、この怒と哀の再現性に不備がないか、徹底的にチェックして開発しています。

怒の表現でも電源フィルター有りのほうが高音質なら、そのままフィルター有りのセッティングでよろしいかと思います。ちょっとした確認事項ですから、ぜひお試しください。

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2087)

Link

Search

Counter

8147738